ヤシ脂肪酸スクロースの基本情報・配合目的・安全性

ヤシ脂肪酸スクロース

化粧品表示名 ヤシ脂肪酸スクロース
医薬部外品表示名 ヤシ油脂肪酸ショ糖エステル
部外品表示別名 ショ糖ヤシ油脂肪酸エステル
INCI名 Sucrose Cocoate
配合目的 エモリエント加脂肪 など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表されるヤシ脂肪酸のカルボキシ基(-COOH)スクロースのヒドロキシ基(-OH)を脱水縮合(∗1)したショ糖脂肪酸エステルに分類されるエステルです[1]

∗1 脱水縮合とは、分子と分子から水(H2O)が離脱することにより分子と分子が結合する反応のことをいいます。脂肪酸とアルコールのエステルにおいては、脂肪酸(R-COOH)のカルボキシ基(-COOH)の「OH」とアルコール(R-OH)のヒドロキシ基(-OH)の「H」が分離し、これらが結合して水分子(H2O)として離脱する一方で、残ったカルボキシ基の「CO」とヒドロキシ基の「O」が結合してエステル結合(-COO-)が形成されます。

ヤシ脂肪酸スクロース

1.2. 性状

ヤシ脂肪酸スクロースの性状は、

状態 淡黄色のペースト

このように報告されています[2a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 親水性エモリエント効果
  • 加脂肪

主にこれらの目的で、リップ系メイクアップ製品、その他のメイクアップ製品、スキンケア製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、ハンドケア製品、ボディケア製品、マスク製品、クレンジング製品、ボディソープ製品、洗顔料など様々な製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 親水性エモリエント効果

親水性エモリエント効果に関しては、ヤシ脂肪酸スクロースは柔らかさとなめらかさを有した皮膚や目に非常に優しいショ糖脂肪酸エステルであり、皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[2b][3a]、主にリップ系メイクアップ製品、その他のメイクアップ製品、スキンケア製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、ハンドケア製品、ボディケア製品、マスク製品などに使用されています。

2.2. 加脂肪

加脂肪に関しては、ヤシ脂肪酸スクロースは洗浄製品に加えることで泡をきめ細かくし、クリーミィさを向上させることから[2c][3b]、泡質改善目的で主に洗浄製品に使用されています。

3. 混合原料としての配合目的

ヤシ脂肪酸スクロースは混合原料が開発されており、ヤシ脂肪酸スクロースと以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 SP ARLACEL 2121 MBAL HLB 6.0
構成成分 ステアリン酸ソルビタンヤシ脂肪酸スクロース
特徴 連続した水相中で多重層ラメラ液晶構造を形成し、水相にゲルネットワークを形成することにより、乳化安定性の向上、優れた展延性、なめらかで軽い感触を付与する自己乳化系乳化剤

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2016年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗2)

∗2 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ヤシ脂肪酸スクロースの配合製品数と配合量の比較調査結果(2016年)

5. 安全性評価

ヤシ脂肪酸スクロースの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

ショ糖脂肪酸エステルは皮膚に対して非常に安全性の高い物質であり、皮膚刺激や皮膚感作を引き起こすことがないと報告されています[4a][5]

また、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚感作の報告がみあたらないことも、ヤシ脂肪酸スクロースの安全性を裏付けていると考えられます。

5.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データはみあたりませんが、ショ糖脂肪酸エステルは眼に対して非常に安全性の高い物質であり、高濃度でも眼刺激性がないと報告されています[4b]

6. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ヤシ脂肪酸スクロース」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,1005.
  2. abcEvonik Industries AG(2008)「TEGOSOFT LSE 65 K Soft」Technical Data Sheet.
  3. abMakingCosmetics Inc.(2018)「Sucrose Cocoate」Specification Sheet.
  4. ab鈴木 一成(2012)「ショ糖脂肪酸エステル」化粧品成分用語事典2012,511.
  5. 藤本 武彦(2007)「しょ糖の脂肪酸エステル」界面活性剤入門,67-70.

TOPへ