パルミチン酸エチルヘキシルとは…成分効果と毒性を解説

エモリエント成分 ベース成分
パルミチン酸エチルヘキシル
[化粧品成分表示名称]
・パルミチン酸エチルヘキシル

[医薬部外品表示名称]
・パルミチン酸2-エチルヘキシル

化学構造的に高級アルコールの一種であるエチルヘキサノール(エチルヘキシルアルコール)に高級脂肪酸の一種であるパルミチン酸が結合したエステル油(高級アルコール脂肪酸エステル)です。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、メイクアップ化粧品、日焼け止め製品、クレンジング製品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、ヘアケア製品などあらゆる製品に汎用されています(文献1:1990;文献2:2015)

エモリエント作用

エモリエント作用に関しては、安定性に優れ、低粘度で油性感が少なく、さっぱりした軽い感触を付与するため、乳化系スキンケア化粧品、日焼け止め製品、クレンジングオイルなどに汎用されています(文献3:2016;文献4:2012)

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2001年および2012-2013年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

パルミチン酸エチルヘキシルの配合製品数と配合量の調査(2001年および2012-2013年)

スポンサーリンク

パルミチン酸エチルヘキシルの安全性(刺激性・アレルギー)について

パルミチン酸エチルヘキシルの現時点での安全性は、

  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし-最小限
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:1990)によると、

  • [ヒト試験] 100人の被検者に40%-50%パルミチン酸エチルヘキシルを含むメイクアップ製品、5%パルミチン酸エチルヘキシルを含むアイシャドー、5%パルミチン酸エチルヘキシルを含む保湿剤をそれぞれ48時間閉塞パッチ適用したところ、いずれの被検者においてもすべての製剤は陰性であった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1975;1977;1978)
  • [ヒト試験] 20人の被検者に45.72%または46.52%パルミチン酸エチルヘキシルを含む制汗剤を24時間閉塞パッチ適用し、刺激スコアを0-4の5段階スケールで評価したところ、刺激スコアはすべて0.0であった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1977)
  • [ヒト試験] 24人の被検者に42.25%パルミチン酸エチルヘキシルを含む制汗剤を対象に21日間累積刺激性試験を実施したところ、21日間の平均累積刺激スコアは最大84のうち2.58であった。7人の被検者が8日以降に皮膚刺激の兆候を示し、刺激評価に加点されたが、17人の被検者は反応を示さなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1977)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激性なしと報告されているため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献1:1990)によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に未希釈のパルミチン酸エチルヘキシル0.1mLを点眼し、眼をすすがず、Draize法に基づいて点眼24,48および72時間後にOII(Ocular Irritation Index:眼刺激性指数)を0-110のスケールで評価したところ、0.33であった(Kolmar Research Center,1967)
  • [動物試験] 3匹のウサギの片眼に未希釈のパルミチン酸エチルヘキシル0.1mLを点眼し、眼をすすがず、Draize法に基づいて点眼24,48および72時間後にOII(Ocular Irritation Index:眼刺激性指数)を0-110のスケールで評価したところ、2.0であった(Bio Toxicology Laboratories,1972)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に未希釈のパルミチン酸エチルヘキシル0.1mLを点眼し、眼をすすがず、Draize法に基づいて点眼24,48および72時間後にOII(Ocular Irritation Index:眼刺激性指数)を0-110のスケールで評価したところ、4.17であった(J P Guillot,1977)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、非刺激-最小限の眼刺激性が報告されていることから、非刺激-最小限の眼刺激が起こる可能性があると考えられます。

皮膚感作性(アレルギー性)について

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ(文献2:2015)によると、

  • [ヒト試験] 104人の被検者に77.9%パルミチン酸エチルヘキシルを含むボディオイル150μLを対象にHRIPT(皮膚刺激&感作試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、いずれの被検者も試験期間中に皮膚反応を示さず、皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(Product Investigations Inc,2008)

と記載されています。

試験データをみるかぎり、皮膚感作性なしと報告されているため、皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

∗∗∗

パルミチン酸エチルヘキシルはエモリエント成分、ベース成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:エモリエント成分 ベース成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. Cosmetic Ingredient Review(1990)「Final Report on the Safety Assessment of Octyl Palmitate, Cetyl Palmitate and Isopropyl Palmitate」Journal of the American College of Toxicology(1)(2),13-35.
  2. Cosmetic Ingredient Review(2015)「Safety Assessment of Alkyl Esters as Used in Cosmetics」International Journal of Toxicology(34)(2),5S-69S.
  3. 日光ケミカルズ(2016)「エステル」パーソナルケアハンドブック,62-86.
  4. 鈴木 一成(2012)「パルミチン酸エチルヘキシル」化粧品成分用語事典2012,69.

スポンサーリンク

TOPへ