マイカの基本情報・配合目的・安全性

化粧品表示名 マイカ
医薬部外品表示名 マイカ、セリサイト
慣用名 雲母
INCI名 Mica
配合目的 増量・希釈光沢 など

1. 基本情報

1.1. 定義

天然に産する含水ケイ酸アルミニウムカリウム体質顔料です[1][2a]

医薬部外品表示名については、

医薬部外品表示名 本質
マイカ 天然に産する含水ケイ酸アルミニウムカリウム
セリサイト 天然に産する微結晶含水ケイ酸アルミニウム・カリウム

このように区別され、セリサイトはマイカの一種であるものの、微結晶の粉体として産出することから、一般においてもマイカとは区別されますが、化粧品表示名としてはいずれも「マイカ」と表示されます。

1.2. 性状

マイカの性状は、

状態 マイカ 淡灰色の層状微粉体
セリサイト 白-類白色の層状粉体

このように報告されています[2b][3a]

1.3. 分布

マイカは粘土鉱物であり、自然界において花崗岩、雲母片岩および片麻岩などに多く存在しています[4]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 増量・希釈
  • 光沢付与

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、コンシーラー製品、ネイル製品、化粧下地製品などに汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 増量・希釈

増量・希釈に関しては、まず前提知識としてパウダー化粧品における着色剤の役割について解説します。

パウダー化粧品において着色剤は、美肌に見せるために肌の色を好ましい色に調整し、肌のムラやくすみ、シミなどの欠点を隠す役割を担っていますが、着色顔料だけでは肌の色は好みどおりでかつ肌の欠点も隠れたとしても人工的で不自然な仕上がりになり、とても美肌とはよべない状態となり、また肌への伸びや滑り性も悪いものとなってしまうことが知られています[5a]

そこで、着色剤の色を薄め、かつ塗りやすく均一で適切な仕上がりにするために体質顔料を混合することが、パウダー化粧品には不可欠となっています[5b]

マイカは、白雲母としてKAl2AlSi3O10(OH)2の組成をもつ三層の層状粉体(粘土鉱物)であり、塗布の感触はタルクと比較して硬く、滑り性もやや劣る一方で密着感が高いといった特徴を有しており、着色剤の希釈剤や増量剤としてメイクアップ製品、コンシーラー製品、おしろい、化粧下地製品、ネイル製品などに汎用されています[2c][3b][5c][6a]

2.2. 光沢付与

光沢付与に関しては、マイカの表面は天然物質のうち最も平滑性が高いといわれており、表面反射による光沢が強いことから、光沢・ツヤを付与する目的でメイクアップ製品、コンシーラー製品、おしろいなどに汎用されています[5d][6b]

3. 混合原料としての配合目的

マイカは、混合原料が開発されており、マイカと以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

とくにマイカと、酸化チタンまたは酸化鉄が併用されている場合は、パール顔料として用いられることが多く、これらが併用されている場合はパール顔料として使用されている可能性が考えられます。

構成成分 マイカ酸化鉄
特徴 様々な色調の酸化鉄を被覆したパール顔料
構成成分 マイカ酸化チタン
特徴 天然マイカをベースとした様々な色調のパール顔料
原料名 Colorona Carmine Red or Geopearl C Bright Morganite or Geopearl C Ruby
構成成分 マイカ酸化チタンカルミン
特徴 マイカを基剤としたピンク調、モルガナイトまたはルビーカラーのパール顔料
原料名 Geopearl C Winchite or Geopearl C Amethyst
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウカルミン
特徴 マイカを基剤としたウィンチャイトまたはアメジストカラーのパール顔料
構成成分 マイカ酸化チタン酸化スズ
特徴 天然マイカをベースとし、鮮やかな干渉色と微粒子の特性による柔らかくシルキーな光沢を付与する様々な色調のパール顔料
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄
特徴 様々な色調の酸化鉄を被覆した着色パール顔料
原料名 Colorona Dark Blue
構成成分 マイカ酸化鉄コンジョウ
特徴 コンジョウ被覆のブルー調パール顔料
原料名 Colorona Majestic Green
構成成分 マイカ酸化鉄酸化クロム
特徴 グリーン調パール顔料
原料名 Colorona Imperial Citrine or Colorona Imperial Topaz
構成成分 マイカオキシ塩化ビスマス酸化鉄
特徴 イエロー色またはブラウン色のなめらかな光沢を持つパール顔料
原料名 Geopearl C Coral or Geopearl C Garnet
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄カルミン
特徴 マイカを基剤とした珊瑚またはガーネットカラーのパール顔料
原料名 Colorona Emerald
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄酸化クロム
特徴 民族カラー“エジプトのエメラルド”をイメージした深緑色の着色パール顔料
原料名 Colorona Purple
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄コンジョウ
特徴 民族カラー“パタゴニアの紫”をイメージした紫色の着色パール顔料
原料名 Geopearl C Obsidian
構成成分 マイカ酸化チタンコンジョウ酸化鉄カルミン
特徴 マイカを基剤とした黒曜石カラーのパール顔料
原料名 Colorona Precious Gold
構成成分 マイカ酸化チタン酸化鉄シリカ酸化スズ
特徴 酸化チタン・ベンガラ被覆のメタリック調のゴールドパール顔料
原料名 RonaFlair Series
構成成分 マイカ酸化チタン酸化スズ
特徴 干渉光を持ち、自然な立体感と肌色補正を実現する機能性体質顔料
原料名 WHITE SHELL UNISPHERES NTL-3510C
構成成分 マンニトール結晶セルロースマイカ、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、クエン酸トリエチル酸化チタンタルクヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 光沢のある白色の球状キャリア
原料名 CAVIAR UNISPHERES NTL-3613C
構成成分 マンニトール結晶セルロース酸化鉄酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、パルミチン酸レチノールタルククエン酸トリエチルトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルマイカ酸化チタンヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 光沢のある黒色の球状キャリア
原料名 GOLD TREASURE UNISPHERES NTL-3212C
構成成分 マンニトール結晶セルロース酢酸トコフェロール酸化鉄クエン酸トリエチルマイカ酸化チタン、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、タルクヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 光沢のある金色の球状キャリア
原料名 UNISPHERES F00M-508L
構成成分 マンニトール結晶セルロースマイカ酸化チタン酸化鉄、(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、ヒドロキシプロピルメチルセルロース
特徴 着色剤や活性成分を坦持する目に見える大きさの薄黄色の天然球状キャリア
原料名 UNISPHERES OE0M-759LC
構成成分 マンニトール結晶セルロースマイカ酸化鉄酢酸トコフェロールアクリレーツコポリマー酸化チタンヒドロキシプロピルメチルセルロースアルミナシメチコン
特徴 着色剤や活性成分を坦持する目に見える大きさのオレンジ色の天然球状キャリア
原料名 プルセア MTS-C
構成成分 マイカ酸化チタン水酸化Alステアリン酸
特徴 マイカの表面に微粒子酸化チタンをコーティングした紫外線防御パウダー
原料名 プルセア MZS-STA50
構成成分 酸化亜鉛マイカステアリン酸
特徴 セリサイトの表面に酸化亜鉛をコーティングした紫外線防御パウダー
原料名 プルセア MZS-5104
構成成分 酸化亜鉛マイカメチコンジメチコン
特徴 マイカの表面に酸化亜鉛をコーティングした紫外線防御パウダー
原料名 UNIHEARTS R0-652C
構成成分 マンニトール結晶セルロースアクリレーツコポリマーヒドロキシプロピルセルローストリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルデシルグルコシドヒドロキシプロピルメチルセルロース水酸化Al赤226、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、タルクマイカクエン酸トリエチル酸化チタンポリソルベート20シメチコン
特徴 赤いハート型ビーズ
原料名 UNIHEARTS P0-651C
構成成分 マンニトール結晶セルロースアクリレーツコポリマーヒドロキシプロピルセルローストリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルデシルグルコシドヒドロキシプロピルメチルセルロースタルク、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、マイカクエン酸トリエチル酸化チタン赤226水酸化Alポリソルベート20シメチコン
特徴 ピンクのハート型ビーズ
原料名 Unibutterflies O0-798C
構成成分 マンニトール結晶セルロースアクリレーツコポリマーヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースデシルグルコシドトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル酸化鉄水酸化Alマイカ酸化チタン赤226アルミナ
特徴 オレンジ色の蝶型ビーズ
原料名 UNIFLOWERS L0-668C
構成成分 マンニトール結晶セルロースアクリレーツコポリマーヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースグンジョウ酸化チタンマイカシリカトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルデシルグルコシド、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、クエン酸トリエチルシメチコン
特徴 紫のフラワー型ビーズ
原料名 UNISTARS D0-638C
構成成分 マンニトール結晶セルロースアクリレーツコポリマーヒドロキシプロピルセルロースマイカ酸化チタンヒドロキシプロピルメチルセルローストリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル酸化鉄、(アクリレーツ/メタクリル酸アンモニウム)コポリマー、デシルグルコシドクエン酸トリエチルシメチコン
特徴 ゴールドの星型ビーズ
原料名 NIKKOL FONCOAT MI-1 or NIKKOL FONCOAT SE-1
構成成分 マイカ、パーフルオロプロポキシ(パーフルオロPPG)-9ジメチルアミノプロピルアミド、リン酸
特徴 マイカまたはセリサイトの表面をパーフルオロポリエーテル誘導体で処理することにより優れた撥水性、撥油性、化粧崩れを防ぐロングラスティング効果を付与した非常に滑らかな感触のマイカまたはセリサイト

4. 安全性評価

マイカの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし(データなし)
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし(データなし)

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

医薬部外品原料規格2021に収載されており、20年以上の使用実績がある中で重大な皮膚刺激および皮膚感作の報告がみあたらないため、化粧品配合量および通常使用下において、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)はほとんどないと考えられますが、詳細な安全性試験データがみあたらず、データ不足のため詳細は不明です。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

5. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「マイカ」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,939-940.
  2. abc日光ケミカルズ株式会社(2016)「体質粉体」パーソナルケアハンドブックⅠ,290-298.
  3. ab杉田 智明(2020)「体質顔料」色と顔料の世界 新版,312-326.
  4. 鈴木 一成(2012)「雲母」化粧品成分用語事典2012,539.
  5. abcd柴田 雅史(2021)「無色の光の美しさと感触調整 – 体質顔料」美しさをつくる色材工学,180-199.
  6. ab株式会社ヤマグチマイカ(2019)「当社マイカ、タルク製品の官能評価結果(1)」技術資料.

TOPへ