ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルの基本情報・配合目的・安全性

ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル

化粧品表示名称 ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル
医薬部外品表示名称 ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリトリット
医薬部外品表示名称(簡略名) ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリスリチル
化粧品国際的表示名称(INCI名) Dipentaerythrityl Hexahydroxystearate
配合目的 エモリエント など

1. 基本情報

1.1. 定義

エリスリトールの二量体(∗1)がもつ6個のヒドロキシ基(-OH)にヒドロキシステアリン酸のカルボキシ基(-COOH)を脱水縮合(∗2)したヘキサエステルです[1]

∗1 二量体とはダイマー(dimer)とも呼ばれ、2つの同種の分子または単量体がまとまった物質のことをいいます。

∗2 脱水縮合とは、分子と分子から水(H2O)が離脱することにより分子と分子が結合する反応のことをいいます。脂肪酸とアルコールのエステルにおいては、脂肪酸(R-COOH)のカルボキシ基(-COOH)の「OH」とアルコール(R-OH)のヒドロキシ基(-OH)の「H」が分離し、これらが結合して水分子(H2O)として離脱する一方で、残ったカルボキシル基の「CO」とヒドロキシ基の「O」が結合してエステル結合(-COO-)が形成されます。

∗3 モノエステルとは分子内に1基のエステル結合をもつエステルであり、通常はギリシャ語で「1」を意味する「モノ(mono)」が省略され「エステル結合」や「エステル」とだけ記載されます。分子内に6基のエステル結合をもつ場合はギリシャ語で「6」を意味する「ヘキサ(hexa)」をつけてヘキサエステルと記載されます。

ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル

1.2. 物性・性状

ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルの物性・性状は(∗4)

∗4 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。

状態 融点(℃)
ペースト状物質 45

このように報告されています[2a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 抱水性エモリエント効果

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、コンシーラー製品、スキンケア製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 抱水性エモリエント効果

抱水性エモリエント効果に関しては、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルは優れた抱水性を示し、皮膚や毛髪に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[2b][3]、主にメイクアップ製品、コンシーラー製品、スキンケア製品などに汎用されています。

3. 配合製品数および配合量範囲

ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリトリットは、医薬部外品(薬用化粧品)への配合において配合上限があり、配合範囲は以下になります。

種類 配合量
薬用石けん・シャンプー・リンス等、除毛剤 上限なし
育毛剤 上限なし
その他の薬用化粧品、腋臭防止剤、忌避剤 上限なし
薬用口唇類 20
薬用歯みがき類 20
浴用剤 配合不可
染毛剤 配合不可
パーマネント・ウェーブ用剤 配合不可

4. 安全性評価

ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

医薬部外品原料規格2021に収載されており、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,862.
  2. ab日清オイリオグループ株式会社(2018)「ペースト状油剤」化粧品原料製品カタログ,3.
  3. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.

TOPへ