血行促進成分の解説と成分一覧

↓ 説明を飛ばして血行促進成分一覧をチェックする ↓

血行促進成分

血行を促進することで皮膚へ十分な栄養を供給し、また皮膚の温度を高める成分です。

血液には細胞に栄養を供給し、老廃物を取り除く役割があり、血流が低下すると細胞への栄養供給が十分に行われず、皮膚においてはくま、くすみ、脱毛などの原因になるといわれています。

そのため、血色を保ち、皮膚の明るさを維持したり、毛髪の脱毛予防および毛根へ栄養を供給することでの育毛などを目的に血行促進成分がスキンケア製品やヘアケア製品に使用されます。

温感を高めるという点で温冷感成分と重複しますが、温冷感成分が使用感や温感そのものを目的としているのに対して、血行促進成分は血管拡張による栄養供給や血色不良改善が目的となります。

血行促進には「血管拡張型」と「局所刺激型」の2つのアプローチがあり、それぞれ以下のような違いがあります。

  • 血管拡張型:
    皮膚に吸収された後に皮膚の温度を上げる成分で、皮膚刺激が少ないためスキンケアによく使用されます。
  • 局所刺激型:
    皮膚を刺激することで二次的に血管を刺激・拡張し、皮膚の温度を上げる成分で、適度に皮膚を刺激するため顔面用スキンケア製品での使用は少なく、一方でマッサージやパーツケアなどのボディケア製品や頭皮を刺激する頭皮&ヘアケア製品などに使用されます。

血行促進成分一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 目的の成分がある場合は目的の行(ア行カ行など)をクリックすると便利です

アカヤジオウ根エキス
アカヤジオウ根エキス
血行促進 抗脱毛
血管拡張による血行促進作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、アカヤジオウ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ アカヤジオウ根エキス詳細ページ

アシタバエキス
アシタバエキス
保湿 血行促進
皮表柔軟化による保湿作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバエキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバエキス詳細ページ

アシタバ葉/茎エキス
アシタバ葉/茎エキス
保湿 血行促進
皮表柔軟化による保湿作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、アシタバ葉/茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ アシタバ葉/茎エキス詳細ページ

イチョウエキス
イチョウエキス
抗酸化 血行促進成分
過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チオレドキシンリダクターゼ発現増強による抗酸化作用、血管拡張による血行促進作用目的などで化粧品に配合される成分、イチョウエキスの効果や安全性について解説します。
→ イチョウエキス詳細ページ

イチョウ葉エキス
イチョウ葉エキス
抗酸化 血行促進成分
過酸化脂質抑制による抗酸化作用、チオレドキシンリダクターゼ発現増強による抗酸化作用、血管拡張による血行促進作用目的などで化粧品に配合される成分、イチョウ葉エキスの効果や安全性について解説します。
→ イチョウ葉エキス詳細ページ

オタネニンジン根エキス
オタネニンジン根エキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、オタネニンジン根エキスの効果や安全性について解説します。
→ オタネニンジン根エキス詳細ページ

ジオウエキス
ジオウエキス
血行促進 抗脱毛
血管拡張による血行促進作用、5α-リダクターゼ阻害による抗脱毛作用目的で化粧品に配合される成分、ジオウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ジオウエキス詳細ページ

重曹
重曹
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、重曹の効果や安全性について解説します。
→ 重曹詳細ページ

重炭酸ナトリウム
重炭酸ナトリウム
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、重炭酸ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 重炭酸ナトリウム詳細ページ

ショウガ根茎エキス
ショウガ根茎エキス
血行促進成分 温感
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果目的で配合される成分、ショウガ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウガ根茎エキス詳細ページ

ショウキョウエキス
ショウキョウエキス
血行促進成分 温感
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果目的で配合される成分、ショウキョウエキスの効果や安全性について解説します。
→ ショウキョウエキス詳細ページ

ショウキョウチンキ
ショウキョウチンキ
血行促進成分 温感
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果目的で配合される成分、ショウキョウチンキの効果や安全性について解説します。
→ ショウキョウチンキ詳細ページ

センキュウエキス
センキュウエキス
血行促進 抗酸化
血管拡張による血行促進作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、センキュウエキスの効果や安全性について解説します。
→ センキュウエキス詳細ページ

センキュウ根茎エキス
センキュウ根茎エキス
血行促進 抗酸化
血管拡張による血行促進作用、グルタチオンレダクターゼ発現増強による抗酸化作用目的で化粧品に配合される成分、センキュウ根茎エキスの効果や安全性について解説します。
→ センキュウ根茎エキス詳細ページ

センブリエキス
センブリエキス
血行促進成分
局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、センブリエキスの効果や安全性について解説します。
→ センブリエキス詳細ページ

炭酸水素Na
炭酸水素Na
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素Naの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素Na詳細ページ

炭酸水素ナトリウム
炭酸水素ナトリウム
pH調整 緩衝 血行促進成分 スクラブ
弱アルカリ性によるpH調整・pH緩衝、炭酸ガス発生による血行促進作用、研磨(スクラブ)作用目的で化粧品に配合される成分、炭酸水素ナトリウムの効果や安全性について解説します。
→ 炭酸水素ナトリウム詳細ページ

トウガラシ果実エキス
トウガラシ果実エキス
血行促進成分 温感 着色
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果、橙-赤の着色目的で配合される成分、トウガラシ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウガラシ果実エキス詳細ページ

トウガラシチンキ
トウガラシチンキ
血行促進成分 温感 着色
局所刺激による血行促進作用、TRPV1活性化による温感付与効果、橙-赤の着色目的で配合される成分、トウガラシチンキの効果や安全性について解説します。
→ トウガラシチンキ詳細ページ

トウキエキス(1)
トウキエキス(1)
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキエキス(1)の効果や安全性について解説します。
→ トウキエキス(1)詳細ページ

トウキ根エキス
トウキ根エキス
色素沈着抑制 沈着色素淡色化 保湿 抗老化 血行促進
チロシナーゼ活性阻害による色素沈着抑制作用、カテプシンL2発現促進による沈着色素淡色化、フィラグリン産生促進による保湿作用、MMP-1活性阻害による抗老化作用、血管拡張による血行促進作用目的で化粧品に配合される成分、トウキ根エキスの効果や安全性について解説します。
→ トウキ根エキス詳細ページ

二酸化炭素
二酸化炭素
血行促進成分 噴射
血管拡張による血行促進作用、エアゾール製品の噴射剤目的で化粧品に配合される成分、二酸化炭素の効果や安全性について解説します。
→ 二酸化炭素詳細ページ

ニンジンエキス
ニンジンエキス
育毛 血行促進 保湿 抗老化
毛乳頭細胞および外毛根鞘細胞増殖促進による育毛作用、血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、Ⅰ型コラーゲン産生促進による抗老化作用目的などで化粧品に配合される成分、ニンジンエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンジンエキス詳細ページ

ニンニクエキス
ニンニクエキス
血行促進 保湿
血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニクエキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニクエキス詳細ページ

ニンニク根エキス
ニンニク根エキス
血行促進 保湿
血管拡張による血行促進作用、角質層水分量増加による保湿作用目的で化粧品に配合される成分、ニンニク根エキスの効果や安全性について解説します。
→ ニンニク根エキス詳細ページ

ユズエキス
ユズエキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズエキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズエキス詳細ページ

ユズ果実エキス
ユズ果実エキス
収れん 保湿 血行促進成分
収れん作用、皮表柔軟化による保湿作用、局所刺激による血管拡張作用目的で配合される成分、ユズ果実エキスの効果や安全性について解説します。
→ ユズ果実エキス詳細ページ

TOPへ