その他の成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばしてその他一覧をチェックする ↓

∗∗∗

ここでは、ヘアケア製品に特化して使用されるスタイリング剤、ネイル製品に特化して使用される溶剤やフィルム形成剤など特定の製品に特殊な用途で使用される成分をまとめています。

その他一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。




2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール
2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール
pH調整剤
脂肪酸などと中和する目的で化粧品に配合される成分、2-アミノ-2-メチル-1-プロパノールの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 2-アミノ-2-メチル-1-プロパノール記事を読む

AMP
AMP
pH調整剤
脂肪酸などと中和する目的で化粧品に配合される成分、AMPの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ AMP記事を読む

HEMA
HEMA
結合剤
ネイル接着目的でネイル製品に配合される成分、HEMAの効果や安全性について解説します。
→ HEMA記事を読む

Nε-ラウロイル-L-リジン
Nε-ラウロイル-L-リジン
充填剤 感触改良剤
充填剤、または無機粉体の表面に吸着して撥水性を付与し、流動性を向上させるなど感触調製および乳化安定などの目的で化粧品に配合される成分、Nε-ラウロイル-L-リジンの効果や安全性について解説します。
→ Nε-ラウロイル-L-リジン記事を読む

PVA
PVA
皮膜形成剤 安定化成分
皮膜形成、または乳化安定、分散安定目的で化粧品に配合される成分、PVAの効果や安全性について解説します。
→ PVA記事を読む

PVAc
PVAc
皮膜形成剤
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、PVAcの効果や安全性について解説します。
→ PVAc記事を読む

PVP
PVP
皮膜形成剤 分散剤 安定化成分
毛髪の保護や柔軟やシャンプーの泡の安定化、スキンケア製品の乳化安定化や分散、メイクアップ化粧品の粘度調整や分散、皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、PVPの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ PVP記事を読む

PET
PET
光沢剤
メイクアップ化粧品に光沢感を与える目的で配合される成分、PET(ポリエチレンテレフタレート)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ PET記事を読む

PMMA
PMMA
皮膜形成剤 感触改良剤
皮膜形成効果および滑り調製目的で化粧品に配合される成分、PMMAの効果や安全性について解説します。
→ PMMA記事を読む

(VP/VA)コポリマー((ビニルピロリドン/VA)コポリマー)
皮膜形成剤
乾くとフィルム状になる皮膜形成成分として髪およびまつげに輝きを付与する目的で化粧品に配合される成分、(VP/VA)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (VP/VA)コポリマー記事を読む


アクリル酸アルキル共重合体液(2)
アクリル酸アルキル共重合体液(2)
皮膜形成剤 表面処理剤 ヘアスタイリング剤 粘着剤
主に皮膜形成、ヘアスタイリング剤、粘着剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体液(2)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体液(2)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)
皮膜形成剤 表面処理剤 ヘアスタイリング剤 粘着剤
主に皮膜形成、ヘアスタイリング剤、粘着剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
皮膜形成剤 表面処理剤 ヘアスタイリング剤 粘着剤
主に皮膜形成、ヘアスタイリング剤、粘着剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)記事を読む

アクリル酸アルキル・スチレン共重合体
アクリル酸アルキル・スチレン共重合体
皮膜形成剤
主に皮膜形成や不透明化目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル・スチレン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル・スチレン共重合体記事を読む

アクリレーツコポリマー
アクリレーツコポリマー
皮膜形成剤 表面処理剤 ヘアスタイリング剤 粘着剤
主に皮膜形成、ヘアスタイリング剤、粘着剤、表面処理目的で化粧品に配合される成分、アクリレーツコポリマーの効果や安全性について解説します。
→ アクリレーツコポリマー記事を読む

(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー
(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー
皮膜形成剤
爪に均一なフィルムをつくる皮膜形成目的でネイル製品に配合される成分、(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー記事を読む

アラビアゴム
アラビアゴム
皮膜形成剤 感触改良剤
マスカラの皮膜形成、スキンケア化粧品の付着性および感触向上目的で化粧品に配合される成分、アラビアゴムの効果や安全性について解説します。
→ アラビアゴム記事を読む

安息香酸スクロース
安息香酸スクロース
可塑剤 表面処理剤
柔軟で光沢のある被膜をつくる可塑剤目的でネイル製品に配合される成分、安息香酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ 安息香酸スクロース記事を読む

イソプロパノール
イソプロパノール
溶剤
主にネイルエナメルに他の溶媒成分と組み合わせて溶かし込む目的で配合される成分、イソプロパノールの効果や安全性について解説します。
→ イソプロパノール記事を読む

イソ酪酸酢酸スクロース
イソ酪酸酢酸スクロース
可塑剤
ネイルエナメルのベースをつくる皮膜形成剤を柔らかくしなやかにする目的でネイル製品に配合される成分、イソ酪酸酢酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ イソ酪酸酢酸スクロース記事を読む

(エチレン/プロピレン)コポリマー
(エチレン/プロピレン)コポリマー
感触改良剤 増粘剤
油を塗りやすい硬さに調製する目的で化粧品に配合される成分、(エチレン/プロピレン)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (エチレン/プロピレン)コポリマー記事を読む

エトキシジグリコール
エトキシジグリコール
溶剤 乳化剤
エマルション補助乳化、溶解補助、経皮吸収促進剤目的で化粧品に配合される成分、エトキシジグリコールの効果や安全性について解説します。
→ エトキシジグリコール記事を読む

オクテニルコハク酸デンプンAl
オクテニルコハク酸デンプンAl
感触改良剤
パウダリー感の付与、油分吸収によるベタつきの軽減目的で化粧品に配合される成分、オクテニルコハク酸デンプンAlの効果や安全性について解説します。
→ オクテニルコハク酸デンプンAl記事を読む


結晶セルロース
結晶セルロース
賦形剤 結合剤 スクラブ剤 増粘剤
パウダー類には賦形・結合、スキンケア製品には懸濁・粘度調整、洗顔料にはスクラブ剤目的で配合される成分、結晶セルロースの効果や安全性について解説します。
→ 結晶セルロース記事を読む

高融点ポリエチレン末
高融点ポリエチレン末
感触調整粉体 スクラブ
固形状ベースの硬さ調節、乳化物の増粘性やコクの付与、またはスクラブ剤目的など幅広い用途で化粧品に配合される成分、高融点ポリエチレン末の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 高融点ポリエチレン末記事を読む


酢酸エチル
酢酸エチル
溶剤
皮膜形成剤のニトロセルロースを溶かす溶剤目的でネイル製品に配合される成分、酢酸エチルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 酢酸エチル記事を読む

酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体
皮膜形成剤
乾くとフィルム状になる皮膜形成成分として髪およびまつげに輝きを付与する目的で化粧品に配合される成分、酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ 酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体記事を読む

酢酸ブチル
酢酸ブチル
溶剤
皮膜形成剤のニトロセルロースを溶かす溶剤目的でネイル製品に配合される成分、酢酸ブチルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 酢酸ブチル記事を読む

ジエチレングリコールモノエチルエーテル
ジエチレングリコールモノエチルエーテル
溶剤 乳化剤
エマルション補助乳化、溶解補助、経皮吸収促進剤目的で化粧品に配合される成分、ジエチレングリコールモノエチルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ジエチレングリコールモノエチルエーテル記事を読む

(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー
(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー
感触調整粉体
主にパウダーファンデーションの伸びを良くしたり柔らかな感触を付与する目的で化粧品に配合される成分、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー記事を読む

(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー
感触調整粉体
サラサラ感や柔らかな感触また滑らかな感触など感触調整、またソフトフォーカス効果やマット効果などのメイク演出効果目的で化粧品に配合される成分、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー記事を読む

(スチレン/アクリレーツ)コポリマー
(スチレン/アクリレーツ)コポリマー
皮膜形成剤
主に皮膜形成や不透明化目的で化粧品に配合される成分、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (スチレン/アクリレーツ)コポリマー記事を読む

セルロース
セルロース
皮膜形成剤 結合剤 スクラブ剤 増粘剤
口紅やマニキュアには皮膜形成剤、パウダー類には賦形・結合、スキンケア製品には懸濁・粘度調整、洗顔料にはスクラブ剤目的で配合される成分、セルロースの効果や安全性について解説します。
→ セルロース記事を読む

セルロース末
セルロース末
皮膜形成剤 結合剤 スクラブ剤 増粘剤
口紅やマニキュアには皮膜形成剤、パウダー類には賦形・結合、スキンケア製品には懸濁・粘度調整、洗顔料にはスクラブ剤目的で配合される成分、セルロース末の効果や安全性について解説します。
→ セルロース末記事を読む


炭酸プロピレン
炭酸プロピレン
溶剤
主にメイクアップ化粧品の溶剤目的で配合される成分、炭酸プロピレンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 炭酸プロピレン記事を読む

窒素
窒素
噴射剤
液体を霧状に噴射する目的で化粧品に配合される成分、窒素の効果や安全性について解説します。
→ 窒素記事を読む

(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂
(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂
皮膜形成剤
ネイルエナメルのベースをつくる皮膜形成剤としてネイル製品に配合される成分、(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂の効果や安全性について解説します。
→ (トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂記事を読む


no-image
ナイロン-6
感触調整粉体
肌触りをなめらかにする、またはまつげを太く長く見せる目的で化粧品に配合される成分、ナイロン-6の効果や安全性について解説します。
→ ナイロン-6記事を読む

ナイロン-12
ナイロン-12
感触調整粉体
主に体質顔料として独特のしっとりした高級感のある感触を与える目的でメイクアップ化粧品に配合される成分、ナイロン-12の効果や安全性について解説します。
→ ナイロン-12記事を読む

ナイロン末
ナイロン末
感触調整粉体
主に体質顔料として独特のしっとりした高級感のある感触を与える目的でメイクアップ化粧品に配合される成分、ナイロン末の効果や安全性について解説します。
→ ナイロン末記事を読む

二酸化炭素
二酸化炭素
血行促進成分 抗老化成分 噴射剤
血行促進による肌の明るさやクスミの改善効果、リフトアップ、成分吸収促進効果、液体を霧状に噴射する噴射剤目的で化粧品に配合される成分、二酸化炭素の効果や安全性について解説します。
→ 二酸化炭素記事を読む

ニトロセルロース
ニトロセルロース
皮膜形成剤
密着性、光沢、持ちなどを高める目的でネイルエナメルに配合される成分、ニトロセルロースの効果や安全性について解説します。
→ ニトロセルロース記事を読む


no-image
(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー
感触調整粉体
撥水性の滑らかな感触、弾力のある柔軟性、分散性目的で化粧品に配合される成分、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー記事を読む

(ビニルピロリドン/VA)コポリマー
(ビニルピロリドン/VA)コポリマー
皮膜形成剤
乾くとフィルム状になる皮膜形成成分として髪およびまつげに輝きを付与する目的で化粧品に配合される成分、(ビニルピロリドン/VA)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (ビニルピロリドン/VA)コポリマー記事を読む

ブタノール
ブタノール
溶剤
ネイルエナメルの溶剤または助溶剤目的で化粧品に配合される成分、ブタノールの効果や安全性について解説します。
→ ブタノール記事を読む

プルラン
プルラン
増粘剤 皮膜形成剤
水溶性の増粘目的で配合される成分、プルランの効果や安全性について解説します。
→ プルラン記事を読む

ベンジルアルコール
ベンジルアルコール
溶剤 抗菌成分
溶剤または溶剤補助目的で配合される成分、ベンジルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ベンジルアルコール記事を読む

変性アルコール
変性アルコール
溶剤
溶剤、揮発性による乾燥促進、清涼感目的で配合される成分、変性アルコールの効果や安全性について解説します。
→ 変性アルコール記事を読む

ポリアクリル酸アルキル
ポリアクリル酸アルキル
皮膜形成剤 感触改良剤
皮膜形成、滑りの向上性および付着性の向上性目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸アルキルの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸アルキル記事を読む

ポリエチレン
ポリエチレン
感触調整粉体 スクラブ
固形状ベースの硬さ調節、乳化物の増粘性やコクの付与、またはスクラブ剤目的など幅広い用途で化粧品に配合される成分、ポリエチレンの効果や安全性について解説します。
→ ポリエチレン記事を読む

ポリエチレンワックス
ポリエチレンワックス
感触調整粉体 スクラブ
固形状ベースの硬さ調節、乳化物の増粘性やコクの付与、またはスクラブ剤目的など幅広い用途で化粧品に配合される成分、ポリエチレンワックスの効果や安全性について解説します。
→ ポリエチレンワックス記事を読む

ポリ酢酸ビニル
ポリ酢酸ビニル
皮膜形成剤
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、ポリ酢酸ビニルの効果や安全性について解説します。
→ ポリ酢酸ビニル記事を読む

ポリビニルアルコール
ポリビニルアルコール
皮膜形成剤 安定化成分
皮膜形成、または乳化安定、分散安定目的で化粧品に配合される成分、ポリビニルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ポリビニルアルコール記事を読む

ポリビニルピロリドン
ポリビニルピロリドン
皮膜形成剤 分散剤 安定化成分
毛髪の保護や柔軟やシャンプーの泡の安定化、スキンケア製品の乳化安定化や分散、メイクアップ化粧品の粘度調整や分散、皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、ポリビニルピロリドンの効果や安全性について解説します。
→ ポリビニルピロリドン記事を読む

ポリメタクリル酸メチル
ポリメタクリル酸メチル
皮膜形成剤 感触改良剤
皮膜形成効果および滑り調製目的で化粧品に配合される成分、ポリメタクリル酸メチルの効果や安全性について解説します。
→ ポリメタクリル酸メチル記事を読む

ポリメチルシルセスキオキサン
ポリメチルシルセスキオキサン
感触調整粉体 皮膜形成剤
潤滑性、サラサラ感の付与、高いソフトフォーカス効果目的で化粧品に配合される成分、ポリメチルシルセスキオキサンの効果や安全性について解説します。
→ ポリメチルシルセスキオキサン記事を読む


ミリスチン酸Mg
ミリスチン酸Mg
粉体系増粘剤 感触調整粉体
皮膚に対する付着性の向上、滑らかな感触をつくる目的で配合される成分、ミリスチン酸Mgの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸Mg記事を読む

ミリスチン酸亜鉛
ミリスチン酸亜鉛
粉体系増粘剤 感触調整粉体
粉体同士の結合を緩衝するケーキング防止、なめらかな感触の付与、付着性および耐水性の向上目的で配合される成分、ミリスチン酸亜鉛の効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸亜鉛記事を読む

ミリスチン酸マグネシウム
ミリスチン酸マグネシウム
粉体系増粘剤 感触調整粉体
皮膚に対する付着性の向上、滑らかな感触をつくる目的で配合される成分、ミリスチン酸マグネシウムの効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸マグネシウム記事を読む

(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー
(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー
皮膜形成剤
強度のある接着性の強い皮膜形成目的でネイル製品に配合される成分、(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー記事を読む

メタクリル酸メチルクロスポリマー
メタクリル酸メチルクロスポリマー
皮膜形成剤 感触改良剤
皮膜形成、滑りの向上性および付着性の向上性目的で化粧品に配合される成分、メタクリル酸メチルクロスポリマーの効果や安全性について解説します。
→ メタクリル酸メチルクロスポリマー記事を読む

メチルシロキサン網状重合体
メチルシロキサン網状重合体
感触調整粉体 皮膜形成剤
潤滑性、サラサラ感の付与、高いソフトフォーカス効果目的で化粧品に配合される成分、メチルシロキサン網状重合体の効果や安全性について解説します。
→ メチルシロキサン網状重合体記事を読む


ラウロイルリシン
ラウロイルリシン
充填剤 感触改良剤
充填剤、または無機粉体の表面に吸着して撥水性を付与し、流動性を向上させるなど感触調製および乳化安定などの目的で化粧品に配合される成分、ラウロイルリシンの効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルリシン記事を読む

TOPへ