コメヌカ油の基本情報・配合目的・安全性

コメヌカ油

化粧品表示名称 コメヌカ油
医薬部外品表示名称 コメヌカ油
医薬部外品表示名称(簡略名) 米ヌカ油
化粧品国際的表示名称(INCI名) Oryza Sativa (Rice) Bran Oil
配合目的 エモリエント基剤 など

1. 基本情報

1.1. 定義

コメヌカから得られる脂肪油植物油です[1a]

1.2. 物性・性状

コメヌカ油の物性・性状は(∗1)

∗1 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。またヨウ素価とは油脂を構成する脂肪酸の不飽和度を示すものであり、一般にヨウ素価が高いほど不飽和度が高い(二重結合の数が多い)ため、酸化を受けやすくなります。

状態 融点(℃) ヨウ素価
油状液体 90-120(不乾性油)

このように報告されています[2a]

1.3. 脂肪酸組成および不鹸化物

コメヌカ油の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
ミリスチン酸 飽和脂肪酸 C14:0 0.3
パルミチン酸 C16:0 16.2
ステアリン酸 C18:0 1.8
パルミトレイン酸 不飽和脂肪酸 C16:1 0.1
オレイン酸 C18:1 41.4
リノール酸 C18:2 37.5
リノレン酸 C18:3 1.6

このような種類と比率で構成されていることが報告されており[3]、また未精製油の不鹸化物(∗2)は、以下の表のように、

∗2 不鹸化物(不ケン化物)とは、脂質のうちアルカリで鹸化されない物質の総称です。水に不溶、エーテルに可溶な成分である炭化水素、高級アルコール、ステロール、色素、ビタミン、樹脂質などが主な不鹸化物であり、油脂においてはその含有量が特徴のひとつとなります。

不鹸化物 構成比
トコフェロール α-トコフェロール 85%以上 57mg/100g
トコトリエノール α-トコトリエノール 40% 74mg/100g
β-トコトリエノール 57%
フィトステロール β-シトステロール 48.3% 965mg/100g
カンペステロール 18.7%
スチグマステロール 14.0%
オリザノール コメヌカ油全体の1.8%

などで構成されていることが報告されています[4a]

コメヌカ油は、不飽和脂肪酸であるオレイン酸とリノール酸を主成分としているものの、抗酸化物質であるトコフェロールやオリザノールを含んでいることなどから、総合的に自動酸化に対する安定性はやや高いと評価されています[4b]

1.4. 分布

アジアイネ(アジア稲)は、ジャポニカ亜種(日本型)とインディカ亜種(インド型)に大別され、ジャポニカは日本、中国北部、韓国、朝鮮、台湾などで栽培され、インディカはインド、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、中国南部などの広い地域で栽培されています[5]

世界的に多く生産・消費されているのはインディカ米であり、世界の米の生産量は中国、インド、インドネシア、バングラデシュ、ベトナム、タイなどで高く[6]、一方日本においては新潟県、北海道、秋田県を中心に全国各地で栽培されています[7]

1.5. 化粧品以外の主な用途

コメヌカ油の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 胃もたれが少なく風味にコクがあることから家庭用サラダ油や天ぷら油として広く用いられるほか、耐熱性や保存性に優れているためマヨネーズなどの原料として用いられます[4c][8]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • エモリエント効果
  • 油性基剤

主にこれらの目的で、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、マスク製品、クレンジング製品、シャンプー製品、コンディショナー製品、トリートメント製品、アウトバストリートメント製品、ボディソープ製品、ボディ石鹸、洗顔石鹸、洗顔料、ヘアスタイリング製品、入浴剤など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、コメヌカ油は閉塞性により皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[1b][9][10]、各種クリーム、メイクアップ化粧品、ヘアケア製品などに汎用されています。

2.2. 油性基剤

油性基剤に関しては、コメヌカ油は紫外線吸収能をもつオリザノールを含むことから油性基剤として日焼け止めオイルなどに使用されています[2b]

3. 混合原料としての配合目的

コメヌカ油は、混合原料が開発されており、コメヌカ油と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 オリザオイルEX
構成成分 コメヌカ油コメ胚芽油トコトリエノールトコフェロール
特徴 米ぬかおよび米胚芽の不鹸化物(γ-オリザノール、トコトリエノール、トコフェロール及びステロール類)を含む油脂
原料名 RCB – Rice Butter
構成成分 コメヌカ油、水添野菜油
特徴 コメヌカ油と水添野菜油を混合した融点50-60℃のライスバター
原料名 Beracare ARS Hair System (Hair Revitalization Oil)
構成成分 クダモノトケイソウ種子油、コメヌカ油、アサイヤシ果実油
特徴 光沢があり皮膚や毛髪の柔軟化を促進する複合植物オイル

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2000-2003年および2010年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗3)

∗3 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

コメヌカ油の配合製品数と配合量の調査結果(2000-2003年および2010年)

5. 安全性評価

コメヌカ油の現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 30年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし-最小限
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • 光感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[11a]によると、

  • [ヒト試験] 93人の被検者に1.04%コメヌカ油を含むバスオイルの10%水溶液を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、誘導期間において17人の被検者でほとんど知覚できないまたは軽度の反応が観察され、チャレンジ期間において1人の被検者でほとんど知覚できない反応がみられた(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)
  • [ヒト試験] 94人の被検者に8%コメヌカ油を含む保湿剤を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、誘導期間において21人の被検者でほとんど知覚できないまたは軽度の皮膚反応が観察されたが、チャレンジ期間においては反応は観察されなかったため、この試験物質は皮膚感作剤ではないと結論付けられた(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1987)
  • [ヒト試験] 90人の被検者に1.04%コメヌカ油を含むリップクリームを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、誘導期間およびチャレンジ期間において1人の被検者に皮膚反応が観察されたが、この試験物質は皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではないと判断された(Hill Top Research,1988)
  • [ヒト試験] 100人の被検者に1.04%コメヌカ油を含むフェイス/ボディクリームを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、この試験物質は皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(AMA Laboratories,1989)
  • [ヒト試験] 111人の被検者に0.3%コメヌカ油を含む子供用シャンプーおよびコンディショナー2mLを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を閉塞パッチにて実施したところ、誘導期間において4回目と5回目のパッチで1人の被検者に軽度の紅斑が観察されたが、チャレンジ期間においてはいずれの被検者も皮膚反応は観察されなかったため、この試験物質は皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(Consumer Product Testing Co,1997)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[11b]によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼にコメヌカ油0.1mLを点眼し、点眼24,48および72時間後に眼刺激性を評価したところ、24時間で2匹にわずかな結膜発赤がみられたが、48時間で1匹で発赤が消失し、72時間で残りの1匹も消失した。この試験物質は眼刺激剤とはみなされなかった(Leberco Testing Inc,1993)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に未希釈のコメヌカ油を点眼し、点眼1,2,3,4および7日後にDraize法に基づいてスコア化したところ、いずれのウサギも角膜または虹彩には反応は認められなかった。1匹のウサギは1日目および2日目に結膜スコア2を有し、4日目および7日目に別のウサギの結膜スコアが2であった。これらの結果からこの試験物質は最小限の眼刺激剤であると考えられた(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1983)

このように記載されており、試験データをみるかぎり非刺激-最小限の眼刺激が報告されているため、一般に眼刺激性は非刺激-最小限の眼刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

5.3. 光感作性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[11c]によると、

  • [ヒト試験] 25人の白人被検者に1.04%コメヌカ油を含むリップバームを対象に光感作試験をともなうHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、誘導期間においていくつかの軽度の紅斑は観察されたが、いずれの被検者においても光感作を示唆する反応はみられなかった(ivy Laboratories,1996)
  • [ヒト試験] 25人の白人被検者に1.5%コメヌカ油を含むローションを24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後キセノンアークシミュレーターでMED(最小紅斑線量)を照射した。その後試験部位を48時間開放し、再度パッチ適用および照射を週2回合計6週間繰り返した。最後の照射の12日後に単一チャレンジパッチおよび照射したところ、いずれの被検者においても光接触アレルギーを示唆する反応はみられなかったため、この条件下でローション中の試験物質はヒト皮膚において検出可能な光感作性を有していなかった(ivy Laboratories,2000)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して光感作なしと報告されているため、一般に光感作性はほとんどないと考えられます。

6. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「コメヌカ油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,419.
  2. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「油脂」パーソナルケアハンドブックⅠ,1-19.
  3. 鈴木 修, 他(1990)「油脂およびろうの性状と組成」油脂化学便覧 改訂3版,99-137.
  4. abc斎藤 典幸・伊草 久夫(2012)「こめ油」油脂の特性と応用,91-108.
  5. 杉田 浩一, 他(2017)「こめ」新版 日本食品大事典,297-305.
  6. 農林水産省(2016)「生産量と消費量で見る世界の米事情」, 2022年1月10日アクセス.
  7. 農林水産省(2021)「作況調査(水陸稲、麦類、豆類、かんしょ、飼料作物、工芸農作物)」, 2022年1月10日アクセス.
  8. 杉田 浩一, 他(2017)「こめぬか油」新版 日本食品大事典,306.
  9. 宇山 侊男, 他(2020)「コメヌカ油」化粧品成分ガイド 第7版,57.
  10. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  11. abcF.A. Andersen(2006)「Amended Final Report on the Safety Assessment of Oryza Sativa (Rice) Bran Oil, Oryza Sativa (Rice) Germ Oil, Rice Bran Acid, Oryza Sativa (Rice) Bran Wax, Hydrogenated Rice Bran Wax, Oryza Sativa (Rice) Bran Extract, Oryza Sativa (Rice) Extract, Oryza Sativa (Rice) Germ Powder, Oryza Sativa (Rice) Starch, Oryza Sativa (Rice) Bran, Hydrolyzed Rice Bran Extract Hydrolyzed Rice Bran Protein, Hydrolyzed Rice Extract, and Hydrolyzed Rice Protein」International Journal of Toxicology(25)(2_suppl),91-120. DOI:10.1080/10915810600964626.

TOPへ