スフィンゴ糖脂質とは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 バリア機能 エモリエント成分
スフィンゴ糖脂質
[化粧品成分表示名称]
・スフィンゴ糖脂質

[慣用名]
・セラミド

角質細胞間脂質のセラミドに糖が結合したものがスフィンゴ糖脂質です。

セラミドの知識がない方は以下を参考にしてください。

参考:セラミドの種類・成分効果を解説

つまり、スフィンゴ糖脂質はセラミドと糖で組成されていることが明らかになっていますが、その割合は、以下の円グラフのように、

スフィンゴ糖脂質の組成

セラミド95%と糖脂質5%という比率になっています。

スフィンゴ糖脂質は、セラミドと糖で組成されているものの総称で、具体的には以下の図のように分類されます。

スフィンゴ糖脂質の分類

セレブロシドはスフィンゴ糖脂質の一種で、セラミド+単糖で構成されており、大きく分けて、

  • グルコシルセラミド(セラミド+グルコース)
  • ガラクトシルセラミド(セラミド+ガラクトース)

に分けられます(∗1)

∗1 グルコースやガラクトースは糖の種類です。

参考:グルコシルセラミドの成分効果と毒性を解説

また、ウマスフィンゴ脂質は馬の脊髄から得られる天然セラミド(馬セラミド)ですが、ガラクトースは神経系に豊富に含まれる糖脂質で、馬の脊髄から得られるウマスフィンゴ脂質はガラクトシルセラミドに分類されます。

スフィンゴ糖脂質は、角質層への浸透性が高く、以下のような作用があります。

  • 角質細胞同士をしっかり接着する
  • 皮膚水分の蒸発を防ぐ
  • 皮膚への異物の侵入を防ぐ

これらの作用から化粧品に配合した場合、少なくとも以下のような効果が期待できます。

  • 肌荒れやかさつきの予防と改善効果
  • 皮膚をしっとりなめらかにする効果
  • 皮膚をやわらかくしなやかにする効果
  • 小ジワの予防と改善効果

スポンサーリンク

スフィンゴ糖脂質の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

スフィンゴ糖脂質は、日本の医薬部外品原料規格に登録され、その安全性は厚生労働省によって担保されており、毒性や皮膚刺激性はほとんどなく、アレルギー報告もないため安全性の高い成分であると考えられます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、スフィンゴ糖脂質は毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

スフィンゴ糖脂質とセットで使用される成分と効果

・スフィンゴ糖脂質として、以下の成分表示順で使用されます。肌バリア強化成分。臨床的に、肌の保湿力を改善することが立証されています。
BG、スフィンゴ糖脂質

基本的な配合量の多い成分表示順は上記の通りですが、1%以下の成分は順不同に表示されるので、製品によっては表示順が異なっている場合があります。

∗∗∗

スフィンゴ糖脂質は保湿成分、バリア機能成分、エモリエント成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 エモリエント成分

スポンサーリンク

TOPへ