アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムの基本情報・配合目的・安全性

化粧品表示名 アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム
医薬部外品表示名 アクリル酸アルキル共重合体エマルション(2)
部外品表示簡略名 アクリル酸アルキル共重合体エマルション-2
配合目的 皮膜形成増粘 など

アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムにはINCI名(化粧品成分の国際的表示名称)がありませんが、各原料においてはアクリレーツコポリマーアンモニウムのINCI名である「Ammonium Acrylates Copolymer」で対応していることから、実質的に化粧品表示名「アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム」は「アクリレーツコポリマーアンモニウム」同じ成分であると考えられます。

1. 基本情報

1.1. 定義

アクリル酸アルキルコポリマーのアンモニウム塩です[1]

1.2. 性状

アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムの性状は、

状態 乳白色の液体

このように報告されています[2a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 皮膜形成
  • 親水性増粘

主にこれらの目的で、マスカラ製品、アイ系メイクアップ製品、ネイル製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 皮膜形成

皮膜形成に関しては、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムはタイプによって耐水性およびまつ毛のカール保持力に優れる皮膜を形成することから、皮膜形成目的でマスカラ製品、アイライナー製品、アイシャドー製品、アイブロウ製品、ネイル製品などに汎用されています[2b][3a][4a]

2.2. 親水性増粘

親水性増粘に関しては、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムの中には粘着性を高めたものがあり、粘着性を高めたものが二重まぶた用製品、つけまつ毛製品などに使用されています[3b][4b]

3. 安全性評価

アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウムの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

3.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

医薬部外品原料規格2021に収載されており、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

3.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

4. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,117.
  2. ab大同化成工業株式会社(2015)「ビニゾール 1086WP」Technical Information.
  3. ab大同化成工業株式会社(-)「ビニゾール」製品カタログ.
  4. ab日本化粧品工業連合会(2005)「アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム」日本化粧品成分表示名称事典 第2版,79.

TOPへ