ゼニアオイ花エキスとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 抗炎症成分 バリア機能
ゼニアオイ花エキス
[化粧品成分表示名称]
・ゼニアオイ花エキス

[医薬部外品表示名称]
・ゼニアオイエキス

アオイ科植物ゼニアオイまたはウスベニアオイ(学名:Malva mauritiana = Malva sylvestris 英名:common mallow)の花からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

ゼニアオイ花エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • 粘液多糖類
  • アントシアニジン
  • ビタミン類:ビタミンA,B₁,B₂,C
  • タンニン

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2016)

ウスベニアオイは、古代ギリシアやローマ時代から食用・薬草として使用されており、緩和作用のある粘液を豊富に含むハーブとして知られています。

そのため、昔から風邪によるのどの腫れや痛み、胃炎、膀胱炎、尿道炎などに粘膜を守る目的で用いられ、また外傷や皮膚炎などにも湿布剤、ローション剤、パック剤などの剤形で用いられています(文献2:2016)

ウスベニアオイはハーブティーとして有名ですが、その理由はそうした効能とは別に「青紫色のお茶」が楽しめるという点にあり、ウスベニアオイの青紫色は有効成分であるアントシアニジンによるもので、この青紫色のハーブティーにレモンを浮かべると一瞬で色がピンクに変化するのが楽しめます(文献2:2016;文献3:2018)

これはレモン汁によって液性が酸性になったためで、反対に重曹などを添加してアルカリ性にすると明るい水色に変化します。

欧米では混合茶剤にアクセントをつける目的でもよく用いられています。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品をはじめ、洗顔料、洗浄製品、メイクアップ化粧品など幅広く様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献4:-)

フィラグリン産生促進による保湿作用

フィラグリン産生促進による保湿作用とは、以下の肌図をみてもらえるとわかりやすいと思うのですが、

NMF(天然保湿因子)の産生の仕組み

皮膚の角層における保湿成分として有名なアミノ酸であるNMF(天然保湿因子)は、同じく表皮顆粒層に存在しているケラトヒアリンが角質細胞に変化していく過程でフィラグリンと呼ばれるタンパク質になり、このフィラグリンが角層に近づくとともに分解されてアミノ酸(NMF)になります(文献5:2002)

また、フィラグリンを構成しているアミノ酸のうち最も多いグルタミンは、保湿力の高いピロリドンカルボン酸となります。

ゼニアオイ花エキスには、フィラグリンの産生を促進する作用が明らかにされており(文献4:-)、フィラグリンの産生が増加することで角層のアミノ酸も増加され、結果的に水分量増加による保湿作用を有すると考えられます。

プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用

プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用に関しては、以下の肌図をみてもらえるとわかりやすいと思うのですが、

紫外線による炎症の仕組み

紫外線を浴びた皮膚はまず最初に活性酸素が発生し、活性酸素の働きによって様々な遺伝子の発現を誘導するタンパク質(転写因子)であるNF-κB(エヌエフカッパビー)が活性化します。

NF-κBが活性化すると、炎症性サイトカインの産生が誘導され、また活性化した炎症性サイトカインは炎症性物質をつくるホスホリパーゼA2という酵素を活性化し、活性化したホスホリパーゼA2は炎症性物質の産生を促進させて炎症を発生させます。

プロスタグランジンE₂はこの炎症メカニズムにおける炎症性物質のひとつで、直接的に炎症を起こします。

ゼニアオイ花エキスには、この炎症性物質のひとつであるプロスタグランジンE₂の産生を抑制する作用が明らかにされており(文献4:-)、プロスタグランジンE₂を抑制することで結果的に炎症を抑制します。

複合植物エキスとしてのゼニアオイ花エキス

ファルコレックスBX51という複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 角質水分量増加
  2. 経表皮水分損失抑制
  3. 抗酸化(SOD様)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって角質層の水分保持および活性酸素抑制するもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスBX51であると推測することができます。

スポンサーリンク

ゼニアオイ花エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ゼニアオイ花エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ゼニアオイ花エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ゼニアオイ花エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ゼニアオイ花エキスは保湿成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 抗炎症成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,375.
  2. 林真一郎(2016)「ウスベニアオイ」メディカルハーブの事典 改定新版,20-21.
  3. ジャパンハーブソサエティー(2018)「コモンマロウ」ハーブのすべてがわかる事典,186.
  4. 丸善製薬株式会社(-)「ゼニアオイ(ウスベニアオイ)」技術資料.
  5. 朝田 康夫(2002)「アミノ酸とは何か」美容皮膚科学事典,102-103.

スポンサーリンク

TOPへ