ピーナッツ油の基本情報・配合目的・安全性

ピーナッツ油

化粧品表示名称 ピーナッツ油
医薬部外品表示名称 ラッカセイ油、ピーナツ油
化粧品国際的表示名称(INCI名) Arachis Hypogaea (Peanut) Oil
配合目的 エモリエント基剤溶剤 など

1. 基本情報

1.1. 定義

マメ科植物ラッカセイ(学名:Arachis hypogaea 英名:peanut)の種子から得られる脂肪油植物油です[1]

1.2. 物性・性状

ピーナッツ油の物性・性状は(∗1)

∗1 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。またヨウ素価とは油脂を構成する脂肪酸の不飽和度を示すものであり、一般にヨウ素価が高いほど不飽和度が高い(二重結合の数が多い)ため、酸化を受けやすくなります。

状態 融点(℃) ヨウ素価
油状液体 0-3 82-109(不乾性油)

このように報告されています[2a][3a]

1.3. 脂肪酸組成

ピーナッツ油の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
パルミチン酸 飽和脂肪酸 C16:0 11.7
ステアリン酸 C18:0 3.4
アラキジン酸 C20:0 0.2
ベヘン酸 C22:0 3.0
パルミトレイン酸 不飽和脂肪酸 C16:1 0.1
オレイン酸 C18:1 41.6
リノール酸 C18:2 36.7
リノレン酸 C18:3 1.8
エイコセン酸 C20:1 1.1

このような種類と比率で構成されていることが報告されており[3b]、オレイン酸とリノール酸を主成分とし、リノール酸の含有量がやや多いことから、他の植物油脂と比較して自動酸化に対する安定性がやや低いと考えられます[4a]

ただし、化粧品においてはトコフェロールに代表される酸化防止剤を添加することで酸化安定性が大幅に向上するため、一般にトコフェロールなどの酸化防止剤やトコフェロールの含有量の多い植物油脂と一緒に使用されます。

1.4. 分布と歴史

ラッカセイ(落花生)は、南米グランチャコ地域(Gran Chaco)(∗2)を原産とし、南北アメリカへの分布を経て16世紀以後にアジア・ヨーロッパ・アフリカへ広がり、世界各地で殻のまま、またはバターピーナッツやピーナッツバターなど広く食用に用いられています[5a]

∗2 ボリビア、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルにまたがる半砂漠地域です。

日本においては1706年頃に中国から伝わりましたが、全国的に広く栽培されるようになったのは1874年に内務省によって米国のものを各地で導入・試作させる中で、1946年に三重県農業試験場で落花生の育種が開始され、1955年に千葉県農業試験場に移管された経緯によるもので、現在では千葉県で国内の70%以上が生産され、次いで茨城県で生産されています[5b]

1.5. 化粧品以外の主な用途

ピーナッツ油の化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 落花生独特の香りと味を有しており、中華料理に欠かすことのできない油として用いられるほか、天ぷら油などにも用いられています[6]
医薬品 懸濁・懸濁化、賦形、溶剤、溶解目的の医薬品添加剤として経口剤、筋肉内注射、外用剤に用いられています[7]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • エモリエント効果
  • 油性基剤
  • 溶剤

主にこれらの目的で、メイクアップ化粧品、化粧下地製品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、ネイル製品、マスク製品、アウトバストリートメント製品、クレンジング製品、洗顔石鹸など様々な製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、ピーナッツ油は閉塞性により皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[2b][8]、各種クリーム、メイクアップ化粧品、ヘアケア製品、ネイル製品などに使用されています。

2.2. 油性基剤

油性基剤に関しては、ピーナッツ油は医薬品の軟膏基剤などにも用いられており[2c]、油性基剤としてオイル製品などに使用されています[4b]

2.3. 溶剤

溶剤に関しては、ピーナッツ油は主に油溶性ビタミン類を溶かし込む溶剤として用いられています。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の1998年および2010年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗3)

∗3 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ピーナッツ油の配合製品数と配合量の調査結果(1998年および2010年)

4. 安全性評価

ピーナッツ油の現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[9a]によると、

  • [ヒト試験] 50人の被検者に未希釈のピーナッツ油を48時間パッチ適用し、パッチ除去30分後に皮膚刺激性を評価したところ、皮膚反応はみられず、この試験物質は非刺激剤に分類された(Motoyoshi et al,1979)
  • [ヒト試験] 5人の被検者の擦過した皮膚にUSP(米国薬局)グレードのピーナッツ油100μLをアルミニウムチャンバーを介して3日間毎日閉塞適用し、最後のパッチ除去30分後に皮膚刺激性を皮膚刺激スコア0.0-4.0のスケールで評価したところ、平均皮膚刺激スコアは0.0-0.4であり、この試験物質は非刺激剤に分類された(Frosch and Kligman,1977)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[9b]によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギを用いてケトコナゾール(抗真菌薬)の眼毒性を検討するため、それぞれのウサギの片眼に1%,3%または5%ケトコナゾールを含むピーナッツ油を適用し、もう片方の眼は対照として希釈していないピーナッツ油のみを3週間毎日適用し、眼刺激性を眼刺激スコア0-156のスケールで評価したところ、ピーナッツ油のみを適用した眼においては3,3,1のスコアであり(3つの濃度のケトコナゾールについての3つの対照として)、ピーナッツ油は非刺激剤と結論付けられた(Oji,1982)

このように記載されており、試験データをみるかぎり眼刺激なしと報告されているため、一般に眼刺激性はほとんどないと考えられます。

4.3. 皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[9c][10]によると、

– ピーナッツに過敏な皮膚を有する場合 –

  • [ヒト試験] ピーナッツに過敏な皮膚を有する10人の患者に皮膚感作試験として、ピーナッツ油を皮膚に1滴垂らし検査用の針を皮膚の表面に押し当てて15分後に反応を観察するプリックテストを実施したところ、すべての患者はピーナッツ油およびオリーブ油(対照)の両方で陰性であった。患者はその後1,2および5mLのピーナッツ油およびオリーブ油(カプセル形態)を30分間隔で摂取し、2週間後の休息期間を設けた後に以前ピーナッツ油8mLを摂取した患者はオリーブ油を、オリーブ油を摂取した患者はピーナッツ油を摂取したところ、皮膚感作反応は認められなかった(Taylor et al,1981)
  • [ヒト試験] ピーナッツに対して陽性反応を示した62人の被検者に精製または粗製ピーナッツ油1,5および10mLと用量を増やしてパン、豆乳、プディングと混ぜて提供し、症状の発現を観察するため投与量の間に10-15分の間隔をおいたところ、いずれの被検者も精製ピーナッツ油に対して感作反応を示さなかった(Hourihane et al,1997)
  • [ヒト試験] ピーナッツに過敏な14人の被検者(成人6人、子ども8人)に0.01%精製ピーナッツ油を含む皮膚科処方製剤をパッチテストしたところ、いずれの被検者においても皮膚反応はみられなかった(Yunginger JW,2001)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚感作なしと報告されているため、一般に精製されたピーナッツ油において皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ピーナッツ油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,786.
  2. abc日光ケミカルズ株式会社(1977)「油脂類」ハンドブック – 化粧品・製剤原料 – 改訂版,1-15.
  3. ab鈴木 修, 他(1990)「油脂およびろうの性状と組成」油脂化学便覧 改訂3版,99-137.
  4. ab広田 博(1997)「不乾性油」化粧品用油脂の科学,18-26.
  5. ab杉田 浩一, 他(2017)「らっかせい」新版 日本食品大事典,822-823.
  6. 杉田 浩一, 他(2017)「らっかせい油」新版 日本食品大事典,823-824.
  7. 日本医薬品添加剤協会(2021)「ラッカセイ油」医薬品添加物事典2021,257-258.
  8. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  9. abcF.A. Andersen(2001)「Final Report on the Safety Assessment of Peanut (Arachis Hypogaea) Oil, Hydrogenated Peanut Oil, Peanut Acid, Peanut Glycerides, and Peanut (Arachis Hypogaea) Flour」International Journal of Toxicology(20)(2_suppl),65-77. DOI:10.1080/10915810160233776.
  10. C.L. Burnett, et al(2017)「Safety Assessment of Plant-Derived Fatty Acid Oils」International Journal of Toxicology(36)(3_suppl),51S-129S. DOI:10.1177/1091581817740569.

TOPへ