ステアリン酸ブチルの基本情報・配合目的・安全性

ステアリン酸ブチル

化粧品表示名称 ステアリン酸ブチル
医薬部外品表示名称 ステアリン酸ブチル
化粧品国際的表示名称(INCI名) Butyl Stearate
配合目的 混和エモリエント など

1. 基本情報

1.1. 定義

直鎖脂肪酸と低級アルコールとのエステルの一種であり、以下の化学式で表されるステアリン酸のカルボキシ基(-COOH)ブタノールのヒドロキシ基(-OH)を脱水縮合(∗1)したエステルです[1]

∗1 脱水縮合とは、分子と分子から水(H2O)が離脱することにより分子と分子が結合する反応のことをいいます。脂肪酸とアルコールのエステルにおいては、脂肪酸(R-COOH)のカルボキシ基(-COOH)の「OH」とアルコール(R-OH)のヒドロキシ基(-OH)の「H」が分離し、これらが結合して水分子(H2O)として離脱する一方で、残ったカルボキシル基の「CO」とヒドロキシ基の「O」が結合してエステル結合(-COO-)が形成されます。

ステアリン酸ブチル

1.2. 物性・性状

ステアリン酸ブチルの物性・性状は(∗2)(∗3)

∗2 凝固点とは液体が固体になりはじめる(固まりはじめる)温度のことです。比重とは固体や液体においては密度を意味し、標準密度1より大きければ水に沈み(水より重い)、1より小さければ水に浮くことを意味します。

∗3 屈折とは光の速度が変化して進行方向が変わる現象のことで、屈折率は「空気中の光の伝播速度/物質中の光の伝播速度」で表されます。光の伝播速度は物質により異なり、また同一の物質でも波長により異なるため屈折率も異なりますが、化粧品において重要なのは空気の屈折率を1とした場合の屈折率差が高い界面ほど反射率が大きいということであり、平滑性をもつ表面であれば光沢が高く、ツヤがでます(屈折率の例としては1.33、エタノールは1.36、パラフィンは1.48)。

状態 凝固点(℃) 比重(d 20/20) 屈折率(n 20/D)
液体-固体 18-20 0.851-0.861 1.4456

このように報告されています[2][3a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 混和
  • エモリエント効果

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、スキンケア製品、アウトバストリートメント製品などに使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 混和

混和に関しては、ステアリン酸ブチルは鉱物油と植物油など相溶性の低い油性成分同士を媒介することで安定に混ぜ合わせることから、安定に混和する目的で主にメイクアップ製品、オイル系製品などに使用されています[3b][4a][5]

2.2. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、ステアリン酸ブチルは油性感の少ないさらっとした感触をもち、皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[3c][4b][6]、各種クリーム、メイクアップ製品、ヘアケア製品などに使用されています。

3. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の1985-2003年および2012-2013年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗4)

∗4 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ステアリン酸ブチルの配合製品数と配合量の調査結果(1985-2003年および2012-2013年)

4. 安全性評価

ステアリン酸ブチルの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし-軽度
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • 光感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7a]によると、

  • [ヒト試験] 111名の被検者に50%ステアリン酸ブチルを含むミネラルオイルを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、この試験物質は刺激があったとしてもせいぜい軽度の皮膚刺激剤であり、また実質的に皮膚感作激剤ではなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1982)
  • [ヒト試験] 被検者(人数不明)に2%ステアリン酸ブチルを含むフェイスクリームを24および48時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は実質的に皮膚刺激剤ではなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,-)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

皮膚刺激性については、試験データをみるかぎり非刺激-軽度の皮膚刺激が報告されているため、一般に非刺激-軽度の皮膚刺激を引き起こす可能性があると考えられます。

4.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7b]によると、

  • [動物試験] 9匹のウサギの片眼に100%ステアリン酸ブチルを点眼し、3匹は眼をすすぎ、残りの6匹は眼をすすがず、Draize法に基づいて点眼24,48および72時間後に眼刺激性を評価したところ、この試験物質は洗眼の有無にかかわらず眼刺激の兆候を示さなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1980)

このように記載されており、試験データをみるかぎり眼刺激なしと報告されているため、一般に眼刺激性はほとんどないと考えられます。

4.3. 光感作性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7c]によると、

  • [ヒト試験] 10名の被検者に10%ステアリン酸ブチルを含む製品を対象に光感作性試験をともなうHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、この製品はいずれの被検者においても光感作反応を示さなかった(Wells Laboratories Inc,1981)

このように記載されており、試験データをみるかぎり光感作なしと報告されているため、一般に光感作性はほとんどないと考えられます。

5. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ステアリン酸ブチル」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,566.
  2. 有機合成化学協会(1985)「ステアリン酸ブチル」有機化合物辞典,483-484.
  3. abc日光ケミカルズ株式会社(2016)「エステル」パーソナルケアハンドブックⅠ,62-86.
  4. ab広田 博(1970)「エステル類」化粧品のための油脂・界面活性剤,58-71.
  5. 田村 健夫・廣田 博(2001)「油脂相互間の溶解性」香粧品科学 理論と実際 第4版,266-267.
  6. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  7. abcR.L. Elder(1985)「Final Report on the Safety Assessment of Butyl Stearate, Cetyl Stearate, Isobutyl Stearate, lsocetyl Stearate, Isopropyl Stearate, Myristyl Stearate, and Octyl Stearate」Journal of the American College of Toxicology(4)(5),107-146. DOI:10.3109/10915818509078688.

TOPへ