ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルとは…成分効果と毒性を解説

エモリエント成分 光沢
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル
[化粧品成分表示名称]
・ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

化学構造的に脂肪酸の一種であるジリノール酸(∗1)とアルコールの一種であるジリノレイルアルコール(∗2)から成るジエステル(∗3)です(文献1:2000)

∗1 「モノ(mono)」「ジ(di)」「トリ(tri)」はギリシャ語でそれぞれ「1」「2」「3」を意味しますが、ジリノール酸とは、炭素数18(C18)の不飽和脂肪酸の一種であるリノール酸が2つ結合した二量体のことをいいます。二量体とはダイマー(dimer)とも呼ばれ、2つの同種の分子または単量体がまとまった物質のことをいいます。

∗2 ジリノレイルアルコールとは、水素添加ジリノール酸を還元して得られるアルコールであり、化学構造的に二量体であるダイマー(dimer)に官能基としてヒドロキシ基(水酸基:-OH)が2つ結合しているため、ダイマージオールとも称します(文献1:2000)。

∗3 モノエステルとは分子内に1基のエステル結合をもつエステルであり、通常はギリシャ語で「1」を意味する「モノ(mono)」が省略され「エステル結合」や「エステル」とだけ記載されます。2基のエステル結合の場合はギリシャ語で「2」を意味する「ジ(di)」をつけてジエステルと記載されます。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、リップ化粧品、メイクアップ化粧品、ヘアスタイリング製品、トリートメント製品、アウトバストリートメント製品、ヘアケア製品、スキンケア化粧品、クレンジング製品などに使用されています。

エモリエント作用

エモリエント作用に関しては、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルはポリブテンに近い高粘性および密着性を示すことが報告されています(文献1:2000;文献2:-)

このような機能性から、密着性のある粘稠なエモリエント効果目的でリップグロス、リップライナー、リップクリーム、口紅、アイシャドー、アイブロー、ファンデーション、ヘアワックス、トリートメント、ヘアクリーム、ヘアパック、フェイスクリームなどに使用されています。

また、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルは以下の成分と併用することで、各製品に沿った機能性が付加されることから、これらを併用している場合は、以下の機能性を付加する目的で配合されている可能性が考えられます。

化粧品成分表示名称 配合製品 併用による配合目的
トリ水添ロジン酸グリセリル ヘアスタイリング製品
ヘアケア製品
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルのベタつきや重さを抑え、スタイリング性を向上させる。
PPG-3カプリリルエーテル ヘアケア製品 ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルのしっとり感持続に加え、シリコーン代替として洗浄中-乾燥後にシリコーンに類似したつるつる感を付与。ノンシリコーンとしてのプロモーションが可能。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル ヘアケア製品
スキンケア化粧品
メイクアップ化粧品
シリコーン代替としてシリコーンに類似したなめらかでつるつるした感触を付与。ノンシリコーンとしてプロモーションができる。
テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル リップ化粧品
メイクアップ化粧品
ツヤ、皮膚密着性、発色性の向上。

光沢付与

光沢付与に関しては、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルは高い屈折率(20℃で1.485、40℃で1.477)を有しており(文献2:-)、ツヤ感の付与目的でとくにリップ化粧品、ヘアワックスに使用されています。

スポンサーリンク

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルの安全性(刺激性・アレルギー)について

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルの現時点での安全性は、

  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

10年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

∗∗∗

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルはエモリエント成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:エモリエント成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 片山 剛(2000)「新規植物性油剤」Fragrance Journal(28)(12),75-80.
  2. 日本精化株式会社(-)「LUSPLAN」技術資料.

スポンサーリンク

TOPへ