保湿成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして保湿成分一覧をチェックする ↓

保湿成分

皮膚における保湿成分とは、

  1. 角質層の一時的な柔軟化(皮膚コンディショニング)
  2. 角質層水分量の増加(NMF機能の補強)
  3. バリア機能改善による過剰な水分蒸散抑制

主にこれらの作用のいずれか、または複数を有する成分のことをいい、またこれらの作用はそれぞれが密接に関係しています。

詳しくは以下の皮膚の保湿およびバリア機能メカニズム図を用いて解説します。

皮膚の保湿およびバリア機能の構造

1.角質層の一時的な柔軟化について

角質層の一時的な柔軟化は最も一般的な保湿作用で、角質層において潤いのあるしっとりとした状態をつくり、吸湿性を高めます。

また、角質層の柔軟化は保湿という点だけでなく、皮膚への成分浸透性の向上も兼ねており、配合された成分や後に使用する成分の浸透力を高めます。

一般的に汎用される皮膚浸透性も兼ねた皮膚コンディショニング成分は、高い吸湿性と保水性を有する多価アルコール類が多く、グリセリン、DPG、BGの順に吸湿性・保水性が高く、一方でクリームなど皮膚に塗布した場合の閉塞性は、BG、DPG、グリセリンの順に高く、吸湿性・保水性と閉塞性は逆の相関関係にあります。

多価アルコール非常に効果的な保湿剤ですが、低湿度下における吸湿量の低下、高濃度の使用での刺激性、ベトつき感などのデメリットも併せ持っています。

また、他によく使われる皮膚コンディショニング剤は、多価アルコールと同様に吸湿性に優れた糖類(グルコースなどの単糖類、ショ糖などのニ糖類、プルランなどの多糖類)、2次結合水を多く保持できるため外界湿度の影響を受けにくい生体高分子(ヒアルロン酸などのムコ多糖類、タンパク質の加水分解物)があります。

さらに、植物エキスも皮膚と親和性の高い皮膚コンディショニング剤として広く配合されており、植物エキスには多種多様な成分が溶け込んでいるため、バランスよく作用して皮膚の恒常性を保つことが期待できます。

2.角質層水分量の増加について

角質層の水分は、主に角質に存在する天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)によって構成されており、角質層における水分量の増加する機能を有する保湿成分は、天然保湿因子を補強する成分でもあると考えられます。

天然保湿因子(NMF)を増やすには、

  1. 外からNMFを直接補うことで水分量を増加させる
  2. 皮膚内でNMFの素となる物質または関連酵素を促進することでNMFの産生量を増やす

という2つのアプローチがあります。

3.バリア機能改善による過剰な水分蒸散抑制について

バリア機能は、主に角質層で角質と角質の隙間を埋める細胞間脂質や顆粒層で上皮細胞(ケラチノサイト)の隙間を密着させるタイトジャンクションが担っており、細胞同士の隙間を埋めてバリア機能を向上させることで外部刺激から皮膚を保護し、過度の水分蒸散を防止し、皮膚内水分量を調節することができます。

バリア機能を向上・改善するには、

  1. 不足した油性成分を補給し、一時的にバリア機能を向上させる
  2. 細胞間脂質の約50%を占めるヒト型セラミドを補い、細胞間脂質を強化する
  3. 皮膚内で細胞間脂質の素となる物質または関連成分を促進することで細胞間脂質の産生量を増やす
  4. タイトジャンクション構成成分の産生量を促進することでケラチノサイトの密着を強化する

という4つのアプローチがあります。

すでに解説したように、角質層の保水能とバリア機能は密接に関係しており、複数の保湿剤を併用することで相乗効果が得られることも少なくありません。

保湿成分は多種多様なものが開発されており、これらの解説におさまらない効能もあるかもしれませんが、基本的な保湿成分の作用はこれらになります。

保湿成分一覧

数字 A~Z ア~ンの順番に並べてあります。
目的の成分がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です。

1,2-ヘキサンジオール
1,2-ヘキサンジオール
ベース成分 保湿成分 抗菌
ベースの保湿剤や防腐剤の使用を減らす目的で化粧品に配合される成分、1,2-ヘキサンジオールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 1,2-ヘキサンジオール記事を読む

AHA(アルファヒドロキシ酸)
AHA(アルファヒドロキシ酸)
ピーリング成分 保湿成分 美白成分 抗老化成分 pH調整剤
古い角質の除去目的で化粧品に配合される成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やグリコール酸について具体的にわかりやすく解説します。
→ AHA記事を読む

BG(ブチレングリコール)
BG
保湿成分 ベース成分
保湿や保水目的の場合や植物エキスの抽出の際に化粧品に配合される成分、BGについて具体的にわかりやすく解説します。
→ BG記事を読む

dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム
dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム
抗炎症成分 バリア機能 保湿成分
紫外線による肌荒れ、バリア機能および保水機能の改善、また思春期ニキビの改善目的で化粧品に配合される医薬部外品有効成分、dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウムの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム記事を読む

DL-アラニン
DL-アラニン
保湿成分
天然保湿因子を構成する他のアミノ酸とともに角層の保湿効果向上目的で化粧品に配合される成分、DL-アラニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ DL-アラニン記事を読む

DPG
DPG
ベース成分 保湿成分
ベースの保湿剤として保存性や質感向上目的で化粧品に配合される成分、DPGの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ DPG記事を読む

EGFと
EGF
細胞賦活成分 保湿成分
細胞賦活による老化防止やシミやシワの予防目的で化粧品に配合されるベース成分、EGFの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ EGF記事を読む

L-アラニン
L-アラニン
保湿成分
天然保湿因子を構成する他のアミノ酸とともに角層の保湿効果向上目的で化粧品に配合される成分、L-アラニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-アラニン記事を読む

L-イソロイシン
L-イソロイシン
保湿成分
角質層の保湿およびターンオーバー促進目的で化粧品に配合される成分、L-イソロイシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-イソロイシン記事を読む

L-グルタミン酸
L-グルタミン酸
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、L-グルタミン酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-グルタミン酸記事を読む

L-スレオニン
L-スレオニン
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、L-スレオニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-スレオニン記事を読む

L-チロシン
L-チロシン
保湿成分
角質層の保湿目的で他のアミノ酸といっしょに化粧品に配合される成分、L-チロシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-チロシン記事を読む

L-バリン
L-バリン
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、L-バリンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-バリン記事を読む

L-ヒスチジン塩酸塩
L-ヒスチジン塩酸塩
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、L-ヒスチジン塩酸塩の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-ヒスチジン塩酸塩記事を読む

L-フェニルアラニン
L-フェニルアラニン
保湿成分
角質層の保湿目的で他のアミノ酸とともに化粧品に配合される成分、L-フェニルアラニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-フェニルアラニン記事を読む

L-ロイシン
L-ロイシン
保湿成分
角質層の保湿およびターンオーバー促進目的で化粧品に配合される成分、L-ロイシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ L-ロイシン記事を読む

N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン
N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン
保湿成分 抗老化成分
セラミドや水分量を増加させる保湿効果や細胞増殖促進による抗老化目的で化粧品に配合される成分、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン記事を読む

N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
保湿成分 バリア機能
バリア機能の向上および水分保持能改善目的で化粧品に配合される成分、N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミドの効果や安全性について解説します。
→ N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド記事を読む

N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
保湿成分 バリア機能
バリア機能の向上および水分保持能改善目的で化粧品に配合される成分、N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミドの効果や安全性について解説します。
→ N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド記事を読む

N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)
エモリエント成分 保湿成分
セラミド様のエモリエント効果や毛髪ダメージの回復目的で配合される成分、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)記事を読む

N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)
エモリエント成分 保湿成分
ラメラ構造を形成するセラミド様のバリア機能向上目的で配合される成分、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)記事を読む


PCA-Na
PCA-Na
ベース成分 保湿成分
保湿や保湿の相乗効果目的で化粧品に配合される成分、PCA-Naの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ PCA-Na記事を読む

PG(プロピレングリコール)
PG(プロピレングリコール)
ベース成分 保湿成分
安全性の懸念から現在は使用されなくなりましたが、乾燥から肌を守り成分を均等に溶かして維持する目的で化粧品に配合されていた成分、PG(プロピレングリコール)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ PG(プロピレングリコール)記事を読む

ガラクトミセス培養液(SK-IIピテラ)
SK-IIピテラ(ガラクトミセス培養液)
保湿成分
肌を柔軟にし天然保湿成分に似た保湿目的で化粧品に配合される成分、ガラクトミセス培養液(SK-IIピテラ,サッカロミコプシス培養液)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ SK-IIピテラ記事を読む


アカヤジオウ根エキス
アカヤジオウ根エキス
保湿成分 細胞賦活剤 血行促進成分 育毛剤
保湿作用、血流改善作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用、血流改善作用および5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、アカヤジオウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アカヤジオウ根エキス記事を読む

アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液
アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液
泡立ち改良剤 保湿成分/dd>
洗浄剤の泡立ち改良、洗い上がりの保湿および刺激緩和目的で化粧品に配合される成分、アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液の効果や安全性について解説します。
→ アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液記事を読む

アサ種子油
アサ種子油
ベース成分 保湿成分 エモリエント成分
皮膚の柔軟性の改善や保湿、エモリエント効果目的で化粧品に配合される成分、アサ種子油(ヘンプシード油,ヘンプシードオイル,ヘンプオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アサ種子油記事を読む

アシタバエキス
アシタバエキス
保湿成分 細胞賦活剤 育毛剤
保湿作用、細胞賦活作用、FGF-7、IGF-1およびHGF産生促進およびVEGF発現促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバエキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバエキス記事を読む

アシタバ葉/茎エキス
アシタバ葉/茎エキス
保湿成分 細胞賦活剤 育毛剤
保湿作用、細胞賦活作用、FGF-7、IGF-1およびHGF産生促進およびVEGF発現促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバ葉/茎エキス記事を読む

アスパラガス茎エキス
アスパラガス茎エキス
保湿成分 バリア機能 抗炎症成分 美白成分 毛髪保護剤
角層水分量増加による保湿作用、表皮ヒアルロン酸産生促進によるバリア機能改善作用、ニキビ改善による抗炎症作用、ACTH阻害およびチロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、フケ抑制による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラガス茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラガス茎エキス記事を読む

アスパラギン酸
アスパラギン酸
保湿成分 細胞賦活成分
角質の潤いを保持する効果や皮膚の新陳代謝の促進目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アスパラギン酸記事を読む

アセチルヒドロキシプロリン
アセチルヒドロキシプロリン
保湿成分 抗老化成分
セラミドや水分量を増加させる保湿効果や細胞増殖促進による抗老化目的で化粧品に配合される成分、アセチルヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ アセチルヒドロキシプロリン記事を読む

アマチャエキス
アマチャエキス
保湿成分 抗菌成分 抗老化成分
保湿作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、オートファジーサイクル停滞改善による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アマチャエキスの効果や安全性について解説します。
→ アマチャエキス記事を読む

アミノ酪酸
アミノ酪酸
細胞賦活剤 保湿成分 バリア機能
ヒト表皮細胞増殖およびインボルクリン産生促進による細胞賦活作用、表皮ヒアルロン酸合成促進による保湿作用およびバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、アミノ酪酸の効果や安全性について解説します。
→ アミノ酪酸記事を読む

アラニン
アラニン
保湿成分
天然保湿因子を構成する他のアミノ酸とともに角層の保湿効果向上目的で化粧品に配合される成分、アラニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アラニン記事を読む

アルカシーラン
アルカシーラン
保湿成分 感触改良剤 乳化剤
感触改良、乳化および保湿目的で化粧品に配合される成分、アルカシーランの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルカシーラン記事を読む

アルカリゲネス産生多糖体
アルカリゲネス産生多糖体
保湿成分 感触改良剤 乳化剤
感触改良、乳化および保湿目的で化粧品に配合される成分、アルカリゲネス産生多糖体の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルカリゲネス産生多糖体記事を読む

アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)
アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)
保湿成分 抗酸化成分 抗老化成分 紫外線吸収剤
肌の保湿&保護と抗酸化による老化対策目的で化粧品に配合される成分、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルガニアスピノサ核油記事を読む

アルギニン
保湿成分 pH調整剤
pH調整や天然保湿因子に含まれるアミノ酸組成を考慮した保湿能向上目的で化粧品に配合される非必須アミノ酸、アルギニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルギニン記事を読む

アルゲエキス
アルゲエキス(マリンパージ)
保湿成分 細胞賦活成分
保湿効果や細胞を修復し代謝を正常化する細胞活性目的で化粧品に配合される成分、アルゲエキス(マリンパージ)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ アルゲエキス記事を読む

アルテアエキス
アルテアエキス
保湿成分 収れん成分 美白成分 消臭剤
保湿作用、収れん作用、エンドセリン抑制による色素沈着抑制作用、アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用目的で化粧品に配合される成分、アルテアエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテアエキス記事を読む

アルテア根エキス
アルテア根エキス
保湿成分 収れん成分 美白成分 消臭剤
保湿作用、収れん作用、エンドセリン抑制による色素沈着抑制作用、アルカリホスファターゼ抑制による腋消臭作用目的で化粧品に配合される成分、アルテア根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテア根エキス記事を読む

アロエエキス(2)
アロエエキス(2)
保湿成分 抗酸化成分 紫外線吸収剤 抗老化成分
保湿作用、¹O₂(一重項酸素)消去能による抗酸化作用、紫外線吸収作用、ミトコンドリアトランスファー促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アロエエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ アロエエキス(2)記事を読む

アロエベラ液汁
アロエベラ液汁
保湿成分 細胞賦活剤 バリア機能 紫外線防止成分
保湿作用、インボルクリン遺伝子の発現量増加による細胞賦活作用、インテグリンおよびカドヘリン増加によるバリア機能向上作用、カスパーゼ-3発現抑制による紫外線防御作用目的で化粧品に配合される成分、アロエベラ液汁の効果や安全性について解説します。
→ アロエベラ液汁記事を読む

アロエベラ葉エキス
アロエベラ葉エキス
保湿成分 抗酸化成分 紫外線吸収剤 抗老化成分
保湿作用、¹O₂(一重項酸素)消去能による抗酸化作用、紫外線吸収作用、ミトコンドリアトランスファー促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アロエベラ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ アロエベラ葉エキス記事を読む

アンズ種子エキス
アンズ種子エキス
保湿成分 美白成分 育毛剤 消臭剤
セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用、アンドロステノン発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、アンズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ アンズ種子エキス記事を読む

イザヨイバラエキス
イザヨイバラエキス
抗炎症成分 紫外線防御成分 保湿成分 抗菌成分
DAMPs活性阻害による抗炎症作用、紫外線による紅斑抑制による紫外線防御作用、セラミド合成促進による保湿作用、黄色ブドウ球菌、緑濃菌、大腸菌、カンジダおよび黒コウジカビ発育抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、イザヨイバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ イザヨイバラエキス記事を読む

イソロイシン
イソロイシン
保湿成分
角質層の保湿およびターンオーバー促進目的で化粧品に配合される成分、イソロイシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ イソロイシン記事を読む

ウスバサイシン根茎/根エキス
ウスバサイシン根茎/根エキス
抗酸化成分 美白成分 保湿成分 バリア機能
スーパーオキシド(O₂⁻)および過酸化水素(H₂O₂)消去能およびグルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、還元型グルタチオン産生促進による色素沈着淡色化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド産生促進およびインボルクリン発現促進によるバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、ウスバサイシン根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウスバサイシン根茎/根エキス記事を読む

ウンシュウミカン果皮エキス
ウンシュウミカン果皮エキス
抗炎症成分 血行促進成分 保湿成分
抗炎症作用、血行促進作用、セラミド合成促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ウンシュウミカン果皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウンシュウミカン果皮エキス記事を読む

エイジツエキス
エイジツエキス
保湿成分 美白成分 抗アレルギー 抗菌成分 抗老化成分 収れん成分 消臭剤
フィラグリン産生促進による保湿作用、SLC45A2遺伝子発現抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、収れん作用、Ⅶ型コラーゲン減少抑制および産生促進による抗老化作用、イソ吉草酸アルデヒド発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、エイジツの効果や安全性について解説します。
→ エイジツエキス記事を読む

エクトイン
エクトイン
保湿成分 抗老化成分
肌のうるおいを長時間保つ保水作用、ヒートショックプロテイン産生促進による細胞保護および修復作用、紫外線照射によってコラーゲン破壊を加速させるIL-6活性抑制作用目的で化粧品に配合される成分、エクトインの効果や安全性について解説します。
→ エクトイン記事を読む

エチルヘキシルグリセリン
エチルヘキシルグリセリン
ベース成分 保湿成分 抗菌成分
パラベンフリーや防腐剤を減らす目的で化粧品に配合されるベース成分、エチルヘキシルグリセリンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ エチルヘキシルグリセリン記事を読む

エリスリトール
エリスリトール
保湿成分
水分の蒸発を防ぐ保湿効果や水分を閉じ込めて菌の繁殖を抑える制菌目的で化粧品に配合される成分、エリスリトールの効果や安全性について解説します。
→ エリスリトール記事を読む

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液
均染剤 保湿成分
均染効果、髪をダメージから保護する効果、髪のハリ・コシ付与効果目的で化粧品に配合される成分、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液の効果や安全性について解説します。
→ 塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液記事を読む

塩化レボカルニチン
塩化レボカルニチン
抗炎症成分 保湿成分
バリア機能の改善による肌荒れや乾燥の予防および改善目的で医薬部外品有効成分として配合される成分、塩化レボカルニチンの効果や安全性について解説します。
→ 塩化レボカルニチン記事を読む

塩酸リジン
塩酸リジン
保湿成分
角質層の保湿目的で他のアミノ酸とともに化粧品に配合される成分、塩酸リジンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 塩酸リジン記事を読む

オウバクエキス
オウバクエキス
抗菌成分 抗炎症成分 保湿成分
弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、抗炎症作用、セラミド合成促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オウバクエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウバクエキス記事を読む

オウレンエキス
オウレンエキス
抗炎症成分 抗菌成分 保湿成分 バリア機能
アクネ菌発育抑制による抗炎症作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、クローディン-1、オクルディン産生促進およびセラミド合成促進による保湿作用、クローディン-1およびオクルディン産生促進によるバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、オウレンエキスの効果や安全性について解説します。
→ オウレンエキス記事を読む

オウレン根エキス
オウレン根エキス
抗炎症成分 抗菌成分 保湿成分 バリア機能
アクネ菌発育抑制による抗炎症作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、クローディン-1、オクルディン産生促進およびセラミド合成促進による保湿作用、クローディン-1およびオクルディン産生促進によるバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、オウレン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オウレン根エキス記事を読む

オクラエキス
オクラエキス
保湿成分
角質水分量増加および経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オクラエキスの効果や安全性について解説します。
→ オクラエキス記事を読む

オクラ果実エキス
オクラ果実エキス
保湿成分
角質水分量増加および経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オクラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ オクラ果実エキス記事を読む

オランダカラシエキス
オランダカラシエキス
保湿成分 血行促進成分 細胞賦活剤 育毛剤
アクアポリン産生増強による保湿作用、血行促進作用、皮膚細胞活性化による発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、オランダカラシエキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダカラシエキス記事を読む

オランダガラシエキス
オランダガラシエキス
保湿成分 血行促進成分 細胞賦活剤 育毛剤
アクアポリン産生増強による保湿作用、血行促進作用、皮膚細胞活性化による発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシエキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダガラシエキス記事を読む

オランダガラシ葉エキス
オランダガラシ葉エキス
保湿成分 血行促進成分 細胞賦活剤 育毛剤
アクアポリン産生増強による保湿作用、血行促進作用、皮膚細胞活性化による発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダガラ葉シエキス記事を読む

オランダガラシ葉/茎エキス
オランダガラシ葉/茎エキス
保湿成分 血行促進成分 細胞賦活剤 育毛剤
アクアポリン産生増強による保湿作用、血行促進作用、皮膚細胞活性化による発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、オランダガラシ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダガラシ葉/茎エキス記事を読む

オリーブ果実油
オリーブ果実油
ベース成分 保湿成分 保湿成分
エモリエントな感触目的でマッサージオイルや化粧品に配合される成分、オリーブ果実油について具体的にわかりやすく解説します。
→ オリーブ果実油記事を読む

オレンジエキス
オレンジエキス
保湿成分 収れん成分 細胞賦活剤
保湿、収れん、皮膚の活性化目的で化粧品に配合される成分、オレンジエキスの効果や安全性について解説します。
→ オレンジエキス記事を読む

オレンジ果実エキス
オレンジ果実エキス
保湿成分 収れん成分 細胞賦活剤
保湿、収れん、皮膚の活性化目的で化粧品に配合される成分、オレンジ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ オレンジ果実エキス記事を読む

温泉水
温泉水
ベース成分 保湿成分
保湿やコンディショング、血行促進などバランスのとれた肌改善目的で化粧品に配合されるベース成分、温泉水の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 温泉水記事を読む


海水
海水
保湿成分
豊富なミネラル類や塩化物を伴った保湿性目的で化粧品に配合される成分、海水の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 海水記事を読む

加水分解エラスチン
加水分解エラスチン
保湿成分 ベース成分
皮膚や毛髪の保護や柔軟性の改善や感触改善目的で化粧品に配合される成分、加水分解エラスチンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 加水分解エラスチン記事を読む

加水分解ケラチン
加水分解ケラチン
保湿成分
皮膚や毛髪への親和性が高く、状態を良くするコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、加水分解ケラチン(ケラチン加水分解物、ケラチンアミノ酸)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)についてわかりやすく解説します。
→ 加水分解ケラチン記事を読む

加水分解コンキオリン
加水分解コンキオリン
保湿成分 細胞賦活成分
保湿や細胞活性によるエイジングケア目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 加水分解コンキオリン記事を読む

加水分解シルク
加水分解シルク
保湿成分 ベース成分
吸着性や浸透性にすぐれた保湿効果やバリア機能強化目的で化粧品に配合される成分、加水分解シルク(加水分解シルク末)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 加水分解シルク記事を読む

加水分解水添デンプン
加水分解水添デンプン
保湿成分
保湿目的でグリコシルトレハロースと一緒に化粧品に配合される成分、加水分解水添デンプンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 加水分解水添デンプン記事を読む

加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)
加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)
保湿成分 ベース成分
表皮に保湿性の保護膜をつくり持続させて化粧品の成分を角質に与える目的で化粧品に配合される成分、加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)についてわかりやすく解説します。
→ 加水分解ヒアルロン酸記事を読む

加水分解卵殻膜
加水分解卵殻膜
保湿成分 抗老化成分
保湿や湿潤、または皮膚弾力性の改善目的で化粧品に配合される成分、加水分解卵殻膜の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 加水分解卵殻膜記事を読む

カッコンエキス
カッコンエキス
保湿成分 美白成分 抗老化成分 育毛剤
アルギナーゼ活性促進およびセラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用、Ⅰ型コラーゲン合成促進による抗老化作用、毛乳頭活性化による育毛作用、硫酸転移酵素遺伝子発現量増強によるミノキシジルの発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、カッコンの効果や安全性について解説します。
→ カッコンエキス記事を読む

カニナバラ果実エキス
カニナバラ果実エキス
保湿成分 収れん成分 美白成分
角質水分量増加による保湿作用、収れん作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、カニナバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ カニナバラ果実エキス記事を読む

ガラクトミセス培養液(SK-IIピテラ)
ガラクトミセス培養液(SK-IIピテラ)
保湿成分
肌を柔軟にし天然保湿成分に似た保湿目的で化粧品に配合される成分、ガラクトミセス培養液(SK-IIピテラ,サッカロミコプシス培養液)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ガラクトミセス培養液記事を読む

キイチゴエキス
キイチゴエキス
保湿成分 美白成分 抗酸化成分
一酸化窒素(NO)およびスーパーオキシド(O₂⁻)抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、キイチゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ キイチゴエキス記事を読む

キウイエキス
キウイエキス
美白成分 保湿成分
基底細胞メラニン排出促進による色素沈着抑制作用、角質水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、キウイエキスの効果や安全性について解説します。
→ キウイエキス記事を読む

キハダ樹皮エキス
キハダ樹皮エキス
抗菌成分 抗炎症成分 保湿成分
弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、抗炎症作用、セラミド合成促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、キハダ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ キハダ樹皮エキス記事を読む

キューカンバーエキス(1)
キューカンバーエキス(1)
保湿成分 収れん成分
乾燥肌の保護および保湿、おだやかな収れん効果目的で化粧品に配合される成分、キューカンバーエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ キューカンバーエキス(1)記事を読む

キュウリ果実エキス
キュウリ果実エキス
保湿成分 収れん成分
乾燥肌の保護および保湿、おだやかな収れん効果目的で化粧品に配合される成分、キュウリ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ キュウリ果実エキス記事を読む

キョウニンエキス
キョウニンエキス
保湿成分 美白成分 育毛剤 消臭剤
セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、毛乳頭細胞増殖促進による育毛作用、アンドロステノン発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、キョウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ キョウニンエキス記事を読む

クズ根エキス
クズ根エキス
保湿成分 美白成分 抗老化成分 育毛剤
アルギナーゼ活性促進およびセラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用、Ⅰ型コラーゲン合成促進による抗老化作用、毛乳頭活性化による育毛作用、硫酸転移酵素遺伝子発現量増強によるミノキシジルの発毛促進作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クズ根エキス記事を読む

クチナシエキス
クチナシエキス
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗酸化成分 染料
消炎作用、鎮静作用、保湿作用、メラノコルチン1レセプター(MC1R)の発現低下およびチロシナーゼ関連タンパク質-1(TRP-1)の生合成抑制による色素沈着抑制作用、紫外線による活性酸素および脂質過酸化抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、また天然黄色染料目的でヘアカラー製品に配合される成分、クチナシエキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシエキス記事を読む

クチナシ果実エキス
クチナシ果実エキス
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗酸化成分 染料
消炎作用、鎮静作用、保湿作用、メラノコルチン1レセプター(MC1R)の発現低下およびチロシナーゼ関連タンパク質-1(TRP-1)の生合成抑制による色素沈着抑制作用、紫外線による活性酸素および脂質過酸化抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、また天然黄色染料目的でヘアカラー製品に配合される成分、クチナシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシ果実エキス記事を読む

グリコシルトレハロース
グリコシルトレハロース
保湿成分
乾燥環境を考慮した肌の保護や保湿目的で化粧品に配合される成分、トレハロースやグリコシルトレハロースの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ グリコシルトレハロース記事を読む

グリシン
グリシン
保湿成分
角質層の保湿目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるグリシンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ グリシン記事を読む

グリセリン
グリセリン
保湿成分 ベース成分
保湿や良質な使用感目的で化粧品に配合される成分、グリセリンについて具体的にわかりやすく解説します。
→ グリセリン記事を読む

グルコース
グルコース
保湿成分 結合剤
保湿剤、粉体の結合剤目的で化粧品に配合される成分、グルコースの効果や安全性について解説します。
→ グルコース記事を読む

グルコシルセラミド
グルコシルセラミド
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分
細胞間脂質とバリア機能の強化やエモリエント効果などの目的で化粧品に配合される成分、グルコシルセラミドの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ グルコシルセラミド記事を読む

グルタミン酸
グルタミン酸
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、グルタミン酸の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ グルタミン酸記事を読む

グルタミン酸Na
グルタミン酸Na
保湿成分 細胞賦活成分
乾燥しない健康な肌を保ったり肌の代謝を活性化する目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるグルタミン酸Naの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ グルタミン酸Na記事を読む

グレープフルーツエキス
グレープフルーツエキス
保湿成分 収れん成分 バリア機能
保湿、収れん、バリア機能向上目的で化粧品に配合される成分、グレープフルーツエキスの効果や安全性について解説します。
→ グレープフルーツエキス記事を読む

グレープフルーツ果実エキス
グレープフルーツ果実エキス
保湿成分 収れん成分 バリア機能
保湿、収れん、バリア機能向上目的で化粧品に配合される成分、グレープフルーツ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ グレープフルーツ果実エキス記事を読む

クロレラエキス
クロレラエキス
保湿成分 細胞賦活剤 抗シワ成分 育毛剤
保湿作用、細胞賦活作用、TSP-1増加による抗シワ作用、頭皮脂肪細胞の産生促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クロレラエキスの効果や安全性について解説します。
→ クロレラエキス記事を読む

クワエキス
クワエキス
美白成分 保湿成分 抗酸化成分 抗炎症成分 育毛剤 血行促進成分 消臭剤
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす毛周期改善作用、血管再生促進作用、ビニルケトン類生成抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、クワエキスの効果や安全性について解説します。
→ クワエキス記事を読む

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 美白成分 保湿成分 育毛剤
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス記事を読む

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 美白成分 保湿成分 育毛剤
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス記事を読む

加水分解ケラチン
ケラチンアミノ酸
保湿成分
皮膚や毛髪への親和性が高く、状態を良くするコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、ケラチンアミノ酸の効果や安全性について解説します。
→ ケラチンアミノ酸記事を読む

ゴボウエキス
ゴボウエキス
保湿成分 血行促進成分 育毛剤
保湿作用、血行促進作用、フケおよび脱毛予防作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゴボウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴボウエキス記事を読む

ゴボウ根エキス
ゴボウ根エキス
保湿成分 血行促進成分 育毛剤
保湿作用、血行促進作用、フケおよび脱毛予防作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゴボウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴボウ根エキス記事を読む

コメヌカエキス
コメヌカエキス
保湿成分 美白成分 抗酸化成分
セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性低下による色素沈着抑制作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、コメヌカエキスの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカエキス記事を読む

コメヌカスフィンゴ糖脂質
コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド)
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分 細胞賦活成分 美白成分
細胞間脂質とバリア機能の強化、線維芽細胞増殖作用やメラニン生成抑制作用など多目的で化粧品に配合される成分、コメヌカスフィンゴ糖脂質(米セラミド,コメスフィンゴ糖脂質)の効果や安全性(毒性)についてわかりやすく解説します。
→ コメヌカスフィンゴ糖脂質記事を読む

コメヌカ発酵エキス
コメヌカ発酵エキス(コメヌカ発酵液)
保湿成分 細胞賦活成分
肌自体のうるおいやバリア機能を改善する目的で化粧品に配合される角質の保湿や細胞活性化目的で化粧品に配合される成分、コメヌカ発酵エキス(米糠発酵液)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コメヌカ発酵エキス記事を読む

コメヌカ油
コメヌカ油
ベース成分 保湿成分 エモリエント成分 紫外線吸収剤
肌の乾燥を防ぎ、健康で柔軟な肌に整える目的で化粧品に配合される成分、コメヌカ油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コメヌカ油記事を読む

コメ胚芽油
コメ胚芽油
ベース成分 保湿成分 エモリエント成分 血行促進成分
肌の乾燥を防ぎ、健康で柔軟な肌に整える目的で化粧品に配合される成分、コメ胚芽油の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コメ胚芽油記事を読む

コラーゲン
コラーゲン
ベース成分 保湿成分
保湿や良質な使用感目的で化粧品に配合される成分、コラーゲン(水溶性コラーゲン,海洋性コラーゲン,アテロコラーゲン,加水分解コラーゲン,コラーゲンペプチド,低分子コラーゲン)の種類や成分効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コラーゲン記事を読む

コレステロール
コレステロール
保湿成分 エモリエント成分 安定化成分
角質層の潤いやエモリエント効果、リポゾームの安定化目的で化粧品に配合される成分、コレステロールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コレステロール記事を読む

ゴレンシ葉エキス
ゴレンシ葉エキス
保湿成分 抗老化成分 抗シワ成分 抗酸化成分 美白成分
保湿作用、Ⅰ型コーラゲン産生促進およびMMP-1活性抑制による抗シワ作用、ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、スーパーオキシド(O₂⁻)消去能による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ゴレンシ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゴレンシ葉エキス記事を読む

コンドロイチン硫酸Na
コンドロイチン硫酸Na
保湿成分 ベース成分
肌をしっとりなめらかに保つ保湿効果やつけ心地や伸びをよくする質感改良目的で化粧品に配合される成分、コンドロイチン硫酸Na(コンドロイチン硫酸ナトリウム)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ コンドロイチン硫酸Na記事を読む


サイシンエキス
サイシンエキス
抗酸化成分 美白成分 保湿成分 バリア機能
スーパーオキシド(O₂⁻)および過酸化水素(H₂O₂)消去能およびグルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、還元型グルタチオン産生促進による色素沈着淡色化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド産生促進およびインボルクリン発現促進によるバリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、サイシンエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイシンエキス記事を読む

サイタイエキス
サイタイエキス
細胞賦活成分 抗老化成分 保湿成分
細胞賦活やハリや弾力の改善目的で化粧品に配合される成分、サイタイエキスの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ サイタイエキス記事を読む

サンザシエキス
サンザシエキス
収れん成分 血行促進成分 保湿成分 抗菌成分 抗掻痒 細胞賦活剤
収れん作用、セラミド合成促進による保湿作用、抗菌作用、掻痒抑制による抗炎症作用、表皮角化細胞ターンオーバー促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、サンザシエキスの効果や安全性について解説します。
→ サンザシエキス記事を読む

シア脂(シアバター)
シア脂(シアバター)
保湿成分 抗炎症成分 紫外線吸収剤
保湿目的で配合される成分、シア脂(シアバター)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ シア脂記事を読む

ジオウエキス
ジオウエキス
保湿成分 細胞賦活剤 血行促進成分 育毛剤
保湿作用、血流改善作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用、血流改善作用および5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ジオウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ジオウエキス記事を読む

ジオウ根エキス
ジオウ根エキス
保湿成分 細胞賦活剤 血行促進成分 育毛剤
保湿作用、血流改善作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用、血流改善作用および5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ジオウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ジオウ根エキス記事を読む

ジグリセリン
ジグリセリン
ベース成分 保湿成分
保湿や良質な使用感目的で化粧品に配合される成分、ジグリセリンについて具体的にわかりやすく解説します。
→ ジグリセリン記事を読む

シソエキス(1)
シソエキス(1)
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗菌成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シソエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ シソエキス(1)記事を読む

シソエキス(2)
シソエキス(2)
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗菌成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シソエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ シソエキス(2)記事を読む

シソ葉エキス
シソ葉エキス
抗炎症成分 保湿成分 美白成分 抗菌成分
抗炎症、抗アレルギー、抗菌、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ生合成阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シソ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ シソ葉エキス記事を読む

シャクヤクエキス
シャクヤクエキス
美白成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 抗菌成分 保湿成分 抗シワ成分 抗くぼみ 育毛剤 抗白髪成分
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロン酸の断片化抑制活性による抗炎症作用、XPC発現促進による細胞賦活作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、セラミド合成促進による保湿作用、MMP-1活性阻害、O₂⁻(スーパーオキシド)消去能および近赤外線によるコラーゲン分解酵素抑制による抗シワ作用、MYH2産生促進による目のまわりの抗くぼみ作用、毛髪幹細胞におけるDNA損傷抑制による育毛作用および白髪抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シャクヤクエキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤクエキス記事を読む

シャクヤク根エキス
シャクヤク根エキス
美白成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 抗菌成分 保湿成分 抗シワ成分 抗くぼみ 育毛剤 抗白髪成分
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、ヒアルロン酸の断片化抑制活性による抗炎症作用、XPC発現促進による細胞賦活作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、セラミド合成促進による保湿作用、MMP-1活性阻害、O₂⁻(スーパーオキシド)消去能および近赤外線によるコラーゲン分解酵素抑制による抗シワ作用、MYH2産生促進による目のまわりの抗くぼみ作用、毛髪幹細胞におけるDNA損傷抑制による育毛作用および白髪抑制作用目的で化粧品に配合される成分、シャクヤク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ シャクヤク根エキス記事を読む

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
界面活性剤 保湿成分 バリア機能
毛髪ダメージを修復し、肌のバリア機能やキメを改善する少量で効果を発揮する乳化剤やゲル化剤目的で化粧品やヘアケア製品に配合される成分、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ジラウロイルグルタミン酸リシンNa記事を読む

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
界面活性剤 保湿成分 バリア機能
毛髪ダメージを修復し、肌のバリア機能やキメを改善する少量で効果を発揮する乳化剤やゲル化剤目的で化粧品やヘアケア製品に配合される成分、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液記事を読む

シラカバエキス
シラカバエキス
保湿成分 抗アレルギー 紫外線散乱剤 育毛剤 抗白髪成分
皮膚柔軟による保湿作用、紫外線散乱による紫外線防御作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、毛乳頭細胞の増殖活性および5αリダクターゼ阻害による育毛作用、色素細胞内メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、シラカバエキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカバエキス記事を読む

シラカバエキス
シラカバエキス
刺激緩和 紫外線散乱剤 保湿成分
アニオン界面活性剤のタンパク変性抑制による刺激緩和作用、紫外線散乱による紫外線防御作用、柔軟による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、シラカバエキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカバエキス記事を読む

シラカバ樹皮エキス
シラカバ樹皮エキス
保湿成分 抗アレルギー 紫外線散乱剤 育毛剤 抗白髪成分
皮膚柔軟による保湿作用、紫外線散乱による紫外線防御作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、毛乳頭細胞の増殖活性および5αリダクターゼ阻害による育毛作用、色素細胞内メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、シラカバ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカバ樹皮エキス記事を読む

シラカンバ樹液
シラカンバ樹液
保湿成分 ベース成分
保湿および皮膚の恒常性維持目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹液の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ シラカンバ樹液記事を読む

シラカンバ樹皮エキス
シラカンバ樹皮エキス
保湿成分 抗アレルギー 紫外線散乱剤 育毛剤 抗白髪成分
皮膚柔軟による保湿作用、紫外線散乱による紫外線防御作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、毛乳頭細胞の増殖活性および5αリダクターゼ阻害による育毛作用、色素細胞内メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ シラカンバ樹皮エキス記事を読む

シロキクラゲ多糖体
シロキクラゲ多糖体
保湿成分 抗酸化成分 泡立ち改良剤
水分保持能およびセラミド合成促進による保湿作用、SOD活性増強、過酸化脂質抑制およびグルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、洗浄剤の泡質改良目的で化粧品に配合される成分、シロキクラゲ多糖体の効果や安全性について解説します。
→ シロキクラゲ多糖体記事を読む

スイカズラエキス
スイカズラエキス
抗炎症成分 抗菌成分 抗酸化成分 美白成分 保湿成分 抗老化成分 抗白髪成分
NF-κB活性抑制およびホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、DPPH(ジフェニルピクリルヒドラジル)消去能による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、抗菌作用、カルボニル化抑制による抗老化作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、スイカズラエキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラエキス記事を読む

スイカズラ花エキス
スイカズラ花エキス
抗炎症成分 抗菌成分 抗酸化成分 美白成分 保湿成分 抗老化成分 抗白髪成分
NF-κB活性抑制およびホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、DPPH(ジフェニルピクリルヒドラジル)消去能による抗酸化作用、NF-κB活性抑制による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、抗菌作用、カルボニル化抑制による抗老化作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、スイカズラ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラ花エキス記事を読む

水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
抗老化成分 保湿成分 細胞賦活成分
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸量を増殖させて保水やハリや弾力を高め、表皮のターンオーバーを促進させる目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)の効果や安全性(毒性)について具体的に解説します。
→ 水溶性プロテオグリカン記事を読む

スギナエキス
スギナエキス
保湿成分 収れん成分 抗シワ成分 抗老化成分 抗白髪成分
保湿作用、収れん作用、皮膚の高分子ヒアルロン酸産生促進による抗シワ作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、スギナエキスの効果や安全性について解説します。
→ スギナエキス記事を読む

スクロース
スクロース
保湿成分 スクラブ剤
保湿剤、石けんの透明化剤、スクラブ剤目的で化粧品に配合される成分、スクロースの効果や安全性について解説します。
→ スクロース記事を読む

スターフルーツ葉エキス
スターフルーツ葉エキス
保湿成分 抗老化成分 抗シワ成分 抗酸化成分 美白成分
保湿作用、Ⅰ型コーラゲン産生促進およびMMP-1活性抑制による抗シワ作用、ヒアルロン酸産生促進による抗老化作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、スーパーオキシド(O₂⁻)消去能による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、スターフルーツ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ スターフルーツ葉エキス記事を読む

スフィンゴ糖脂質
スフィンゴ糖脂質
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分
細胞間脂質とバリア機能の強化やエモリエント効果などの目的で化粧品に配合される成分、スフィンゴ糖脂質の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ スフィンゴ糖脂質記事を読む

セイヨウアカマツ球果エキス
セイヨウアカマツ球果エキス
保湿成分 細胞賦活剤 抗たるみ 抗老化成分 育毛剤 毛髪保護剤
保湿作用、皮膚細胞賦活作用、消臭作用、リンパ管の正常化によるたるみ抑制作用、毛乳頭刺激および毛髪幹細胞賦活による育毛作用、ハリ・コシ強化による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウアカマツ球果エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウアカマツ球果エキス記事を読む

セイヨウキズタエキス
セイヨウキズタエキス
抗炎症成分 抗菌成分 保湿成分 血行促進成分
抗炎症作用、抗菌作用、皮膚柔軟による保湿作用、血管拡張・余分な水分の排出・ヒアルロニダーゼ活性阻害によるむくみ改善作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウキズタエキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウキズタエキス記事を読む

セイヨウキズタ葉/茎エキス
セイヨウキズタ葉/茎エキス
抗炎症成分 抗菌成分 保湿成分 血行促進成分
抗炎症作用、抗菌作用、皮膚柔軟による保湿作用、血管拡張・余分な水分の排出・ヒアルロニダーゼ活性阻害によるむくみ改善作用目的で化粧品に配合される成分、セイヨウキズタ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ セイヨウキズタ葉/茎エキス記事を読む

セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
保湿成分 バリア機能
バリア機能の向上および水分保持能改善目的で化粧品に配合される成分、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドの効果や安全性について解説します。
→ セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド記事を読む

ゼニアオイエキス
ゼニアオイエキス
保湿成分 抗炎症成分 バリア機能
フィラグリン産生促進による保湿作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、バリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、ゼニアオイエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゼニアオイエキス記事を読む

ゼニアオイ花エキス
ゼニアオイ花エキス
保湿成分 抗炎症成分 バリア機能
フィラグリン産生促進による保湿作用、プロスタグランジンE₂産生抑制による抗炎症作用、バリア機能改善作用目的で化粧品に配合される成分、ゼニアオイ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゼニアオイ花エキス記事を読む

セラミド
セラミドとは…成分・効果・種類を徹底解説
保湿成分 エモリエント成分 バリア機能成分
肌の潤いやバリア機能を改善する目的で化粧品に配合されるセラミドについて具体的にわかりやすく解説します。
→ セラミド記事を読む

セリン(アミノ酸)
セリン
保湿成分
角質層の保湿およびターンオーバー促進目的で化粧品に配合される成分、セリン(アミノ酸)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ セリン記事を読む

ソルビット液
ソルビット液
ベース成分 保湿成分
肌の水分を一定に保つ保湿およびコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、ソルビット液の効果や安全性について解説します。
→ ソルビット液記事を読む

ソルビトール
ソルビトール
ベース成分 保湿成分
肌の水分を一定に保つ保湿およびコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、ソルビトールの効果や安全性について解説します。
→ ソルビトール記事を読む


ダイズエキス
ダイズエキス
抗老化成分 保湿成分 美白成分
コラーゲン代謝活性促進による抗老化作用、セラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズエキス記事を読む

ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキス
抗老化成分 保湿成分 美白成分
コラーゲン代謝活性促進による抗老化作用、セラミド合成促進による保湿作用、メラニン生合成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズ種子エキス記事を読む

大豆リゾリン脂質液
大豆リゾリン脂質液
乳化剤 界面活性剤 可溶化剤 保湿成分 抗シワ成分 抗老化成分
安全性が高くレシチンより高い乳化作用、エマルション構造による可溶化作用、保湿作用、ラミニン5産生促進による抗シワ・抗老化作用目的で配合される成分、大豆リゾリン脂質液の効果や安全性について解説します。
→ 大豆リゾリン脂質液記事を読む

大豆リン脂質
大豆リン脂質
乳化剤 可溶化剤 界面活性剤 保湿成分
安全性の高い乳化、ラメラ構造形成による保湿、リポソーム構造による可溶化目的で化粧品に配合される成分、大豆リン脂質の効果や安全性について解説します。
→ 大豆リン脂質記事を読む

タイソウエキス
タイソウエキス
保湿成分 細胞賦活剤 育毛剤 抗白髪成分
セラミド合成促進による保湿作用、ターンオーバー促進による細胞賦活作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、まつ毛の成長速度促進によるまつ毛伸長作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、タイソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ タイソウエキス記事を読む

タイムエキス(1)
タイムエキス(1)
保湿成分 バリア機能 美白成分 抗炎症成分 抗菌成分
フィラグリン産生促進による保湿作用、バリア機能改善作用、メラノソーム移動抑制による色素沈着抑制作用、抗炎症作用、抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(1)記事を読む

タイムエキス(2)
タイムエキス(2)
収れん成分 抗菌成分 保湿成分
収れん作用、抗菌作用、皮膚柔軟による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、タイムエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ タイムエキス(2)記事を読む

タウリン
タウリン
保湿成分 細胞賦活剤 香料
角層の保湿、水分蒸散保護、細胞賦活、香料目的で化粧品に配合される成分、タウリンの効果や安全性について解説します。
→ タウリン記事を読む

タチジャコウソウ花/葉エキス
タチジャコウソウ花/葉エキス
収れん成分 抗菌成分 保湿成分
収れん作用、抗菌作用、皮膚柔軟による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、タチジャコウソウ花/葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ タチジャコウソウ花/葉エキス記事を読む

ダマスクバラ花エキス
ダマスクバラ花エキス
香料 鎮静成分 保湿成分 抗老化成分
香料、交感神経抑制による鎮静作用、皮膚水分量増加による保湿作用、エストロゲン受容体発現量増加による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ダマスクバラ花エキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ダマスクバラ花エキス記事を読む

チューベロース多糖体
チューベロース多糖体
保湿成分 エモリエント成分
寒冷・乾燥に対しても持続性のある肌保護作用目的で化粧品に配合される成分、チューベロース多糖体の効果や安全性について解説します。
→ チューベロース多糖体記事を読む

チューベロースポリサッカライド液
チューベロースポリサッカライド液
保湿成分 エモリエント成分
th="100" height="21" class="alignnone" />
寒冷・乾燥に対しても持続性のある肌保護作用目的で化粧品に配合される成分、チューベロースポリサッカライド液の効果や安全性について解説します。
→ チューベロースポリサッカライド液記事を読む

チョウジエキス
チョウジエキス
抗菌成分 抗アレルギー 美白成分 保湿成分 抗シワ成分 育毛剤
グラム陽性菌およびグラム陰性菌に対する抗菌作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、O₂⁻消去能による抗酸化作用および抗シワ作用、チロシナーゼ活性阻害およびSCF結合阻害による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、線維芽細胞のコラーゲンへの接着性強化による抗シワ作用、5α-リダクターゼ活性阻害による抜け毛抑制作用目的で化粧品に配合される成分、チョウジエキスの効果や安全性について解説します。
→ チョウジエキス記事を読む

チロシン
チロシン
保湿成分
角質層の保湿目的で他のアミノ酸といっしょに化粧品に配合される成分、チロシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ チロシン記事を読む

チンピエキス
チンピエキス
抗炎症成分 血行促進成分 保湿成分
抗炎症作用、血行促進作用、セラミド合成促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、チンピエキスの効果や安全性について解説します。
→ チンピエキス記事を読む

加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)
低分子ヒアルロン酸(加水分解ヒアルロン酸)
保湿成分 ベース成分
表皮に保湿性の保護膜をつくり持続させて化粧品の成分を角質に与える目的で化粧品に配合される成分、加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)についてわかりやすく解説します。
→ 低分子ヒアルロン酸記事を読む

デキストリン
デキストリン
安定化成分 保湿成分
→ デキストリン記事を読む

天然保湿因子(NMF)
天然保湿因子(NMF)
保湿成分 エモリエント成分
角質層の保湿・保水目的で化粧品に配合される成分、天然保湿因子(NMF)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 天然保湿因子記事を読む

トウニンエキス
トウニンエキス
保湿成分 エモリエント成分 美白成分 細胞賦活剤 血行促進成分
保湿作用、エモリエント作用、チロシナーゼ活性阻害およびSCF発現抑制による色素沈着抑制作用、ZO-1発現促進による血行促進作用および細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、トウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウニンエキス記事を読む

トウモロコシエキス
トウモロコシエキス
保湿成分 細胞賦活剤 抗酸化成分 抗シワ成分
皮膚コンディショニング、ATP産生促進による細胞賦活作用、フリーラジカル補足による過酸化脂質抑制作用、フィブロネクチン生成促進による抗シワ作用などの目的で化粧品に配合される成分、トウモロコシエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウモロコシエキス記事を読む

トコフェリルリン酸Na
トコフェリルリン酸Na
抗炎症成分 バリア機能 保湿成分
紫外線による肌荒れ、バリア機能および保水機能の改善、また思春期ニキビの改善目的で化粧品に配合される医薬部外品有効成分、トコフェリルリン酸Naの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トコフェリルリン酸Na記事を読む

トマトエキス
トマトエキス
保湿成分 細胞賦活剤 抗酸化成分 収れん成分
保湿作用、細胞賦活作用、一重項酸素消去による抗酸化作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、トマトエキスの効果や安全性について解説します。
→ トマトエキス記事を読む

トマト果実エキス
トマト果実エキス
保湿成分 細胞賦活剤 抗酸化成分 収れん成分
保湿作用、細胞賦活作用、一重項酸素消去による抗酸化作用、収れん作用目的で化粧品に配合される成分、トマト果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ トマト果実エキス記事を読む

トレオニン
トレオニン
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、トレオニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ トレオニン記事を読む

トレハロース
トレハロース
保湿成分
乾燥から皮膚の水分を保護したり、水性保湿化粧品の潤いを長く維持させる目的で化粧品に配合される成分、トレハロースの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トレハロース記事を読む

トレハロース液
トレハロース液
保湿成分
乾燥から皮膚の水分を保護したり、水性保湿化粧品の潤いを長く維持させる目的で化粧品に配合される成分、トレハロース液の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ トレハロース液記事を読む


ナイアシンアミド
ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド,D-メラノTM)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ナイアシンアミド記事を読む

ナツメ果実エキス
ナツメ果実エキス
保湿成分 細胞賦活剤 育毛剤 抗白髪成分
セラミド合成促進による保湿作用、ターンオーバー促進による細胞賦活作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、まつ毛の成長速度促進によるまつ毛伸長作用、メラニン産生促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ナツメ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ナツメ果実エキス記事を読む

ニゲラサチバ種子油(ブラッククミンシードオイル)
ニゲラサチバ種子油(ブラッククミンシードオイル)
ベース成分 エモリエント成分 保湿成分 収れん成分
皮膚柔軟作用や皮膚活性効果や収れんなど多目的で化粧品に配合される成分、ニゲラサチバ種子油(ブラッククミンシードオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ニゲラサチバ種子油記事を読む

ナイアシンアミド
ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)
細胞賦活成分 抗炎症成分 保湿成分 美白成分
保湿から角質層の正常化、コラーゲン生成促進など肌のトータルケア目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された医薬部外品の有効成分、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド,D-メラノTM)の効果や安全性(毒性)について解説します。
→ ニコチン酸アミド記事を読む

乳酸
乳酸
ピーリング成分 抗菌成分 保湿成分
配合量の多い場合はピーリングおよび収れん目的で、また配合量の少ない場合は殺菌、腐敗菌の繁殖防止、角質の柔軟および保湿目的で化粧品に配合される成分、乳酸の効果や安全性について解説します。
→ 乳酸記事を読む

PCA-Na
乳酸Na(乳酸ナトリウム)
ベース成分 保湿成分
湿度に関係なく安定した保湿効果を与える目的で化粧品に配合される成分、乳酸Naの効果や安全性(毒性)について解説します。
→ 乳酸Na記事を読む

尿素
尿素
保湿成分
皮膚の柔軟や保湿目的で化粧品に配合される成分、尿素の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 尿素記事を読む

ニンニクエキス
ニンニクエキス
細胞賦活剤 抗菌成分 保湿成分 血行促進成分 抗アレルギー
細胞賦活作用、抗菌作用、角質水分量増加による保湿作用、血行促進作用、アトピー性皮膚炎改善による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニクエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニクエキス記事を読む

ニンニク根エキス
ニンニク根エキス
細胞賦活剤 抗菌成分 保湿成分 血行促進成分 抗アレルギー
細胞賦活作用、抗菌作用、角質水分量増加による保湿作用、血行促進作用、アトピー性皮膚炎改善による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニク根エキス記事を読む

ノイバラ果実エキス
ノイバラ果実エキス
保湿成分 美白成分 抗アレルギー 抗菌成分 抗老化成分 収れん成分 消臭剤
フィラグリン産生促進による保湿作用、SLC45A2遺伝子発現抑制による色素沈着抑制作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、収れん作用、Ⅶ型コラーゲン減少抑制および産生促進による抗老化作用、イソ吉草酸アルデヒド発生抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ノイバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ノイバラ果実エキス記事を読む

濃グリセリン
濃グリセリン
ベース成分 保湿成分
乾燥に左右されない皮膜をつくって皮膚のうるおいを守ったり、質感の向上目的で化粧品に配合されるベース成分、濃グリセリン(植物性グリセリン)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ 濃グリセリン記事を読む

ノバラエキス
ノバラエキス
保湿成分 収れん成分 美白成分
角質水分量増加による保湿作用、収れん作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ノバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ ノバラエキス記事を読む


ハイビスカス花エキス
ハイビスカス花エキス
抗炎症成分 保湿成分 バリア機能 美白成分
抗炎症作用、クローディン-1およびオクルディン産生促進による保湿作用およびバリア機能改善作用、SCF、bFGF、ET-1およびPOMC抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ハイビスカス花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハイビスカス花エキス記事を読む

パセリエキス
パセリエキス
保湿成分 抗酸化成分
皮膚柔軟による保湿作用、一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、パセリエキスの効果や安全性について解説します。
→ パセリエキス記事を読む

パセリエキス(1)
パセリエキス(1)
保湿成分 抗酸化成分
皮膚柔軟による保湿作用、一重項酸素(¹O₂)抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、パセリエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ パセリエキス(1)記事を読む

ハトムギ種子エキス
ハトムギ種子エキス
保湿成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 消臭剤
保湿作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、イソ吉草酸抑制による汗の消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ハトムギ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハトムギ種子エキス記事を読む

ハチミツ
ベース成分 保湿成分 増粘剤
独特の保湿や肌荒れ防止や天然の増粘目的で化粧品に配合される成分、ハチミツの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ハチミツ記事を読む

バリン
バリン
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、バリンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ バリン記事を読む

ヒアルロン酸Na
ヒアルロン酸Na
保湿成分 ベース成分
肌表面に保湿性の保護膜をつくり持続させて化粧品の成分をじっくり角質細胞に与える目的で化粧品に配合される成分、ヒアルロン酸Naについて具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒアルロン酸Na記事を読む

ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸ナトリウム
保湿成分 ベース成分
肌表面に保湿性の保護膜をつくり持続させて化粧品の成分をじっくり角質細胞に与える目的で化粧品に配合される成分、ヒアルロン酸ナトリウムについて具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒアルロン酸ナトリウム記事を読む

ビオチン
ビオチン
保湿成分
アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などのドライスキンの保湿や健康な肌を維持する目的で化粧品に配合される成分、ビオチンの効果や安全性について解説します。
→ ビオチン記事を読む

ヒスチジンHCl
ヒスチジンHCl
保湿成分
角質層の保湿および柔軟目的で化粧品に配合される成分、ヒスチジンHClの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒスチジンHCl記事を読む

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)と
ヒトオリゴペプチド-1(EGF)
細胞賦活成分 保湿成分
細胞賦活による老化防止やシミやシワの予防目的で化粧品に配合されるベース成分、ヒトオリゴペプチド-1(EGF,ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒトオリゴペプチド-1記事を読む

ヒドロキシプロリン
ヒドロキシプロリン
保湿成分 抗老化成分
天然保湿因子としての保湿効果やコラーゲンの産生や表皮細胞の増殖を促進する目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるヒドロキシプロリンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヒドロキシプロリン記事を読む

ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)
ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)
保湿成分 細胞賦活成分
天然保湿因子に似た保湿や損傷DNAの修復作用目的で化粧品に配合される成分、ビフィズス菌発酵エキス(ビフィズス菌エキス)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ビフィズス菌発酵エキス記事を読む

フィトステロールズ(ダイズステロール)
フィトステロールズ(ダイズステロール)
保湿成分 エモリエント成分
角質層の潤いやエモリエント効果目的でコレステロールの代わりに化粧品に配合される成分、フィトステロールズ(ダイズステロール)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ フィトステロールズ記事を読む

フェニルアラニン
フェニルアラニン
保湿成分
角質層の保湿目的で他のアミノ酸とともに化粧品に配合される成分、フェニルアラニンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ フェニルアラニン記事を読む

ブクリョウエキス
ブクリョウエキス
保湿成分 抗シワ成分 抗糖化
保湿作用、メイラード反応抑制およびコラーゲンの架橋結合抑制による抗シワ作用および抗糖化作用目的で化粧品に配合される成分、ブクリョウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ブクリョウエキス記事を読む

ブナエキス
ブナエキス
抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
Ⅳ型コラーゲンおよびⅦ型コラーゲン産生促進による抗シワ作用、フィラグリン産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ブナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ブナエキス記事を読む

プラセンタエキス
プラセンタエキス
美白成分 保湿成分
シミの防止や排出目的で化粧品に配合される厚生労働省認可の有効成分、プラセンタエキスの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プラセンタエキス記事を読む

ニゲラサチバ種子油(ブラッククミンシードオイル)
ブラッククミンシードオイル(ニゲラサチバ種子油)
ベース成分 エモリエント成分 保湿成分 収れん成分
皮膚柔軟作用や皮膚活性効果や収れんなど多目的で化粧品に配合される成分、ニゲラサチバ種子油(ブラッククミンシードオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ブラッククミンシードオイル記事を読む

プルーン酵素分解物
プルーン酵素分解物
美白成分 保湿成分 抗老化成分
メラニン輸送抑制による色素沈着抑制作用、保湿作用、ミトコンドリアトランスファー促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン酵素分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン酵素分解物記事を読む

プルーン分解物
プルーン分解物
美白成分 保湿成分 抗老化成分
メラニン輸送抑制による色素沈着抑制作用、保湿作用、ミトコンドリアトランスファー促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、プルーン分解物の効果や安全性について解説します。
→ プルーン分解物記事を読む

水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)
プロテオグリカン(水溶性プロテオグリカン)
抗老化成分 保湿成分 細胞賦活成分
真皮のコラーゲンやヒアルロン酸量を増殖させて保水やハリや弾力を高め、表皮のターンオーバーを促進させる目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカン(プロテオグリカン)の効果や安全性(毒性)について具体的に解説します。
→ プロテオグリカン記事を読む

プロパンジオール
プロパンジオール(1,3-プロパンジオール)
ベース成分 保湿成分
保湿や抗菌目的で化粧品に配合されるベース成分、プロパンジオールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プロパンジオール記事を読む

PG(プロピレングリコール)
プロピレングリコール(PG)
ベース成分 保湿成分
安全性の懸念から現在は使用されなくなりましたが、乾燥から肌を守り成分を均等に溶かして維持する目的で化粧品に配合されていた成分、PG(プロピレングリコール)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プロピレングリコール記事を読む

プロリン
保湿成分 抗老化成分
天然保湿因子としての保湿効果やコラーゲンの産生や表皮細胞の増殖を促進する目的で化粧品に配合される成分、アミノ酸の一種であるプロリンの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ プロリン記事を読む

ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
保湿成分 バリア機能
バリア機能の向上および水分保持能改善目的で化粧品に配合される成分、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドの効果や安全性について解説します。
→ ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド記事を読む

ベタイン(トリメチルグリシン)
ベタイン(トリメチルグリシン)
保湿成分 ベース成分
保湿や柔軟性目的で化粧品に配合される成分、ベタイン(トリメチルグリシン)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ベタイン(トリメチルグリシン)記事を読む

ペリセア
ペリセア
界面活性剤 保湿成分 バリア機能
毛髪ダメージを修復し、肌のバリア機能やキメを改善する少量で効果を発揮する乳化剤やゲル化剤目的で化粧品やヘアケア製品に配合される成分、ペリセアの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ペリセア記事を読む

ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)
ペンチレングリコール(1,2-ペンタンジオール)
ベース成分 保湿成分
保湿やパラベンの代わりの抗菌目的で化粧品に配合されるベース成分、ペンチレングリコールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ペンチレングリコール記事を読む

アサ種子油
ヘンプシードオイル(アサ種子油)
ベース成分 保湿成分 エモリエント成分
皮膚の柔軟性の改善や保湿、エモリエント効果目的で化粧品に配合される成分、アサ種子油(ヘンプシード油,ヘンプシードオイル,ヘンプオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ヘンプシードオイル記事を読む

ボタンエキス
ボタンエキス
抗炎症成分 抗酸化成分 抗菌成分 美白成分 保湿成分 血行促進成分 抗シワ成分 抗老化成分
ヒスタミン遊離抑制による抗炎症作用、活性酸素消去能による抗酸化作用、弱酸性皮膚における皮膚常在菌のバランス保持による抗菌作用、CXCR3抑制による抗炎症作用・色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、血行促進作用、コラゲナーゼ、ゼラチナーゼA、MMP-3、MMP-11増加抑制による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ボタンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ボタンエキス記事を読む

ホップエキス
ホップエキス
抗菌成分 抗炎症成分 保湿成分 育毛剤 抗白髪成分
抗菌作用、鎮静作用、NGF阻害による抗炎症作用、皮膚水分量蒸散抑制による保湿作用、5α-リダクターゼ阻害による脱毛防止作用、毛根由来細胞の増殖促進作用、発毛促進作用、毛髪の成長促進作用、MITF遺伝子の発現量増加による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ホップエキスの効果や安全性について解説します。
→ ホップエキス記事を読む

ホップ花エキス
ホップ花エキス
抗菌成分 抗炎症成分 保湿成分 育毛剤 抗白髪成分
抗菌作用、鎮静作用、NGF阻害による抗炎症作用、皮膚水分量蒸散抑制による保湿作用、5α-リダクターゼ阻害による脱毛防止作用、毛根由来細胞の増殖促進作用、発毛促進作用、毛髪の成長促進作用、MITF遺伝子の発現量増加による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ホップ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ホップ花エキス記事を読む

ホップ末
ホップ末
抗菌成分 抗炎症成分 保湿成分 育毛剤 抗白髪成分
抗菌作用、鎮静作用、NGF阻害による抗炎症作用、皮膚水分量蒸散抑制による保湿作用、5α-リダクターゼ阻害による脱毛防止作用、毛根由来細胞の増殖促進作用、発毛促進作用、毛髪の成長促進作用、MITF遺伝子の発現量増加による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ホップ末の効果や安全性について解説します。
→ ホップ末記事を読む

ホホバ種子油(ホホバオイル)
ホホバ種子油(ホホバオイル)
ベース成分 保湿成分 エモリエント成分
保湿や肌の保護目的やニキビ肌向けオイルとして化粧品に配合される成分、ホホバ種子油(ホホバオイル)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ホホバ種子油記事を読む

ポリクオタニウム-22
ポリクオタニウム-22
均染剤 保湿成分
均染効果、髪をダメージから保護する効果、髪のハリ・コシ付与効果目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-22の効果や安全性について解説します。
→ ポリクオタニウム-22記事を読む

ポリクオタニウム-39
ポリクオタニウム-39
泡立ち改良剤 保湿成分/dd>
洗浄剤の泡立ち改良、洗い上がりの保湿および刺激緩和目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-39の効果や安全性について解説します。
→ ポリクオタニウム-39記事を読む

ポリクオタニウム類
ポリクオタニウム類(リピジュア)
保湿成分 エモリエント成分
保湿やエモリエント目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム類(ポリクオタニウム-51,ポリクオタニウ-61)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ポリクオタニウム類記事を読む


マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
エモリエント成分 保湿成分
エモリエント効果、角質水分保持、しっとり感およびツヤ感目的で化粧品に配合される成分、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル記事を読む

マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
エモリエント成分 保湿成分
エモリエント効果、角質水分保持、しっとり感およびツヤ感目的で化粧品に配合される成分、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリルの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について解説します。
→ マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル記事を読む

マグワ根皮エキス
マグワ根皮エキス
美白成分 保湿成分 抗酸化成分 抗炎症成分 育毛剤 血行促進成分 消臭剤
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、セラミド合成促進による保湿作用、毛髪の休止期を短縮し成長期を伸ばす毛周期改善作用、血管再生促進作用、ビニルケトン類生成抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、マグワ根皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ マグワ根皮エキス記事を読む

マツエキス
マツエキス
保湿成分 細胞賦活剤 抗たるみ 抗老化成分 育毛剤 毛髪保護剤
保湿作用、皮膚細胞賦活作用、消臭作用、リンパ管の正常化によるたるみ抑制作用、毛乳頭刺激および毛髪幹細胞賦活による育毛作用、ハリ・コシ強化による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、マツの効果や安全性について解説します。
→ マツエキス記事を読む

マドンナリリー根エキス
マドンナリリー根エキス
保湿成分 バリア機能 細胞賦活剤 抗くぼみ 抗酸化成分 美白成分
セラミド合成促進による保湿作用、表皮細胞分裂回数減少抑制および表皮菲薄化抑制による細胞賦活作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、MYH2産生促進による抗くぼみ作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マドンナリリー根エキスの効果や安全性について解説します。
→ マドンナリリー根エキス記事を読む

マヨラナエキス
マヨラナエキス
保湿成分 抗炎症成分 毛髪保護剤 育毛剤 美白成分
表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、ホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、17型コラーゲン産生促進による毛髪保護作用、5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用、アドレノメジュリン(ADM)抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナエキスの効果や安全性について解説します。
→ マヨラナエキス記事を読む

マヨラナ葉エキス
マヨラナ葉エキス
保湿成分 抗炎症成分 毛髪保護剤 育毛剤 美白成分
表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、ホスホリパーゼA2活性抑制による抗炎症作用、17型コラーゲン産生促進による毛髪保護作用、5α-リダクターゼ阻害作用による育毛作用、アドレノメジュリン(ADM)抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、マヨラナ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ マヨラナ葉エキス記事を読む

アルゲエキス
マリンパージ(アルゲエキス)
保湿成分 細胞賦活成分
保湿効果や細胞を修復し代謝を正常化する細胞活性目的で化粧品に配合される成分、アルゲエキス(マリンパージ)の効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ マリンパージ記事を読む

マルチトール
マルチトール
ベース成分 保湿成分
肌の水分を一定に保つ目的で化粧品に配合される成分、マルチトールの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ マルチトール記事を読む

マンノース
マンノース
保湿成分
保湿剤目的で化粧品に配合される成分、マンノースの効果や安全性について解説します。
→ マンノース記事を読む

ムクロジエキス
ムクロジエキス
界面活性剤 乳化剤 抗菌成分 保湿成分 抗シワ成分 抗老化成分
界面活性による洗浄作用および乳化補助作用、酵母、アクネ菌、フケ菌および皮膚糸状菌に対する抗菌作用、セラミド合成促進による保湿作用、ヘパラナーゼ活性阻害による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ムクロジエキスの効果や安全性について解説します。
→ ムクロジエキス記事を読む

ムクロジ果皮エキス
ムクロジ果皮エキス
界面活性剤 乳化剤 抗菌成分 保湿成分 抗シワ成分 抗老化成分
界面活性による洗浄作用および乳化補助作用、酵母、アクネ菌、フケ菌および皮膚糸状菌に対する抗菌作用、セラミド合成促進による保湿作用、ヘパラナーゼ活性阻害による抗シワ・抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、ムクロジ果皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ ムクロジ果皮エキス記事を読む

POEメチルグルコシド(メチルグルセス-10)
メチルグルセス類(POEメチルグルコシド)
保湿成分 エモリエント成分
保湿やエモリエント目的で化粧品に配合される成分、メチルグルセス類(メチルグルセス-10,メチルグルセス-20)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ メチルグルセス類記事を読む

ワサビノキ種子油(モリンガオイル)
モリンガオイル(ワサビノキ種子油)
保湿成分 エモリエント成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の保湿や柔軟、抗シワ目的で化粧品に配合される成分、ワサビノキ種子油(モリンガオイル,モリンガシードオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ モリンガオイル記事を読む


ユーカリエキス
ユーカリエキス
保湿成分 抗菌成分 収れん成分 抗シワ成分 毛髪保護剤
セラミド産生促進作用、抗菌作用、収れん作用、MMP-1活性阻害による抗シワ作用、毛髪のハリコシ増加作用目的で化粧品に配合される成分、ユーカリエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユーカリエキス記事を読む

ユーカリ葉エキス
ユーカリ葉エキス
保湿成分 抗菌成分 収れん成分 抗シワ成分 毛髪保護剤
セラミド産生促進作用、抗菌作用、収れん作用、MMP-1活性阻害による抗シワ作用、毛髪のハリコシ増加作用目的で化粧品に配合される成分、ユーカリ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユーカリ葉エキス記事を読む

ユキノシタエキス
ユキノシタエキス
抗炎症成分 抗菌成分 抗アレルギー 保湿成分 美白成分 細胞賦活剤
抗炎症作用、抗菌作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、過酸化脂質生成抑制および活性酸素除去能による抗酸化作用、セラミド合成促進による保湿作用、チロシナーゼ活性抑制による美白作用、DNA損傷修復による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、ユキノシタエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユキノシタエキス記事を読む

ユズエキス
ユズエキス
保湿成分 収れん成分 バリア機能
保湿作用、血行促進作用、角質剥離作用目的またはバリア機能改善による肌荒れ改善作用および毛髪保護作用で化粧品に配合される成分、ユズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズエキス記事を読む

ユズ果実エキス
ユズ果実エキス
保湿成分 収れん成分 バリア機能
保湿作用、血行促進作用、角質剥離作用目的またはバリア機能改善による肌荒れ改善作用および毛髪保護作用で化粧品に配合される成分、ユズ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ果実エキス記事を読む

ユズ種子エキス
ユズ種子エキス
細胞賦活成分 美白成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
ターンオーバー促進やシミ予防、線維芽細胞・コラーゲン・ヒアルロン酸の増殖による抗老化など総合的な美肌目的で化粧品に配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性について具体的にわかりやすく解説します。
→ ユズ種子エキス記事を読む

ユズセラミド
ユズセラミド
保湿成分 収れん成分 バリア機能
保湿作用、血行促進作用、角質剥離作用目的またはバリア機能改善による肌荒れ改善作用および毛髪保護作用で化粧品に配合される成分、ユズセラミドの効果や安全性について解説します。
→ ユズセラミド記事を読む

ユビキノン
ユビキノン
抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
活性酸素除去作用による老化予防や紫外線によるダメージ抑制目的で化粧品に配合される成分、ユビキノンの効果や安全性について解説します。
→ ユビキノン記事を読む

ユリエキス
ユリエキス
保湿成分 バリア機能 細胞賦活剤 抗くぼみ 抗酸化成分 美白成分
セラミド合成促進による保湿作用、表皮細胞分裂回数減少抑制および表皮菲薄化抑制による細胞賦活作用、グルタチオンレダクターゼ活性増強による抗酸化作用、MYH2産生促進による抗くぼみ作用、SCF結合阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ユリエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユリエキス記事を読む

ヨーロッパシラカバ樹皮エキス
ヨーロッパシラカバ樹皮エキス
刺激緩和 紫外線散乱剤 保湿成分
アニオン界面活性剤のタンパク変性抑制による刺激緩和作用、紫外線散乱による紫外線防御作用、柔軟による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヨーロッパシラカバ樹皮エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨーロッパシラカバ樹皮エキス記事を読む

ヨーロッパブナ芽エキス
ヨーロッパブナ芽エキス
抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
Ⅳ型コラーゲンおよびⅦ型コラーゲン産生促進による抗シワ作用、フィラグリン産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヨーロッパブナ芽エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨーロッパブナ芽エキス記事を読む

ヨクイニンエキス
ヨクイニンエキス
保湿成分 抗炎症成分 細胞賦活剤 美白成分 消臭剤
保湿作用、抗炎症作用、細胞賦活作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、イソ吉草酸抑制による汗の消臭作用目的で化粧品に配合される成分、ヨクイニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨクイニンエキス記事を読む


ライスパワーエキスNo.11
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)とは…成分効果と安全性を解説
保湿成分 バリア機能 抗老化
肌自体のうるおいやバリア機能を改善する目的で化粧品に配合される厚生労働省に認可された有効成分、ライスパワーNo.11の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ライスパワーエキスNo.11記事を読む

ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)
エモリエント成分 保湿成分
ラメラ構造を形成するセラミド様のバリア機能向上目的で配合される成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)の効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)記事を読む

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
エモリエント成分 保湿成分
セラミド様のエモリエント効果や毛髪ダメージの回復目的で配合される成分、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)の効果や安全性について解説します。
→ ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)記事を読む

ラフィノース
ラフィノース
保湿成分 バリア機能 エモリエント成分
保湿およびバリア機能の維持、または乾燥状況下での保湿およびバリア機能の維持目的で化粧品に配合される成分、ラフィノースの効果や安全性について解説します。
→ ラフィノース記事を読む

卵黄リゾホスファチジルコリン
卵黄リゾホスファチジルコリン
乳化剤 界面活性剤 可溶化剤 保湿成分 抗シワ成分 抗老化成分
安全性が高くレシチンより高い乳化作用、エマルション構造による可溶化作用、保湿作用、ラミニン5産生促進による抗シワ・抗老化作用目的で配合される成分、卵黄リゾホスファチジルコリンの効果や安全性について解説します。
→ 卵黄リゾホスファチジルコリン記事を読む

リシンHCl
リシンHCl
保湿成分
角質層の保湿目的で他のアミノ酸とともに化粧品に配合される成分、リシンHClの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リシンHCl記事を読む

リゾレシチン
リゾレシチン
乳化剤 界面活性剤 可溶化剤 保湿成分 抗シワ成分 抗老化成分
安全性が高くレシチンより高い乳化作用、エマルション構造による可溶化作用、保湿作用、ラミニン5産生促進による抗シワ・抗老化作用目的で配合される成分、リゾレシチンの効果や安全性について解説します。
→ リゾレシチン記事を読む

リピジュア
リピジュア
保湿成分 エモリエント成分
保湿やエモリエント目的で化粧品に配合される成分、リピジュアの効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ リピジュア記事を読む

リンゴエキス
リンゴエキス
保湿成分
保湿作用目的で化粧品に配合される成分、リンゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ リンゴエキス記事を読む

リンゴ果実エキス
リンゴ果実エキス
保湿成分
保湿作用目的で化粧品に配合される成分、リンゴ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ リンゴ果実エキス記事を読む

レイシ柄エキス
レイシ柄エキス
保湿成分 抗炎症成分 抗アレルギー 抗白髪成分
保湿作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、AFF-4発現亢進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、レイシ柄エキスの効果や安全性について解説します。
→ レイシ柄エキス記事を読む

レイシエキス
レイシエキス
保湿成分 抗炎症成分 抗アレルギー 抗白髪成分
保湿作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、AFF-4発現亢進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、レイシエキスの効果や安全性について解説します。
→ レイシエキス記事を読む

レシチン
レシチン
乳化剤 可溶化剤 界面活性剤 保湿成分
安全性の高い乳化、ラメラ構造形成による保湿、リポソーム構造による可溶化目的で化粧品に配合される成分、レシチンの効果や安全性について解説します。
→ レシチン記事を読む

レタスエキス(1)
レタスエキス(1)
保湿成分 細胞賦活剤
皮膚柔軟化による保湿作用、皮膚代謝促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、レタスエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ レタスエキス(1)記事を読む

レタス葉エキス
レタス葉エキス
保湿成分 細胞賦活剤
皮膚柔軟化による保湿作用、皮膚代謝促進による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、レタス葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ レタス葉エキス記事を読む

レモンエキス
レモンエキス
収れん成分 保湿成分 細胞賦活剤
収れん作用、保湿作用、細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、レモンエキスの効果や安全性について解説します。
→ レモンエキス記事を読む

レモン果実エキス
レモン果実エキス
収れん成分 保湿成分 細胞賦活剤
収れん作用、保湿作用、細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、レモン果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ レモン果実エキス記事を読む

レンゲソウエキス
レンゲソウエキス
保湿成分 収れん成分 抗老化成分 抗糖化 抗炎症成分
保湿作用、収れん作用、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼおよびエラスターゼ活性阻害による抗老化作用、AGEs除去能による抗糖化作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、レンゲソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ レンゲソウエキス記事を読む

ロイシン
ロイシン
保湿成分
角質層の保湿およびターンオーバー促進目的で化粧品に配合される成分、ロイシンの効果や安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ロイシン記事を読む

ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)
ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)
細胞賦活成分 抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分 抗菌成分
細胞の活性化や小ジワの改善や保湿など総合的な抗老化目的で化粧品に配合される成分、ローヤルゼリーエキス(ローヤルゼリー)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ローヤルゼリーエキス記事を読む


ワイルドタイムエキス
ワイルドタイムエキス
保湿成分 バリア機能 美白成分 抗炎症成分 抗菌成分
フィラグリン産生促進による保湿作用、バリア機能改善作用、メラノソーム移動抑制による色素沈着抑制作用、抗炎症作用、抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、ワイルドタイムエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワイルドタイムエキス記事を読む

ワサビノキ種子油(モリンガオイル)
ワサビノキ種子油(モリンガオイル)
保湿成分 エモリエント成分 抗シワ成分 抗老化成分
皮膚の保湿や柔軟、抗シワ目的で化粧品に配合される成分、ワサビノキ種子油(モリンガオイル,モリンガシードオイル)の効果や安全性(毒性)について具体的にわかりやすく解説します。
→ ワサビノキ種子油記事を読む

TOPへ