皮膜形成剤の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして皮膜形成剤一覧をチェックする ↓

皮膜形成剤

皮膜形成剤とは、

  1. 皮膚、毛髪またはネイルの表面保護
  2. 毛髪またはまつ毛の形状・セット保持
  3. 付着性・接着性・密着性の向上
  4. 撥水性・耐水性の付与
  5. 光沢・ツヤ感の付与

主にこれらの一つ以上の効果または性質を有する成分のことをいいます。

皮膜形成剤一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

PVP
PVP
皮膜形成 分散 増粘 泡質改善
皮膜形成、分散、増粘による粘度調整・乳化安定化、泡質改善目的で化粧品に配合される成分、PVPの効果や安全性について解説します。
→ PVP記事を読む

(VP/VA)コポリマー
(VP/VA)コポリマー
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、(VP/VA)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (VP/VA)コポリマー記事を読む


アクリル酸アルキル共重合体液(1)
アクリル酸アルキル共重合体液(1)
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体液(1)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体液(1)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体液(2)
アクリル酸アルキル共重合体液(2)
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体液(2)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体液(2)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(1)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
皮膜形成 接着
水溶性の皮膜形成、二重まぶたまたはつけまつ毛の接着目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)記事を読む

アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
皮膜形成 接着
水溶性の皮膜形成、二重まぶたまたはつけまつ毛の接着目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)記事を読む

アクリル酸アルキルコポリマー
アクリル酸アルキルコポリマー
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキルコポリマーの効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキルコポリマー記事を読む

アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム
アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム
皮膜形成 接着
水溶性の皮膜形成、二重まぶたまたはつけまつ毛の接着目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムの効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム記事を読む

アクリル酸アルキル・スチレン共重合体
アクリル酸アルキル・スチレン共重合体
皮膜形成 不透明化
皮膜形成、不透明化目的で化粧品に配合される成分、アクリル酸アルキル・スチレン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ アクリル酸アルキル・スチレン共重合体記事を読む

アクリレーツコポリマー
アクリレーツコポリマー
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、アクリレーツコポリマーの効果や安全性について解説します。
→ アクリレーツコポリマー記事を読む

アクリレーツコポリマーアンモニウム
アクリレーツコポリマーアンモニウム
皮膜形成 接着
水溶性の皮膜形成、二重まぶたまたはつけまつ毛の接着目的で化粧品に配合される成分、アクリレーツコポリマーアンモニウムの効果や安全性について解説します。
→ アクリレーツコポリマーアンモニウム記事を読む

(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー
(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー
皮膜形成
爪の皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー記事を読む

アラビアゴム
アラビアゴム
皮膜形成 乳化 増粘
皮膜形成、油脂の乳化安定化、粘度調整目的で化粧品に配合される成分、アラビアゴムの効果や安全性について解説します。
→ アラビアゴム記事を読む

イソステアリン酸デキストリン
イソステアリン酸デキストリン
皮膜形成 付着
耐水性の皮膜形成、付着目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸デキストリンの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸デキストリン記事を読む


高重合メチルポリシロキサン(1)
高重合メチルポリシロキサン(1)
ベース成分 感触改良 皮膜形成 消泡
感触改良、皮膜形成、消泡目的で化粧品に配合される成分、高重合メチルポリシロキサン(1)の効果や安全性について解説します。
→ 高重合メチルポリシロキサン(1)記事を読む

高重合メチルポリシロキサン(2)
高重合メチルポリシロキサン(2)
ベース成分 感触改良 皮膜形成 消泡
感触改良、皮膜形成、消泡目的で化粧品に配合される成分、高重合メチルポリシロキサン(2)の効果や安全性について解説します。
→ 高重合メチルポリシロキサン(2)記事を読む

合成炭化水素ワックス
合成炭化水素ワックス
ベース成分 皮膜形成 分散 スクラブ
皮膜形成、顔料の分散、洗顔料のスクラブ目的で化粧品に配合される成分、合成炭化水素ワックスの効果や安全性について解説します。
→ 合成炭化水素ワックス記事を読む

合成ワックス
合成ワックス
ベース成分 皮膜形成 分散 スクラブ
皮膜形成、顔料の分散、洗顔料のスクラブ目的で化粧品に配合される成分、合成ワックスの効果や安全性について解説します。
→ 合成ワックス記事を読む


酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体ー
酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ 酢酸ビニル・ビニルピロリドン共重合体記事を読む

ジフェニルジメチコン
ジフェニルジメチコン
ベース成分 皮膜形成 光沢
ツヤのある被膜形成、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、ジフェニルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ジフェニルジメチコン記事を読む

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン
ベース成分 感触改良 皮膜形成 分散
感触改良、撥水性の皮膜形成、紫外線散乱剤の分散目的で化粧品に配合される成分、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン記事を読む

ジメチコノール
ジメチコノール
ベース成分 感触改良 皮膜形成 ヘアコンディショニング
感触改良、被膜形成、潤滑性付与によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ジメチコノールの効果や安全性について解説します。
→ ジメチコノール記事を読む

ジメチコン
ジメチコン
ベース成分 感触改良 皮膜形成 消泡
感触改良、皮膜形成、消泡目的で化粧品に配合される成分、ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ジメチコン記事を読む

(スチレン/アクリレーツ)コポリマー
(スチレン/アクリレーツ)コポリマー
皮膜形成 不透明化
皮膜形成、不透明化目的で化粧品に配合される成分、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (スチレン/アクリレーツ)コポリマー記事を読む


(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂
(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂
皮膜形成
爪の皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、(トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂の効果や安全性について解説します。
→ (トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂記事を読む

トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル
トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル
ベース成分 感触改良 皮膜形成
感触改良、皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル記事を読む

トリエチルヘキサノイン
トリエチルヘキサノイン
ベース成分 感触改良 皮膜形成
感触改良、皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、トリエチルヘキサノインの効果や安全性について解説します。
→ トリエチルヘキサノイン記事を読む

トリメチルシロキシケイ酸
トリメチルシロキシケイ酸
ベース成分 皮膜形成
撥水性の皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、トリメチルシロキシケイ酸の効果や安全性について解説します。
→ トリメチルシロキシケイ酸記事を読む


ニトロセルロース
ニトロセルロース
皮膜形成
ネイルエナメルの皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、ニトロセルロースの効果や安全性について解説します。
→ ニトロセルロース記事を読む


ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液
ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液
皮膜形成 ヘアスタイリング 泡質改善 帯電防止
皮膜形成、皮膜形成によるヘアスタイリング、泡質改善、帯電防止目的で化粧品に配合される成分、ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液の効果や安全性について解説します。
→ ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液記事を読む

フェニルトリメチコン
フェニルトリメチコン
ベース 皮膜形成 光沢 分散 溶剤
ツヤのある被膜形成、光沢付与、顔料の分散、溶剤目的で化粧品に配合される成分、フェニルトリメチコンの効果や安全性について解説します。
→ フェニルトリメチコン記事を読む

ポリアクリル酸アルキル
ポリアクリル酸アルキル
感触改良 充填 皮膜形成
感触改良、充填、ネイルの皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、ポリアクリル酸アルキルの効果や安全性について解説します。
→ ポリアクリル酸アルキル記事を読む

ポリクオタニウム-11
ポリクオタニウム-11
皮膜形成 ヘアスタイリング 泡質改善 帯電防止
皮膜形成、皮膜形成によるヘアスタイリング、泡質改善、帯電防止目的で化粧品に配合される成分、ポリクオタニウム-11の効果や安全性について解説します。
→ ポリクオタニウム-11記事を読む

ポリ酢酸ビニル
ポリ酢酸ビニル
皮膜形成
皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、ポリ酢酸ビニルの効果や安全性について解説します。
→ ポリ酢酸ビニル記事を読む

ポリビニルアルコール
ポリビニルアルコール
皮膜形成 増粘 乳化
被膜形成、増粘、顔料分散および乳化の安定化目的で化粧品に配合される成分、ポリビニルアルコールの効果や安全性について解説します。
→ ポリビニルアルコール記事を読む

ポリビニルピロリドン
ポリビニルピロリドン
皮膜形成 分散 増粘 泡質改善
皮膜形成、分散、増粘による粘度調整・乳化安定化、泡質改善目的で化粧品に配合される成分、ポリビニルピロリドンの効果や安全性について解説します。
→ ポリビニルピロリドン記事を読む

ポリメタクリル酸メチル
ポリメタクリル酸メチル
感触改良 充填 皮膜形成
感触改良、充填、ネイルの皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、ポリメタクリル酸メチルの効果や安全性について解説します。
→ ポリメタクリル酸メチル記事を読む


(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー
(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー
皮膜形成
爪の皮膜形成目的で化粧品に配合される成分、(無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (無水フタル酸/無水トリメリト酸/グリコールズ)コポリマー記事を読む

メチルフェニルポリシロキサン
メチルフェニルポリシロキサン
ベース成分 皮膜形成 光沢
ツヤのある被膜形成、光沢付与目的で化粧品に配合される成分、メチルフェニルポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルフェニルポリシロキサン記事を読む

メチルフェニルポリシロキサン
メチルフェニルポリシロキサン
ベース成分 感触改良 皮膜形成 分散
感触改良、撥水性の皮膜形成、紫外線散乱剤の分散目的で化粧品に配合される成分、メチルフェニルポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルフェニルポリシロキサン記事を読む

メチルフェニルポリシロキサン
メチルフェニルポリシロキサン
ベース 皮膜形成 光沢 分散 溶剤
ツヤのある被膜形成、光沢付与、顔料の分散、溶剤目的で化粧品に配合される成分、メチルフェニルポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルフェニルポリシロキサン記事を読む

メチルポリシロキサン
メチルポリシロキサン
ベース成分 感触改良 皮膜形成 消泡
感触改良、皮膜形成、消泡目的で化粧品に配合される成分、メチルポリシロキサンの効果や安全性について解説します。
→ メチルポリシロキサン記事を読む

TOPへ