香料とは…成分効果と毒性を解説

香料
香料
[化粧品成分表示名称]
・香料

化粧品に香りをつけるためまたは原料臭を隠すために配合される微量成分(∗1)の総称です。

∗1 配合量はスキンケア化粧品の場合でおよそ0.001-0.01%程度です。

香料目的で配合される複数の微量成分が化粧品の成分表示一覧に記載される場合、

  • 香料目的で配合された複数の微量成分をまとめて「香料」と記載
  • 香料目的で配合された複数の微量成分の一部を成分名称で記載し、残りをまとめて「香料」と記載
  • 香料目的で配合された複数の微量成分を「香料」と記載せず、すべての成分名称を記載

これらの記載方法のいずれかで表示されます。

ただし、まとめて「香料」と表示された場合、消費者には天然香料もしくは合成香料が何種類混ざっているなどの情報を得ることはできません。

現在では、一般に天然または植物由来成分にポジティブなイメージが共有されており、一方で合成または動物由来成分に良くないイメージが共有されていることから、天然や植物由来成分であれば個別の成分名を記載し、合成成分は「香料」としてまとめて記載される傾向にあります。

また、無香料がコンセプトである化粧品では、「香料」と記載できないため、原料臭を隠すための成分を配合する場合はあえて成分名を記載することがあります。

合成香料は表示されない傾向にあるため、成分名としてはみかけることが少ないかもしれませんが、代表的な合成香料は以下のように分類されているのでまとめておきます(文献1:2010)

化学構造分類 香料名 香りのタイプ
炭化水素 モノテルペン α-リモネン オレンジ様
セスキテルペン β-カリオフィレン ウッディ様
アルコール 脂肪族アルコール シス-3-ヘキセノール 新緑の若葉様
モノテルペンアルコール リナロール スズラン様
セスキテルペンアルコール ファルネソール グリーンノートでフローラル様
芳香族アルコール β-フェニルエチルアルコール ローズ様
アルデヒド 脂肪族アルデヒド 2,6-ノナジェナール スミレ、キューリ様
テルペンアルデヒド シトラール レモン様
芳香族アルデヒド α-ヘキシルシンナミックアルデヒド ジャスミン様
ケトン 脂環式ケトン β-イオノン 希釈によりスミレ様
テルペンケトン L-カルボン スペアミント様
大環状ケトン シクロペンタデカノン ムスク様
エステル テルペン系エステル リナリルアセテート ベルガモット、ラベンター様
芳香族エステル ベンジルベンゾエート 弱いバルサム様
ラクトン   γ-ウンデカラクトン ピーチ様
フェノール   オイゲノール クローブ様
オキサイド   ローズオキサイド グリーン、フローラル様
アセタール   フェニルアセトアルデヒドジメチルアセタール うすいヒヤシンス様

スポンサーリンク

香料の安全性(刺激性・アレルギー)について

香料は、化粧品に香りをつける成分の総称で、複数の成分が混ざっている場合もあり、成分名の情報が明らかでないため、香料そのものの安全性は不明です。

∗∗∗

香料は香料にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:香料

∗∗∗

文献一覧:

  1. 杉林 堅次, 田上 八朗(2010)「代表的な合成香料の分類」化粧品科学ガイド第2版,254

スポンサーリンク

TOPへ