スクロースとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 スクラブ剤
スクロース
[化粧品成分表示名称]
・スクロース

砂糖の主成分であり、サトウキビおよびサトウ大根の汁液を精製して得られる、白糖(ショ糖)と呼ばれるグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が結合した水溶性の二糖類です。

一般的には甘味剤として砂糖、シロップなどに用いられます。

約170℃で加熱することでカラメルと呼ばれる褐色の物質に変化します(文献3:-)

化粧品に配合される場合は、保湿剤としてクリーム、乳液などに幅広く使用されています。

また、石けんを透明にするために用いられたり、スクラブ剤としても使用されることがあります。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2013-2014年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

スクロースの配合製品数と配合量の調査結果(2013-2014年)

スポンサーリンク

スクロースの安全性(刺激性・アレルギー)について

スクロースの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Monosaccharides, Disaccharides, and Related Ingredients as Used in Cosmetics」(文献1:2014)によると、

  • [ヒト試験] 50人の被検者に0.6%スクロースを含むリップバームを誘導期間およびチャレンジ期間において24時間パッチ適用し、誘導期間においては各パッチ除去後およびチャレンジパッチ除去24および48時間後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(AMA Laboratories,2012)
  • [ヒト試験] 102人の被検者に29%スクロースを含むヘア洗浄製剤の50%希釈水0.02mLを誘導期間において48時間(週末は72時間)閉塞パッチ適用し、チャレンジパッチは48時間適用し、各パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(Institut d’Expertise Clinique Bulgarie,2006)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激はおよび皮膚感作性なしと報告されているため、皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データがみあたらず、糖類なので眼刺激性はほとんどないと推測されますが、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
スクロース 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、スクロースは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

スクロースは保湿成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2014)「Safety Assessment of Monosaccharides, Disaccharides, and Related Ingredients as Used in Cosmetics」,<https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR657.pdf> 2018年6月13日アクセス.
  2. 日光ケミカルズ(2016)「糖類」パーソナルケアハンドブック,p104.
  3. “Wikipedia”(-)「スクロース」,<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9> 2018年6月13日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ