「ヒアルロン酸」の検索結果一覧(2 / 3Page) [ 61件 ]

サンショウ果皮エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、サンショウ果皮エキス(サンショウエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ブドウ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、AGEs生成抑制による抗糖化作用、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ブドウ葉エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オタネニンジン根エキスとは…成分効果と毒性を解説

毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、オタネニンジン根エキス(ニンジンエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

クズ根エキスとは…成分効果と毒性を解説

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキス(カッコンエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ユーカリ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

セラミド産生量増加およびタイトジャンクション形成促進によるバリア改善作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、TRPM8活性化による冷涼感付与効果、VEGF増加による毛髪ハリコシ改善作用目的で化粧品に配合される成分、ユーカリ葉エキス(ユーカリエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ポリクオタニウム-61とは…成分効果と毒性を解説

バリア機能改善作用、刺激物質の刺激緩和作用、粉体の表面処理、帯電防止、毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-61(2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ポリクオタニウム-51とは…成分効果と毒性を解説

水分保持能および経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用、帯電防止、水分量増加によるヘアコンディショニング作用、毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-51(2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オレイン酸ポリグリセリル-2とは…成分効果と毒性を解説

親油性乳化、分散、表皮基底層への有効成分輸送による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ポリグリセリル-2(モノオレイン酸ポリグリセリル)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オレイン酸ポリグリセリル-10とは…成分効果と毒性を解説

親水性乳化、表皮基底層への吸着および有効成分の徐放による効果持続作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ポリグリセリル-10(モノオレイン酸ポリグリセリル)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ココイル加水分解コラーゲンKとは…成分効果と毒性を解説

起泡・洗浄、ヘアコンディショニング作用、コラーゲン産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ココイル加水分解コラーゲンK(ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム,ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム液)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

レチノールとは…成分効果と毒性を解説

表皮ヒアルロン酸合成促進による抗シワ作用目的で化粧品に配合される成分、レチノールの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

アセチルグルコサミンとは…成分効果と毒性を解説

表皮ヒアルロン酸、真皮ヒアルロン酸およびⅠ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アセチルグルコサミン(N-アセチルグルコサミン)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸とは…成分効果と毒性を解説

メラニン産生抑制による色素沈着抑制作用、アクネ菌増殖抑制による抗菌作用、線維芽細胞増殖およびコラーゲン合成促進目的で化粧品に配合される成分、カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

オクラ果実エキスとは…成分効果と毒性を解説

角質層水分量増加による保湿作用、ヒアルロン酸合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、オクラ果実エキス(オクラエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリスエキス)とは…成分効果と毒性を解説

過酸化脂質抑制および一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による抗炎症作用、プロスタグランジンE2およびCOX-2発現抑制による色素沈着抑制作用、エラスチン変性抑制、コラーゲン変性抑制、MMP-1活性抑制および小胞体シャペロンBiP遺伝子発現促進による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アスタキサンチン(アスタキサンチン液,ヘマトコッカスプルビアリスエキス,ヘマトコッカスプルビアリス油)の成分効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

メマツヨイグサ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

過酸化脂質およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害およびDDR2発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、メマツヨイグサ種子エキス(メマツヨイグサ抽出液)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

レンゲソウエキスとは…成分効果と毒性を解説

角質水分量増加による保湿作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、AGEs分解による抗糖化作用目的などで化粧品に配合される成分、レンゲソウエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ボタンエキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、IL-1α産生阻害による抗炎症作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ボタンエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

フユボダイジュ花エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用目的などで化粧品に配合される成分、フユボダイジュ花エキス(シナノキエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ビワ葉エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、SOD様活性による抗酸化作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、POMC発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ビワ葉エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ハイビスカス花エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、UVBおよびUVA吸収による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、ハイビスカス花エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

マグワ根皮エキスとは…成分効果と毒性を解説

チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マグワ根皮エキス(クワエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

カンゾウ根エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、皮膚刺激緩和作用目的で配合される成分、カンゾウ根エキス(カンゾウエキス,カンゾウ抽出末)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

アルニカ花エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、SOD様活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、アルニカ花エキス(アルニカエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

タウリンとは…成分効果と毒性を解説

角質層の水分増加による保湿作用、細胞間脂質合成促進によるバリア機能改善作用、表皮ケラチノサイトの浸透圧調整による保湿作用目的で配合される成分、タウリンの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

アミノ酪酸とは…成分効果と毒性を解説

表皮細胞増殖作用、インボルクリン産生促進作用によるバリア機能改善作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アミノ酪酸(γ-アミノ酪酸)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

サイタイエキスとは…成分効果と毒性を解説

皮表柔軟化による保湿作用、上皮細胞増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、サイタイエキス(サイタイ抽出液)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

リゾレシチンとは…成分効果と毒性を解説

親水性乳化、可溶化、ラミニン5産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、リゾレシチン(大豆リゾリン脂質液,卵黄リゾホスファチジルコリン)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ダイズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用成長阻害による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキス(ダイズエキス)の効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

ユズ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、Ⅳ型コラーゲン、Ⅶ型コラーゲンおよびラミニン5産生促進による抗老化作用目的で配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。

TOPへ