キイチゴエキスとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 美白成分 抗酸化成分
キイチゴエキス
[化粧品成分表示名称]
・キイチゴエキス

[医薬部外品表示名称]
・キイチゴエキス

バラ科植物キイチゴ(学名:Rubus idaeus 英名:raspberry)の果実からで抽出して得られるエキスです。

キイチゴエキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • ビタミン類
  • 有機酸
  • 糖類:ペクチン
  • タンニン:エラグ酸
  • フラボノイド
  • ポリフェノール類:アントシアニン
  • ラズベリーケトングルコシド

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2011)

キイチゴ(ラズベリー)は、ヨーロッパを原産とし、果樹として広く栽培されており、ジャムやジュースなどによく用いられています。

キイチゴの果実には、ビタミンやミネラルのほか、ルテイン、エラグ酸、アントシアニンなどのポリフェノールが含まれています(文献2:2011)

2002年にはクラシエホールディングスによって、キイチゴの果実の香気成分であるラズベリーケトンに脂肪燃焼効果があることが発見され、ダイエット素材として注目されています(文献2:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、洗顔料、洗浄製品、シート&マスク製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献3:1999;文献7:2001)

一酸化窒素(NO)およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用

一酸化窒素(NO)およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用に関しては、まず前提知識として一酸化窒素(NO)およびスーパーオキシド(O₂⁻)について解説します。

スーパーオキシド(O₂⁻)は、体内で発生する代表的な活性酸素のひとつで、具体的には以下のように、

酸素(O₂) → スーパーオキシド(O₂⁻) → 過酸化水素(H₂O₂) → ヒドロキシラジカル(・OH)

活性酸素がより強力になっていく過程の最初に発生します。

スーパーオキシド(O₂⁻)は、最初に大量に発生する活性酸素でエネルギーの産生の過程で必然的に発生しますが、発生したスーパーオキシドは活性酸素分解酵素であるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)によって水に分解され、その過程で分解しきれない場合に過酸化水素が発生します。

ただし、30代になると活性酸素分解酵素の発現が減少することが明らかになっており、活性酸素を分解しきれずに活性酸素が強力になっていきやすくなります。

一酸化窒素(NO)は、反応性の高い活性酸素・フリーラジカルのひとつで、生体内においても産生されており、低濃度の場合は一酸化窒素受容体である可溶性グアニル酸シクラーゼに結合することにより、血管拡張、殺菌、神経伝達などの生理作用を発揮しますが、紫外線により発生が増えると、持続的に発生し、メラニン生合成を促進するチロシナーゼの活性を促進することが明らかになっています(文献3:1999;文献4:-;文献6:1997)

1999年にクラシエホールディングス(旧カネボウ)によって報告されたラズベリー果実中に含まれるメラノジェネシス抑制物質の研究によると、

メラニン生合成(メラノジェネシス)を誘発することが示唆されている一酸化窒素に着目し、ラズベリーケトンを用いて一酸化窒素の発生に及ぼす影響を調べたところ、ラズベリーケトンには一酸化窒素の捕捉効果が認められた。

次にラズベリーケトンの活性酸素スーパーオキシドの抑制効果を調べたところ、以下のグラフのように、

ラズベリーケトンのスーパーオキシド生成抑制作用

ラズベリーケトンは濃度依存的にスーパーオキシド抑制効果を有することがわかった。

また、脂質の可酸化効果の認められた。

このような研究結果が明らかにされており(文献3:1999)、キイチゴエキスに含まれるラズベリーケトンに一酸化窒素およびスーパーオキシド抑制による抗酸化作用が認められています。

キイチゴエキスに含まれる成分はラズベリーケトングルコシドですが、ラズベリーケトングルコシドはヒト表皮中に存在する分解酵素であるβ-グルコシターゼによってラズベリーケトンに分解され、皮膚中でラズベリーケトンとしての効果を発揮することが明らかにされており、またラズベリーケトングルコシドを塗布した場合でも皮膚角質層で同様に分解されることが確認されています(文献3:1999)

チロシナーゼ活性抑制による色素沈着抑制作用

チロシナーゼ活性抑制による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン生合成のメカニズムおよびチロシナーゼについて解説します。

以下のメラニン合成の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユウメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

メラノサイト内でのメラニン生合成は、まずアミノ酸であるチロシンに活性酵素であるチロシナーゼが結合することでドーパ、ドーパキノンへと変化し、最終的に黒化メラニンが合成されます。

キイチゴエキスのラズベリーケトンには一酸化窒素(NO)およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用で解説したように、一酸化窒素消去能が認められており、また紫外線による一酸化窒素の持続的な発生は、チロシナーゼの活性を促進することが明らかにされています。

1999年にクラシエホールディングス(旧カネボウ)によって報告されたラズベリー果実中に含まれるメラノジェネシス抑制物質の研究によると、

一酸化窒素を活性化させるSNAP(200μM)をヒト正常メラノサイトに添加した後、1,10および100μg/mLのラズベリーケトンを添加し、一酸化窒素の刺激により活性化されるチロシナーゼ活性を調べたところ、以下のグラフのように、

ラズベリーケトンのチロシナーゼ活性抑制作用

ラズベリーケトンは、濃度依存的にチロシナーゼ活性の上昇を抑制することがわかった。

このような研究結果が明らかにされており(文献7:2001)、キイチゴエキスに含まれるラズベリーケトンに濃度依存的にチロシナーゼ活性抑制作用が認められています。

スポンサーリンク

キイチゴエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

キイチゴエキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、使用実績も長く、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
キイチゴエキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、キイチゴエキスは毒性なし(∗1)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

キイチゴエキスは保湿成分、美白成分、抗酸化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 美白成分 抗酸化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,367.
  2. 鈴木 洋(2011)「ラズベリー」カラー版健康食品・サプリメントの事典,193-194.
  3. 横田 朋宏, 他(1999)「ラズベリー果実中に含まれる新規なメラノジェネシス抑制物質について」Fragrance Journal(27)(6),81-84.
  4. 當舍 武彦, 他(-)「生体内の一酸化窒素動態:NOの産生、授受、消去システムの構造機能解析」, <http://www.riken.jp/lab-www/spectroscopy/MolecularSystem/pdf/seitai_25.pdf> 2018年9月20日アクセス.
  5. Roméro-Graillet C, et al(1997)「Nitric oxide produced by ultraviolet-irradiated keratinocytes stimulates melanogenesis.」The Journal of Clinical Investigation(99)(4),635–642.
  6. Weller R, et al(1997)「Nitric oxide–a newly discovered chemical transmitter in human skin.」British Journal of Dermatology(137)(5),665-672.
  7. 横田 朋宏, 他(2001)「ラズベリーケトングルコシドの持続的美白効果」日本化粧品技術者会誌(35)(2),120-126.

スポンサーリンク

TOPへ