カオリンとは…成分効果と毒性を解説

着色剤
カオリン
[化粧品成分表示名称]
・カオリン

カオリン鉱物を主成分とした長石や雲母が風化してできた白色~微白色の塊または粉末で、化学的には含水ケイ酸アルミニウムです。

粒子がきわめて小さいので、表面積が大きく、吸収力が強く皮膜力もあります。

白色顔料の体質顔料として、他の粉体の肌への付着性を高めたり、パウダー基剤とする目的で、白粉(おしろい)をはじめとするメイクアップ製品に配合されます。

タルクの光沢を消す効果もあるので、タルクとともにベビーパウダーにも使用されます。

また、化粧水に香料をつける賦香剤としても用いられます。

実際の使用製品の種類や数および配合量は、海外の1998-1999年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

カオリンの配合製品数配合量の調査結果(1998-1999年)

スポンサーリンク

カオリンの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

カオリンの現時点での安全性は、古くからの使用実績があり、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作(アレルギー)の報告もみあたらないため、安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

試験データはみあたりませんが、古くからの使用実績があり、皮膚刺激の報告もみあたらないため、皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験データがみあたらないため、データ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

試験データはみあたりませんが、古くからの使用実績があり、皮膚感作(アレルギー)の報告もみあたらないため、皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
カオリン 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、カオリンは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題のない成分であると考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

カオリンは着色剤にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:着色剤

∗∗∗

文献一覧:

  1. “Cosmetic Ingredient Review”(2003)「Final Report on the Safety Assessment of Aluminum Silicate, Calcium Silicate, Magnesium Aluminum Silicate, Magnesium Silicate, Magnesium Trisilicate, Sodium Magnesium Silicate, Zirconium Silicate, Attapulgite, Bentonite, Fuller’s Earth, Hectorite, Kaolin, Lithium Magnesium Silicate, Lithium Magnesium Sodium Silicate, Montmorillonite, Pyrophyllite, and Zeolite」, <http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1091581803022S115> 2018年5月3日アクセス.

スポンサーリンク

TOPへ