モモ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

細胞賦活
モモ種子エキス
[化粧品成分表示名称]
・モモ種子エキス

[医薬部外品表示名称]
・トウニンエキス

バラ科植物モモ(学名:Prunus persica 英名:Peach)の種子からエタノールBGで抽出して得られる抽出物植物エキスです。

モモは中国(四川省、山東省、雲南省などを原産とし、日本においては弥生時代の遺跡からモモの種子が発見された記録や、平安時代に花の観賞用として栽培、果樹としては江戸時代から用いられるなど古くから伝えられています(文献1:2011;文献2:2013)

今日のような栽培品種は明治以後に導入されたものですが、果物用の水蜜種(白桃や黄桃などは種子が小さく、薬用のトウニン(桃仁)としては適さないと報告されています(文献1:2011)

モモ種子エキスは天然成分であることから、地域、時期、抽出方法によって成分組成に差異があると推察されますが、その成分組成は主に、

分類 成分名称
青酸配糖体 アミグダリン
酵素 エムルシン(β-グルコシダーゼ)

これらの成分で構成されていることが報告されています(文献2:2013;文献3:2017)

化粧品以外の主な用途としては、漢方分野において水可溶性成分であるRbタンパク質に強力な浮腫抑制作用およびSOD様活性酸素除去作用が認められていることから(文献4:1982;文献5:1985;文献6:1985)、血液の停滞部を改善しめぐりをよくする消炎性駆瘀血薬(∗1)として用いられています。

∗1 瘀血(おけつ)とは、血行障害もしくは婦人科系の代謝不全により体内に非生理的血液が残り、それによって起きる様々な症状(月経不順、冷え、のぼせ、こり、痛みなど)や疾病を指します(文献7:1982;文献8:2016)。

化粧品に配合される場合は、

これらの目的で、スキンケア化粧品、ボディケア製品、クレンジング製品、洗顔料、メイクアップ化粧品、シート&マスク製品などに使用されています。

ZO-1発現促進による細胞賦活作用

ZO-1発現促進による細胞賦活作用に関しては、まず前提知識として皮膚における血管の役割、血管の構造およびZO-1について解説します。

以下の皮膚における血管の分布図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

皮膚における血管の分布

皮膚の血管は、真皮の網状層から乳頭層へ垂直に立ち上がり、表皮基底層との境界面に沿うような形で馬蹄形に走っていますが、この形は乳頭層に存在する毛細血管が栄養分や水分を滲み出すことで血管系のない表皮へ送り込み、一方で老廃物を溶かし込み静脈内に取り込むといった新陳代謝の役割を担う上で最適な形となっています(文献10:2002)

このように、毛細血管が網の目のように走っている皮膚においては、気温の変化や喜怒哀楽といった感情の動きによって生じた血流の変化が如実に表れることが知られており(∗2)、また皮膚の血色がよいことは肌を美しくみせる条件のひとつとされています(文献10:2002)

∗2 例えば、暑いところにいたり、恥ずかしいといった場合に頬が赤くなる、寒いところにいた場合に唇が紫になる、恐怖や身の危険を感じた場合に顔が青ざめる(血の気が引く)などがあります。

血管の働きによる皮膚の新陳代謝のバランスが保たれていると、一定の水分量が保持され、健やかな瑞々しい肌の基本となりますが、一方で顔のような紫外線を浴びる部位においては40歳ごろを境に毛細血管の構造と機能が変化し、栄養が皮膚のすみずみに行き渡らなくなることが報告されています(文献11:2016)

次に、血管の構造については、以下の血管の断面図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

血管の構造

血管は、血管内腔を裏打ちする一層の内皮細胞と、その周囲を取り巻き血管を支持してその収縮や弛緩に関与する周皮細胞の2種類で構成されており、内皮細胞の基底面は薄い基底膜に接しています(文献12:2000)

また、血管内皮細胞が組織化して血液を通すための管構造を形成するためには、細胞同士の細胞間接着構造が重要な役割を果たしており、血管内皮細胞は細胞間の隙間を通って物質が不必要に漏出することを防ぐタイトジャンクション(tight junction)という接着構造によって密着結合しています(文献13:2017)

タイトジャンクションは、クローディン(claudin)、オクルディン(occludin)およびZO-1などで構成されていることから(文献14:1983;文献15:1993;文献16:1998)、加齢によって減少するタイトジャンクション構成成分の産生を促進することは、血管の構造および機能維持において重要であると考えられます。

2016年にポーラ・オルビスホールディングスによって報告されたモモ種子エキスの血管内皮細胞への影響検証(in vitro試験)によると、

血管内皮細胞に様々な生薬エキスを添加し、内皮細胞同士の接着に関与するタイトジャンクション構造を構成するタンパク質であるZO-1発現の増加を検討した。

その結果、トウニンエキスを作用させると、血管内皮細胞の間に多量のZO-1が誘導されることが確認できた。

このことから、トウニンを配合した化粧品に使用することで、皮膚抹消の毛細血管が強化され、栄養やホルモンなどの物質輸送が正常化し、健やかな肌が保たれることが期待できる。

このような試験結果が明らかにされており(文献11:2016)、モモ種子エキスにZO-1発現促進による細胞賦活作用が認められています。

ただし、2020年9月時点では、ヒト試験データはみつけられておらず、皮膚に塗布した場合のZO-1発現促進による細胞賦活作用の試験データが必要であると考えられます(ヒト皮膚に対する効果が記載された文献がみつかった場合は追補します)

効果・作用についての補足 – 色素沈着抑制作用

色素沈着抑制作用に関しては、まず前提知識としてメラニン色素生合成のメカニズムについて解説します。

以下のメラニン生合成のメカニズム図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、

メラニン生合成のメカニズム図

皮膚が紫外線に曝露されると、細胞や組織内では様々な活性酸素が発生するとともに、様々なメラノサイト活性化因子(情報伝達物質)がケラチノサイトから分泌され、これらが直接またはメラノサイト側で発現するメラノサイト活性化因子受容体を介して、メラノサイトの増殖やメラノサイトでのメラニン生合成を促進させることが知られています(文献17:2002;文献18:2016;文献19:2019)

そして、毎日生成されるメラニン色素は、メラノソーム内で増えていき、一定量に達すると樹枝状に伸びているデンドライト(メラノサイトの突起)を通して、周辺の表皮細胞に送り込まれ、ターンオーバーとともに皮膚表面に押し上げられ、最終的には角片とともに垢となって落屑(排泄)されるというサイクルを繰り返します(文献17:2002)

正常な皮膚においてはメラニンの排泄と生成のバランスが保持される一方で、紫外線の曝露、加齢、ホルモンバランスの乱れ、皮膚の炎症などによりメラニン色素の生成と排泄の代謝サイクルが崩れると、その結果としてメラニン色素が過剰に表皮内に蓄積されてしまい、色素沈着が起こることが知られています(文献17:2002)

このような背景から、紫外線の曝露からメラニン排出までのプロセスにおけるいずれかのポイントでメラニンにアプローチすることが、色素沈着の抑制において重要であると考えられています。

モモ種子は、メラニン生成抑制やメラノサイト活性化因子の一種であるSCF発現抑制による色素沈着抑制作用が検討されていますが、in vitro試験においていずれも有意な抑制効果とはいえず、またヒト試験においても有意な効果とはいえないことから(文献9:2003;文献20:2008)、現時点ではヒト皮膚に対してモモ種子エキス塗布による色素沈着抑制作用の影響はほとんどないと考えられます(ヒト皮膚に対する効果が記載された文献がみつかった場合は追補します)

ただし、色素沈着抑制作用が認められている他の植物エキスとの併用で相乗効果が得られることから(文献9:2003)、他の色素沈着抑制作用を有する植物エキスと併用して配合されることが多いです。

スポンサーリンク

モモ種子エキスの安全性(刺激性・アレルギー)について

モモ種子エキスの現時点での安全性は、

  • 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載
  • 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚一次刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚累積刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性について

一丸ファルコスの安全性試験データ(文献9:2003)によると、

  • [動物試験] 3匹のウサギの除毛した背部に0.5%濃度に調整したモモ種子エキス水溶液を24時間適用し、draize法に基づいて適用24,48および72時間後に紅斑および浮腫を指標として一次刺激性を評価したところ、いずれのウサギも紅斑および浮腫を認めず、この試験物質は皮膚一次刺激性に関して問題がないものと判断した
  • [動物試験] 3匹のモルモットの除毛した背部に0.5%濃度に調整したモモ種子エキス水溶液を1日1回週5回、2週にわたって塗布し、draize法に基づいて各塗布日および最終塗布日の翌日に紅斑および浮腫を指標として皮膚刺激性を評価したところ、いずれのウサギも2週間にわたって紅斑および浮腫を認めず、この試験物質は皮膚累積刺激性に関して問題がないものと判断した

と記載されています。

試験データをみるかぎり、共通して皮膚刺激なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細は不明です。

皮膚感作性(アレルギー性)について

医薬部外品原料規格2006に収載されており、10年以上の使用実績がある中で重大な皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

∗∗∗

モモ種子エキスは細胞賦活成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:細胞賦活成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 鈴木 洋(2011)「桃仁(とうにん)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,342.
  2. 御影 雅幸(2013)「トウニン」伝統医薬学・生薬学,181-182.
  3. 原島 広至(2017)「トウニン(桃仁)」生薬単 改訂第3版,244-245.
  4. 高木 敬次郎, 他(1982)「桃仁(とうにん)」和漢薬物学,297-299.
  5. 有地 滋(1985)「桃仁の研究(第2報)桃仁の水抽出成分の薬理作用」YAKUGAKU ZASSHI(105)(9),886-894.
  6. 有地 滋(1985)「桃仁の研究(第3報)桃仁の抗炎症性蛋白成分PR-Bの抗活性酸素作用」YAKUGAKU ZASSHI(105)(9),895-901.
  7. 高木 敬次郎, 他(1982)「漢方の基礎理論」和漢薬物学,39-41.
  8. 根本 幸夫(2016)「気血水論」漢方294処方生薬解説 その基礎から運用まで,258-262.
  9. 一丸ファルコス株式会社(2003)「化粧料組成物」特開2003-104835.
  10. 朝田 康夫(2002)「循環異常で起こる肌の変化」美容皮膚科学事典,66-67.
  11. 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス(2016)「トウニンエキスに血管内皮細胞の接着を強化する作用を発見 タイトジャンクション構成タンパク質ZO-1の発現を促進」, <http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20160722_2.pdf> 2020年9月14日アクセス.
  12. 窪田 康雄(2000)「血管内皮細胞の皮膚生物学」日本皮膚科学会雑誌(110)(13),2099-2106.
  13. 福原 茂朋(2017)「血管透過性のダイナミックかつ巧妙な制御を可能にするシグナル伝達系」生化学(89)(3),368-376.
  14. B.R. Stevenson, et al(1986)「Identification of ZO-1: a high molecular weight polypeptide associated with the tight junction (zonula occludens) in a variety of epithelia」Journal of Cell Biology(103)(3),755–766.
  15. M. Furuse, et al(1993)「Occludin: a novel integral membrane protein localizing at tight junctions」Journal of Cell Biology(123)(6),1777–1788.
  16. M. Furuse, et al(1998)「Claudin-1 and -2: Novel Integral Membrane Proteins Localizing at Tight Junctions with No Sequence Similarity to Occludin」Journal of Cell Biology(141)(7),1539–1550.
  17. 朝田 康夫(2002)「メラニンができるメカニズム」美容皮膚科学事典,170-175.
  18. 日光ケミカルズ(2016)「美白剤」パーソナルケアハンドブックⅠ,534-550.
  19. 田中 浩(2019)「美白製品とその作用」日本香粧品学会誌(43)(1),39-43.
  20. 丸善製薬株式会社(2008)「幹細胞増殖因子発現上昇抑制剤」特開2008-273875.

スポンサーリンク

TOPへ