酸化鉄の基本情報・配合目的・安全性

酸化鉄

化粧品表示名 酸化鉄
医薬部外品表示名 黄酸化鉄、黒酸化鉄、ベンガラ、三二酸化鉄
部外品表示簡略名 黄酸化Fe、黒酸化Fe
INCI名 Iron Oxides
配合目的 着色

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式のいずれかからなる鉄の酸化物(無機顔料)です[1a][2a]

酸化鉄

医薬部外品表示名については、それぞれ、

医薬部外品表示名 本質
黄酸化鉄 主としてオキシ水酸化鉄(FeO(OH))および水酸化第二鉄(Fe2(OH)6)からなる
黒酸化鉄 主として四三酸化鉄(Fe3O4)からなる
ベンガラ(∗1) 主として三二酸化鉄(Fe2O3)からなる

∗1 赤酸化鉄のみ「ベンガラ」という表示名ですが、これは最初インドのベンガル地方から輸入されたため、ベンガラの名がついたと記されています。

このように区別されますが、化粧品表示名としてはいずれも「酸化鉄」と表示されます。

1.2. 性状

酸化鉄の性状は、

状態 黒酸化鉄 黒色粉末
黄酸化鉄 黄-橙黄色粉末
ベンガラ 暗赤-赤褐色粉末

このように報告されています[2b]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 黄-赤-黒色の着色

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、コンシーラー製品、ネイル製品、洗顔石鹸、入浴剤、スキンケア製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 黄-赤-黒色の着色

黄-赤-黒色の着色に関しては、酸化鉄は焙焼条件(温度、時間、空気吹込量など)の差により黄色-赤色-黒色の粉末となり、黄-赤-黒色の着色目的で主にメイクアップ製品やネイル製品に汎用されています[1b][3]

3. 混合原料としての配合目的

酸化鉄は、混合原料が開発されており、酸化鉄と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

構成成分 マイカ酸化鉄
特徴 様々な色調の酸化鉄を被覆したパール顔料
構成成分 合成フルオロフロゴパイト酸化鉄
特徴 合成マイカを基剤とした様々な色調のパール顔料
構成成分 ホウケイ酸(Ca/Na)酸化鉄
特徴 ホウケイ酸(Ca/Na)を基材とした様々な色調のパール顔料
構成成分 アルミナ酸化鉄
特徴 アルミナを基材とした様々な色調のパール顔料
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄
特徴 様々な色調の酸化鉄を被覆した着色パール顔料
原料名 Colorona Imperial Citrine or Colorona Imperial Topaz
構成成分 マイカオキシ塩化ビスマス酸化鉄
特徴 イエロー色またはブラウン色のなめらかな光沢を持つパール顔料
原料名 Colorona Emerald
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄酸化クロム
特徴 民族カラー“エジプトのエメラルド”をイメージした深緑色の着色パール顔料
原料名 Colorona Purple
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄コンジョウ
特徴 民族カラー“パタゴニアの紫”をイメージした紫色の着色パール顔料
原料名 Colorona Precious Gold
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄シリカ酸化スズ
特徴 酸化チタン・ベンガラ被覆のメタリック調のゴールドパール顔料
原料名 NIKKOL フレッシュカラーベース
構成成分 酸化チタンシクロペンタシロキサン、PEG/PPG-18/18ジメチコン、酸化鉄メチコン酢酸トコフェロール
特徴 ワンステップで肌色ベースが調製できる混合原料
原料名 NIKKOL フレッシュカラーベース AQUA
構成成分 酸化チタンBG酸化鉄アルミナシリカポリクオタニウム-7
特徴 ワンステップでO/W肌色ベースが調製できる混合原料
原料名 UNISPHERES NT-2202
構成成分 マンニトール結晶セルロース酸化鉄酢酸トコフェロールヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 着色剤や活性成分を坦持する目に見える大きさの薄黄色の天然球状キャリア
原料名 UNISPHERES F00M-508L
構成成分 マンニトール結晶セルロースマイカ酸化チタン酸化鉄、(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、ヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 着色剤や活性成分を坦持する目に見える大きさの薄黄色の天然球状キャリア
原料名 UNISPHERES NT-2403
構成成分 マンニトール結晶セルロース酸化鉄酢酸トコフェロール酸化チタンパルミチン酸レチノールトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 着色剤や活性成分を坦持する目に見える大きさの薄黄色の天然球状キャリア
原料名 UNISPHERES NT-2206
構成成分 マンニトール結晶セルロース酸化鉄トコフェロールヒドロキシプロピルメチルセルロースユビキノン
特徴 着色剤や活性成分を坦持する目に見える大きさの薄黄色の天然球状キャリア
原料名 UNISPHERES GOLD
構成成分 マンニトール結晶セルロースホウケイ酸(Ca/Na)酸化鉄シリカ酸化チタン酸化スズ、金、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、銅
特徴 24金を配合したゴールドの球状キャリア
原料名 CAVIAR UNISPHERES NTL-3613C
構成成分 マンニトール結晶セルロース酸化鉄酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、パルミチン酸レチノールタルククエン酸トリエチルトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルマイカ酸化チタンヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 光沢のある黒色の球状キャリア
原料名 COSMOPOLITAN UNISPHERES NTL-3821C
構成成分 マンニトール結晶セルロースマイカ酸化鉄クエン酸トリエチル、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、タルクヒドロキシプロピルメチルセルロースアルミナ
特徴 光沢のあるオレンジブラウンの球状キャリア
原料名 GOLD TREASURE UNISPHERES NTL-3212C
構成成分 マンニトール結晶セルロース酢酸トコフェロール酸化鉄クエン酸トリエチルマイカ酸化チタン、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、タルクヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 光沢のある金色の球状キャリア
原料名 UNISPHERES NATURAL M0-811S
構成成分 セルロースキシリトールタピオカデンプン結晶セルロース水添ヒマシ油ホホバ種子油酸化鉄デシルグルコシドシリカグンジョウカオリンアルギン酸Na
特徴 竹色の球状キャリア
原料名 UNISPHERES NATURAL M0-812L
構成成分 セルロースキシリトールタピオカデンプン結晶セルロース水添ヒマシ油デシルグルコシドホホバ種子油酸化鉄グンジョウシリカカオリンアルギン酸Na
特徴 竹色の球状キャリア
原料名 UNISPHERES NATURAL T0-809S
構成成分 セルロースキシリトールタピオカデンプン結晶セルロース水添ヒマシ油ホホバ種子油酸化鉄アルギン酸Na
特徴 テラコッタ色の球状キャリア
原料名 UNISPHERES SAPPHIRE M
構成成分 マンニトール結晶セルロースタルク、ポリブチレンテレフタレート、グンジョウカオリンシリカアクリレーツコポリマー、(エチレン/VA)コポリマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、サファイア末、酸化鉄シメチコン
特徴 サファイア末を配合したきらめく青色の球状キャリア
原料名 BioGenic Magicolor Series
構成成分 酸化鉄酸化チタンマイカ、ポリエステル-1、ジメチルシリル化シリカ
特徴 外見は白色で塗り込むことで色が出てくる、ポリマーと酸化鉄(有色顔料)を酸化チタン(白色顔料)に内包したカプセル

4. 安全性評価

酸化鉄の現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「酸化鉄」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,452-453.
  2. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「無機色材」パーソナルケアハンドブックⅠ,347-351.
  3. 田村 健夫・廣田 博(2001)「無機顔料」香粧品科学 理論と実際 第4版,153-157.

TOPへ