ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)とは…成分効果と毒性を解説

エモリエント成分 ベース成分
ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)
[化粧品成分表示名称]
・ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)

[医薬部外品表示名称]
・ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)

植物由来原料のみを使用してつくられた純植物性のペースト状エステル基剤(油性成分)です。

特徴としては、

  • ヘアケア、スキンケア製品にしっとりとしたエモリエント効果を付加
  • ツヤ向上効果に優れているおり、皮膚上でののびも良いためメイクアップ製品に広く配合される
  • 顔料の分散性が良いため、ファンデーション、アイメイク、口紅などの色ムラを防止
  • 結晶を微細化することができるため、口紅などの強度を向上させる
  • 肌への密着性に優れているため、下地クリームなどに利用可能
  • クリームなどでツヤを向上したり、結晶性成分の再結晶化を防止
  • 抱水性が高く、乳化を安定化するため、界面活性剤を減らして製品の安全性を向上することが可能

となっており、

抱水性に関しては抱水力に優れているラノリンと同等であることが明らかになっています。

ちなみにグラフではダイマージリノール酸と省略して記載しています。

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)の抱水性の比較

また、顔料の分散性に関しては酸化チタンとベンガラ(酸化鉄)を用いて顔料分散性に優れているラノリンよりも高い分散性であることが明らかになっています。

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)の酸化チタン分散性の比較

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)のベンガラ分散性の比較

ラノリンの持つ長所をすべて兼ね備え、ラノリンの欠点をクリアした成分として、主にメイクアップ製品やヘアケア製品のエモリエント剤として広く配合されています。

スポンサーリンク

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)の現時点での安全性は、皮膚刺激および眼刺激性はほとんどなく、重大な皮膚感作(アレルギー)の報告もみあたらないため、安全性は高いと考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

成分開発元の日本精化株式会社の技術資料では、ヒト被検者45人に24時間単一パッチ試験を行ったところ、全員陰性であったとの結果が報告されているため、皮膚刺激はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

成分開発元の日本精化株式会社の技術資料では、Sirc法を用いて眼刺激性試験を行ったところ、眼刺激性なし(NON IRRITANT)であったとの結果が報告されているため、眼刺激性はほとんどないと考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

成分開発元の日本精化株式会社の技術資料では、ヒト被検者45人に24時間パッチ試験を行ったところ、全員陰性であったとの結果が報告されており、また広く使用されていながら重大な皮膚感作(アレルギー)の報告がみあたらないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル) 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)は毒性なし(∗1)となっており、毒性に関してはほとんどないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)はエモリエント成分とベース成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:エモリエント成分 ベース成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日本精化株式会社(2011)「plandool」, <https://www.nipponseika-cosme.com/products/productdetail.html?c=f4o0g10v0e915wlu715fegh19i97op> 2017年12月2日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ