ポリイソブテンの基本情報・配合目的・安全性

ポリイソブテン

化粧品表示名 ポリイソブテン
INCI名 Polyisobutene
配合目的 結合増粘光沢皮膜形成 など

1. 基本情報

1.1. 定義

イソブチレンの重合体(∗1)であり、以下の化学式で表される側鎖にメチル基(-CH3をもつ炭化水素(合成系炭化水素)です[1a][2a]

∗1 重合体とは、複数の単量体(モノマー:monomer)が繰り返し結合し、鎖状や網状にまとまって機能する多量体(ポリマー:polymer)のことを指します。

ポリイソブテン

1.2. 物性・性状

ポリイソブテンの物性・性状は、

状態 溶解性
粘稠液体 水、有機溶媒に不溶、鉱物油、ワックス、無極性溶媒に可溶

このように報告されています[2b][3a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 結合
  • 非水系増粘
  • 光沢付与
  • 皮膜形成

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、スキンケア製品、マスク製品、日焼け止め製品、ボディ&ハンドケア製品、アウトバストリートメント製品など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 結合

結合に関しては、ポリイソブテンは粘稠性の液体であり、粉体原料同士を皿状容器に圧縮成型するとき、粉体原料同士のくっつきをよくしたり、使用時に粉が周囲に飛び散るのを防ぐ目的で主にパウダー系メイクアップ製品に用いられます[1b][4]

2.2. 非水系増粘

非水系増粘に関しては、ポリイソブテンは粘稠性の油状液体であり、粘度を調整し粘度あるいは製品の安定性を保つ目的で主にクリーム系化粧品、乳液、メイクアップ製品、ヘアケア製品などに使用されています[1c][3b]

2.3. 光沢付与

光沢付与に関しては、ポリイソブテンは透明で高い光沢をもつことから[3c]、光沢やツヤを付与する目的で主に口紅、リップグロスなどポイントメイクアップ製品に使用されています[5]

2.4. 皮膜形成

皮膜形成に関しては、ポリイソブテンは塗布すると耐水性に優れた塗膜を形成する特性をもつことから[1d][3d]、日焼け止め製品に使用されています。

3. 混合原料としての配合目的

ポリイソブテンは、混合原料が開発されており、ポリイソブテンと以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 SEPIPLUS 265
構成成分 (アクリルアミド/アクリル酸アンモニウム)コポリマー、ポリイソブテンポリソルベート20
特徴 電解質共存下で増粘性能を持つ乳化増粘剤
原料名 SEPIPLUS 400
構成成分 ポリアクリレート-13、ポリイソブテンポリソルベート20
特徴 電解質共存下で増粘性能を持つ乳化増粘剤
原料名 SEPIPLUS S
構成成分 (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリイソブテン、PEG-7トリメチロールプロパンヤシ油アルキルエーテル、
特徴 リッチでクリーミィな質感を付与する、電解質共存下で増粘性能を持つ乳化増粘剤

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2005年および2013-2015年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗2)

∗2 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

ポリイソブテンの配合製品数と配合量の調査結果(2005年および2013-2015年)

5. 安全性評価

ポリイソブテンの現時点での安全性は、

  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[6]によると、

  • [ヒト試験] 28名の被検者に10.5%ポリイソブテンを含むアイシャドーを対象にmaximization皮膚感作性試験を実施したところ、試験期間を通じていずれの被検者においても皮膚刺激および皮膚感作反応を誘発しなかった(Ivy Laboratories,2005)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[7]によると、

  • [動物試験] ウサギの片眼に100%ポリイソブテン(分子量範囲654-2168)を点眼し、点眼後に眼刺激性を評価したところ、この試験物質はウサギの眼において非刺激剤であった(Creation Coleurs,2013)

このように記載されており、試験データをみるかぎり眼刺激なしと報告されているため、一般に眼刺激性はほとんどないと考えられます。

6. 参考文献

  1. abcd日本化粧品工業連合会(2013)「ポリイソブテン」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,902.
  2. ab大木 道則, 他(1989)「ポリイソブチレン」化学大辞典,2241.
  3. abcdEvonik Industries AG(2008)「REWOPAL PIB 1000」Technical Data Sheet.
  4. 霜川 忠正(2001)「結合剤」BEAUTY WORD 製品科学用語編,216.
  5. 半山 敦士(2010)「口紅とは?」化学と教育(58)(5),234-235. DOI:10.20665/kakyoshi.58.5_234.
  6. F.A. Andersen(2008)「Final report of the cosmetic ingredient review expert panel on the safety assessment of Polyisobutene and Hydrogenated Polyisobutene as used in cosmetics」International Journal of Toxicology(27)(Suppl 4),83-106. PMID:19101833.
  7. C.L. Burnett, et al(2020)「Safety Assessment of Polyene Group as Used in Cosmetics」International Journal of Toxicology(39)(2_suppl),59S-90S. DOI:10.1177/1091581820952385.

TOPへ