ポリクオタニウム類(リピジュア)とは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 エモリエント成分
ポリクオタニウム類(リピジュア)
[化粧品成分表示名称]
・ポリクオタニウムー51、ポリクオタニウムー61

[医薬部外品表示名称]
・2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ステアリル共重合体

[慣用名]
・リピジュア

細胞膜を構成する成分であるリン脂質を多数結合させてつくった高分子の水溶性保湿剤(ポリマー)です。

化粧品に配合される代表的なものは、ポリクオタニウムー51とポリクオタニウム-61になり、とくに日油株式会社が開発したポリクオタニウムー51(商品名:リピジュア)が有名です。

ポリクオタニウム-51の特徴ですが、日油株式会社の試験データによると、ヒアルロン酸の2倍の保湿性を示し、水洗しても皮膚に残留し保湿性を発現します。

リピジュアの保湿能比較

ポリクオタニウム-51とポリクオタニウム-61の違いは、油溶性の性質を有しているかどうかの違いで、ポリクオタニウム-51は油溶性の性質を持っていませんが、ポリクオタニウム-61は油溶性の性質を持っているため水がほとんど含まれないファンデーションや口紅などの化粧品にも配合できます。

スポンサーリンク

ポリクオタニウム類の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

リピジュア(ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61)は、もともと人工血管の内側に使用するために開発された高分子素材で、皮膚刺激や毒性はほとんどなく、アレルギー(皮膚感作性)もないため安全性の高い成分だと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ポリクオタニウム-51 ■■
ポリクオタニウム-61 ■■

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ポリクオタニウム-51とポリクオタニウム-61は■■(∗1)となっており毒性ありという判定ですが、これは陽イオン界面活性剤だと捉えられているためであり、すでに伝えたように、ポリクオタニウム-51とポリクオタニウム-61は細胞膜を構成するリン脂質で構成されており、もともと人工血管に使用するためにつくられ、生体移植などにも使われている成分のため、毒性はないと考えられます。

∗1  毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ポリクオタニウム類は保湿成分とエモリエント成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 エモリエント成分

スポンサーリンク

TOPへ