ヒアルロン酸Naとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 ベース成分
ヒアルロン酸Na
[化粧品成分表示名称]
・ヒアルロン酸Na

[医薬部外品表示名称]
・ヒアルロン酸ナトリウム

[慣用名]
・ヒアルロン酸

当時はニワトリのトサカから得られる動物由来が主流でしたが、現在は乳酸菌などの微生物を用いる発酵法により得られるものが主流で、わずかに特異なにおいのある白色~淡黄色の粉末です。

ヒアルロン酸Naは、分子量が5万~230万とかなり大きく(∗1)、分子の中に非常に多量の水分を含むことができ、その性質から強力な保湿成分としての応用が盛んになり、保湿成分の代表成分のひとつとして有名になりました。

∗1 一般的なヒアルロン酸Naの分子量は5万~150万ほどで分子量が大きいほどとろみがあります。分子量が大きければ大きいと粘度(とろみやベタつき)は上がりますが、保湿力は上がらないので注意してください。

生体内では、関節、硝子体、皮膚、脳など生体内マトリックスに広く見られますが、皮膚の中では主に真皮に多く存在します(以下の図を参照)

真皮の潤い成分一覧

真皮の肌色の四角い部分…一番面積が大きいのがヒアルロン酸でそれをコラーゲンが支えており、さらにコラーゲンが崩れないようにコラーゲンの交差箇所をしばっているゴム状結束成分がエラスチンです。

もともとヒアルロン酸は鶏のトサカから抽出するものしかなくとても高額だったのですが、1985年に資生堂が微生物を用いる発酵法で得られるバイオタイプを開発してから、化粧品業界に急速に広がったという背景があります。

ヒアルロン酸Naは生体高分子なので安全性が高く、保水力があることから現在では医療品や食品にも広がっています。

医療分野では、美容注射として人工皮膚、癒着防止剤や目薬などに使用されており、食品分野では、健康食品やサプリメントに配合されています。

化粧品で使用する場合は、肌によくなじみ、しっとり感や保水力で重宝されているのですが、ヒアルロン酸Naだけをつけてもそれほどの保水力は発揮せず、塗布しても20分~40分でほとんどの水分は蒸発するため、高い保湿力を長時間維持するにはグリセリンやほかの保湿剤を併用する必要があります。

分子量が大きすぎて肌へ浸透しないため、肌の内側の水分を増やしたり保持するタイプではなく、肌の外側に保護膜をつくって空気中や化粧品の水分を含んで、それを角質層に与える役割なので、肌のヒアルロン酸を直接補うこともありません。

また、保水目的ではなく、感触改良剤として配合する場合もあります。

実際にどのような製品に配合されているかというと、海外の2005年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ヒアルロン酸Naの配合製品数と配合量の調査結果(2005年)

スポンサーリンク

ヒアルロン酸Naの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ヒアルロン酸Naの現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性および眼刺激性はほとんどなく、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

安全性を調査するために、国内外を問わず信頼性が高いと思われる安全性データシート(∗2)やレポートを参照しています。

∗2 安全性データシートとは、化粧品製造会社や化粧品販売会社のために提供されている成分の安全性データが記載されているシートで、一般消費者向けの資料ではありませんが、安全性を考える上で重要なエビデンスのひとつとなるため、一部引用させていただいています。

皮膚刺激性について

キューピー株式会社の安全データシート(文献1:2016,文献2:2016)によると、

  • 皮膚一次刺激性および累積皮膚刺激性なし、ヒトパッチテスト異常なし

と記載されています。

安全性データはひとつですが、生体内にも存在しているムコ多糖類の一種であり、非常に多くの化粧品に使用されていながら皮膚刺激の報告はないため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

安全性データはみあたりませんが、生体内にも存在しているムコ多糖類の一種であり、医薬品の点眼薬にも使用されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

キューピー株式会社の安全データシート(文献1:2016,文献2:2016)によると、

  • 皮膚感作性は陰性

と記載されています。

安全性データはひとつですが、生体内にも存在しているムコ多糖類の一種であり、皮膚感作(アレルギー)が起こる可能性は低いと考えられます。

現在は乳酸菌などの微生物発酵によって得られるヒアルロン酸Naが主流で、その場合はアレルギーが起こる可能性は限りなく低いですが、ニワトリのトサカから得たヒアルロン酸を使用している場合は、玉子アレルギーの方はアレルギーリスクが高くなるため、注意が必要です。

主流ではないとはいえ、中にはニワトリのトサカから得たヒアルロン酸を使用している化粧品メーカーもあるため、玉子アレルギーの方は事前にヒアルロン酸Naがニワトリのトサカ由来かどうかメーカーに問い合わせることを推奨します。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ヒアルロン酸Na 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ヒアルロン酸Naは毒性なし(∗3)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗3 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ヒアルロン酸Naはベース成分、保湿成分にカテゴライズされています。

それぞれの成分一覧は以下からお読みください。

参考:ベース成分 保湿成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. キューピー株式会社(2016)「安全データシート ヒアルロンサンHA-LQ」, <https://www.kewpie.co.jp/finechemical/products/pdf/02a/ha_lq/ha_lq_sds.pdf> 2017年12月19日アクセス.
  2. キューピー株式会社(2016)「安全データシート ヒアルロンサンHA-LQH」, <https://www.kewpie.co.jp/finechemical/products/pdf/02a/ha_lqh/ha_lqh_sds.pdf> 2017年12月19日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ