コンジョウの基本情報・配合目的・安全性

コンジョウ

化粧品表示名 コンジョウ
医薬部外品表示名 コンジョウ
慣用名 プルシアンブルー
INCI名 Ferric Ferrocyanide、Ferric Ammonium Ferrocyanide
配合目的 着色

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表されるフェロシアン化第二鉄(Fe4[Fe(CN)6]3もしくはフェロシアン化第二鉄アンモニウム(Fe(NH4)[Fe(CN)6])の単体、またはこれらの混合物からなる無機顔料です[1a][2a]

コンジョウ

1.2. 性状

コンジョウの性状は、

状態 濃青色の粉末

このように報告されています[2b]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 濃青色の着色

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、ネイル製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 濃青色の着色

濃青色の着色に関しては、コンジョウは濃青色の粉末であり、青色の着色目的で主にメイクアップ製品やネイル製品に汎用されています[1b][3]

3. 混合原料としての配合目的

コンジョウは、混合原料が開発されており、コンジョウと以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 Geopearl C Sapphire
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウ
特徴 マイカを基剤としたサファイアカラーのパール顔料
原料名 Geopearl C Emerald or Geopearl C Jade
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄コンジョウ
特徴 マイカを基剤としたエメラルドまたは翡翠カラーのパール顔料
原料名 Geopearl C Malachite
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウ酸化鉄
特徴 マイカを基剤としたマラカイトカラーのパール顔料
原料名 Geopearl C Winchite or Geopearl C Amethyst
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウカルミン
特徴 マイカを基剤としたウィンチャイトまたはアメジストカラーのパール顔料
原料名 Geopearl C Obsidian
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウ酸化鉄カルミン
特徴 マイカを基剤とした黒曜石カラーのパール顔料
原料名 Colorona Dark Blue or Colorona Light Blue
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウ
特徴 コンジョウ被覆のブルー調または淡いブルー調の着色パール顔料
原料名 Colorona Purple
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄コンジョウ
特徴 民族カラー“パタゴニアの紫”をイメージした紫色の着色パール顔料
原料名 Syncrystal Soft Black
構成成分 合成フルオロフロゴパイトコンジョウ
特徴 合成マイカを基剤としたブラック(黒)のパール顔料
原料名 Syncrystal Sapphire
構成成分 合成フルオロフロゴパイト酸化チタンコンジョウ
特徴 合成マイカを基剤としたサファイア(青)のパール顔料
原料名 Syncrystal Jade or Syncrystal Turquoise
構成成分 合成フルオロフロゴパイト酸化チタン酸化鉄コンジョウ
特徴 合成マイカを基剤としたジェイドグリーン(緑)またはターコイズ(青緑)のパール顔料
原料名 Geonature C Blue 008 HEX x 001
構成成分 セルロースグリセリン、ポリウレタン-33、アクリレーツコポリマーAlコンジョウカーボンブラック
特徴 セルロースを基材とした青の生分解性ラメ材
原料名 Geonature C Lilac 008 HEX x 001
構成成分 セルロースグリセリン、ポリウレタン-33、アクリレーツコポリマーAl赤202コンジョウ
特徴 セルロースを基材とした紫の生分解性ラメ材
原料名 Geonature C Jade 008 HEX x 001
構成成分 セルロースグリセリン、ポリウレタン-33、アクリレーツコポリマーAl、黄4、コンジョウ
特徴 セルロースを基材とした緑の生分解性ラメ材

4. 安全性評価

コンジョウの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「コンジョウ」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,425.
  2. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「無機色材」パーソナルケアハンドブックⅠ,347-351.
  3. 田村 健夫・廣田 博(2001)「無機顔料」香粧品科学 理論と実際 第4版,153-157.

TOPへ