カニナバラ果実エキスとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 収れん成分
カニナバラ果実エキス
[化粧品成分表示名称]
・カニナバラ果実エキス

[医薬部外品表示名称]
・ノバラエキス

[慣用名]
・ローズヒップエキス

バラ科植物カニナバラ(学名:Rosa canina 英名:Rose hip)の果実からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

カニナバラ果実エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • ビタミン類:ビタミンC
  • ペクチン
  • フラボノイド
  • タンニン
  • カロチノイド:リコピン、β-カロチン

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2016)

ヨーロッパでは野バラといえばカニナバラのことであり、カニナバラの果実は一般的にローズヒップと呼ばれ、真っ赤な実の中に毛で覆われた種子が入っています。

別名としてドッグローズと呼ばれますが、この名の由来はこの実が犬の眼病や狂犬病に効くと信じられたこと、剣を意味するダックから、どこにでもある植物につけられる「イヌ」のことなど諸説があります(文献3:2018)

カニナバラ果実は、レモンの20~40倍nビタミンCを含んでおり、第二次世界大戦中の物資のないころのイギリスでは、ボランティアによるローズヒップの実の採取を行い、シロップにして子どものビタミンCの補給源として配られていました(文献3:2018)

こういった背景もあり、カニナバラ果実はビタミンCの補給、また緩和な利尿作用、ペクチンや果実酸による緩下作用を目的に用いられます(文献2:2016)

ビタミンCには抗酸化作用や色素沈着抑制作用も期待できるため、美容にも効果的であり、ハイビスカス(Hibiscus sabdariffa)とブレンドして美容茶としても広く知られています(文献2:2016)

化粧品に配合される場合は、

  • 角質水分量増加による保湿作用
  • 収れん作用

これらの作用があり、主にうるおい目的で、スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ボディ&ハンド フットケア製品、リップケア製品、洗顔料、洗浄製品、シート&マスク製品、まつ毛美容液など様々な製品に広く使用されます(文献1:2006)

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の2016-2017年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ちなみに製品タイプのリーブオン製品というのは付けっ放し製品という意味で、主にスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品などを指し、リンスオフ製品というのは洗浄系製品を指します。

カニナバラ果実エキスの配合製品数と配合量の調査結果(2016-2017年)

スポンサーリンク

カニナバラ果実エキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

カニナバラ果実エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“Cosmetic Ingredient Review”の「Safety Assessment of Rosa canina-derived Ingredients as Used in Cosmetics」(文献4:2017)によると、

  • [ヒト試験] 10人の被検者に0.0975%カニナバラ果実エキスを含む化粧品を48時間閉塞パッチ適用、パッチ除去後に試験部位を評価したところ、製品は非刺激性に分類された(Anonymous,2016a)
  • [ヒト試験] 110人の健常な被検者の背中にカニナバラ果実エキスを含む化粧品を誘導期間において3週間にわたって閉塞パッチ適用し、2週間の休息期間を設けた後にチャレンジパッチを適用したところ、誘導期間およびチャレンジ期間のどちらも非刺激性および非感作性に分類された(Anonymous,2016b)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激および皮膚感作の報告がないため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
カニナバラ果実エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、カニナバラ果実エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

カニナバラ果実エキスは保湿成分、収れん成分、美白成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 収れん成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,379.
  2. 林真一郎(2016)「ローズヒップ」メディカルハーブの事典 改定新版,198-199.
  3. ジャパンハーブソサエティー(2018)「ロサ・カニナ」ハーブのすべてがわかる事典,221.
  4. “Cosmetic Ingredient Review”(2017)「Safety Assessment of Rosa canina-derived Ingredients as Used in Cosmetics」, <https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR715.pdf> 2018年8月11日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ