(VP/エイコセン)コポリマーの基本情報・配合目的・安全性

(VP/エイコセン)コポリマー

化粧品表示名 (VP/エイコセン)コポリマー
医薬部外品表示名 エイコセン・ビニルピロリドン共重合体
部外品表示別名 エイコセン・VP共重合体
INCI名 VP/Eicosene Copolymer
配合目的 皮膜形成 など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表されるビニルピロリドン(vinylpyrrolidone:VP)とエイコセンとの共重合体(∗1)です[1a][2a]

∗1 重合体とは、複数の単量体(モノマー:monomer)が繰り返し結合し、鎖状や網状にまとまって機能する多量体(ポリマー:polymer)のことを指し、2種類以上の単量体(モノマー:monomer)がつながってできているものを共重合体(copolymer:コポリマー)とよびます。

(VP/エイコセン)コポリマー

1.2. 性状

(VP/エイコセン)コポリマーの性状は、

状態 白色-淡黄色のワックス様固体

このように報告されています[3]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 皮膜形成

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、コンシーラー製品、化粧下地製品、日焼け止め製品などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 皮膜形成

皮膜形成に関しては、(VP/エイコセン)コポリマーは乾くと耐水性と顔料の分散性に優れた疎水性の皮膜を形成することから、皮膜形成目的でメイクアップ製品、コンシーラー製品、化粧下地製品、日焼け止め製品などに汎用されています[1b][4]

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2017-2018年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗2)

∗2 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

(VP/エイコセン)コポリマーの配合製品数と配合量の調査結果(2017-2018年)

4. 安全性評価

(VP/エイコセン)コポリマーの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性

医薬部外品原料規格2021に収載されており、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激性はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

4.3. 皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[2b]によると、

  • [個別事例] 手、下腕および脚に乾燥症および掻痒症の病歴をもつアトピー性皮膚炎の男性患者が(VP/エイコセン)コポリマーを含む皮膚軟化クリームを毎日塗布したところ、1ヶ月以内に手足にかゆみを伴う水疱性皮膚炎を発症した。クリームのパッチテストを実施し2および3日目に反応を記録したところ、両日とも+の陽性反応がみられた。皮膚炎の完治から6ヶ月後にそのクリームの成分を対象にパッチテストしたところ、10%(VP/エイコセン)コポリマーを含む軟膏に対して遅発性ではあるものの紅斑性浮腫反応がみられた。この反応はアレルギー性であり、臨床的に関連していると考えられた。健常な皮膚を有する15名の被検者に(VP/エイコセン)コポリマーを対象にパッチテストを実施したところ、いずれの被検者においても陽性反応はみられなかった(R. Gallo et al,2004)
  • [個別事例] 小児期に湿疹の病歴をもつ女性患者が日焼け止め製品を塗布したところ、顔面湿疹がみられたため、その製品および成分のパッチテストを実施し、反応を2および3日目に記録したところ、両日ともに+の陽性反応がみられた。個々の成分のパッチテストも実施され、テスト結果では(VP/エイコセン)コポリマーが陽性反応を引き起こした唯一の成分であることが示された(C. Le Coz et al,2000)

このように皮膚乾燥症や湿疹の病歴を有する場合に2例の個別事例が報告されているため、これらの病歴を有する場合においてごくまれに皮膚感作を引き起こす可能性があると考えられます。

健常な皮膚を有する場合においては、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚感作性はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「(VP/エイコセン)コポリマー」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,101-102.
  2. abW.F. Bergfeld, et al(2018)「Safety Assessment of Vinylpyrrolidone Polymers as Used in Cosmetics(∗3)」, 2022年10月23日アクセス.
    ∗3 PCPCのアカウントをもっていない場合はCIRをクリックし、表示されたページ中のアルファベットをどれかひとつクリックすれば、あとはアカウントなしでも上記レポートをクリックしてダウンロードが可能になります。
  3. Ashland Inc.(2013)「Antaron V-220」Safety Data Sheet.
  4. Ashland Inc.(2014)「Antaron (Ganex) polymers」Product Catalog,30.

TOPへ