ハトムギ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 消臭剤
ハトムギ種子エキス
[化粧品成分表示名称]
・ハトムギ種子エキス

[医薬部外品表示名称]
・ヨクイニンエキス

イネ科植物ハトムギ(学名:Coix lacryma-jobi var. ma-yuen 英名:Adlay)の果皮および種皮を除いた種子(子実)からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

ハトムギ種子エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2017)

ハトムギ種子は、漢方・薬剤としてはヨクイニン(薏苡仁)と呼ばれており、果皮のついたままのものはハトムギと呼ばれています。

東南アジア原産で中国には後漢の時代にベトナムから伝わり、7~8世紀には日本にも中国から薬材として渡来しましたが、栽培されるようになったのは江戸時代以降となっています。

民間療法では、ヨクイニンが水イボやイボに有効であることが経験的に知られており、また浮腫、高血圧、母乳不足の治療にも用いられます(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、日焼け止め製品、シート&マスク製品、汗用消臭製品などの製品に使用されます(文献1:2006;文献5:2015;文献6:2017;文献7:2008)

SCF発現抑制による色素沈着抑制作用

SCF発現抑制による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン生合成のメカニズムとSCFについて解説します。

以下のメラニン生合成のメカニズム図をてみもらうとわかりやすいと思うのですが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユウメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

メラノサイト内でのメラニン生合成は、まずアミノ酸であるチロシンに活性酵素であるチロシナーゼが結合することでドーパ、ドーパキノンへと変化し、最終的に黒化メラニンが合成されます。

SCFは肝細胞増殖因子であり、メラニン生合成のメカニズムでは情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)のひとつです。

2008年に丸善製薬によって技術公開された天然物における肝細胞増殖因子であるSCF発現上昇抑制作用検証によると、試験内容は非公開ですが、ハトムギ種子エキスにSCF発現抑制による色素沈着抑制作用が認められています(文献7:2008)

ただし、試験内容が非公開であり、試験濃度や抑制率などが不明であるため、かなり穏やかな作用傾向である可能性も考えられます。

イソ吉草酸抑制による消臭作用

イソ吉草酸抑制による消臭作用に関しては、まずイソ吉草酸に関して解説しておきますが、イソ吉草酸とは汗臭・足臭・頭皮臭などに含まれる代表的な成分のひとつです。

2017年に小川香料によって報告されたヨクイニンエキスのイソ吉草酸抑制作用検証によると、

イソ吉草さん水溶液にヨクイニンエキスを添加した際の気相中の成分量をソフトイオン化質量分析計にて10分間連続的に測定したところ、以下のグラフのように、

ヨクイニンエキスのイソ吉草酸抑制作用

ヨクイニンエキス添加によってイソ吉草酸を速やかに抑制することが認められた。

このような検証結果が明らかにされており(文献6:2017)、ヨクイニンエキス(ハトムギ種子エキス)には即効性のあるイソ吉草酸抑制作用が認められています。

スポンサーリンク

ハトムギ種子エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ハトムギ種子エキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されているため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ハトムギ種子エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ハトムギ種子エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ハトムギ種子エキスは保湿成分、抗炎症成分、細胞賦活成分、美白成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 抗炎症成分 細胞賦活成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,379.
  2. 原島 広至(2017)「ヨクイニン(薏苡仁)」生薬単 改訂第3版,92-93.
  3. 鈴木 洋(2011)「薏苡仁(よくいにん)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,472-473.
  4. ジャパンハーブソサエティー(2018)「ハトムギ」ハーブのすべてがわかる事典,158.
  5. 一丸ファルコス株式会社(2015)「ヨクイニンエキス J」技術資料.
  6. 小川香料株式会社(2017)「ヨクイニンエキス」技術資料.
  7. 土肥 圭子(2008)「幹細胞増殖因子発現上昇抑制剤」特開2008-273875.

スポンサーリンク

TOPへ