ゲラニオールの基本情報・配合目的・安全性

ゲラニオール

化粧品表示名称 ゲラニオール
医薬部外品表示名称 ゲラニオール
化粧品国際的表示名称(INCI名) Geraniol
配合目的 香料

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される、イソプレンユニット(C5ユニット)が鎖状に2個結合したテルペノイド化合物(∗1)であり、モノテルペン(∗2)に分類される非環式モノテルペンアルコール(∗3)です[1][2]

∗1 二重結合をもち炭素数5個(C5)を分子構造とするイソプレン(isoprene)を分子構造単位(イソプレンユニット)とし、イソプレンが直鎖状に複数個(C5×n個)連結した後に環化や酸化など種々の修飾を経て生成する化合物のことです[3]。多くのテルペノイドは疎水性であり、ゲラニオールもまた疎水性です。

∗2 イソプレン(C5)ユニットが2個連結した炭素数10個(C5×2)のテルペノイド化合物です。

∗3 モノテルペン構造に官能基としてヒドロキシ基(-OH)が結合した化合物の総称です。

ゲラニオール

1.2. 分布

ゲラニオールは、自然界においてパルマローザ油、ゼラニウム油、シトロネラ油をはじめ多くの植物精油中にバラ様香気成分として存在しています[4a]

1.3. 化粧品以外の主な用途

ゲラニオールの化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 ローズ系フレーバーの主体として着香目的で多量に用いられています[5]
医薬品 清涼化、溶解補助、着香、香料、基剤目的の医薬品添加剤として眼科用剤、経皮に用いられています[6]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • バラ様花香の賦香

主にこれらの目的で、口紅製品、ボディ&ハンドケア製品、スキンケア化粧品、アウトバストリートメント製品、トリートメント製品、ボディソープ製品、クレンジング製品、マスク製品、シャンプー製品、香水、オーデコロン、洗顔&ボディ石鹸など様々な製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. バラ様花香の賦香

バラ様花香の賦香(∗4)に関しては、ゲラニオールは穏やかで甘いバラ様の花香調(∗5)香気を有していることから、バラ系調合香料の主体としてあらゆる化粧品香料に使用されています[4b][7]

∗4 賦香(ふこう)とは、香りを付けるという意味です。

∗5 香調とは、香料分野においてはノート(note)とも呼ばれ、香りのタイプを意味します。ゲラニオールは花の香りを有していることからフローラルノート(Floral note:花香調)に分類されます。

また、調合香料はそれらの揮発性から、

揮発性 分類 解説 保留時間 香調

トップノート 最初に感じ、そのものを印象づける香気 約30分 シトラス
グリーン
フルーティ-
ミドルノート 香りの中心となる中盤に感じる香気 数時間 フローラル
ラストノート 最後まで残る重量感のある香気 数日-数週間 ウッディ
アンバー
ムスク

これら3つのステージに分類して表現されることが多く[8][9]、ゲラニオールは中程度の揮発性のミドルノートであることから、香気の保留性(持続性)もあり、トップノートが揮発した後にとって代わる中心的な香気を担うのが特徴です[10]

3. 安全性評価

ゲラニオールの現時点での安全性は、

  • 食品添加物の指定添加物リストに収載
  • 薬添規2018規格の基準を満たした成分が収載される医薬品添加物規格2018に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:濃度20%以下においてほとんどなし
  • 皮膚刺激性(皮膚炎を有する場合):濃度5%以下においてほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):濃度12.5%以下においてほとんどなし
  • 皮膚感作性(皮膚炎を有する場合):まれに皮膚感作を引き起こす可能性あり
  • 光感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

ただし、皮膚炎を有する場合においては皮膚感作を引き起こす可能性が報告されているため、パッチテストなどで安全性を確認してからの使用を推奨します。

以下は、この結論にいたった根拠です。

3.1. 皮膚刺激性

Research Institute for Fragrance Materialsの安全性データ[11a]によると、

– 健常皮膚を有する場合 –

  • [ヒト試験] 29人の被検者に20%ゲラニオールを含む軟膏を48時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Fujii et al,1972)
  • [ヒト試験] 30人の被検者に2%ゲラニオールを含む軟膏を24-72時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Fujii et al,1972)
  • [ヒト試験] 100人の被検者に2%ゲラニオールを含むエタノールとフタル酸ジエチル混合液を対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施し、誘導期間における皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Research Institute for Fragrance Materials,2000)
  • [ヒト試験] 112人の被検者に10%ゲラニオールを含むエタノールとフタル酸ジエチル混合液を対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施し、誘導期間における皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Research Institute for Fragrance Materials,2004)
  • [ヒト試験] 41人の被検者に12.5%ゲラニオールを含むエタノールを対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施し、誘導期間における皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Research Institute for Fragrance Materials,2004)

– 皮膚炎を有する場合 –

  • [ヒト試験] 皮膚炎を有する84人の患者に0.5%ゲラニオールを含むエタノールを24-48時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Fujii et al,1972;Takenaka et al,1986)
  • [ヒト試験] 皮膚炎を有する383人の患者に5%,10%および20%ゲラニオールを含む軟膏をパッチ適用し、パッチ除去48および72時間後に皮膚刺激性を評価したところ、5%濃度においては皮膚刺激は観察されず、10%濃度以上においては濃度依存的に皮膚刺激を示す人数が増えた(Yoshikawa,1996)

このように記載されており、試験データをみるかぎり健常皮膚を有する場合かつ濃度20%以下において共通して皮膚刺激なしと報告されているため、一般に健常皮膚を有する場合かつ濃度20%以下において皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚炎を有する場合は、濃度5%以下において共通して皮膚刺激なしと報告されているため、一般に皮膚炎を有する場合かつ濃度5%以下において皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

3.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

3.3. 皮膚感作性(アレルギー性)

Research Institute for Fragrance Materialsの安全性データ[11b]によると、

– 健常皮膚を有する場合 –

  • [ヒト試験] 41人の被検者に12.5%ゲラニオールを含むエタノールを対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、この試験物質は非感作剤に分類された(Research Institute for Fragrance Materials,1964)
  • [ヒト試験] 40人の被検者に5%ゲラニオールを含むエタノールを対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、この試験物質は非刺激剤に分類された(Research Institute for Fragrance Materials,1964)
  • [ヒト試験] 109人の被検者に5%ゲラニオールを含むエタノールとフタル酸ジエチル混合液を対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、1人の被検者に疑わしい反応がみられたが、再チャレンジパッチを実施したところ、この被検者に感作反応はみられなかった(Research Institute for Fragrance Materials,2002)
  • [ヒト試験] 112人の被検者に10%ゲラニオールを含むエタノールとフタル酸ジエチル混合液を対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、3人の被検者に疑わしい反応がみられた(Research Institute for Fragrance Materials,2004)

– 皮膚炎を有する場合 –

  • [ヒト試験] 化粧品皮膚炎を有する934人の患者に1%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、67人(7.2%)の患者が陽性反応を示した(Buckley et al,2000)
  • [ヒト試験] 皮膚炎を有する246人の患者に2%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、7人(0.28%)の患者が陽性反応を示した(Calnan et al,1980)
  • [ヒト試験] 化粧品アレルギーを有する179人の患者に10%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、11人(6.1%)の患者が陽性反応を示した(De Groot et al,1985)
  • [ヒト試験] 化粧品アレルギーを有する119人の患者に5%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、2人(1.68%)の患者が陽性反応を示した(De Groot et al,1988)
  • [ヒト試験] 化粧品皮膚炎を有する55人、皮膚炎を有する159人の患者および健常な皮膚を有する42人の被検者に5%ゲラニオール製剤を対象にパッチテストを実施したところ、化粧品皮膚炎を有する55人のうち1人(1.8%)、皮膚炎を有する159人のうち4人(2.5%)、健常な皮膚を有する42人のうち0人(0%)が陽性反応を示した(Ishihara et al,1981)
  • [ヒト試験] 接触性皮膚炎を有する111人の患者に5%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、1人(0.9%)が陽性反応を示した(Nagareda et al,1992)
  • [ヒト試験] 接触性皮膚炎を有する1,200人の患者に3%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、4人(0.3%)が陽性反応を示した(Santucci et al,1987)
  • [ヒト試験] 接触性皮膚炎を有する1,500人の患者に1%ゲラニオールを含むワセリンを対象にパッチテストを実施したところ、4人(0.3%)が陽性反応を示した(Santucci et al,1987)

このように記載されており、試験データをみるかぎり健常皮膚を有する場合かつ濃度12.5%以下において共通して皮膚刺激なしと報告されているため、一般に健常皮膚を有する場合かつ濃度12.5%以下において皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚炎を有する場合は、濃度に関係なく試験対象者の0.3%-7.2%範囲で陽性反応が報告されているため、一般に皮膚炎を有する場合においてはまれに皮膚感作を引き起こす可能性があると考えられます。

香料は、化粧品皮膚炎の原因の30%以上を占める最も頻度の高い原料ですが[12a]、原因を特定するためにすべての香料成分をパッチテストするのは不可能であり、通常は陽性頻度の高いアレルゲンを一度にパッチテストできるようにICDRG(International Contact Dermatitis Research Group:国際接触皮膚炎研究斑)標準アレルゲンの香料ミックスとして以下の成分が選定されています。

香料ミックスの種類 成分名称
香料ミックスNo.1
(Fragrance Mix Ⅰ)
ケイ皮アルコール、ケイ皮アルデヒド、α-アミルシンナムアルデヒド、オイゲノール、イソオイゲノール、ヒドロキシシトロネラール、ゲラニオール、オークモスアブソリュート
香料ミックスNo.2
(Fragrance Mix Ⅱ)
ヒドロキシメチルペンチルシクロヘキセンカルボキシアルデヒド(HICC)、シトラールファルネソールシトロネロール、α-ヘキシルシンナム、クマリン

国内の標準アレルゲンシリーズ(ジャパニーズスタンダードアレルゲン)として使用されるのは、香料の中で最も陽性頻度の高い香料ミックスNo.1であり、香料ミックスNo.1は香料アレルギーの70%-80%を占めている(検出できる)と報告されています(∗6)[12b]

∗6 ジャパニーズスタンダードアレルゲンシリーズによるパッチテストを受けたもののうち、香料ミックスNo.1での陽性率は1999年で5%、2003年で4%、2016年で5.3%となっています[12c][13a]

香料No.1で感作成分が特定できない場合に、さらにICDRGが選定した香料ミックスNo.2を加えると、香料アレルギーのスクリーニングの検出率が上昇します[13b]

3.4. 光感作性

Research Institute for Fragrance Materialsの安全性データ[11c]によると、

– 皮膚炎を有する場合 –

  • [ヒト試験] 化粧品皮膚炎を有する111人の患者に5%ゲラニオールを含む軟膏を対象に光感作性試験をともなうHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を実施したところ、いずれの被検者も皮膚反応はみられなかった(Nagareda et al,1992)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚炎を有する場合において光感作なしと報告されているため、一般に皮膚炎を有する場合において光感作性はほとんどないと考えられます。

4. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ゲラニオール」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,389.
  2. 大木 道則, 他(1989)「ゲラニオール」化学大辞典,719.
  3. 池田 剛(2017)「モノテルペン」エッセンシャル天然薬物化学 第2版,120-124.
  4. ab合成香料編集委員会(2016)「ゲラニオール」増補新版 合成香料 化学と商品知識,70-74.
  5. 樋口 彰, 他(2019)「ゲラニオール」食品添加物事典 新訂第二版,129-130.
  6. 日本医薬品添加剤協会(2021)「ゲラニオール」医薬品添加物事典2021,225.
  7. 奥田 治, 他(2000)「単離香料および合成香料」香料と化粧品の科学,31-49.
  8. 兼井 典子(2003)「香りの化学」化学と教育(51)(2),86-88. DOI:10.20665/kakyoshi.51.2_86.
  9. 長谷川香料株式会社(2013)「フレグランスの分類と原料」香料の科学,124-127.
  10. 駒木 亮一(1993)「化粧品と香り」繊維製品消費科学(34)(5),208-213. DOI:10.11419/senshoshi1960.34.208.
  11. abcD. Belsito, et al(2008)「A toxicologic and dermatologic assessment of cyclic and non-cyclic terpene alcohols when used as fragrance ingredients」Food and Chemical Toxicology(46)(11),S1-S71. DOI:10.1016/j.fct.2008.06.085.
  12. abc高山 かおる, 他(2020)「接触皮膚炎診療ガイドライン2020」日本皮膚科学会雑誌(130)(4),523-567. DOI:10.14924/dermatol.130.523.
  13. ab皆本 景子(2010)「化粧品,医薬部外品成分中の皮膚感作性物質と接触皮膚炎」日本衛生学雑誌(65)(1),20-29. DOI:10.1265/jjh.65.20.

TOPへ