育毛・抗脱毛成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして成分一覧をチェックする ↓

育毛・抗脱毛成分

育毛・養毛の違い

一般的に、育毛・養毛は、それぞれ、

名称定義
育毛脱毛を防ぎ、発毛を促進すること。
養毛発毛の促進や新生毛(新たに生えてきた毛髪)の生育を促すこと。育毛とほぼ同じ意味で使われる。

このように定義されており[1][2]、一般には「育毛」と「養毛」はほぼ同じ意味で用いられています。

薬機法においても育毛剤・養毛剤についての明確な定義はなされておらず、「育毛」と「養毛」の違いがわかりにくいことが想定されるため、ここでは、

名称定義
育毛作用毛の成長を促進する作用のこと。
抗脱毛作用
(養毛作用)
一般に養毛作用と育毛作用に明確な区分はありませんが、抜け毛の時期ではない毛髪の脱毛を防ぐ抗脱毛作用を含むため、主に抗脱毛作用のことを指す。

このように「養毛作用」は「育毛作用」との重複をなくし、よりわかりやすさを重視する目的で「抗脱毛作用」と定義しています。

毛髪の成長メカニズムおよび毛周期

毛髪の成長メカニズムに関しては、以下の毛髪の構造図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

毛髪の構造

毛髪は、毛細血管が蜜に分布し毛の栄養や発育を司る毛乳頭細胞から毛母細胞に栄養が供給され、栄養を受けた毛母細胞が細胞分裂を行い、分裂した片方が毛母にとどまり次の分裂に備え、残りの片方が毛の細胞(毛幹)となって角化していき、次々に分裂してできる新しい細胞によって表面に押し上げられるというメカニズムによって形成されています[3][4]

また、毛髪には周期があり、以下の毛周期図を見てもらうとわかりやすいと思いますが、

毛周期(ヘアサイクル)

成長期に入ると約2-6年の期間、毛幹(∗4)が伸び続け、その後に短い退行期が訪れることにより毛根が退縮し、やがて休止期となり毛髪が脱落、数ヶ月の休止期間の後に再度成長期に入って毛幹が伸びていくというサイクルを一生繰り返します[5a]

∗1 毛幹とは、毛の皮膚から外に露出している部分のことであり、一般に毛と認識されている部位です。

休止期には毛乳頭も縮小しますが消失することはなく、その後の休止期から成長期への移行により再び増大し、休止期毛包の一部が再び毛乳頭細胞と接触して分裂・増殖をはじめ、毛乳頭細胞を取り囲んで新しい毛球部を形成することによって次の毛周期がはじまります[6a][7]

脱毛症の解説とその原因

毛髪は毛周期を繰り返しており、通常は休止期において毛髪が少しずつ脱毛していますが、脱毛した毛髪は成長期に再び発毛するため毛髪量は一定に保たれています。

脱毛症とは、なんらかの理由で生理的な範囲以上に脱毛をきたすことによる毛髪量の減少のことであり[8a]、主な脱毛症として円形脱毛症(∗2)と壮年性脱毛症(∗3)があります。

∗2 円形脱毛症とは、原因不明の後天性の脱毛症であり、突然に脱毛をきたし、円形の脱毛斑を生じます[8b]

∗3 男性型脱毛症は、いわゆる「若はげ」と呼ばれる、思春期以降の男性に多くみられる前頭部から頭頂部を主体に頭髪が次第に粗となる状態のことですが、これは毛周期における成長期が短縮し、成長期毛包が次第に小さくなり、軟毛化する結果生じます[8c]。女性においても中年以降頭頂部を中心に薄毛化が起こることがあり、以前はこの状態を女性型脱毛症と呼び、男性型脱毛とは別の原因による脱毛症であると考えられていましたが、最近では女性型脱毛も体内の性ホルモンバランスの崩れなどにより男性ホルモンの働きが強くなった結果として生じると考えられてきており、男性型脱毛と女性型脱毛をまとめて壮年性脱毛と呼ぶことが提唱されているため、ここでは壮年性脱毛で統一します[9a]

脱毛症の原因としては、主に、

  1. 毛乳頭およびその周辺の抹消毛細血管の血行循環不全
  2. 男性ホルモンの関与
  3. 毛母細胞の機能低下
  4. 皮脂腺機能の過剰亢進
  5. 増殖因子群の減少
  6. 栄養不足
  7. ストレス
  8. 遺伝

これら8種類が考えられています[6b]

ここからそれぞれの原因について解説します。

1.毛乳頭およびその周辺の抹消毛細血管の血行循環不全

一般的に脱毛症の患者では血管密度の減少、皮膚血流量の低下、皮膚温の低下、血管壁の脆弱化、皮膚酸化還元能の低下など血行循環不全に関連する観察結果が得られており、血行循環不全が脱毛症に関係していると考えられています[6c][10a]

2.男性ホルモンの関与

1942年に思春期に去勢されると壮年性脱毛は起こらないが、精巣が正常な男性の場合は約4割に脱毛がみられることが明らかにされ、また思春期に去勢された場合でも男性ホルモンであるテストステロンを投与すると、禿頭の遺伝的素因をもつ人に対しては脱毛が進行し、投与を中止すると脱毛は停止することが実証されています[11a]

このような実証をきっかけとして現在では、以下の毛乳頭におけるテストステロンの作用メカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

毛乳頭におけるテストステロンの作用メカニズム

毛乳頭に分布する毛細血管から男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭に取り込まれ、取り込まれたテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってDHT(Dihydrotestosterone:ジヒドロテストステロン)に変化し、さらにDHTが組織内の男性ホルモン受容体と結合して男性ホルモン作用を発現し脱毛因子を誘導することが脱毛への最初のステップとして知られています[8d][9b][12a]

3.毛母細胞の機能低下

毛母細胞とは、毛乳頭の毛細血管から栄養を受けて細胞分裂を行うことで毛髪をつくる細胞ですが[5b]、この毛母細胞の機能が老化、各種酵素活性の低下、血行循環不全などによって低下すると、毛包の萎縮や消失、毛髪の産生低下や硬毛から軟毛への変化が促進されることが知られています[13]

4.皮脂腺機能の過剰亢進

皮脂腺については以下の皮脂の流れイメージ図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

皮脂の流れ

皮脂腺が増大すると、そこから分泌される皮脂量が増加し、頭皮における過酸化脂質、細菌、フケ、かゆみを発生させ、頭皮および毛包周辺の状態を悪化させることが知られています[14][15]

5.増殖因子群の減少

増殖因子(growth factor)とは、動物体内において細胞増殖の調節を司令するペプチド性因子の総称であり、細胞間コミュニケーションを媒介することにより、動物の器官構築や維持に重要な役割を果たしています[16]

毛周期の成長期・退行期・休止期のサイクルは、様々な増殖因子が相互に作用することによって制御されていることが報告されており、壮年性脱毛部位においては毛周期に関与している増殖因子が顕著に減少していることが示されています[6d]

6.栄養不足

栄養摂取過多により血液中のコレステロールや脂肪の量が増加すると、末梢血管の血流量が低下し、その結果として毛包への栄養不足が生じ、これが脱毛の一因として考えられています[6e]

7.ストレス

円形脱毛症の発症には精神的ストレスが関与しているといわれており、ストレスとの因果関係を示した研究はありますが、ストレスの評価方法に問題があるケースも少なくなく、またそのメカニズムも明らかにされていないため[8e][10b]、再検討が必要であると考えられています。

8.遺伝

1942年に思春期に去勢されると壮年性脱毛は起こらないが、精巣が正常な男性の場合は約4割に脱毛がみられることが明らかにされ、また思春期に去勢された場合でも男性ホルモンであるテストステロンを投与すると、禿頭の遺伝的素因をもつ人に対しては脱毛が進行し、投与を中止すると脱毛は停止することが実証されています[11b]

こういった報告から、壮年性脱毛になる遺伝的素因があることも確かであると認められてはいますが、脱毛症を発症するかどうかは一つの遺伝子で決まるような単純な現象ではなく、遺伝学や遺伝パターンに沿って説明するのも無理があると考えられており、現時点ではメカニズムの明確な解明には至っていません[10c]

育毛・抗脱毛成分の作用ポイント

化粧品および医薬部外品における実際の育毛・抗脱毛成分の作用ポイントは、以下の毛髪の成長および脱毛プロセスにおける育毛・抗脱毛成分の作用ポイント図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

育毛・抗脱毛の作用ポイント

  1. 頭皮刺激による血行促進
  2. VEGF産生促進による血管拡張および毛乳頭細胞活性化
  3. 5α-リダクターゼ活性阻害による抗脱毛
  4. 脱毛因子の活性抑制
  5. FGF-7やIGF-1産生促進による毛母細胞活性化
  6. FGF-5活性抑制による抗脱毛

主にこのようなポイントに作用する成分が報告されており[6f][12b][17a][18a][19a][20a][21a][22a][23a][24a][25a][26a]、これらのうち1つ以上の効果を有することで育毛・抗脱毛にアプローチします。

ここからそれぞれの育毛・抗脱毛の作用ポイントを解説します。

1.頭皮刺激による血行促進

毛包は周囲を血管によって網状に取り囲まれ、また毛乳頭には血管が内部に入り込んでいますが、これらの血管は毛周期における成長期には豊富で、退行期、休止期には減少し、毛周期に沿ったサイクルを繰り返します。

毛乳頭および毛包への栄養補給を円滑にし、これらを活性化するために、頭皮への刺激や血管の拡張などにより血流を促進するアプローチが古くから使用されています[6g]

ただし、血行促進作用は育毛においては間接的な作用であり、また血行促進のみによる育毛作用に関するヒト有用性データがほとんどみあたらないことから、現時点で血行促進作用を有する成分は育毛カテゴリではなく血行促進成分としてカテゴライズしています。

2.VEGF産生促進による血管拡張および毛乳頭細胞活性化

毛包は周囲を血管によって網状に取り囲まれ、また毛乳頭には血管が内部に入り込んでいますが、これらの血管は毛周期における成長期には豊富で、退行期、休止期には減少し、毛周期に沿ったサイクルを繰り返します。

VEGF(vascular endothelial growth factor:血管内皮細胞成長因子)は、血管新生因子として知られていますが、

  • 毛髪においては毛乳頭に明らかな意味のあるVEGF遺伝子の発現が認められ、その量は成長期に最も多く、ついで退行期、休止期の順に少なくなること[17b]
  • 血管新生以外の作用として、毛乳頭細胞に発現し毛乳頭細胞を増殖・活性化させること[18b]
  • 壮年性脱毛(男性型脱毛)においてVEGF産生が低下すること[19b]
  • VEGFの遺伝子導入に毛包周囲血管網の構築を促進すること[20b]

これらの作用・効果が認められています。

VEGFの血管拡張作用は、血流の増大を促しその結果として血管が内部に入り込んでいる毛乳頭細胞を活性化させることから、育毛の観点からは間接的な作用となりますが、VEGFはそれ以外にも毛乳頭細胞に発現し毛乳頭細胞を直接増殖させる作用も報告されています。

3.5α-リダクターゼ活性阻害による抗脱毛

テストステロンをDHTに変換する際に作用する酵素である5α-リダクターゼの活性を阻害することにより、男性ホルモンの生理作用を緩和させる抗脱毛アプローチや、男性ホルモンレセプターの活性を阻害しDHTとの結合を阻害することにより、男性ホルモンの生理作用を緩和させる抗脱毛アプローチが報告されています[6h][21b]

4.脱毛因子の活性抑制

脱毛因子の活性抑制として、

慣用名正式名称分類局在作用
TGF-βTransforming Growth Factor-β
トランスフォーミング増殖因子β
サイトカイン
増殖因子
毛包毛母細胞細胞死誘導(毛成長抑制)
退行期移行促進
DKK-1dickkopf-1Wnt阻害因子毛包Wntシグナル阻害(毛成長抑制)
退行期移行促進

主にこれらの種類が報告されており[12c][27][28]、これらのいずれかまたは複数を阻害・抑制することにより脱毛を抑制するアプローチが報告されています。

5.FGF-7やIGF-1産生促進による毛母細胞活性化

育毛に関与する増殖因子(情報伝達物質)として、

慣用名正式名称分類局在作用
FGF-7fibroblast growth factor-7
線維芽細胞増殖因子
サイトカイン
増殖因子
毛乳頭毛母細胞増殖促進(毛髪伸長)
退行期移行阻害(成長期維持)
IGF-1Inslin-like growth factor-1
インスリン様増殖因子
サイトカイン
増殖因子
毛乳頭毛母細胞増殖促進(毛髪伸長)
退行期移行阻害(成長期維持)

主にこれらの種類が報告されており[22b][23b][24b]、これらのいずれかまたは複数を増殖・活性化することにより、毛母細胞増殖を促進する育毛アプローチが報告されています。

6.FGF-5活性抑制による抗脱毛

FGF-5(fibroblast growth factor-5:線維芽細胞増殖因子)は、毛周期における成長期後半の外毛根鞘で増殖し、毛髪の成長を阻害し毛周期を成長期から退行期へ移行させる因子として知られています[25b][26b]

このような背景から、FGF-5の活性を阻害し成長期を延長させることによって脱毛を改善する抗脱毛アプローチが報告されています[29]

参考文献

  1. 霜川 忠正(2008)「育毛」BEAUTY WORD 皮膚科学用語編,33-34.
  2. 霜川 忠正(2008)「養毛」BEAUTY WORD 皮膚科学用語編,583-584.
  3. 朝田 康夫(2002)「毛髪の構造と働きは」美容皮膚科学事典,346-347.
  4. 朝田 康夫(2002)「毛髪をつくる細胞は」美容皮膚科学事典,347-349.
  5. ab中村 元信(2009)「毛周期と毛包幹細胞, 毛乳頭細胞」美容皮膚科学 改定2版,78-81.
  6. abcdefgh日光ケミカルズ株式会社(2016)「育毛剤」パーソナルケアハンドブックⅠ,551-572.
  7. 板見 智(1999)「毛の発育制御機構解明における最近の進歩と育毛剤」日本化粧品技術者会誌(33)(3),220-228. DOI:10.5107/sccj.33.3_220.
  8. abcde斎藤 典充, 他(2009)「脱毛症」美容皮膚科学 改定2版,642-647.
  9. ab松崎 貴(2003)「脱毛症の生物学」最新の毛髪科学,47-53.
  10. abc松崎 貴(1998)「脱毛のメカニズム」毛髪を科学する -発毛と脱毛のしくみ,79-100.
  11. abJ.B. Hamilton(1942)「Male hormone stimulation is prerequisite and an incitant in common baldness」American Journal of Anatomy(71)(3),451-480. DOI:10.1002/aja.1000710306.
  12. abcS. Inui, et al(2013)「Androgen actions on the human hair follicle: perspectives」Experimental Dermatology(22)(3),168-171. DOI:10.1111/exd.12024.
  13. 足立 邦明(1993)「毛母細胞の活性化と育毛効果の判定法」Fragrance Journal(21)(9),50-55.
  14. 稲葉 益巳(1989)「皮脂腺説と若年性脱毛症」Fragrance Journal(17)(5),51-60.
  15. 坂本 哲夫, 他(1994)「頭皮皮脂分泌とスカルプケアの重要性について」Fragrance Journal(22)(10),65-72.
  16. 宮澤 恵二(2005)「概論 細胞増殖因子」サイトカイン・増殖因子用語ライブラリー,177-180.
  17. abS. Lachgar, et al(1996)「VEGF mRNA expression in different stages of the human hair cycle : analysis by confocal laser microscopy」Hair Research for the Next Millenium,407-411.
  18. abS. Lachgar, et al(1996)「Vascular endothelial growth factor is an autocrine growth factor for hair dermal papilla cells」Journal of Investigative Dermatology(106)(1),17-23. DOI:10.1111/1523-1747.ep12326964.
  19. abC.K. Goldman, et al(1995)「Loss of vascular endothelial growth factor in human alopecia hair follicles」Journal of Investigative Dermatology(104)(5_Suppl),18S-20S. DOI:10.1038/jid.1995.40.
  20. abK. Yano, et al(2001)「Control of hair growth and follicle size by VEGF-mediated angiogenesis」Journal of Clinical Investigation(107)(4),409-417. DOI:10.1172%2FJCI11317.
  21. abL. Drake, et al(1999)「The effects of finasteride on scalp skin and serum androgen levels in men with androgenetic alopecia」Journal of the American Academy of Dermatology(41)(4),550-554. DOI:10.1016/S0190-9622(99)80051-6.
  22. abS. Werner, et al(1994)「The function of KGF in morphogenesis of epithelium and reepithelialization of wounds」Science(266)(5186),819-822. DOI:10.1126/science.7973639.
  23. abN. Weger, et al(2005)「IGF-I Signalling Controls the Hair Growth Cycle and the Differentiation of Hair Shafts」Journal of Investigative Dermatology(125)(5),873-882. DOI:10.1111/j.0022-202x.2005.23946.x.
  24. abS. Itami, et al(2005)「Role of androgen in mesenchymal epithelial interactions in human hair follicle」Journal of Investigative Dermatology:Symposium Proceeding(10)(3),209-211. DOI:10.1111/j.1087-0024.2005.10107.x.
  25. abJ.M. Hebert, et al(1994)「FGF5 as a regulator of the hair growth cycle: Evidence from targeted and spontaneous mutations」Cell(78)(6),1017-1025. DOI:10.1016/0092-8674(94)90276-3.
  26. ab鈴木 聡, 他(2001)「線維芽細胞増殖因子の調節により毛成長を促す研究」日本化粧品技術者会誌(35)(3),231-236. DOI:10.5107/sccj.35.3_231.
  27. S. Inui, et al(2002)「Androgen-inducible TGF-beta1 from balding dermal papilla cells inhibits epithelial cell growth: a clue to understand paradoxical effects of androgen on human hair growth」FASEB Journal(16)(14),1967-1969. DOI:10.1096/fj.02-0043fje.
  28. K. Foitzik, et al(2000)「Control of murine hair follicle regression (catagen) by TGF‐β1 in vivo」FASEB Journal(14)(5),752-760. DOI:10.1096/fasebj.14.5.752.
  29. 前田 哲夫, 他(2007)「ワレモコウエキスはFGF-5活性抑制効果を持ち,成長期を延長することで脱毛を改善する」西日本皮膚科(69)(1),81-86. DOI:10.2336/nishinihonhifu.69.81.

育毛・抗脱毛成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

アカヤジオウ根エキス
アカヤジオウ根エキス
血行促進 抗脱毛
血管拡張による血行促進作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、アカヤジオウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アカヤジオウ根エキス記事を読む

オタネニンジン根エキス
オタネニンジン根エキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、オタネニンジン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オタネニンジン根エキス記事を読む

オランダカラシエキス
オランダカラシエキス
育毛 抗脱毛
R-spondin1産生促進による抗脱毛・育毛作用目的などで化粧品に配合される成分、オランダカラシエキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダカラシエキス記事を読む

オランダガラシ葉/茎エキス
オランダガラシ葉/茎エキス
育毛 抗脱毛
R-spondin1産生促進による抗脱毛・育毛作用目的などで化粧品に配合される成分、オランダガラシ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ オランダガラシ葉/茎エキス記事を読む

クララエキス(1)
クララエキス(1)
抗菌 抗フケ 色素沈着抑制 育毛
アクネ菌および黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用、α-MSH阻害による色素沈着抑制作用、外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クララエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ クララエキス(1)記事を読む

クララ根エキス
クララ根エキス
抗菌 抗フケ 色素沈着抑制 育毛
アクネ菌および黄色ブドウ球菌生育阻害による抗菌作用、マラセチア菌生育阻害による抗フケ作用、α-MSH阻害による色素沈着抑制作用、外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、クララ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ クララ根エキス記事を読む

ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナエキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナエキス記事を読む

ゲンチアナ根茎/根エキス
ゲンチアナ根茎/根エキス
抗炎症成分 色素沈着抑制 保湿成分 収れん成分 育毛
抗炎症作用、SCF発現抑制による色素沈着抑制作用、皮膚柔軟化による保湿作用、収れん作用、頭皮抹消血流促進および毛母細胞活性化による育毛作用目的で化粧品に配合される成分、ゲンチアナ根茎/根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ゲンチアナ根茎/根エキス記事を読む

ジオウエキス
ジオウエキス
血行促進 抗脱毛
血管拡張による血行促進作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、ジオウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ジオウエキス記事を読む

チョウジエキス
チョウジエキス
抗酸化 抗アレルギー 抗老化 抗脱毛
SOD様活性による抗酸化作用、ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、コラゲナーゼ活性阻害による抗老化作用、5α-リダクターゼ活性阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、チョウジエキスの効果や安全性について解説します。
→ チョウジエキス記事を読む

ニンジンエキス
ニンジンエキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、ニンジンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンジンエキス記事を読む

フラーレン
フラーレン
抗酸化成分 バリア改善 毛穴改善 効果促進成分 育毛 毛髪保護
スーパーオキシド消去および過酸化水素発生抑制による抗酸化作用、紫外線によるトランスグルタミナーゼ-1およびCE量減少抑制によるバリア機能改善作用、毛穴改善作用、紫外線吸収剤の効果促進作用、育毛作用、キューティクル損傷抑制による毛髪保護作用目的で化粧品に配合される成分、フラーレンの効果や安全性について解説します。
→ フラーレン記事を読む

ホップエキス
ホップエキス
抗脱毛 抗老化 抗白髪
5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用、好中球エラスターゼ活性阻害による抗老化作用、チロシナーゼ活性促進による抗白髪作用目的で化粧品に配合される成分、ホップエキスの効果や安全性について解説します。
→ ホップエキス記事を読む

ワレモコウエキス
ワレモコウエキス
抗アレルギー 抗老化 抗糖化 抗脱毛 消臭
ヒスタミン遊離抑制による抗アレルギー作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、AGEs分解による抗糖化作用、FGF-5活性阻害による抗脱毛作用、OEO生成阻害による腋臭抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ワレモコウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ワレモコウエキス記事を読む

TOPへ