ヒキオコシ葉/茎エキスとは…成分効果と毒性を解説

細胞賦活剤 抗菌成分 抗炎症成分 血行促進成分 美白成分 抗白髪成分
ヒキオコシ葉/茎エキス
[化粧品成分表示名称]
・ヒキオコシ葉/茎エキス

[医薬部外品表示名称]
・ヒキオコシエキス(1)

シソ科植物ヒキオコシ(学名:Rabdosia japonica = Isodon japonica)またはクロバナヒキオコシ(学名:Rabdosia trichocarpa = Isodon trichocarpa)の葉・茎からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

ヒキオコシ葉/茎エキスの成分組成は、抽出方法や天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • プレクトランチン
  • エンメイン
  • タンニン

などで構成されています(文献1:2006)

ヒキオコシは生薬名を「延命草」といい、富山県などを主産地とする日本の民間薬で、弘法大師が腹痛で倒れていた行者を回復させたという故事にちなんでヒキオコシまたは延命草という名があります。

茎葉には苦味成分のジテルペノイドであるエンメイン、オリドニンなどが含まれ、これらには抗菌作用、抗腫瘍作用などが報告されています(文献2:2011)

中国では知られておらず、日本では苦味健胃薬として家庭薬などに廃合され、消化不良、食欲不振、腹痛などの治療に用いられています(文献2:2011)

戦時中に供給が不足したゲンチアナの代用品として小豆島の寺院で栽培されていたヒキオコシが有名となり、全草を粉末とした「延命草末」が苦味健胃薬として全国で用いられるようになりました(文献2:2011)

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、エイジングケア化粧品などのスキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、ヘアケア製品、シート&マスク製品、まつ毛美容液、ヘアケア製品など様々な製品に使用されます(文献1:2006;文献3:2017;文献4:2011;文献6:2002;文献8:2005)

SCF結合阻害による色素沈着抑制作用

SCF結合阻害による色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン生合成のメカニズムとSCFおよびc-kitレセプターについて解説します。

以下のメラニン生合成のメカニズム図をてみもらうとわかりやすいと思うのですが、

紫外線におけるメラニン生合成までのプロセス

紫外線を浴びるとまず最初に活性酸素が発生し、様々な情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)をメラノサイトで発現するレセプター(受容体)に届けることで、メラノサイト内でメラニンの生合成がはじまり、ユウメラニン(黒化メラニン)へと合成されます。

SCFは肝細胞増殖因子であり、メラニン生合成のメカニズムでは情報伝達物質(メラノサイト活性化因子)のひとつとして知られており、メラノサイトに存在するSCFの受容体であるc-kitレセプターに輸送され結合されることにより、肥満細胞が遊走、分化・増殖し、アトピー性皮膚炎が引き起こされたり、メラニン合成が活性化することが明らかになっています(文献7:1996)

2002年に花王によって公開された技術情報によると、

細胞表面上のc-kitレセプターに対するSCFの結合を特異的に阻害する天然物を探索したところ、カンゾウアスパラサスリネアリス、アセンヤク、ナギイカダシコン、エンメイソウ、トウガラシウコン、コンフリー、ノバラユリチャチョウジ、ツバキの抽出物にSCF結合阻害活性があることを見出した。

そこでヒト培養メラノサイトを用いたin vitro試験において各植物抽出物を1%濃度で添加し、SCF/c-kitの特異的結合量を測定したところ、以下の表のように、

植物 SCF結合阻害率(%)
カンゾウ 71.0
アスパラサスリネアリス 40.4
アセンヤク 34.1
ナギイカダ 31.5
シコン 29.1
エンメイソウ 27.4
トウガラシ 25.0
ウコン 20.2
コンフリー 17.3
ノバラ 17.0
ユリ 11.0
チャ 63.0
チョウジ 49.9
ツバキ 45.0

ヒキオコシ抽出物は、c-kitレセプターに対するSCFの結合阻害活性を有することが認められた。

また配合量は通常0.00001%~1%が好ましく、とくに0.0001%~0.1%が好ましい。

このような検証結果が明らかにされており(文献6:2002)、ヒキオコシ葉/茎エキスにSCF結合阻害による色素沈着抑制作用が認められています。

メラニン産生促進による抗白髪作用

メラニン産生促進による抗白髪作用に関しては、まず前提知識として毛髪における黒髪(黒色色素)のメカニズムとチロシナーゼについて解説します。

以下の毛髪の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

毛髪の構造

毛髪の黒化は、色素細胞であるメラノサイトの活性によって行われていますが、白髪はメラノサイトがメラニンの産生を停止することで起こります(文献9:2002)

メラノサイト内でのメラニン黒化は、皮膚と同様以下のように、

チロシンがメラニンに変化するメカニズム

メラノサイト内に存在するアミノ酸の一種であるチロシンとチロシナーゼという酵素が結合することでドーパ → ドーパキノンと変化していくことで生合成されるため、これらのプロセスのいずれかまたは複数の作用を促進することで人為的に白髪の発生を抑制することが可能であると考えられています。

2005年に花王によって公開された技術情報によると、

白髪の発生の防止、改善効果に優れ、かつ安全性にも優れた白髪防止剤の検討を行ったところ、スギナスイカズラ、ヒキオコシ、ブドウ、ヘチマ、セイヨウニワトコナギイカダおよびタイソウの抽出物にその作用を見出した。

in vitro試験においてマウス色素細胞を培養した培地に各植物抽出物1%と所定濃度のメラニン前駆物質を加え、2日間の培養後にっメラニン前駆物質の細胞内取り込み量を無添加を100として測定したところ、以下の表のように、

試料 メラニン前駆物質取り込み量
無添加 100
スギナ 221
スイカズラ 141
ヘチマ 177
ヒキオコシ 144
ブドウ 133
セイヨウニワトコ 152
ナギイカダ 126
タイソウ 136

ヒキオコシ抽出物は、メラニン前駆物質の取り込み量増加がみられたため、メラニン生成を増大させることがわかった。

配合量は一般的に0.0001%~10%の範囲内が好ましく、とくに0.001%~5%の範囲内が好ましい。

このような検証結果が明らかにされており(文献8:2005)、ヒキオコシ葉/茎エキスにメラニン産生促進による抗白髪作用が認められています。

複合植物エキスとしてのヒキオコシ葉/茎エキス

ファルコレックスHGLという複合植物エキスは、以下の成分で構成されており、

効果および配合目的は、

  1. 育毛
  2. 抗炎症(アラキドン酸耳浮腫抑制)
  3. 抗炎症(ヒスタミン遊離抑制)
  4. メディエーター抑制(ヒスタミン遊離抑制)

とされており、それぞれポイントの違う植物エキスの相乗効果によって育毛作用が確認されているもので、化粧品成分一覧にこれらの成分が併用されている場合はファルコレックスHGLであると推測することができます(文献5:2011)

スポンサーリンク

ヒキオコシ葉/茎エキスの安全性(刺激性・アレルギー)について

ヒキオコシ葉/茎エキスの現時点での安全性は、外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されており、また10年以上の使用実績があり、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

ただし、詳細な試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚刺激および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
ヒキオコシ葉/茎エキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ヒキオコシ葉/茎エキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

ヒキオコシ葉/茎エキスは細胞賦活成分、抗炎症成分、抗菌成分、血行促進成分、美白成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:細胞賦活成分 抗菌成分 抗炎症成分 血行促進成分 美白成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,381.
  2. 鈴木 洋(2011)「延命草(えんめいそう)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,35-36.
  3. “一丸ファルコス株式会社”(2017)「ファルコレックス エンメイソウ」技術資料.
  4. 西島 靖(2011)「和ism®エンメイソウ」化粧品有用成分バイヤーズガイド,225-226.
  5. 西島 靖(2011)「ファルコレックスHGL」化粧品有用成分バイヤーズガイド,49.
  6. 花王株式会社(2002)「SCF結合阻害剤」特開2002-302451.
  7. N W Lukacs,et al(1996)「Stem cell factor (c-kit ligand) influences eosinophil recruitment and histamine levels in allergic airway inflammation.」The Journal of Immunology(156)(10),3945-3951.
  8. 花王株式会社(2005)「白髪防止剤」特開2005-068159.
  9. 朝田 康夫(2002)「毛の形態に関する疾患は」美容皮膚科学事典,383-384.

スポンサーリンク

TOPへ