ラベンダー花エキスとは…成分効果と毒性を解説

香料 抗ストレス成分 抗菌成分 収れん成分
ラベンダー花エキス
[化粧品成分表示名称]
・ラベンダー花エキス

[医薬部外品表示名称]
・ラベンダーエキス(1)、ラベンダーエキス(2)

シソ科植物ラベンダー(学名:Lavandula angustifolia 英名:lavender)の花からBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液、あるいはエタノールスクワランで抽出して得られるエキスです。

ラベンダー花エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • 精油:酢酸リナリル、リナロール
  • タンニン
  • フラボノイド

などで構成されています(文献1:2006)

ラベンダーはアルプス地方を原産とし、中世にはヨーロッパ全土に広められ、日本には江戸時代にヨーロッパから渡来し現在では北海道や長野県で栽培されています。

古代ギリシア時代から怒りや執着を鎮め、心身の浄化に用いられており、中世にはヨーロッパ全土に広められ現在でも鎮静作用のあるハーブティーとして不安やストレス、不眠、食欲不振、胃の膨満感、腹痛などのほか風邪や疲労にも用いられます(文献2:2011)

ドイツでは不安や就眠障害に茶剤として、また神経疲労や神経性胃炎などの自律神経失調症状には入浴剤で、さらに神経痛には外用アルコール製剤を塗布して用いられています(文献3:2016)

アロマテラピーで用いられるラベンダー精油は花を蒸留して得られ、酢酸リラリルを中心とするエステルとリナロールなどのモノテルペンアルコールから構成され、鎮静・鎮痙作用、抗菌・抗真菌作用を発揮します(文献3:2016)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンド&フット製品、メイクアップ化粧品、洗顔料&洗顔石鹸、ヘアケア製品、洗浄製品、シート&マスク製品、デオドラント製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006)

コルチゾール増加抑制による抗ストレス作用

コルチゾール増加抑制による抗ストレス作用に関しては、まず前提知識としてコルチゾールについて解説します。

コルチゾールは副腎皮質から放出されるステロイドホルモンであり、心身にストレスを受けるとコルチゾール濃度を増加させることから「ストレスホルモン」として知られています(文献6:2018)

2018年にはコルチゾールが表皮細胞に作用し、フィラグリンが減少することが明らかにされており、ストレスによるコルチゾール増加により表皮のうるおいが低下することが示されています(文献6:2018)

フィラグリンとは、以下の天然保湿因子の産生のメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

NMF(天然保湿因子)の産生の仕組み

表皮の顆粒層で産生されるタンパク質の一種で、角層でアミノ酸に分解され、角質の潤い成分である天然保湿因子(NMF)となる元の成分です。

2018年にポーラ化成によって報告されたストレスが肌のうるおいを奪うメカニズムの研究によると、

心身にストレスを受けると、血液中のコルチゾールが一時的に増加することが知られていますが、培養表皮細胞にコルチゾールを添加すると、以下の表皮細胞図のように、

表皮細胞に対するコルチゾールの影響

うるおいのもとであるフィラグリンの減少量が大きいことがわかった。

さらに、真皮に存在しコラーゲンを生み出す線維芽細胞でも同様の反応が起こっていることが認められた。

線維芽細胞にコルチゾールを添加するとコラーゲンを生み出す量が減少しますが、その影響は30代女性の細胞でとくに顕著であることが明らかとなった。

この結果から、30代女性はストレスの影響が肌に出やすいと考えられます。

このような研究結果が明らかにされており(文献6:2018)、コルチゾールの肌への影響をまとめると、

  • 天然保湿因子のもとであるフィラグリンを減少させる
  • 真皮に存在し、コラーゲンを産生する線維芽細胞を減少させる
  • コルチゾールの肌への影響は30代に顕著である(ストレスが肌に出やすい)

となっています。

ラベンダー香に含まれる酢酸リナリルには、ストレスによるコルチゾールの増加を抑制するストレス低減作用があることを見出されています(文献4:1998)

ただし、詳細な試験データはみあたらず、またラベンダー花エキスにおける酢酸リナリル含有量や実際のコルチゾールへの影響も不明であるため、現時点では作用傾向は不明です。

スポンサーリンク

ラベンダー花エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ラベンダー花エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、使用実績も長く、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

日光ケミカルズの安全データシート(文献5:2018)によると、

  • [ヒト試験] 20人の被検者にラベンダー花エキス(スクワラン抽出物)の原液を24時間閉塞パッチ適用したところ、皮膚刺激スコア0.0であった
  • [ヒト試験] 56人の被検者にラベンダー花エキス(スクワラン抽出物)の原液をを誘導期間およびチャレンジ期間においてパッチ適用し、パッチ除去後に皮膚反応を観察した(RIPT法)ところ、皮膚感作性なしと結論付けられた

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激および皮膚感作性なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ラベンダー花エキス

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ラベンダー花エキスは△(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ラベンダー花エキスは香料、抗菌成分、収れん成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:香料 抗菌成分 収れん成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,385.
  2. 鈴木 洋(2011)「ラベンダー」カラー版健康食品・サプリメントの事典,195.
  3. 林真一郎(2016)「ラベンダー」メディカルハーブの事典 改定新版,184-185.
  4. 川崎 通昭(1998)「においのヒトへの効用とその生体計測」日本化粧品技術者会誌(32)(3),247-252.
  5. “日光ケミカルズ”(2018)「安全データシート NIKKOL アロマスクワラン ラベンダー」, <https://www.chemical-navi.com/product_search/detail1096.html> 2018年9月21日アクセス.
  6. “株式会社ポーラ・オルビスホールディングス”(2018)「ストレスが肌のうるおいを奪うメカニズムを解明」, <http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20180611_2.pdf> 2018年9月21日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ