保湿成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして保湿成分一覧をチェックする ↓

保湿成分

皮膚における保湿成分とは、

  1. 角質層の一時的な柔軟化(皮膚コンディショニング)
  2. 角質層水分量の増加(NMF機能の補強)
  3. バリア機能保護による過剰な水分蒸散抑制

主にこれらの作用のいずれか、または複数を有する親水性の成分のことをいい、またこれらの作用はそれぞれが密接に関係しています。

一方で、親油性で水分閉塞性の高い成分はエモリエント成分として保湿成分とは分けています。

保湿成分に関しては、以下の皮膚の保湿およびバリア機能メカニズム図を用いて解説します。

皮膚の保湿およびバリア機能の構造

1.角質層の一時的な柔軟化について

角質層の一時的な柔軟化は最も一般的な保湿作用で、角質層において潤いのあるしっとりとした状態をつくり、吸湿性を高めます。

また、角質層の柔軟化は保湿という点だけでなく、皮膚への成分浸透性の向上も兼ねており、配合された成分や後に使用する成分の浸透力を高めます。

一般的に汎用される皮膚浸透性も兼ねた皮膚コンディショニング成分は、高い吸湿性と保水性を有する多価アルコール類が多く、グリセリン、DPG、BGの順に吸湿性・保水性が高く、一方でクリームなど皮膚に塗布した場合の閉塞性は、BG、DPG、グリセリンの順に高く、吸湿性・保水性と閉塞性は逆の相関関係にあります。

多価アルコール非常に効果的な保湿剤ですが、低湿度下における吸湿量の低下、高濃度の使用での刺激性、ベトつき感などのデメリットも併せ持っています。

また、他によく使われる皮膚コンディショニング剤は、多価アルコールと同様に吸湿性に優れた糖類(グルコースなどの単糖類、ショ糖などのニ糖類、プルランなどの多糖類)、2次結合水を多く保持できるため外界湿度の影響を受けにくい生体高分子(ヒアルロン酸などのムコ多糖類、タンパク質の加水分解物)があります。

さらに、植物エキスも皮膚と親和性の高い皮膚コンディショニング剤として広く配合されており、植物エキスには多種多様な成分が溶け込んでいるため、バランスよく作用して皮膚の恒常性を保つことが期待できます。

2.角質層水分量の増加について

角質層の水分は、主に角質に存在する天然保湿因子(NMF:Natural Moisturizing Factor)によって構成されており、角質層における水分量の増加する機能を有する保湿成分は、天然保湿因子を補強する成分でもあると考えられます。

天然保湿因子(NMF)を増やすには、

  • 外からNMFを直接補うことで水分量を増加させる
  • 皮膚内でNMFの素となる物質または関連酵素を促進することでNMFの産生量を増やす

という2つのアプローチがあります。

3.バリア機能保護による過剰な水分蒸散抑制について

過剰な水分蒸散を抑制する皮膚バリア機能は、以下の図のように、

表皮顆粒層の構造図

主に角質層で角質と角質の隙間を埋める細胞間脂質や顆粒層で上皮細胞(ケラチノサイト)の隙間を密着させるタイトジャンクションなどが担っており、細胞同士の隙間を埋めてバリア機能を向上させることで外部刺激から皮膚を保護し、過度の水分蒸散を防止し、皮膚内水分量を調節することができます。

このバリア機能自体を改善・向上させて皮膚水分蒸散量を抑制するアプローチは、保湿成分としてではなく、バリア機能改善成分に分類しており、保湿成分としての水分蒸散抑制作用は、

  • 皮表における皮膜形成能
  • 保湿成分自身の吸湿性により蒸散した水分を皮表に留める機能

という2つのアプローチであり、バリア機能を改善する作用ではなく、保護・サポートする機能になります。

また、同じように油性成分を皮膚に塗布して膜をつくることで皮膚の水分蒸散を抑制する成分としてエモリエント成分がありますが、水性のバリア保護成分は保湿成分に、油性のバリア保護成分はエモリエントとして分類しています。

すでに解説したように、角質層の保水能とバリア機能は密接に関係しており、複数の保湿剤を併用することで相乗効果が得られることも少なくありません。

保湿成分は多種多様なものが開発されており、これらの解説におさまらない効能もあるかもしれませんが、基本的な保湿成分の作用はこれらになります。

保湿成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です
数字(5) / A-Z(25) / α-ω(1) / ア(18) / イ(2) / ウ(1) / エ(5) / オ(6) / カ(24) / キ(7) / ク(14) / ケ(2) / コ(5) / サ(6) / シ(4) / ス(10) / セ(9) / ソ(2) / タ(6) / チ(3) / ツ(0) / テ(3) / ト(10) / ナ(0) / ニ(7) / ヌ(0) / ネ(0) / ノ(2) / ハ(6) / ヒ(6) / フ(11) / ヘ(5) / ホ(4) / マ(5) / ミ(0) / ム(0) / メ(2) / モ(1) / ヤ(0) / ユ(6) / ヨ(2) / ラ(3) / リ(4) / ル(0) / レ(4) / ロ(2) / ワ(0)

1,2-オクタンジオール
1,2-オクタンジオール
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、1,2-オクタンジオールの効果や安全性について解説します。
→ 1,2-オクタンジオール詳細ページ

1,2-ヘキサンジオール
1,2-ヘキサンジオール
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、1,2-ヘキサンジオールの効果や安全性について解説します。
→ 1,2-ヘキサンジオール詳細ページ

1,2-ペンタンジオール
1,2-ペンタンジオール
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、1,2-ペンタンジオールの効果や安全性について解説します。
→ 1,2-ペンタンジオール詳細ページ

1,3-ブチレングリコール
1,3-ブチレングリコール
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤、植物エキスの抽出溶媒目的で化粧品に配合される成分、1,3-ブチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ 1,3-ブチレングリコール詳細ページ

2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液
2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液
保湿 帯電防止 ヘアコンディショニング 毛髪保護
水分保持能および経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用、帯電防止、水分量増加によるヘアコンディショニング作用、毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液の効果や安全性について解説します。
→ 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液詳細ページ

BG
BG
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤、植物エキスの抽出溶媒目的で化粧品に配合される成分、BGの効果や安全性について解説します。
→ BG詳細ページ

DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
保湿 毛髪保護
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用、きしみ感改善による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液の効果や安全性について解説します。
→ DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液詳細ページ

DPG
DPG
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、DPGの効果や安全性について解説します。
→ DPG詳細ページ

D-マンニット
D-マンニット
保湿成分 安定化成分 退色防止
角質層柔軟化による保湿作用、ビタミン類の安定化、アミノ酸類・ペプチド類の褐色防止目的で化粧品に配合される成分、D-マンニットの効果や安全性について解説します。
→ D-マンニット詳細ページ

DL-アラニン
DL-アラニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、DL-アラニンの効果や安全性について解説します。
→ DL-アラニン詳細ページ

L-アスパラギン酸
L-アスパラギン酸
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-アスパラギン酸の効果や安全性について解説します。
→ L-アスパラギン酸詳細ページ

L-アラニン
L-アラニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-アラニンの効果や安全性について解説します。
→ L-アラニン詳細ページ

L-アルギニン
L-アルギニン
保湿成分 pH調整 毛髪修復成分
角質層水分量増加による保湿作用、塩基性によるpH調整作用、ケン化または中和反応によるセッケン合成作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、L-アルギニンの効果や安全性について解説します。
→ L-アルギニン詳細ページ

L-イソロイシン
L-イソロイシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-イソロイシンの効果や安全性について解説します。
→ L-イソロイシン詳細ページ

L-オキシプロリン
L-オキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 細胞賦活 抗老化成分 色素沈着抑制
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、L-オキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ L-オキシプロリン詳細ページ

L-スレオニン
L-スレオニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-スレオニンの効果や安全性について解説します。
→ L-スレオニン詳細ページ

L-セリン
L-セリン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-セリンの効果や安全性について解説します。
→ L-セリン詳細ページ

L-チロシン
L-チロシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-チロシンの効果や安全性について解説します。
→ L-チロシン詳細ページ

L-バリン
L-バリン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-バリンの効果や安全性について解説します。
→ L-バリン詳細ページ

L-ヒスチジン
L-ヒスチジン
保湿成分 毛髪修復成分
角質層水分量増加による保湿作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、L-ヒスチジンの効果や安全性について解説します。
→ L-ヒスチジン詳細ページ

L-フェニルアラニン
L-フェニルアラニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-フェニルアラニンの効果や安全性について解説します。
→ L-フェニルアラニン詳細ページ

L-プロリン
L-プロリン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-プロリンの効果や安全性について解説します。
→ L-プロリン詳細ページ

L-リジン液
L-リジン液
保湿成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、L-リジン液の効果や安全性について解説します。
→ L-リジン液詳細ページ

L-ロイシン
L-ロイシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、L-ロイシンの効果や安全性について解説します。
→ L-ロイシン詳細ページ

N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン
N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 抗アレルギー 抗老化成分
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、Ⅰ型アレルギーによって生じる浮腫抑制による抗アレルギー作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン詳細ページ

N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン
N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン
バリア改善
セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシンの効果や安全性について解説します。
→ N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン詳細ページ

N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
バリア改善成分 保湿成分
疑似細胞間脂質補充によるバリア機能改善作用、水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミドの効果や安全性について解説します。
→ N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド詳細ページ

PCA-Na
PCA-Na
保湿 毛髪保護
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用、きしみ感改善による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、PCA-Naの効果や安全性について解説します。
→ PCA-Na詳細ページ

PEG
PEG
ベース成分 保湿 増粘
皮表柔軟化による保湿作用保湿作用、増粘目的で化粧品に配合される成分、PEGの効果や安全性について解説します。
→ PEG詳細ページ

PG
PG
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤 透明化
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、グラム陰性菌の一種である大腸菌の抗菌による製品安定化剤、色素および香料の溶剤、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、PGの効果や安全性について解説します。
→ PG詳細ページ

γ-アミノ酪酸
γ-アミノ酪酸
細胞賦活 バリア改善 保湿
表皮細胞増殖作用、インボルクリン産生促進作用によるバリア機能改善作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、γ-アミノ酪酸の効果や安全性について解説します。
→ γ-アミノ酪酸詳細ページ

アシタバエキス
アシタバエキス
保湿 血行促進
皮表柔軟化による保湿作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバエキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバエキス詳細ページ

アシタバ葉/茎エキス
アシタバ葉/茎エキス
保湿 血行促進
皮表柔軟化による保湿作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバ葉/茎エキス詳細ページ

アスパラガス茎エキス
アスパラガス茎エキス
保湿 色素沈着抑制
角層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アスパラガス茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アスパラガス茎エキス詳細ページ

アスパラギン酸
アスパラギン酸
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、アスパラギン酸の効果や安全性について解説します。
→ アスパラギン酸詳細ページ

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
保湿成分
角質層柔軟化、水分保持および皮表水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム詳細ページ

アセチルヒアルロン酸Na
アセチルヒアルロン酸Na
保湿成分
角質層柔軟化、水分保持および皮表水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アセチルヒアルロン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ アセチルヒアルロン酸Na詳細ページ

アセチルヒドロキシプロリン
アセチルヒドロキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 抗アレルギー 抗老化成分
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、Ⅰ型アレルギーによって生じる浮腫抑制による抗アレルギー作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、アセチルヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ アセチルヒドロキシプロリン詳細ページ

アミノ酪酸
アミノ酪酸
細胞賦活 バリア改善 保湿
表皮細胞増殖作用、インボルクリン産生促進作用によるバリア機能改善作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アミノ酪酸の効果や安全性について解説します。
→ アミノ酪酸詳細ページ

アラニン
アラニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、アラニンの効果や安全性について解説します。
→ アラニン詳細ページ

アルカリゲネス産生多糖体
アルカリゲネス産生多糖体
保湿 増粘 安定化成分 乳化
皮表柔軟化による保湿作用、増粘、乳化安定化、三層乳化による乳化目的で化粧品に配合される成分、アルカリゲネス産生多糖体の効果や安全性について解説します。
→ アルカリゲネス産生多糖体詳細ページ

アルギニン
アルギニン
保湿成分 pH調整 毛髪修復成分
角質層水分量増加による保湿作用、塩基性によるpH調整作用、ケン化または中和反応によるセッケン合成作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、アルギニンの効果や安全性について解説します。
→ アルギニン詳細ページ

アルテアエキス
アルテアエキス
保湿 ヘアコンディショニング 消臭
皮表柔軟化による保湿作用、ヘアコンディショニング作用、アルカリホスファターゼ活性阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アルテアエキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテアエキス詳細ページ

アルテア根エキス
アルテア根エキス
保湿 ヘアコンディショニング 消臭
皮表柔軟化による保湿作用、ヘアコンディショニング作用、アルカリホスファターゼ活性阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、アルテア根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アルテア根エキス詳細ページ

アロエ液汁
アロエ液汁
保湿 色素沈着抑制 抗炎症
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、色素沈着抑制作用、紅斑抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、アロエ液汁の効果や安全性について解説します。
→ アロエ液汁詳細ページ

アロエエキス(2)
アロエエキス(2)
保湿成分
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アロエエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ アロエエキス(2)詳細ページ

アロエベラ液汁
アロエベラ液汁
保湿 色素沈着抑制 抗炎症
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、色素沈着抑制作用、紅斑抑制による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、アロエベラ液汁の効果や安全性について解説します。
→ アロエベラ液汁詳細ページ

アロエベラ葉エキス
アロエベラ葉エキス
保湿成分
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、アロエベラ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ アロエベラ葉エキス詳細ページ

アンズ種子エキス
アンズ種子エキス
保湿成分 バリア改善 色素沈着抑制 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、チロシナーゼ活性阻害およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、アンドロステノン生成抑制による男性体臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、アンズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ アンズ種子エキス詳細ページ

イザヨイバラエキス
イザヨイバラエキス
抗炎症成分 保湿成分 バリア改善 抗菌成分
DAMPs活性阻害による抗炎症作用、セラミド合成促進による保湿・バリア改善作用、黄色ブドウ球菌、緑濃菌、大腸菌、カンジダおよび黒コウジカビ発育抑制による抗菌作用目的で化粧品に配合される成分、イザヨイバラエキスの効果や安全性について解説します。
→ イザヨイバラエキス詳細ページ

イソロイシン
イソロイシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、イソロイシンの効果や安全性について解説します。
→ イソロイシン詳細ページ

ウスバサイシン根茎/根エキス
ウスバサイシン根茎/根エキス
抗酸化成分 保湿 バリア改善
グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成およびインボルクリン発現促進によるバリア改善作用目的などで化粧品に配合される成分、ウスバサイシン根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ウスバサイシン根茎/根エキス詳細ページ

エイジツエキス
エイジツエキス
保湿 抗アレルギー
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、エイジツエキスの効果や安全性について解説します。
→ エイジツエキス詳細ページ

エクトイン
エクトイン
保湿 細胞賦活
水分保持による保湿作用、HSP(ヒートショックプロテイン)形成速度促進による細胞保護作用目的で化粧品に配合される成分、エクトインの効果や安全性について解説します。
→ エクトイン詳細ページ

エチルヘキシルグリセリン
エチルヘキシルグリセリン
ベース成分 保湿 防腐 消臭
角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用、製品自体の抗菌・防腐作用、腋臭菌増殖抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、エチルヘキシルグリセリンの効果や安全性について解説します。
→ エチルヘキシルグリセリン詳細ページ

塩酸L-ヒスチジン
塩酸L-ヒスチジン
保湿 毛髪修復
角質層水分量増加による保湿作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で配合される成分、塩酸L-ヒスチジンの効果や安全性について解説します。
→ 塩酸L-ヒスチジン詳細ページ

塩酸リジン
塩酸リジン
保湿 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、塩酸リジンの効果や安全性について解説します。
→ 塩酸リジン詳細ページ

オクラエキス
オクラエキス
保湿 抗老化
角質層水分量増加による保湿作用、ヒアルロン酸合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、オクラエキスの効果や安全性について解説します。
→ オクラエキス詳細ページ

オクラ果実エキス
オクラ果実エキス
保湿 抗老化
角質層水分量増加による保湿作用、ヒアルロン酸合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、オクラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ オクラ果実エキス詳細ページ

オタネニンジン根エキス
オタネニンジン根エキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、オタネニンジン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オタネニンジン根エキス詳細ページ

オレンジエキス
オレンジエキス
保湿
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オレンジエキスの効果や安全性について解説します。
→ オレンジエキス詳細ページ

オレンジ果実エキス
オレンジ果実エキス
保湿
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、オレンジ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ オレンジ果実エキス詳細ページ

温泉水
温泉水
ベース 保湿 バリア改善
角化促進によるバリア機能改善・保湿作用目的で化粧品に配合される成分、温泉水の効果や安全性について解説します。
→ 温泉水詳細ページ

海塩
海塩
保湿 スクラブ
保湿作用、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、海塩の効果や安全性について解説します。
→ 海塩詳細ページ

海水
海水
保湿成分
保湿作用目的で化粧品に配合される成分、海水の効果や安全性について解説します。
→ 海水詳細ページ

海水乾燥物
海水乾燥物
保湿 スクラブ
保湿作用、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、海水乾燥物の効果や安全性について解説します。
→ 海水乾燥物詳細ページ

海水乾燥物(2)
海水乾燥物(2)
保湿 スクラブ
保湿作用、スクラブ目的で化粧品に配合される成分、海水乾燥物(2)の効果や安全性について解説します。
→ 海水乾燥物(2)詳細ページ

加水分解エラスチン
加水分解エラスチン
保湿成分 効果促進成分
保湿作用、植物エキス、保湿成分および抗酸化成分の効果発揮作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解エラスチンの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解エラスチン詳細ページ

加水分解ケラチン(羊毛)
加水分解ケラチン(羊毛)
保湿成分 毛髪保護成分 毛髪修復成分
毛髪柔軟化による保湿作用、毛髪保護作用、毛髪修復作用目的で配合される成分、加水分解ケラチン(羊毛)の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解ケラチン(羊毛)詳細ページ

加水分解ケラチン液
加水分解ケラチン液
保湿成分 毛髪保護成分 毛髪修復成分
毛髪柔軟化による保湿作用、毛髪保護作用、毛髪修復作用目的で配合される成分、加水分解ケラチン液の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解ケラチン液詳細ページ

加水分解コラーゲン
加水分解コラーゲン
保湿成分 抗老化成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲンおよびヒアルロン酸産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コラーゲンの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コラーゲン詳細ページ

加水分解コラーゲン液
加水分解コラーゲン液
保湿成分 抗老化成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲンおよびヒアルロン酸産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コラーゲン液の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コラーゲン液詳細ページ

加水分解コラーゲン液(4)
加水分解コラーゲン液(4)
保湿成分 抗老化成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲンおよびヒアルロン酸産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コラーゲン液(4)の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コラーゲン液(4)詳細ページ

加水分解コラーゲン末
加水分解コラーゲン末
保湿成分 抗老化成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲンおよびヒアルロン酸産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コラーゲン末の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コラーゲン末詳細ページ

加水分解コンキオリン
加水分解コンキオリン
保湿成分 細胞賦活 抗老化成分 乳化 色素沈着抑制
皮表水分量増加による保湿作用、DNA損傷抑制による細胞賦活作用、エラスターゼ活性抑制および線維芽細胞損傷抑制による抗老化作用、乳化作用、Pmel17発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリンの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コンキオリン詳細ページ

加水分解コンキオリン液
加水分解コンキオリン液
保湿成分 細胞賦活 抗老化成分 乳化 色素沈着抑制
皮表水分量増加による保湿作用、DNA損傷抑制による細胞賦活作用、エラスターゼ活性抑制および線維芽細胞損傷抑制による抗老化作用、乳化作用、Pmel17発現抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解コンキオリン液の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解コンキオリン液詳細ページ

加水分解シルク
加水分解シルク
保湿成分 バリア改善成分 付着
緻密な皮膜性を有する保湿作用、表皮細胞の情報伝達正常化によるバリア改善作用、まつ毛への付着目的で化粧品に配合される成分、加水分解シルクの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解シルク詳細ページ

加水分解シルク液
加水分解シルク液
保湿成分 バリア改善成分 付着
緻密な皮膜性を有する保湿作用、表皮細胞の情報伝達正常化によるバリア改善作用、まつ毛への付着目的で化粧品に配合される成分、加水分解シルク液の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解シルク液詳細ページ

加水分解シルク末
加水分解シルク末
保湿成分 バリア改善成分 付着
緻密な皮膜性を有する保湿作用、表皮細胞の情報伝達正常化によるバリア改善作用、まつ毛への付着目的で化粧品に配合される成分、加水分解シルク末の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解シルク末詳細ページ

加水分解シルク末
加水分解シルク末
保湿成分 抗酸化成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加およびバリア保護による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で配合される成分、加水分解シルク末の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解シルク末詳細ページ

加水分解水添デンプン
加水分解水添デンプン
保湿成分 毛髪修復成分 泡質改善
乾燥における皮表細胞・細胞膜保護による保湿作用、キューティクルの損傷改善による毛髪修復作用、泡立ち改善作用目的でグリコシルトレハロースと混合して化粧品に配合される成分、加水分解水添デンプンの効果や安全性について解説します。
→ 加水分解水添デンプン詳細ページ

加水分解ヒアルロン酸
加水分解ヒアルロン酸
保湿成分
角質層水分量増加および水分量保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解ヒアルロン酸の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解ヒアルロン酸詳細ページ

加水分解卵殻膜
加水分解卵殻膜
保湿成分 抗老化成分
角質層水分量増加による保湿作用、皮膚弾力改善による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解卵殻膜の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解卵殻膜詳細ページ

加水分解卵白
加水分解卵白
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、加水分解卵白の効果や安全性について解説します。
→ 加水分解卵白詳細ページ

カッコンエキス
カッコンエキス
色素沈着抑制 保湿 バリア改善 抗老化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、カッコンエキスの効果や安全性について解説します。
→ カッコンエキス詳細ページ

カプリリルグリコール
カプリリルグリコール
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、カプリリルグリコールの効果や安全性について解説します。
→ カプリリルグリコール詳細ページ

カリンエキス
カリンエキス
保湿 抗炎症
皮表柔軟化による保湿作用、リパーゼ阻害による抗炎症作用目的で化粧品に配合される成分、カリンエキスの効果や安全性について解説します。
→ カリンエキス詳細ページ

キイチゴエキス
キイチゴエキス
抗アレルギー 保湿 色素沈着抑制 抗老化
ヒスタミン遊離抑制およびヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、キイチゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ キイチゴエキス詳細ページ

キウイエキス
キウイエキス
保湿 色素沈着抑制
皮表柔軟化による保湿作用、基底細胞のメラニン排出促進による色素沈着抑制目的で化粧品に配合される成分、キウイエキスの効果や安全性について解説します。
→ キウイエキス詳細ページ

キシリット
キシリット
保湿成分 ベース成分
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、キシリットの効果や安全性について解説します。
→ キシリット詳細ページ

キシリトール
キシリトール
保湿成分 ベース成分
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、キシリトールの効果や安全性について解説します。
→ キシリトール詳細ページ

キューカンバーエキス(1)
キューカンバーエキス(1)
保湿成分
角質水分量増加による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、キューカンバーエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ キューカンバーエキス(1)詳細ページ

キュウリ果実エキス
キュウリ果実エキス
保湿成分
角質水分量増加による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、キュウリ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ キュウリ果実エキス詳細ページ

キョウニンエキス
キョウニンエキス
保湿成分 バリア改善 色素沈着抑制 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、チロシナーゼ活性阻害およびデンドライト伸長抑制による色素沈着抑制作用、アンドロステノン生成抑制による男性体臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、キョウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ キョウニンエキス詳細ページ

クズ根エキス
クズ根エキス
色素沈着抑制 保湿 バリア改善 抗老化
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、皮表柔軟化による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、クズ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クズ根エキス詳細ページ

クチナシエキス
クチナシエキス
保湿 抗老化 着色
角質層水分量増加による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、黄色の着色目的などで化粧品に配合される成分、クチナシエキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシエキス詳細ページ

クチナシ果実エキス
クチナシ果実エキス
保湿 抗老化 着色
角質層水分量増加による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、黄色の着色目的などで化粧品に配合される成分、クチナシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ クチナシ果実エキス詳細ページ

グリコシルトレハロース
グリコシルトレハロース
保湿成分 毛髪修復成分 泡質改善
乾燥における皮表細胞・細胞膜保護による保湿作用、キューティクルの損傷改善による毛髪修復作用、泡立ち改善作用目的で化粧品に配合される成分、グリコシルトレハロースの効果や安全性について解説します。
→ グリコシルトレハロース詳細ページ

グリシン
グリシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、グリシンの効果や安全性について解説します。
→ グリシン詳細ページ

グリセリン
グリセリン
保湿成分 ベース成分 バリア改善成分 温感 透明化
角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL回復促進によるバリア改善作用、温感作用、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、グリセリンの効果や安全性について解説します。
→ グリセリン詳細ページ

グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル
ベース成分 保湿 防腐 消臭
角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用、製品自体の抗菌・防腐作用、腋臭菌増殖抑制による消臭作用目的で化粧品に配合される成分、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル詳細ページ

グルコース
グルコース
保湿成分 バリア改善成分 結合
角質層柔軟化による保湿作用、ラメラ構造形成促進による保湿・バリア改善作用、粉体の結合剤目的で化粧品に配合される成分、グルコースの効果や安全性について解説します。
→ グルコース詳細ページ

グルタミン
グルタミン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、グルタミンの効果や安全性について解説します。
→ グルタミン詳細ページ

グルタミン酸
グルタミン酸
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、グルタミン酸の効果や安全性について解説します。
→ グルタミン酸詳細ページ

グルタミン酸Na
グルタミン酸Na
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、グルタミン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ グルタミン酸Na詳細ページ

グレープフルーツエキス
グレープフルーツエキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、グレープフルーツエキスの効果や安全性について解説します。
→ グレープフルーツエキス詳細ページ

グレープフルーツ果実エキス
グレープフルーツ果実エキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、グレープフルーツ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ グレープフルーツ果実エキス詳細ページ

クロレラエキス
クロレラエキス
保湿 細胞賦活
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、クロレラエキスの効果や安全性について解説します。
→ クロレラエキス詳細ページ

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス詳細ページ

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス詳細ページ

米エキスNo.11
米エキスNo.11
バリア改善成分 保湿成分
セラミド産生増加によるバリア機能改善作用、水分保持能による保湿作用目的で医薬部外品(薬用化粧品)に配合される成分、米エキスNo.11の効果や安全性について解説します。
→ 米エキスNo.11詳細ページ

コメヌカエキス
コメヌカエキス
保湿成分 抗酸化成分
皮表柔軟化および角層水分量増加による保湿作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的などで化粧品に配合される成分、コメヌカエキスの効果や安全性について解説します。
→ コメヌカエキス詳細ページ

コラーゲン・トリペプチド F
コラーゲン・トリペプチド F
保湿成分 抗老化成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、コラーゲンおよびヒアルロン酸産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、コラーゲン・トリペプチド Fの効果や安全性について解説します。
→ コラーゲン・トリペプチド F詳細ページ

コンドロイチン硫酸Na
コンドロイチン硫酸Na
保湿成分
皮表水分量増加および経表皮水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、コンドロイチン硫酸Naの効果や安全性について解説します。
→ コンドロイチン硫酸Na詳細ページ

コンドロイチン硫酸ナトリウム
コンドロイチン硫酸ナトリウム
保湿成分
皮表水分量増加および経表皮水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、コンドロイチン硫酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ コンドロイチン硫酸ナトリウム詳細ページ

サイシンエキス
サイシンエキス
抗酸化成分 保湿 バリア改善
グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用、フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成およびインボルクリン発現促進によるバリア改善作用目的などで化粧品に配合される成分、サイシンエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイシンエキス詳細ページ

サイタイエキス
サイタイエキス
保湿 細胞賦活
皮表柔軟化による保湿作用、上皮細胞増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、サイタイエキスの効果や安全性について解説します。
→ サイタイエキス詳細ページ

サイタイ抽出液
サイタイ抽出液
保湿 細胞賦活
皮表柔軟化による保湿作用、上皮細胞増殖による細胞賦活作用目的で化粧品に配合される成分、サイタイ抽出液の効果や安全性について解説します。
→ サイタイ抽出液詳細ページ

サクシノイルアテロコラーゲン
サクシノイルアテロコラーゲン
保湿成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、サクシノイルアテロコラーゲンの効果や安全性について解説します。
→ サクシノイルアテロコラーゲン詳細ページ

サクシノイルアテロコラーゲン液
サクシノイルアテロコラーゲン液
保湿成分
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、サクシノイルアテロコラーゲン液の効果や安全性について解説します。
→ サクシノイルアテロコラーゲン液詳細ページ

サンザシエキス
サンザシエキス
保湿 色素沈着抑制
皮表柔軟化による保湿作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、サンザシエキスの効果や安全性について解説します。
→ サンザシエキス詳細ページ

ジグリセリン
ジグリセリン
ベース成分 保湿成分
角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ジグリセリンの効果や安全性について解説します。
→ ジグリセリン詳細ページ

ジプロピレングリコール
ジプロピレングリコール
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL抑制によるバリア改善作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、ジプロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ジプロピレングリコール詳細ページ

シラカンバ樹液
シラカンバ樹液
保湿 ベース成分
角質層柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、シラカンバ樹液の効果や安全性について解説します。
→ シラカンバ樹液詳細ページ

シロキクラゲ多糖体
シロキクラゲ多糖体
保湿 泡質改善
角質層水分量増加およびフィラグリン酸産生促進による保湿作用、泡立ち改善作用目的などで化粧品に配合される成分、シロキクラゲ多糖体の効果や安全性について解説します。
→ シロキクラゲ多糖体詳細ページ

スイカズラエキス
スイカズラエキス
保湿 バリア改善 角栓形成抑制
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、GATA3発現抑制およびカテプシンⅤ活性促進による角栓形成抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、スイカズラエキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラエキス詳細ページ

スイカズラ花エキス
スイカズラ花エキス
保湿 バリア改善 角栓形成抑制
フィラグリン産生促進による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、GATA3発現抑制およびカテプシンⅤ活性促進による角栓形成抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、スイカズラ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ スイカズラ花エキス詳細ページ

スイゼンジノリ多糖体
スイゼンジノリ多糖体
保湿 増粘
皮表柔軟化および経表皮水分蒸散抑制による保湿作用、親水性増粘目的で化粧品に配合される成分、スイゼンジノリ多糖体の効果や安全性について解説します。
→ スイゼンジノリ多糖体詳細ページ

水溶性コラーゲン
水溶性コラーゲン
保湿成分 刺激緩和
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、ラウリル硫酸Naに対する刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、水溶性コラーゲンの効果や安全性について解説します。
→ 水溶性コラーゲン詳細ページ

水溶性コラーゲン(1)
水溶性コラーゲン(1)
保湿成分 刺激緩和
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、ラウリル硫酸Naに対する刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、水溶性コラーゲン(1)の効果や安全性について解説します。
→ 水溶性コラーゲン(1)詳細ページ

水溶性コラーゲン(3)
水溶性コラーゲン(3)
保湿成分 刺激緩和
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、ラウリル硫酸Naに対する刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、水溶性コラーゲン(3)の効果や安全性について解説します。
→ 水溶性コラーゲン(3)詳細ページ

水溶性コラーゲン(4)
水溶性コラーゲン(4)
保湿成分 刺激緩和
水分蒸散抑制および水分保持による保湿作用、ラウリル硫酸Naに対する刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、水溶性コラーゲン(4)の効果や安全性について解説します。
→ 水溶性コラーゲン(4)詳細ページ

水溶性プロテオグリカン
水溶性プロテオグリカン
保湿成分
経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、水溶性プロテオグリカンの効果や安全性について解説します。
→ 水溶性プロテオグリカン詳細ページ

スギナエキス
スギナエキス
保湿 色素沈着抑制 抗白髪成分
皮膚柔軟化による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、メラニン生成促進による抗白髪作用目的などで化粧品に配合される成分、スギナエキスの効果や安全性について解説します。
→ スギナエキス詳細ページ

スクロース
スクロース
保湿成分 ベース 透明化 スクラブ
角質層柔軟化による保湿作用、石鹸の透明化、スクラブ感付与目的で化粧品に配合される成分、スクロースの効果や安全性について解説します。
→ スクロース詳細ページ

セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド
バリア改善成分 保湿成分
疑似細胞間脂質補充によるバリア機能改善作用、水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドの効果や安全性について解説します。
→ セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド詳細ページ

ゼニアオイエキス
ゼニアオイエキス
保湿
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ゼニアオイエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゼニアオイエキス詳細ページ

ゼニアオイ花エキス
ゼニアオイ花エキス
保湿
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ゼニアオイ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゼニアオイ花エキス詳細ページ

セラミド2
セラミド2
バリア改善
セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミド2の効果や安全性について解説します。
→ セラミド2詳細ページ

セラミド5
セラミド5
バリア改善 保湿 毛髪修復
セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミド5の効果や安全性について解説します。
→ セラミド5詳細ページ

セラミドAG
セラミドAG
バリア改善 保湿 毛髪修復
セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミドAGの効果や安全性について解説します。
→ セラミドAG詳細ページ

セラミドNG
セラミドNG
バリア改善
セラミド補強によるバリア改善作用、細胞間脂質における水分保持強化による保湿作用、毛髪強度およびキューティクル改善作用目的で化粧品に配合される成分、セラミドNGの効果や安全性について解説します。
→ セラミドNG詳細ページ

セリシン
セリシン
保湿成分 抗酸化成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加およびバリア保護による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用目的で配合される成分、セリシンの効果や安全性について解説します。
→ セリシン詳細ページ

セリン
セリン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、セリンの効果や安全性について解説します。
→ セリン詳細ページ

ソルビット液
ソルビット液
保湿成分 ベース成分 透明化
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、ソルビット液の効果や安全性について解説します。
→ ソルビット液詳細ページ

ソルビトール
ソルビトール
保湿成分 ベース成分 透明化
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、ソルビトールの効果や安全性について解説します。
→ ソルビトール詳細ページ

ダイズエキス
ダイズエキス
保湿 色素沈着抑制 抗老化 皮脂抑制 抑毛
角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズエキス詳細ページ

ダイズ種子エキス
ダイズ種子エキス
保湿 色素沈着抑制 抗老化 皮脂抑制 抑毛
角質層水分量増加による保湿作用、チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、コラーゲン合成促進による抗老化作用、皮脂腺抑制による皮脂抑制作用、休止期延長による抑毛作用目的で化粧品に配合される成分、ダイズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ダイズ種子エキス詳細ページ

大豆リン脂質
大豆リン脂質
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、大豆リン脂質の効果や安全性について解説します。
→ 大豆リン脂質詳細ページ

タウリン
タウリン
保湿 バリア改善
角質層の水分増加による保湿作用、細胞間脂質合成促進によるバリア機能改善作用、表皮ケラチノサイトの浸透圧調整による保湿作用目的で配合される成分、タウリンの効果や安全性について解説します。
→ タウリン詳細ページ

炭酸水素Na
炭酸水素Na
pH調整 血行促進成分 保湿
弱塩基性によるpH調整、炭酸ガスによる血行促進作用、皮膚柔軟化および保湿作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素Naの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素Na詳細ページ

炭酸水素ナトリウム
炭酸水素ナトリウム
pH調整 血行促進成分 保湿
弱塩基性によるpH調整、炭酸ガスによる血行促進作用、皮膚柔軟化および保湿作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素ナトリウム詳細ページ

チューベロース多糖体
チューベロース多糖体
保湿成分
角質層保護および皮膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、チューベロース多糖体の効果や安全性について解説します。
→ チューベロース多糖体詳細ページ

チューベロースポリサッカライド液
チューベロースポリサッカライド液
保湿成分
角質層保護および皮膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、チューベロースポリサッカライド液の効果や安全性について解説します。
→ チューベロースポリサッカライド液詳細ページ

チロシン
チロシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、チロシンの効果や安全性について解説します。
→ チロシン詳細ページ

デキストラン
デキストラン
安定化成分 賦形 保湿成分
ペプチド類の安定化、賦形、水分増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、デキストランの効果や安全性について解説します。
→ デキストラン詳細ページ

デキストラン40
デキストラン40
安定化成分 賦形 保湿成分
ペプチド類の安定化、賦形、水分増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、デキストラン40の効果や安全性について解説します。
→ デキストラン40詳細ページ

テンチャエキス
テンチャエキス
保湿 消臭
皮表柔軟化およびフィラグリン産生促進による保湿作用、ノネナール産生抑制による加齢臭抑制作用目的などで化粧品に配合される成分、テンチャエキスの効果や安全性について解説します。
→ テンチャエキス詳細ページ

トウキエキス(1)
トウキエキス(1)
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ トウキエキス(1)詳細ページ

トウキ根エキス
トウキ根エキス
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキ根エキス詳細ページ

トウニンエキス
トウニンエキス
保湿
フィラグリン産生促進による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、トウニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウニンエキス詳細ページ

トウモロコシエキス
トウモロコシエキス
保湿成分 細胞賦活 抗酸化成分 抗シワ成分
皮膚コンディショニング、ATP産生促進による細胞賦活作用、フリーラジカル補足による過酸化脂質抑制作用、フィブロネクチン生成促進による抗シワ作用などの目的で化粧品に配合される成分、トウモロコシエキスの効果や安全性について解説します。
→ トウモロコシエキス詳細ページ

トマトエキス
トマトエキス
保湿 抗酸化
皮表柔軟化による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、トマトエキスの効果や安全性について解説します。
→ トマトエキス詳細ページ

トマト果実エキス
トマト果実エキス
保湿 抗酸化
皮表柔軟化による保湿作用、過酸化脂質抑制による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、トマト果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ トマト果実エキス詳細ページ

トリメチルグリシン
トリメチルグリシン
保湿成分 帯電防止
角層柔軟化、角層水分量増加および水分保持能による保湿作用、帯電防止作用目的で化粧品に配合される成分、トリメチルグリシンの効果や安全性について解説します。
→ トリメチルグリシン詳細ページ

トレオニン
トレオニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、トレオニンの効果や安全性について解説します。
→ トレオニン詳細ページ

トレハロース
トレハロース
保湿成分 感触改良
乾燥における皮表細胞・細胞膜保護による保湿作用、粉末メイクアップ化粧品における保湿作用、感触改良剤目的で化粧品に配合される成分、トレハロースの効果や安全性について解説します。
→ トレハロース詳細ページ

トレハロース液
トレハロース液
保湿成分 感触改良
乾燥における皮表細胞・細胞膜保護による保湿作用、粉末メイクアップ化粧品における保湿作用、感触改良剤目的で化粧品に配合される成分、トレハロース液の効果や安全性について解説します。
→ トレハロース液詳細ページ

乳酸Na
乳酸Na
保湿成分
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、乳酸Naの効果や安全性ついて解説します。
→ 乳酸Na詳細ページ

乳酸ナトリウム液
乳酸ナトリウム液
保湿成分
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、乳酸ナトリウム液の効果や安全性ついて解説します。
→ 乳酸ナトリウム液詳細ページ

乳糖
乳糖
保湿成分 ベース スクラブ
角質層柔軟化による保湿作用、スクラブ感付与目的で化粧品に配合される成分、乳糖の効果や安全性について解説します。
→ 乳糖詳細ページ

尿素
尿素
保湿 浸透
水分量増加および柔軟持続性向上による保湿作用、浸透による染毛促進目的で化粧品に配合される成分、尿素の効果や安全性について解説します。
→ 尿素詳細ページ

ニンジンエキス
ニンジンエキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、ニンジンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンジンエキス詳細ページ

ニンニクエキス
ニンニクエキス
血行促進 保湿
血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニクエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニクエキス詳細ページ

ニンニク根エキス
ニンニク根エキス
血行促進 保湿
血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニク根エキス詳細ページ

ノイバラ果実エキス
ノイバラ果実エキス
保湿 抗アレルギー
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用目的で化粧品に配合される成分、ノイバラ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ノイバラ果実エキス詳細ページ

濃グリセリン
濃グリセリン
保湿成分 ベース成分 バリア改善成分 温感 透明化
角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用、TEWL回復促進によるバリア改善作用、温感作用、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、濃グリセリンの効果や安全性について解説します。
→ 濃グリセリン詳細ページ

白糖
白糖
保湿成分 ベース 透明化 スクラブ
角質層柔軟化による保湿作用、石鹸の透明化、スクラブ感付与目的で化粧品に配合される成分、白糖の効果や安全性について解説します。
→ 白糖詳細ページ

パセリエキス
パセリエキス
保湿成分 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、SOD活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、パセリエキスの効果や安全性について解説します。
→ パセリエキス詳細ページ

パセリエキス(1)
パセリエキス(1)
保湿成分 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、SOD活性による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、パセリエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ パセリエキス(1)詳細ページ

ハトムギ種子エキス
ハトムギ種子エキス
保湿 抗アレルギー 細胞賦活 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、イソ吉草酸抑制による体臭・頭皮臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ハトムギ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ハトムギ種子エキス詳細ページ

ハチミツ
ハチミツ
ベース成分 保湿成分 泡質改善
皮表柔軟化による保湿作用、泡立ち改良目的で化粧品に配合される成分、ハチミツの効果や安全性について解説します。
→ ハチミツ詳細ページ

バリン
バリン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、バリンの効果や安全性について解説します。
→ バリン詳細ページ

ヒアルロン酸Na
ヒアルロン酸Na
保湿成分
皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヒアルロン酸Naの効果や安全性について解説します。
→ ヒアルロン酸Na詳細ページ

ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸ナトリウム
保湿成分
皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヒアルロン酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ ヒアルロン酸ナトリウム詳細ページ

ビオチン
ビオチン
保湿成分
保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ビオチンの効果や安全性について解説します。
→ ビオチン詳細ページ

ヒスチジン
ヒスチジン
保湿成分 毛髪修復成分
角質層水分量増加による保湿作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で化粧品に配合される成分、ヒスチジンの効果や安全性について解説します。
→ ヒスチジン詳細ページ

ヒスチジンHCl
ヒスチジンHCl
保湿 毛髪修復
角質層水分量増加による保湿作用、パサつき抑制による毛髪修復作用目的で配合される成分、ヒスチジンHClの効果や安全性について解説します。
→ ヒスチジンHCl詳細ページ

ヒドロキシプロリン
ヒドロキシプロリン
保湿成分 バリア改善成分 細胞賦活 抗老化成分 色素沈着抑制
表皮水分保持機能向上による保湿作用、セラミド合成促進によるバリア改善作用、表皮細胞増殖促進による細胞賦活作用、線維芽細胞のコラーゲン合成促進による抗老化作用、メラニン生成抑制による色素沈着抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ヒドロキシプロリンの効果や安全性について解説します。
→ ヒドロキシプロリン詳細ページ

フェニルアラニン
フェニルアラニン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、フェニルアラニンの効果や安全性について解説します。
→ フェニルアラニン詳細ページ

ブクリョウエキス
ブクリョウエキス
保湿成分
角質水分量増加による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、ブクリョウエキスの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ ブクリョウエキス詳細ページ

ブドウ糖
ブドウ糖
保湿成分 バリア改善成分 結合
角質層柔軟化による保湿作用、ラメラ構造形成促進による保湿・バリア改善作用、粉体の結合剤目的で化粧品に配合される成分、ブドウ糖の効果や安全性について解説します。
→ ブドウ糖詳細ページ

ブナエキス
ブナエキス
抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
Ⅳ型コラーゲンおよびⅦ型コラーゲン産生促進による抗シワ作用、フィラグリン産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ブナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ブナエキス詳細ページ

プラセンタエキス
プラセンタエキス
色素沈着抑制 保湿
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキスの効果や安全性について解説します。
→ プラセンタエキス詳細ページ

プラセンタエキス(1)
プラセンタエキス(1)
色素沈着抑制 保湿
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ プラセンタエキス(1)詳細ページ

プラセンタエキス(2)
プラセンタエキス(2)
色素沈着抑制 保湿
チロシナーゼ活性阻害およびメラニン生成抑制による色素沈着抑制作用、角層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プラセンタエキス(2)の効果や安全性について解説します。
→ プラセンタエキス(2)詳細ページ

プロパンジオール
プロパンジオール
ベース成分 保湿成分 防腐
角層水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、プロパンジオールの効果や安全性について解説します。
→ プロパンジオール詳細ページ

プロピレングリコール
プロピレングリコール
ベース成分 保湿成分 防腐 溶剤 透明化
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、グラム陰性菌の一種である大腸菌の抗菌による製品安定化剤、色素および香料の溶剤、石鹸の透明化目的で化粧品に配合される成分、プロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ プロピレングリコール詳細ページ

プロポリスエキス
プロポリスエキス
保湿成分
保湿作用目的で化粧品に配合される成分、プロポリスエキスの効果や安全性について解説します。
→ プロポリスエキス詳細ページ

プロリン
プロリン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、プロリンの効果や安全性について解説します。
→ プロリン詳細ページ

ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
バリア改善成分 保湿成分
疑似細胞間脂質補充によるバリア機能改善作用、水分保持による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドの効果や安全性について解説します。
→ ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド詳細ページ

ベタイン
ベタイン
保湿成分 帯電防止
角層柔軟化、角層水分量増加および水分保持能による保湿作用、帯電防止作用目的で化粧品に配合される成分、ベタインの効果や安全性について解説します。
→ ベタイン詳細ページ

ベニバナエキス(1)
ベニバナエキス(1)
保湿 着色
角質層水分量増加による保湿作用、紅色の着色目的などで化粧品に配合される成分、ベニバナエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ ベニバナエキス(1)詳細ページ

ベニバナ花エキス
ベニバナ花エキス
保湿 着色
角質層水分量増加による保湿作用、紅色の着色目的などで化粧品に配合される成分、ベニバナ花エキスの効果や安全性について解説します。
→ ベニバナ花エキス詳細ページ

ペンチレングリコール
ペンチレングリコール
ベース成分 保湿成分 防腐
皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用、抗菌・防腐による製品安定化剤目的で化粧品に配合される成分、ペンチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ペンチレングリコール詳細ページ

ポリエチレングリコール
ポリエチレングリコール
ベース成分 保湿 増粘
皮表柔軟化による保湿作用保湿作用、増粘目的で化粧品に配合される成分、ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ ポリエチレングリコール詳細ページ

ポリオキシエチレンメチルグルコシド
ポリオキシエチレンメチルグルコシド
保湿成分
皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンメチルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンメチルグルコシド詳細ページ

ポリオキシエチレンメチルグルコシド
ポリオキシエチレンメチルグルコシド
保湿成分
皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンメチルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンメチルグルコシド詳細ページ

ポリクオタニウム-51
ポリクオタニウム-51
保湿 帯電防止 ヘアコンディショニング 毛髪保護
水分保持能および経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用、帯電防止、水分量増加によるヘアコンディショニング作用、毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-51の効果や安全性について解説します。
→ ポリクオタニウム-51詳細ページ

マドンナリリー根エキス
マドンナリリー根エキス
保湿 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、マドンナリリー根エキスの効果や安全性について解説します。
→ マドンナリリー根エキス詳細ページ

マルチトール
マルチトール
保湿成分 ベース
角質層柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、マルチトールの効果や安全性について解説します。
→ マルチトール詳細ページ

マルチトール液
マルチトール液
保湿成分 ベース
角質層柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、マルチトール液の効果や安全性について解説します。
→ マルチトール液詳細ページ

マンニトール
マンニトール
保湿成分 安定化成分 退色防止
角質層柔軟化による保湿作用、ビタミン類の安定化、アミノ酸類・ペプチド類の褐色防止目的で化粧品に配合される成分、マンニトールの効果や安全性について解説します。
→ マンニトール詳細ページ

マンノース
マンノース
保湿成分
角質層柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、マンノースの効果や安全性について解説します。
→ マンノース詳細ページ

メチルグルセス-10
メチルグルセス-10
保湿成分
皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、メチルグルセス-10の効果や安全性について解説します。
→ メチルグルセス-10詳細ページ

メチルグルセス-20
メチルグルセス-20
保湿成分
皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、メチルグルセス-20の効果や安全性について解説します。
→ メチルグルセス-20詳細ページ

モモ種子エキス
モモ種子エキス
保湿
フィラグリン産生促進による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、モモ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ モモ種子エキス詳細ページ

ユズエキス
ユズエキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズエキス詳細ページ

ユズ果実エキス
ユズ果実エキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ果実エキス詳細ページ

ユズ種子エキス
ユズ種子エキス
細胞賦活 保湿 抗老化成分
表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、表皮ヒアルロン酸産生促進による保湿作用、Ⅳ型コラーゲン、Ⅶ型コラーゲンおよびラミニン5産生促進による抗老化作用目的で配合される成分、ユズ種子エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ種子エキス詳細ページ

ユビキノン
ユビキノン
保湿成分
角層水分量増加および経表皮水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ユビキノンの効果や安全性について解説します。
→ ユビキノン詳細ページ

ユビデカレノン
ユビデカレノン
保湿成分
角層水分量増加および経表皮水分蒸散抑制による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ユビデカレノンの効果や安全性について解説します。
→ ユビデカレノン詳細ページ

ユリエキス
ユリエキス
保湿 抗酸化成分
皮表柔軟化による保湿作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、ユリエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユリエキス詳細ページ

ヨーロッパブナ芽エキス
ヨーロッパブナ芽エキス
抗シワ成分 抗老化成分 保湿成分
Ⅳ型コラーゲンおよびⅦ型コラーゲン産生促進による抗シワ作用、フィラグリン産生促進による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ヨーロッパブナ芽エキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨーロッパブナ芽エキス詳細ページ

ヨクイニンエキス
ヨクイニンエキス
保湿 抗アレルギー 細胞賦活 消臭
フィラグリン産生促進による保湿作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、表皮角化細胞増殖促進による細胞賦活作用、イソ吉草酸抑制による体臭・頭皮臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ヨクイニンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ヨクイニンエキス詳細ページ

ライスパワーNo.11
ライスパワーNo.11
バリア改善成分 保湿成分
セラミド産生増加によるバリア機能改善作用、水分保持能による保湿作用目的で医薬部外品(薬用化粧品)に配合される成分、ライスパワーNo.11の効果や安全性について解説します。
→ ライスパワーエキスNo.11詳細ページ

ラフィノース
ラフィノース
保湿成分 バリア改善成分
ラメラ構造形成促進による保湿・バリア改善作用目的で化粧品に配合される成分、ラフィノースの効果や安全性について解説します。
→ ラフィノース詳細ページ

卵黄レシチン
卵黄レシチン
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、卵黄レシチンの効果や安全性について解説します。
→ 卵黄レシチン詳細ページ

リシン
リシン
保湿成分 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、リシンの効果や安全性について解説します。
→ リシン詳細ページ

リシンHCl
リシンHCl
保湿 色素沈着抑制
角質層水分量増加による保湿作用、角質層ケラチンのカルボニル化抑制による角質層透明度保持作用目的で配合される成分、リシンHClの効果や安全性について解説します。
→ リシンHCl詳細ページ

リンゴエキス
リンゴエキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、リンゴエキスの効果や安全性について解説します。
→ リンゴエキス詳細ページ

リンゴ果実エキス
リンゴ果実エキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、リンゴ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ リンゴ果実エキス詳細ページ

レイシ柄エキス
レイシ柄エキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、レイシ柄エキスの効果や安全性について解説します。
→ レイシ柄エキス詳細ページ

レイシエキス
レイシエキス
保湿成分
皮表柔軟化による保湿作用目的などで化粧品に配合される成分、レイシエキスの効果や安全性について解説します。
→ レイシエキス詳細ページ

レシチン
レシチン
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、レシチンの効果や安全性について解説します。
→ レシチン詳細ページ

レンゲソウエキス
レンゲソウエキス
保湿 抗アレルギー 抗老化 抗糖化
角質水分量増加による保湿作用、ヒアルロニダーゼ活性阻害による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、AGEs分解による抗糖化作用目的などで化粧品に配合される成分、レンゲソウエキスの効果や安全性について解説します。
→ レンゲソウエキス詳細ページ

ロイシン
ロイシン
保湿成分
角質層水分量増加による保湿作用目的で配合される成分、ロイシンの効果や安全性について解説します。
→ ロイシン詳細ページ

ローヤルゼリーエキス
ローヤルゼリーエキス
保湿成分 皮脂抑制
角層水分量増加による保湿作用、皮脂腺の脂質合成低下による皮脂抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ローヤルゼリーエキスの効果や安全性について解説します。
→ ローヤルゼリーエキス詳細ページ

TOPへ