シリコーン系界面活性剤の解説と化粧品に使用されるシリコーン系界面活性剤一覧

シリコーン系界面活性剤

スポンサーリンク

シリコーン系界面活性剤の解説

ケイ素(Si)と酸素(O)が化学結合により交互に連なったシロキサン結合を主骨格に持つシリコーンの一部に親水性の置換基を導入した構造をもつ界面活性剤です。

親水性置換基の種類を変えることで、種々の用途に適した界面活性剤が得られます。

化粧品に使用されるシリコーン系界面活性剤の種類

化粧品において主に使用されるシリコーン系界面活性剤は、以下の表のように、

分類 分類(詳細) 化粧品成分名称
ポリエーテル変性シリコーン シリコーン直鎖型ポリエーテル変性シリコーン PEG-3ジメチコン
PEG-9ジメチコン
PEG-10ジメチコン
PEG-12ジメチコン
PEG-10メチルエーテルジメチコン
PEG-11メチルエーテルジメチコン
シリコーン直鎖型アルキル共変性ポリエーテル変性シリコーン セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン
シリコーン分岐型ポリエーテル変性シリコーン PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
シリコーン分岐型アルキル共変性ポリエーテル変性シリコーン ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
部分架橋型変性シリコーン 部分架橋型ポリエーテル変性シリコーン (ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー

主にポリエーテル変性シリコーンまたは部分架橋型変性シリコーンが用いられます。

ポリエーテル変性シリコーンは、シリコーンの一部を酸化エチレン(親水性)に置換した構造をもつシリコーン系界面活性剤ですが、ポリエーテル変性シリコーンには上記4つの種類があり、それぞれの水との増粘性において以下のグラフのように、

各ポリエーテル変性シリコーンの水との増粘性

直鎖型は水の添加による増粘性が高く、分岐型は増粘性が低いという特徴があります。

また、油剤との相溶性においては以下の表のように(∗1)

∗1 表中の記号はそれぞれ ○:溶解、△:微濁・分散、☓:不溶 を意味します。

油剤の種類 各油剤との相溶性
直鎖型シリコーン 分岐型シリコーン
変性 アルキル変性 変性 アルキル変性
シクロペンタシロキサン(環状シリコーン)
ジメチコン(ジメチルシリコーン)
ミネラルオイル(流動パラフィン)
イソノナン酸イソトリデシル(エステル)
トリエチルヘキサノイン(エステル)
BG(多価アルコール)
イソプロパノール(一価アルコール)

直鎖型アルキル変性以外は様々なタイプのシリコーン油、エステルおよび一価アルコールを溶解し、またアルキル変性はミネラルオイルも溶解します。

このような背景から、それぞれの処方に応じて最適なポリエーテル変性シリコーンが用いられます。

部分架橋型変性シリコーンは、主にシリコーンを乳化するゲル化剤として使用されています。

化粧品に使用されるシリコーン系界面活性剤の作用・効果

化粧品におけるシリコーン系界面活性剤は、

  • シリコーン油の乳化・ゲル化
  • ヘアコンディショニング
  • 基剤の感触改良

主にこれらを目的として、メイクアップ化粧品、スキンケア化粧品、ボディ&ハンドケア化粧品、日焼け止め製品、ヘアケア製品、アウトバストリートメント製品、クレンジング製品、洗浄製品、ネイル製品など様々な製品に汎用されています。

シリコーン油の乳化・ゲル化

界面活性剤の代表的な作用のひとつに乳化・ゲル化がありますが、乳化・ゲル化の中でもシリコーン系界面活性剤は主にシリコーンを乳化・ゲル化することを目的に用いられる界面活性剤です。

ヘアコンディショニング

シリコーン特有の特徴である潤滑性、さっぱり感、ベタつき抑止、毛髪へのツヤの付与、櫛通り性の向上などを目的にヘアトリートーメント、アウトバス製品、ヘアケア製品に用いられています。

化粧品に使用されるシリコーン系界面活性剤の安全性

シリコーンは化学的安定性が高く、また生理的にも不活性であることが知られており、一般的にシリコーン系界面活性剤は、界面活性剤の中でも低刺激性に分類される非イオン界面活性剤よりも皮膚刺激性が低いと報告されています。

シリコーン系界面活性剤一覧

  • 数字,A-Z,ア-ンの順番に並べてあります
  • 知りたいシリコーン系界面活性剤がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です

PEG-3ジメチコン
PEG-3ジメチコン
乳化
シリコーン油の親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、PEG-3ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-3ジメチコン記事を読む

PEG-9ジメチコン
PEG-9ジメチコン
乳化
シリコーン油の親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、PEG-9ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-9ジメチコン記事を読む

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
乳化
シリコーン油の親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン記事を読む

PEG-10ジメチコン
PEG-10ジメチコン
乳化
シリコーン油の親油性乳化または親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、PEG-10ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-10ジメチコン記事を読む

PEG-10メチルエーテルジメチコン
PEG-10メチルエーテルジメチコン
乳化 ヘアコンディショニング 感触改良
シリコーン油の親水性乳化、水系基剤の感触改良、ヘアコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、PEG-10メチルエーテルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-10メチルエーテルジメチコン記事を読む

PEG-11メチルエーテルジメチコン
PEG-11メチルエーテルジメチコン
乳化 ヘアコンディショニング 感触改良
シリコーン油の親水性乳化、水系基剤の感触改良、ヘアコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、PEG-11メチルエーテルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-11メチルエーテルジメチコン記事を読む

PEG-12ジメチコン
PEG-12ジメチコン
乳化 刺激緩和
シリコーン油の親油性乳化または親水性乳化、陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、PEG-12ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ PEG-12ジメチコン記事を読む

(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー
(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー
乳化
シリコーン油の乳化によるゲル化目的で化粧品に配合される成分、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマーの効果や安全性について解説します。
→ (ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー記事を読む

セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン
セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン
乳化
シリコーン油およびシリコーン以外の油剤の親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン記事を読む

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
乳化
シリコーン油の親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体記事を読む

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
乳化
シリコーン油の親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体記事を読む

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
乳化
シリコーン油の親油性乳化または親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体記事を読む

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
乳化 ヘアコンディショニング 感触改良
シリコーン油の親水性乳化、水系基剤の感触改良、ヘアコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体記事を読む

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
乳化 ヘアコンディショニング 感触改良
シリコーン油の親水性乳化、水系基剤の感触改良、ヘアコンディショニング目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体記事を読む

ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
乳化 刺激緩和
シリコーン油の親油性乳化または親水性乳化、陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体記事を読む

ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
乳化
シリコーン油およびシリコーン以外の油剤の親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコンの効果や安全性について解説します。
→ ラウリルPEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン記事を読む

スポンサーリンク

TOPへ