センブリエキスとは…成分効果と毒性を解説

細胞賦活剤 血行促進成分 育毛剤
センブリエキス
[化粧品成分表示名称]
・センブリエキス

[医薬部外品表示名称]
・センブリエキス

リンドウ科植物センブリ(学名:Swertia japonica)の全草からエタノールBG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキスです。

センブリエキスの成分組成は、天然成分のため国や地域および時期によって変化がありますが、主に、

  • セコイリドイド配糖体:スウェルチアマリン
  • キサントン誘導体:スウェルチアニン
  • 有機酸類:オレアノール酸

などで構成されています(文献1:2006;文献2:2017)

センブリは日本以外にも分布していますが、日本独自の代表的な民間薬のひとつで、室町時代末期から薬草として知られており、千回振り出しても苦味があることからセンブリといわれています。

主な苦味成分であるスウェルチアマリンには、胆汁、膵液、唾液などの分泌を促進する作用があり、また古くは殺虫剤として肌着の染料や屏風・襖を張る糊に混ぜて虫除けにしていました(文献3:2011)

1892年には竜胆の代用品として日本薬局方に収載され、苦味健胃薬として今日でも家庭薬に配合されており、胃痛、消化不良、食欲不振の治療に応用されています(文献3:2011)

化粧品に配合される場合は、

  • 毛根の細胞賦活作用
  • 毛細血管の増強による血行促進作用
  • 育毛作用

これらの目的で、育毛剤、ヘアケア&頭皮ケア製品、ヘアカラー製品、洗浄製品、スキンケア化粧品などに使用されます(文献1:2006)

また、毛根の細胞賦活作用、毛細血管の血流増強による血行促進作用、育毛作用はまつ毛または眉毛にも当てはまるため、まつ毛美容液だけでなく、メイクアップとまつ毛ケアを同時にできるという訴求でアイライナー、アイブロウ、マスカラ、眉マスカラなどにも使用されます。

育毛作用

育毛作用に関しては、1989年に名古屋大学医学部付属病院分院皮膚科が報告しているセンブリエキス配合育毛剤の育毛作用臨床試験によると、

左右に同程度の男性型脱毛を有する14人の被検者(50歳以下)の右側に22.5%センブリエキス(スウェルチアマリン3~5mg/mL,オレアノール酸0.6~1.0mg/mL含有)を含むエタノール溶液を、左側にプラセボとして70%エタノール溶液を1回1mL程度1日2回4ヶ月にわたって単純塗布してもらい、シャンプーやリンスは育毛成分を含有しないものを使用した。

評価は試験前の左右の頭髪と試験後の左右の頭髪の皮膚初見、表皮脂質量、フケの数、硬毛数を調査した。

4ヶ月後との比較において、皮膚初見(見た目)は、被検者の主観的判定では14人のうち4人に、医師の客観的判定では3人に左右差が認められ、残りの10人には左右差は認められなかった。

表皮脂質量、フケの数はともに試験前後で変化はみられなかった。

硬毛数は、初診日は試験剤塗布側113±59本、プラセボ側112±63本と有意差は認められず、4ヶ月後の最終日では試験剤塗布側154±76本、プラセボ側133±76本となり、試験剤塗布側でやや多い結果であったが、統計的に有意差は認められなかった。

試験期間において1人のみ軽度の瘙痒感を認めたが継続使用が可能で、いずれの被検者も刺激感、潮紅、落屑などの副作用はまったく認められなかった。

このような試験結果が明らかにされており(文献5:1989)、22%センブリエキス配合溶剤の4ヶ月間塗布ではやや増毛傾向があるものの有意差が認められるほどではなく、一般的な育毛剤またはヘアケア製品では配合量がさらに低いので、センブリエキス単体では統計的に有意と認められるほどの育毛効果は得られず、かなり穏やかな育毛作用であると考えられます。

スポンサーリンク

センブリエキスの安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

センブリエキスの現時点での安全性は、医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載されている漢方生薬であり、また外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006にも収載されている成分でもあり、化粧品配合範囲内において、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足のため詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)、光毒性および光感作性の報告もないため、総合的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の両前腕内側に2%センブリのエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を20分FinnChamber適用し、パッチ除去10分後に皮膚反応を評価したところ、皮膚刺激反応および接触蕁麻疹反応はなかった
  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%センブリのエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去後に皮膚反応を評価したところ、2人の被検者にわずかな紅斑が観察され、1人の被検者に明瞭な紅斑が観察されたが、72時間後には反応は観察されず、これらの反応は許容範囲内であると考えられた。他の被検者に皮膚刺激および皮膚感作反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、紅斑反応は許容範囲内であると判断されており、また化粧品に配合する場合の濃度は1%未満であるため、皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられます。

眼刺激性について

詳細な試験データはみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

光毒性および光感作性について

“池田回生病院皮膚科”の「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」(文献4:1996)によると、

  • [ヒト試験] 健常な30人の被検者の背部に2%センブリのエタノール抽出物を含む頭皮ケア製品を48時間FinnChamber適用し、パッチ除去に塗布部位の左半分をアルミ箔を入れた黒色テープで覆い、UVAライト(3.0J/c㎡)を12.5cmの距離で5分間照射し、照射30分後および翌日に皮膚反応を評価したところ、皮膚反応は観察されなかった

と記載されています。

試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。

化粧品毒性判定事典による毒性判定について

化粧品成分名 判定
センブリエキス 毒性なし

参考までに化粧品毒性判定事典によると、センブリエキスは毒性なし(∗1)となっており、安全性に問題はないと考えられます。

∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。

∗∗∗

センブリエキスは細胞賦活成分にカテゴライズされています。

成分一覧は以下からお読みください。

参考:細胞賦活成分

∗∗∗

文献一覧:

  1. 日光ケミカルズ(2006)「植物・海藻エキス」新化粧品原料ハンドブックⅠ,375,546.
  2. 原島 広至(2017)「センブリ(当薬)」生薬単 改訂第3版,280-281.
  3. 鈴木 洋(2011)「センブリ(千振)」カラー版 漢方のくすりの事典 第2版,278-279.
  4. 須貝 哲郎(1996)「頭皮用製品の低刺激性低アレルギー性評価」皮膚(38)(4),448-456.
  5. 鈴木 真理(1989)「オレアノール酸配合育毛剤の臨床試験結果」皮膚(31)(4),541-547.

スポンサーリンク

TOPへ