加水分解水添デンプンとは…成分効果と毒性を解説

保湿 毛髪修復 泡立ち改良
加水分解水添デンプン
[化粧品成分表示名称]
・加水分解水添デンプン

主にトウモロコシデンプンを酵素反応および水素添加処理した際にグリコシルトレハロースと同時に得られる糖アルコールです(∗1)

∗1 混合物としての成分組成は、グリコシルトレハロース:約47%、加水分解水添デンプン:約27%、水:約26%です(文献1:2003)。

グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンは混合物であるため、化粧品成分表示には一緒に並ぶことが多く、しっとりしていてもベタつかない、また皮膜感が実感できる特異的な感触を有していることが大きな特徴です(文献1:2003)

化粧品に配合される場合は、

  • 乾燥における皮表細胞・細胞膜保護による保湿作用
  • キューティクルの損傷改善による毛髪修復作用
  • 泡立ち改善作用

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、洗顔料&洗顔石鹸、ヘアケア製品、洗浄製品、シート&マスク製品など様々な製品に使用されます(文献1:2003)

グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンは混合物であるため、化粧品としての効果・作用はグリコシルトレハロースと同様になりますが、成分組成の約50%はグリコシルトレハロースであるため、どちらかというとグリコシルトレハロースの効果・作用が大きいと考えられます。

そのため、効果・作用の詳細はグリコシルトレハロースの記事を参照してください。

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2015年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに表の中の製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

加水分解水添デンプンの配合製品数と配合量の調査結果(2015年)

スポンサーリンク

加水分解水添デンプンの安全性(刺激性・アレルギー)について

加水分解水添デンプンの現時点での安全性は、

  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • アクネ菌増殖性:ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

林原生物化学研究所の安全性試験データ(文献1:2003)によると、

  • 皮膚一次刺激性試験において非刺激物質
  • [ヒト試験] ヒト皮膚パッチ試験において陽性率0%

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚刺激性および皮膚感作性なしと報告されているため、一般的に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

林原生物化学研究所の安全性試験データ(文献1:2003)によると、

  • 眼粘膜刺激性試験において無刺激物

と記載されています。

試験データをみるかぎり、無刺激物と報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

ニキビの原因となるアクネ菌の増殖性について

2009年にサティス製薬によって公開された研究調査によると、

ニキビ用化粧品の開発に役立つアクネ菌(Propionibacterium acnes)の資化性試験を用いて研究調査を行った。

資化性(しかせい)とは、微生物がある物質を栄養源として利用し増殖できる性質であり、化粧品に汎用されている各保湿剤がアクネ菌の栄養源になりうるかを検討するために、14種類の保湿剤(BGグリセリンDPGジグリセリントレハロースグルコースソルビトールプロパンジオールキシリトールPCA-Naベタインラフィノース、GCS(グリコシルトレハロース/加水分解水添デンプン混合物))をアクネ菌に与えてその増殖率を測定したところ、以下のグラフのように、

アクネ菌の保湿剤に対する資化性

縦軸の資化性スコア(吸光度)が高いほど菌が増殖していることを示しており、無添加と同等の増加率の場合はアクネ菌に対する資化性は非常に低いと考えられ、グリコシルトレハロースと加水分解水添デンプンの混合物は無添加と同等の増加率であるため、アクネ菌の増殖性は認められなかった。

このような検証結果が報告されており(文献2:2009)アクネ菌増殖性はほとんどないと考えられます。

∗∗∗

加水分解水添デンプンは保湿成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 立川 博美, 他(2003)「グリコシルトレハロースを主成分とする新規糖質の特性と化粧品への応用」Fragrance Journal(31)(11),106-113.
  2. “株式会社サティス製薬”(2009)「化粧品でアクネ菌が増える?」, <http://www.saticine-md.co.jp/exam/trustee_service/release/20090519.html> 2019年1月7日アクセス.

TOPへ