ピーリング成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばしてピーリング成分一覧をチェックする ↓

∗∗∗

ターンオーバーが正常でなくなってくると、本来はがれ落ちるはずの不要な角質が皮膚に蓄積します。

角質が皮膚に蓄積すると、肌が固く厚くなってスキンケア成分が浸透しにくくなったり、水分が肌の表面に行き渡りにくくなって乾燥やくすみを引き起こします。

ターンオーバーを聞いたことがない方は、以下のターンオーバーの肌図と解説を理解の参考にしてください。

ターンオーバーの仕組み

年齢によって少し異なりますが、基本的に若くて健康な皮膚は約28日間で生まれ変わり、その生まれ変わる循環をターンオーバーと呼んでいます。

ターンオーバーのおかげで、たとえば肌に切り傷ができてかさぶたになっても、下から新しい肌細胞が上がってきて傷が消えて肌が再生します。

美容医療では、ケミカルピーリングという技術で高濃度のピーリング成分が使われていますが、化粧品では低濃度で穏やかな処方設計がされてます。

ゴワつきやざらつきなど、肌が固く感じられたらピーリング成分を取り入れたスキンケアで固くなった角質を落ちし、ターンオーバーを正常化することはおすすめです。

ピーリング成分一覧

A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。



AHA(アルファヒドロキシ酸)
AHA(アルファヒドロキシ酸)とは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分 保湿成分 美白成分 抗老化成分 pH調整剤
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やグリコール酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ AHA記事を読む

DL-リンゴ酸
DL-リンゴ酸とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
pH調整や角質軟化効果(ピーリング効果)目的で化粧品に配合される成分、DL-リンゴ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ DL-リンゴ酸記事を読む


サリチル酸
サリチル酸とは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分
硬くなってゴワついた角質を柔軟にしたり、軽度のニキビを改善する目的で化粧品に配合される成分、サリチル酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ サリチル酸記事を読む


パパイン
パパインとは…成分効果と毒性を解説
ピーリング成分
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、パパインの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ パパイン記事を読む


リンゴ酸
リンゴ酸とは…成分効果と毒性を解説
安定化成分 pH調整剤
pH調整や角質軟化効果(ピーリング効果)目的で化粧品に配合される成分、リンゴ酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ リンゴ酸記事を読む

TOPへ