アマチャエキスとは…成分効果と毒性を解説

保湿成分 抗老化成分
アマチャエキス
[化粧品成分表示名称]
・アマチャエキス

[医薬部外品表示名称]
・アマチャエキス

ユキノシタ科植物アマチャ(学名:Hydrangea Serrata or Hydrangea macrophylla)の葉・枝先からエタノールまたはこれらの混液で抽出して得られるエキスです。

アマチャエキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • ジヒドロイソクマリン類:フィロズルチン、ヒドランゲノール

などで構成されています(文献1:2006;文献3:1973)

アマチャは、本州の山間に自生し、日本各地の庭木などとして栽培されており、一般的には4月8日の釈迦の誕生を祝う灌仏会(かんぶつえ)でお釈迦様にアマチャをかけて供養するために用いられることで知られています。

アマチャの生の葉は苦くて甘味はなく、発酵させると甘くなりますが、これは葉の中の甘味成分が配糖体として含まれているためであり、この配糖体が酵素の作用で加水分解されると甘味の強いフィロズルチンに変化します(文献2:2011)

フィロズルチンは砂糖の約1,000倍(∗1)の甘さがあり、かつて砂糖が普及するまでは甘味料として使用されており(文献2:2011)、また糖尿病患者に砂糖代わりに生薬を煎じて用いられていました。

∗1 400倍と記述しているものもあります(文献4:1994)

中国では用いられないので生薬名はなく、日本では第16改正日本薬局方に収載されている薬物ですが、薬用としての歴史は浅く、主に甘味料や口腔清涼剤の原料として用いられています(文献4:1994)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、リップケア製品、洗顔料などに使用されます(文献1:2006;文献5:2013)

オートファジーサイクル停滞改善による抗老化作用

オートファジーサイクル停滞改善による抗老化作用に関しては、まぜ前提知識としてオートファジーサイクルについて解説します。

オートファジーサイクルとは細胞が持つ代謝システムのひとつで、以下の図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

オートファジーサイクルの流れ

細胞の中で古くなったタンパク質やミトコンドリア(細胞内小器官)などの不要な細胞を膜で隔離した後、膜内部に包み込まれたものを分解し、再生のための原料として供給するシステムのことです。

2013年にポーラ化成によって報告されたオートファジーサイクルの肌への影響とアマチャエキスのオートファジーサイクル改善効果検証によると、

オートファジーサイクルは近年注目度の高い研究領域となっていますが、肌のハリ・弾力を生み出す真皮での役割はまだほとんど知られていなかったため、研究したところ、オートファジーサイクルの停滞により、

  • 不要なものを包み込んだ膜構造物の代謝の働きが鈍化し、細胞の中に蓄積すること
  • コラーゲンなど真皮を形成する成分の産生を低下すること
  • エネルギー産生に必要であるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)の産生を低下させること

これらが明らかとなった。

これらの結果からオートファジーサイクルの停滞改善作用をもつ素材を探索するために、年齢を重ねてオートファジーサイクルが停滞した真皮線維芽細胞にアマチャエキスを添加し、オートファジーサイクルのスムーズさを表すオートファジー完遂度を調べたところ、以下のグラフのように、

アマチャエキスによるオートファジーサイクル改善作用

アマチャエキスに高いオートファジーサイクル完遂作用を見出した。

このような検証結果が明らかになっており(文献2:2013)、アマチャエキスにオートファジーサイクル改善による抗老化作用が認められています。

ポーラ化成の研究結果ですが、オリジナルアマチャエキスの使用ではないため、アマチャエキスに含まれるどの成分が影響をおよぼしているかは現段階では不明なもののアマチャエキスそのものの作用であると考えられます。

ただし、in vitro試験で濃度や期間が不明であり、化粧品での配合量も様々なため、試験よりも穏やかな作用であると考えられます。

スポンサーリンク

アマチャエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

アマチャエキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方ならびに外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載されており、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)、光毒性および光感作性もほとんどないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
アマチャエキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、アマチャエキスは毒性なし(∗2)となっており、毒性に関しては心配する必要はありません。

∗2 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

アマチャエキスは保湿成分、抗老化成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:保湿成分 抗老化成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,361.
  2. 鈴木 洋(2011)「甘茶(あまちゃ)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,7.
  3. 金子 肇, 他(1973)「甘茶エキスの成分分析」日本農芸化学会誌(47)(10),605-609.
  4. 山原 條二, 他(1994)「甘茶の機能開発(第2報)甘茶エキスの抗潰瘍活性, 抗アレルギー活性及び利胆活性」YAKUGAKU ZASSHI(114)(6),401-413.
  5. “ポーラ化成株式会社”(2013)「オートファジーサイクル」の改善効果を持つ『アマチャエキス』を開発」, <http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20130624_1.pdf> 2018年9月8日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ