アルガニアスピノサ核油の基本情報・配合目的・安全性

アルガニアスピノサ核油

化粧品表示名称 アルガニアスピノサ核油
慣用名称 アルガンオイル
化粧品国際的表示名称(INCI名) Argania Spinosa Kernel Oil
配合目的 エモリエント など

1. 基本情報

1.1. 定義

アカテツ科植物アルガンノキ(学名:Argania Spinosa, syn. Sideroxylon spinosum 英名:Argania)の核から得られる脂肪油植物油です(∗1)[1a]

∗1 「syn」は同義語を意味する「synonym(シノニム)」の略称です。

1.2. 物性・性状

アルガニアスピノサ核油の物性・性状は(∗2)

∗2 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。またヨウ素価とは油脂を構成する脂肪酸の不飽和度を示すものであり、一般にヨウ素価が高いほど不飽和度が高い(二重結合の数が多い)ため、酸化を受けやすくなります。

状態 融点(℃) ヨウ素価
油状液体 95(不乾性油)

このように報告されています[2a]

1.3. 脂肪酸組成および不鹸化物

アルガニアスピノサ核油の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
パルミチン酸 飽和脂肪酸 C16:0 12.2-13.8
ステアリン酸 C18:0 4.7-5.7
オレイン酸 不飽和脂肪酸 C18:1 45.0-50.3
リノール酸 C18:2 29.0-36.8

このような種類と比率で構成されていることが報告されており[3a]、また不鹸化物(∗3)は、以下の表のように、

∗3 不鹸化物(不ケン化物)とは、脂質のうちアルカリで鹸化されない物質の総称です。水に不溶、エーテルに可溶な成分である炭化水素、高級アルコール、ステロール、色素、ビタミン、樹脂質などが主な不鹸化物であり、油脂においてはその含有量が特徴のひとつとなります。

不鹸化物 構成比
トコフェロール(γ体が8-9割、α体が1割) 56-69mg/100g

などで構成されていることが報告されています[3b]

アルガニアスピノサ核油は、オレイン酸を主成分とし、またリノール酸を多く含みますが、トコフェロールをある程度含有していることから比較的自動酸化に対する安定性は高いと考えられます(∗4)[4][5a]

∗4 伝統的な手作業によるアルガンオイル以外は保存しやすく、オリーブオイルよりも酸化しにくいことが証明されていると報告されています。またアルガンオイルを単独で25℃環境下で保存した場合はモロッコ基準で12ヶ月、化粧品基準で6ヶ月間は品質が保持されることが確認されています。

ただし、化粧品においてはトコフェロールに代表される酸化防止剤を添加することで酸化安定性が大幅に向上するため、長期間の保存を視野にいれた製品は一般にトコフェロールなどの酸化防止剤やトコフェロールの含有量の多い植物油脂と一緒に使用されます。

1.4. 分布と歴史

アルガンノキは、モロッコ王国およびスペイン領のカナリア諸島の限られた地域を原産とし、モロッコの先住民であるベルベル人によって古くから材が燃料や建築材として、葉や実の果肉が家畜の飼料として利用されてきた歴史があります[5b][6a]

また、種子はアルガンオイルとして、ニキビ、吹き出物、やけど、ひび割れなどの塗布薬に用いられ、さらに関節痛やリューマチ治療にも用いられてきた伝統があります[5c]

このように砂漠の民にとっては恵みの樹木ともいえるアルガンノキですが、近年では山岳地帯の過放牧や木材の過剰利用などからアルガンノキの絶滅が懸念されており、1988年にはユネスコによってアルガンの森を生物圏保存地域に指定されています[6b]

このような背景から、アルガンオイルの価値を高めながら樹木を保護し地域の砂漠化を防止すること、同時に女性の収入を増やして社会的な地位向上に貢献することを柱とした国家プロジェクトとして「タルガニン生産協同組合」が設立されるとともに、この組合の活動によりアルガンオイルの搾油センターが建設され、ヨーロッパなどの品質基準を満たす製品づくりが可能となり、現在ではイギリス、カナダ、日本など世界各国の支援を受け、アルガンオイルの普及が進んでいます[5d][6c]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • エモリエント効果

主にこれらの目的で、メイクアップ化粧品、化粧下地製品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、日焼け止め製品、マスク製品、シャンプー製品、コンディショナー製品、トリートメント製品、アウトバストリートメント製品、クレンジング製品、ボディソープ製品、ネイル製品、ヘアスタイリング製品など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、アルガニアスピノサ核油はサラッとした感触で皮膚親和性が高く、閉塞性により皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚や毛髪に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[1b][7][8]、各種クリーム、メイクアップ化粧品、ヘアケア製品、ネイル製品などに汎用されています。

3. 混合原料としての配合目的

アルガニアスピノサ核油は、混合原料が開発されており、アルガニアスピノサ核油と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 ARB – Argan Butter
構成成分 アルガニアスピノサ核油、水添野菜油
特徴 アルガニアスピノサ核油と水添野菜油を混合した融点50-60℃のアルガンバター
原料名 Aecosoft アルガン
構成成分 アルガニアスピノサ核油ラウリルグルコシド
特徴 アルガン由来アルキルグルコシドによってアルガニアスピノサ核油が水に可溶化したオイル
原料名 Biochemica Argan Shine
構成成分 水添野菜油、アルガニアスピノサ核油セテアリルアルコールアーモンド油
特徴 アルガンオイル、水添野菜油、セテアリルアルコールおよびアーモンド油を混合した固形油脂
原料名 EmulsiPure アルガン
構成成分 アルガニアスピノサ核油セテアリルグルコシドステアリン酸グリセリル
特徴 アルガンオイル由来セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリルからなる天然乳化剤

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2010年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗5)

∗5 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

アルガニアスピノサ核油の配合製品数と配合量の調査結果(2010年)

5. 安全性評価

アルガニアスピノサ核油の現時点での安全性は、

  • 15年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[2b]によると、

  • [ヒト試験] 108人の被検者に5%アルガニアスピノサ核油を含むフェイスセラムを対象に皮膚一次刺激性試験を実施用したところ、この試験物質は皮膚一次刺激剤ではなかった(Institut D’Expertise Clinique,2010)
  • [ヒト試験] 108人の被検者に5%アルガニアスピノサ核油を含むフェイスセラムを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、この試験物質は皮膚刺激剤または皮膚感作剤ではなかった(Institut D’Expertise Clinique,2010)
  • [ヒト試験] 209人の被検者に10%アルガニアスピノサ核油を含む軟膏を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を閉塞パッチにて実施したところ、この試験物質は皮膚感作剤ではなかった(TKL Research,2007)
  • [ヒト試験] 51人の被検者の唇、手、爪、肘、膝、足、かかとに10%アルガニアスピノサ核油を含む軟膏を4週間連用したところ、2人の被検者で唇にレベル1(最小の紅斑)が、5人の被検者で肘または唇にレベル1の紅斑が示され、さらに15人の被検者は主観的な皮膚刺激を報告した。結果として10%アルガニアスピノサ核油を含む軟膏は重大な皮膚刺激または乾燥を誘発しなかった(Harrison Research Laboratories,2007)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

6. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「アルガニアスピノサ核油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,156.
  2. abC.L. Burnett, et al(2017)「Safety Assessment of Plant-Derived Fatty Acid Oils」International Journal of Toxicology(36)(3_suppl),51S-129S. DOI:10.1177/1091581817740569.
  3. abM. Kouidri, et al(2015)「The Chemical Composition of Argan Oil」International Journal of Advanced Studies in Computers, Science and Engineering(4)(1),24-28.
  4. S. Gharby, et al(2014)「Oxidative stability of cosmetic argan oil: a one-year study」Journal of Cosmetic Science(65)(2),81-87.
  5. abcd山本 淑子(2010)「神秘な国モロッコ王国とアルガンオイル」アルガンオイルの神秘な力,1-37.
  6. abc比嘉 基紀, 他(2012)「ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)の世界での活用事例」日本生態学会誌(62)(3),365-373. DOI:10.18960/seitai.62.3_365.
  7. 日光ケミカルズ株式会社(2016)「油脂」パーソナルケアハンドブックⅠ,1-19.
  8. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.

TOPへ