スクロースの基本情報・配合目的・安全性

スクロース

化粧品表示名称 スクロース
医薬部外品表示名称 白糖
化粧品国際的表示名称(INCI名) Sucrose
配合目的 透明化保水研磨(スクラブ) など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される、D-グルコースD-フルクトースが還元基同士でグリコシド結合した構造をもつ二糖(非還元性二糖)(∗1)です[1a][2]

∗1 二糖とは、糖類の最小構成単位である単糖2分子が脱水縮合し、グリコシド結合を形成して1分子となった糖のことをいいます。

スクロース

1.2. 分布

スクロースは、自然界においてサトウキビ(学名:Saccharum officinarum)やテンサイ(学名:Beta vulgaris ssp.)などに多く含まれています[3a]

1.3. 化粧品以外の主な用途

スクロースの化粧品以外の主な用途としては、

分野 用途
食品 角砂糖、氷砂糖など二次的加工品としての利用のほか、甘味付与目的で製菓、清涼飲料水、乳製品、缶詰などに用いられています[3b]
医薬品 安定・安定化、滑沢、緩衝、甘味、基剤、矯味、結合、コーティング、糖衣、賦形、崩壊、防腐、溶解・溶解補助目的の医薬品添加剤として経口剤、皮下注射、外用剤、歯科外用&口中用剤に用いられています[4]

これらの用途が報告されています。

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 固形石鹸の透明化
  • 保水
  • 研磨(スクラブ)

主にこれらの目的で洗顔石鹸、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア製品、メイクアップ化粧品、化粧下地製品、洗顔料、クレンジング製品、ボディスクラブ製品、ピーリング製品、ボディ石鹸、入浴剤など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 固形石鹸の透明化

固形石鹸の透明化に関しては、従来より石鹸生地に副産物として産生されるグリセリンが透明化を助けることが知られており、グリセリンを含めた上で、スクロースやソルビトールなどの糖類や多価アルコールを配合することによって、石鹸の結晶化が抑制(微細結晶化)され、その結果として石鹸に透明構造がもたらされることが明らかにされています[5][6][7]

このような背景から、スクロースは洗顔石鹸や固形石鹸などに透明化剤として使用されています[8a]

2.2. 製品自体の保水

製品自体の保水に関しては、スクロースは水に極めて溶けやすく水分蒸発を防ぐことから、製品自体の水分を保持する目的で様々な製品に配合されています[1b][8b]

2.3. 研磨(スクラブ)

研磨(スクラブ)に関しては、スクロースは天然に存在する吸湿性の高い砂糖粒であり、皮膚を傷つけることなく物理的に古い角質を除去するスクラブ剤として洗顔料、ピーリング化粧品、マッサージ製品などに使用されています[9][10]

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2013-2014年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗2)

∗2 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

スクロースの配合製品数と配合量の調査結果(2013-2014年)

4. 安全性評価

スクロースの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[11]によると、

  • [ヒト試験] 50人の被検者に0.6%スクロースを含むリップバームを対象にHRIPT(皮膚刺激性&感作性試験)を実施したところ、いずれの被検者も皮膚刺激および皮膚感作の兆候はなかった(AMA Laboratories,2012)
  • [ヒト試験] 102人の被検者に29%スクロースを含むヘア洗浄製剤の50%希釈水0.02mLを対象にHRIPT(皮膚刺激性&感作性試験)を実施したところ、いずれの被検者も皮膚刺激および皮膚感作の兆候はなかった(Institut d’Expertise Clinique Bulgarie,2006)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. ab日本化粧品工業連合会(2013)「スクロース」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,543.
  2. 大木 道則, 他(1989)「スクロース」化学大辞典,1190.
  3. ab杉田 浩一, 他(2017)「さとう」新版 日本食品大事典,332-337.
  4. 日本医薬品添加剤協会(2021)「白糖」医薬品添加物事典2021,458-459.
  5. 日光ケミカルズ株式会社(1982)「透明石けん」化粧品製剤実用便覧,41.
  6. 鴨田 博伸, 他(1969)「市販透明セッケンのX線回折法による研究」油化学(18)(11),804-808. DOI:10.5650/jos1956.18.804.
  7. 田村 健夫・廣田 博(2001)「石けんの種類」香粧品科学 理論と実際 第4版,344-348.
  8. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「糖類」パーソナルケアハンドブックⅠ,102-105.
  9. 山口 求, 他(2009)「乳幼児のスキンケアに関する研究 : シュガースクラブの効果」日本小児看護学会誌(18)(1),59-64. DOI:10.20625/jschn.18.1_59.
  10. 島谷 智彦, 他(2012)「学童期・思春期の尋常性座瘡(にきび)のスキンケアに関する研究 : シュガースクラブの洗浄効果の検証」日本小児看護学会誌(21)(1),63-68. DOI:10.20625/jschn.21.1_63.
  11. M.M. Fiume, et al(2019)「Safety Assessment of Monosaccharides, Disaccharides, and Related Ingredients as Used in Cosmetics」International Journal of Toxicology(38)(1_Suppl),5S-38S. DOI:10.1177/1091581818814189.

TOPへ