グリコシルトレハロースの基本情報・配合目的・安全性

化粧品表示名称 グリコシルトレハロース
化粧品国際的表示名称(INCI名) Glycosyl Trehalose
配合目的 保水乳化安定化起泡補助、ヘアコンディショニング など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される、トレハロース骨格に数個(1-3個)グルコースがα1位と4位で結合(α1,4結合)した構造を含む糖質誘導体(非還元糖)です[1a][2a]

グリコシルトレハロース [ 結合グルコース1個 ]
グリコシルトレハロース
マルトシルトレハロース [ 結合グルコース2個 ]
マルトシルトレハロース
マルトトリオシルトレハロース [ 結合グルコース3個 ]
マルトトリオシルトレハロース

化合物としてのグリコシルトレハロースは、トレハロース骨格に1個のグルコースが結合したものですが、現時点において化粧品表示名称「グリコシルトレハロース」は単一の化合物を指す名称ではなく、グリコシルトレハロース(glycosyl trehalose)、マルトシルトレハロース(maltosyl trehalose)およびマルトトリオシルトレハロース(maltotriosyl trehalose)を含む化合物の通称であり、大部分を占めるのはマルトシルトレハロースであると報告されています[2b]

また、デンプンを出発原料としているため、製造過程で糖アルコールである加水分解水添デンプンも同時に生成されるため、グリコシルトレハロースが配合されている場合は加水分解水添デンプンも併用されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 保水
  • 乳化安定化
  • 泡立ちおよび泡持続性増強
  • ヘアコンディショニング作用

主にこれらの目的でスキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、マスク製品、洗顔料、洗顔石鹸、クレンジング製品、シャンプー製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品、ボディソープ製品、まつ毛美容液、プレスタイリング製品、整髪料、ネイル製品など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 製品自体の保水

製品自体の保水に関しては、グリコシルトレハロースは水分変動を抑制し優れた保水性を有しており、製品中の水分を一定に保持することから、保水や水分変動抑制目的で様々な製品に配合されています[1b][3a]

2.2. 乳化安定化

乳化安定化に関しては、グリコシルトレハロースは乳化剤、多価アルコール類、カルボマーなどの増粘剤(高分子)との相溶性がよく、乳化剤と併用することで乳化剤単体より均質で細かな乳化粒子の調製が可能となり、乳化物の安定性が高まることから、乳化物に配合される場合は乳化安定化剤としての目的も兼ねていると考えられます[1c][3b]

2.3. 泡立ちおよび泡持続性増強

泡立ちおよび泡持続性増強に関しては、2003年に林原生物化学研究所によって報告された洗顔フォームの泡立ちに対するグリコシルトレハロースと加水分解水添デンプン混合物の影響検証によると、

– 泡立ち試験 –

セッケンを主洗浄成分とする洗顔フォームに、ソルビトールグリセリンまたはグリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン混合物をそれぞれ7%配合し、気泡力をロスマイルス(Ross-Miles)法にて比較測定したところ、以下のグラフのように、

各試料を配合した洗顔フォームの気泡力への影響

グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン混合物を配合した洗顔フォームは、ソルビトールまたはグリセリンを配合した洗顔フォームよりも滴下直後での泡立ちが高く、また5分後でもソルビトールを配合した洗顔フォームよりも泡量を維持していた。

このような検証結果が明らかにされており[2c]、グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン混合物に泡立ちおよび泡持続性増強効果が認められています。

2.4. ヘアコンディショニング作用

ヘアコンディショニング作用に関しては、2003年に林原生物化学研究所によって報告された毛髪摩擦およびヒト毛髪に対するグリコシルトレハロースと加水分解水添デンプン混合物の影響検証によると、

– 毛髪摩擦力測定試験 –

健常毛にブリーチ処理を行い作成した損傷毛に、20%グリセリンまたはグリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン混合物を配合したトリートメント1gを塗布し1分間放置したあと毛髪をすすぎ、余剰水分を除去した。

処理した損傷毛を25℃条件下で除湿剤が入ったデシケーターに1日保管した後に平均摩擦係数(∗1)を測定したところ、以下の表のように、

∗1 摩擦とは、触れ合っている物体と物体のうち片方が運動しようとする時または運動している時、その運動を妨げようとする現象のことをいい、摩擦には静止した物体との間にはたらく「静摩擦(静止摩擦)」と互いに対して運動している「動摩擦(運動摩擦)」の2つの領域があります。たとえば斜面上の物体が滑り落ちずにその場に止まることができるのは静止摩擦力のはたらきであり、氷の上を滑るカーリングの石はそれを減速させるような動摩擦力を受けます。毛髪において摩擦係数は、その数値が高いほど摩擦力が高い(平滑性や柔軟性が低い)ことを示し、その数値が低いほど摩擦力が低い(平滑性や柔軟性が高い)ことを示します。

試料 平均摩擦係数
なし(未処理) 0.48
グリセリン 0.39
グリコリストレハロース 0.37

グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン混合物を配合したトリートメントで処理した毛髪は、未処理と比較して平均摩擦係数が低く、滑り性が良好であることがわかった。

このような検証結果が明らかにされており[2d]、グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン混合物に毛髪の滑り性改善作用が認められています。

3. 安全性評価

グリコシルトレハロースの現時点での安全性は、

  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

3.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

非刺激性物質かつヒトパッチ試験においても陽性率0%であり、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます[2e]

3.2. 眼刺激性

無刺激物であると報告されていることから、一般に眼刺激性はほとんどないと考えられます[2f]

4. 参考文献

  1. abc日本化粧品工業連合会(2013)「グリコシルトレハロース」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,363.
  2. abcdef立川 博美・神田 良次(2003)「グリコシルトレハロースを主成分とする新規糖質の特性と化粧品への応用」Fragrance Journal(31)(11),106-113.
  3. ab株式会社林原生物化学研究所(2006)「組成物における水分の変動を抑制する方法とその用途」再表2004-056216.

TOPへ