ダイズ油の基本情報・配合目的・安全性

ダイズ油

化粧品表示名 ダイズ油
医薬部外品表示名 大豆油
INCI名 Glycine Soja (Soybean) Oil、Glycine Max (Soybean) Oil
配合目的 エモリエント基剤 など

1. 基本情報

1.1. 定義

マメ科植物ダイズ(学名:Glycine soja, syn. Glycine max 英名:Soybean)の種子から得られる脂肪油植物油です(∗1)[1]

∗1 「syn」は同義語を意味する「synonym(シノニム)」の略称です。ツルマメ(学名:Glycine soja)は植物分類学、細胞遺伝学、考古学など様々な観点からダイズ(学名:Glycine max)の原種であると考えられていることから[2a]、分類上ダイズ(Glycine max)は原種であるツルマメ(Glycine soja)のシノニムとされてきましたが、近年は化粧品表示名の分類において区別する動向がみられます。将来的にどのように分類されるかはわかりませんが、現時点では利便性を考慮してどちらの学名であっても区別なく記載しています。

医薬部外品表示名「大豆油」は、ダイズ(Glycine max)から得られる脂肪油に限定されているため、医薬部外品において大豆油が表示されている場合は「Glycine max」由来のダイズ油であると考えられます。

1.2. 物性・性状

ダイズ油の物性・性状は(∗2)

∗2 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。またヨウ素価とは油脂を構成する脂肪酸の不飽和度を示すものであり、一般にヨウ素価が高いほど不飽和度が高い(二重結合の数が多い)ため、酸化を受けやすくなります。

状態 融点(℃) ヨウ素価
油状液体 -7 – -8 114-138(乾性油)

このように報告されています[3a][4a]

1.3. 脂肪酸組成および不鹸化物

ダイズ油の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
パルミチン酸 飽和脂肪酸 C16:0 10.4
ステアリン酸 C18:0 4.0
オレイン酸 不飽和脂肪酸 C18:1 23.5
リノール酸 C18:2 53.5
リノレン酸 C18:3 8.3

このような種類と比率で構成されていることが報告されており[4b]、またダイズ油構成成分のうち1.6%が不鹸化物(∗3)であり、不鹸化物の種類は、

∗3 不鹸化物(不ケン化物)とは、脂質のうちアルカリで鹸化されない物質の総称です。水に不溶、エーテルに可溶な成分である炭化水素、高級アルコール、ステロール、色素、ビタミン、樹脂質などが主な不鹸化物であり、油脂においてはその含有量が特徴のひとつとなります。

不鹸化物 構成比(%)
ステロール 0.33
トコフェロール 0.15-0.21
スクワレン 0.014

このような種類で構成されていることが報告されています[5a]

ダイズ油は、他の植物油と比較して抗酸化物質であるトコフェロールの含有量が多いですが、不飽和脂肪酸であるリノール酸を主成分とし不飽和度の高いリノレン酸の含有量も多いことから、総合的に自動酸化に対する安定性が低いといった特徴を有しています[5b]

ただし、化粧品においてはトコフェロールに代表される酸化防止剤を添加することで酸化安定性が大幅に向上するため、一般にトコフェロールなどの酸化防止剤やトコフェロールの含有量の多い植物油脂と一緒に使用されます。

1.4. 分布と歴史

ダイズ(学名:Glycine max)は、野生ダイズのツルマメ(学名:Glycine soja)を起源として発達したと考えられており、ツルマメからダイズへの栽培化が紀元前1100年頃に中国東北部で起こったことから中国原産とされ、中国・朝鮮から日本に伝わり、20世紀以前は中国、朝鮮、日本だけで大規模生産が行われていました[2b][6a]

そのような背景の中で1765年に米国に、1882年にはブラジルをはじめ中南米に広まり、世界各地では搾油用や飼料用としての需要が高まった経緯もあり、現在では米国とブラジル次いでアルゼンチンが世界最大の生産国となっています[6b][7]

日本においては弥生後期(約1800年前)の遺跡から大豆が出土しており、日常的に豆腐、納豆、きな粉、味噌、豆乳、醤油などとして大豆を加工し摂取する大豆食文化が形成されてきた歴史があり、現在も同様に根付いていますが、国内生産量は相対的な競争力の低下による影響などから減少傾向が続いています[6c][8]

1.5. 化粧品以外の主な用途

ダイズ油の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 単体では業務用天ぷら油として、また家庭用では光によるにおいの戻りを考慮して他の油脂と併用してサラダ油として用いられています[6d]
医薬品 可溶・可溶化、基剤、矯味、賦形、分散、溶剤、溶解補助目的の医薬品添加剤として経口剤、静脈内注射、外用剤などに用いられています[9]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • エモリエント効果
  • 油性基剤

主にこれらの目的でリップ系化粧品、メイクアップ製品、化粧下地製品、スキンケア製品、ボディ&ハンドケア製品、シャンプー製品、コンディショナー製品、トリートメント製品、アウトバストリートメント製品、クレンジング製品、洗顔料、洗顔石鹸、ネイル製品など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、ダイズ油は閉塞性により皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[3b][10][11]、各種クリーム、メイクアップ製品、ヘアケア製品、ネイル製品などに汎用されています。

2.2. 油性基剤

油性基剤に関しては、ダイズ油は油性基剤としてサンオイル、ヘアオイルなどオイル製品を中心に使用されています[3c]

3. 混合原料としての配合目的

ダイズ油は、混合原料が開発されており、ダイズ油と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 Phytext
構成成分 リン脂質、ダイズ油
特徴 くせ毛を整え、髪型を保持するヘアコンディショニング剤
原料名 Amisoltrio
構成成分 リン脂質、ダイズ油ダイズステロール、糖脂質
特徴 肌や髪の水/油バランスを整え、水分蒸散を防止する皮膜形成機能を持った脂質複合成分
原料名 Avocadol
構成成分 ダイズ油ダイズステロールラウリン酸ヘキシルアボカド油セテアリルアルコール
特徴 ステロールを豊富に含有する植物性バター

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2017年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗4)

∗4 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ダイズ油の配合製品数と配合量の調査結果(2017年)

5. 安全性評価

ダイズ油の現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
    (学名:Glycine maxのみ)
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
    (学名:Glycine maxのみ)
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

日本薬局方および医薬部外品原料規格2021に収載されており、40年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

また、大豆のアレルゲンは大豆タンパク質ですが、一般に精製大豆油はアレルギー反応を引き起こすような量のタンパク質は含まれておらず(∗5)、大豆アレルギー患者に対して行われた二重盲検法によるプリックテスト(∗6)(対照油はオリーブ油)においてアレルギー反応は観察されていないと報告されています[12][13]

∗5 低温圧搾法(コールドプレス)で得られる大豆油は、比較的タンパク質含有量が高くなります。コールドプレス大豆油のタンパク質がアレルギー反応に関与するのかどうかは明確にされていませんが、アレルギー反応を引き起こすリスクは高くなると考えられるため、コールドプレス大豆油は精製油に含みません。

∗6 プリックテスト(prick test)とは、少量のアレルゲンを含む針またはピンで皮膚を刺し、即時皮膚反応を評価する皮膚アレルギー検査です。

5.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

6. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ダイズ油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,629.
  2. ab吉村 泰幸, 他(2016)「遺伝子組換えダイズの生物多様性影響評価に必要なツルマメの生物情報集」農業環境技術研究所報告(36),47-69.
  3. abc日光ケミカルズ株式会社(2016)「油脂」パーソナルケアハンドブックⅠ,1-19.
  4. ab鈴木 修, 他(1990)「油脂およびろうの性状と組成」油脂化学便覧 改訂3版,99-137.
  5. ab広田 博(1997)「乾性油」化粧品用油脂の科学,11-15.
  6. abcd山下 道大・小山 文裕(2012)「大豆油」油脂の特性と応用,2-42.
  7. 農林水産省(2016)「生産と消費量で見る世界の大豆事情」, 2022年1月2日アクセス.
  8. 杉田 浩一, 他(2017)「だいず」新版 日本食品大事典,451-454.
  9. 日本医薬品添加剤協会(2021)「ダイズ油」医薬品添加物事典2021,368-369.
  10. 鈴木 一成(2012)「ダイズ油」化粧品成分用語事典2012,10-11.
  11. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  12. 菅野 道廣(2006)「大豆油はアレルギー反応を引き起こすか?」日本栄養・食糧学会誌(59)(6),313-321. DOI:10.4327/jsnfs.59.313.
  13. R.K. Bush, et al(1985)「Soybean oil is not allergenic to soybean-sensitive individuals」Journal of Allergy and Clinical Immunology(76)(2 Pt 1),242-245. PMID:3894482.

TOPへ