安息香酸スクロースとは…成分効果と毒性を解説

可塑剤 表面処理剤
安息香酸スクロース
[化粧品成分表示名称]
・安息香酸スクロース

安息香酸のスクロースとのエステルです。

化粧品に配合される場合は、樹脂と相溶性が良いのでネイルエナメルにひびなどが入らないように、柔軟で光沢のある被膜をつくる可塑剤としてマニキュア、ネイルエナメル、ネイルカラー、ネイルコートなどのネイル製品に使用されます。

また、顔料の表面処理剤としても使用され、分散性、光沢性、紫外線による退色を防ぐ効果もあります。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2016年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

安息香酸スクロースの配合製品数と配合量の調査結果(2016年)

スポンサーリンク

安息香酸スクロースの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

安息香酸スクロースの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Saccharide Esters as Used in Cosmetics」(文献1:2016)によると、

  • 安息香酸スクロースは、現在の使用状況および配合量における化粧品での使用に安全である

と記載されています。

詳細な試験データはみあたりませんが、現在の使用状況および配合量で安全に使用できると報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験データがみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
安息香酸スクロース

参考までに化粧品毒性判定事典によると、安息香酸スクロースは△(∗1)となっており、試験データをみるかぎり、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

安息香酸スクロースはその他にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:その他

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2016)「Safety Assessment of Saccharide Esters as Used in Cosmetics」,<https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR721.pdf> 2018年5月27日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ