非イオン界面活性剤の解説と化粧品に使用される非イオン界面活性剤一覧

非イオン界面活性剤

スポンサーリンク

非イオン界面活性剤・ノニオン界面活性剤の解説

非イオン界面活性剤(Non-ionic Surfactant)(∗1)とは、1950年代に主に乳化剤として開発された界面活性剤であり(∗2)、以下の構造図をみるとわかるように、

∗1 ノニオン界面活性剤ともよばれます。

∗2 1950年代までは、化粧品用乳化として陰イオン界面活性剤のステアリン酸セッケンなどを用いたセッケン乳化が主流でした。

非イオン界面活性剤の構造図

水溶液中においてイオンに解離しない水酸基やエーテル結合を親水基としてもっている界面活性剤のことです。

電離しないため、水の硬度や電解質の影響を受けにくく、また皮膚に対する毒性および刺激性がほとんどなく、さらにほかのイオン性界面活性剤と併用が可能であることから、1950年代にソルビタン脂肪酸エステルなどが開発・使用され始め、その種類も非常に多く、主に乳化剤、可溶化剤あるいは分散剤として使用量が非常に増えている界面活性剤です。

化粧品に使用される非イオン界面活性剤の種類

化粧品において主に使用される非イオン界面活性剤は、以下の表のように、

分類 分類(詳細) 化粧品成分名称
酸化エチレン縮合型 ポリオキシエチレンアルキルエーテル ラウレス-4
ラウレス-7
ラウレス-9
ラウレス-21
ラウレス-23
セテス-10
セテス-20
ステアレス-2
ステアレス-20
ステアレス-21
セテアレス-25
べへネス-20
べへネス-30
オレス-2
オレス-10
ポリオキシエチレンステリルエーテル PEG-5フィトステロール
PEG-10フィトステロール
PEG-30フィトステロール
ポリオキシエチレン脂肪酸エステル ステアリン酸PEG-25
ステアリン酸PEG-40
ステアリン酸PEG-45
ステアリン酸PEG-55
ステアリン酸PEG-75
ステアリン酸PEG-100
ステアリン酸PEG-150
ジステアリン酸PEG-150
ポリオキシエチレン多価アルコール脂肪酸エステル ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
イソステアリン酸PEG-8グリセリル
イソステアリン酸PEG-20グリセリル
イソステアリン酸PEG-60グリセリル
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
テトラオレイン酸ソルベス-30
テトラオレイン酸ソルベス-40
テトラオレイン酸ソルベス-60
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 PEG-10水添ヒマシ油
PEG-20水添ヒマシ油
PEG-40水添ヒマシ油
PEG-60水添ヒマシ油
PEG-100水添ヒマシ油
ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル ポリソルベート20
ポリソルベート60
ポリソルベート80
多価アルコールエステル型 グリコール脂肪酸エステル ステアリン酸PG
グリセリン脂肪酸エステル ステアリン酸グリセリル
ステアリン酸グリセリル(SE)
イソステアリン酸グリセリル
オレイン酸グリセリル
ベヘン酸グリセリル
ソルビタン脂肪酸エステル ラウリン酸ソルビタン
パルミチン酸ソルビタン
ステアリン酸ソルビタン
イソステアリン酸ソルビタン
オレイン酸ソルビタン
セスキステアリン酸ソルビタン
セスキイソステアリン酸ソルビタン
セスキオレイン酸ソルビタン
トリオレイン酸ソルビタン
トリステアリン酸ソルビタン
オリーブ油脂肪酸ソルビタン
ヤシ脂肪酸ソルビタン
ショ糖脂肪酸エステル ラウリン酸スクロース
パルミチン酸スクロース
ステアリン酸スクロース
ヤシ脂肪酸スクロース
ポリグリセリン脂肪酸エステル ラウリン酸ポリグリセリル-2
ステアリン酸ポリグリセリル-2
オレイン酸ポリグリセリル-2
イソステアリン酸ポリグリセリル-2
イソステアリン酸ポリグリセリル-4
ラウリン酸ポリグリセリル-10
ミリスチン酸ポリグリセリル-10
ステアリン酸ポリグリセリル-10
オレイン酸ポリグリセリル-10
イソステアリン酸ポリグリセリル-10
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10
ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6
多価アルコール縮合型 脂肪酸アルカノールアミド コカミドDEA
コカミドMEA
ラウラミドDEA
アルキルグリコシド (カプリリル/カプリル)グルコシド
デシルグルコシド
ラウリルグルコシド
セテアリルグルコシド
ヤシ油アルキルグルコシド

疎水基はどちらも脂肪酸または高級脂肪族アルコールが用いられますが、親水基は大きく分けて「酸化エチレン型」または「多価アルコール型」に分けることができ、酸化エチレンの縮合度(∗3)や多価アルコールの種類を変えることにより親油性の強いものから親水性の強いものまで様々なものが合成されています。

∗3 酸化エチレンの縮合度は、たとえば「セテス-20」「ステアリン酸PEG-100」「ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル」など化粧品成分表示名称においてモル数を表す数字で表記されており、数字が大きいほど親水性が強くなります。

化粧品に使用される非イオン界面活性剤の作用・効果

化粧品における非イオン界面活性剤は、

  • 乳化
  • 分散
  • 可溶化
  • イオン性界面活性剤との組み合わせによるイオン性界面活性剤の性能向上
  • 洗浄および起泡

主にこれらのいずれかの作用・効果を目的として、あらゆる化粧品に汎用されています。

乳化

乳化とは、1つの液体にそれと融け合わない別の液体を微細な粒子の状態に均一に分散させることをいいます。

そして、乳化の結果として生成された分散系溶液をエマルションといい、そのために加える界面活性剤を乳化剤とよんでいます。

基本的な化粧品用エマルションとして、以下の図のように、

エマルションの基本構造

水を外部相とし、その中に油が微細粒子状に分散している水中油滴型(O/W型:Oil in Water type)と、それとは逆に油を外部相とし、その中に水が微細粒子状に分散している油中水滴型(W/O型:Water in Oil type)があります。

身近にあるO/W型エマルションとしては、牛乳、生クリーム、マヨネーズなどがあり、一方でW/O型エマルションとしてはバター、マーガリンなどがあります。

また、乳化剤の種類や乳化条件によってはO/W型エマルションが油の中に分散したO/W/O型、もしくはW/O型エマルションが水の中に分散したW/O/W型のものもあり、これらは多相エマルションとよばれています。

乳化剤として用いられる非イオン界面活性剤の乳化特性(水と油への親和性の程度)を表す指標としては、一般的にHLB(Hydrophilic-Lipophilic Balance:親水親油バランス)が用いられることが多く、以下の図のように、

界面活性剤のHLB値とその作用、分散・溶解の挙動

HLB値は、0から20までの値を取り、0に近いほど親油性が高く20に近いほど親水性が高くなり、また界面活性剤が水中に分散するためには3以上、溶解するためには10以上が要求されることが知られており、HLB値だけで一義的に界面活性剤の性質が定まるわけではありませんが、HLB値によってその界面活性剤の性質や用途もある程度決定されます(∗4)

∗4 HLBは、もともと酸化エチレン型の乳化特性を表す目的で開発された指標であり、多価アルコール型を表す指標としては適切とはいいきれないことから、現在は多価アルコール型も含めた指標の開発が求められていますが、現時点で最も汎用され、乳化特性の目安となっているのがHLB値です。

ただし、乳化目的の非イオン界面活性剤は、いくつかの種類を組み合わせることで乳化安定性が高まることから、複数の乳化剤を組み合わせてHLBを調整して乳化安定性を高める処方が汎用されています。

分散

分散とは、基本的には、

  • 液体中に液体微粒子が分散している系(エマルション,emulsion)
  • 液体中に固体微粒子が分散している系(分散液,dispersion)
  • 気体中に液体微粒子が分散している系(エアゾール,aersol)

これらのタイプがあり、化粧品の場合はほかにも乳化型ファンデーションのように、

  • エマルション中に固体微粒子が分散している系

も存在します。

化粧品においては、液体中に液体微粒子が分散している系(エマルション)は乳化剤とよび、液体中に固体微粒子(顔料・粉体)を均一に分散するのに用いる界面活性剤を一般的に分散剤とよびます。

分散剤は粉体の表面に吸着し、その表面の性質を著しく変え分散性を向上させます。

可溶化

可溶化(solubilization)とは、溶媒に不溶または難溶性の物質が界面活性剤の存在により透明に溶解する現象をいいます。

そして、可溶化現象は界面活性剤が界面活性剤として機能し始めるcmc(critical micelle concentration:臨界ミセル濃度)以上の濃度で現れ、可溶化現象において可溶化作用を示す界面活性剤を可溶化剤とよびます。

可溶化には、

  • ミセル
  • 透明エマルション

これらのタイプがあり、一般に可溶化作用が実用的に用いられているものはミセル型です。

ミセルについては、以下の図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、

ミセルの基本構造

界面活性剤は親水基(水溶性)と疎水基(油溶性)をもっており、水中における界面活性剤の現象として親水基部分は水に溶け込みますが、疎水基部分は安定しようとするために水のないところ(溶液の表面や容器の壁面)に逃げようとします。

ただし、表面には限りがあり、さらに界面活性剤の濃度を増やすと疎水基の逃げ場がなくなり、疎水基は水との反発をなるべく減らすために、疎水基同士で集合し、親水基を水側に向けて会合体(ミセル:micelle)を形成しはじめます。

この疎水基の逃げ場がなくなってミセルが形成され始める濃度のことを臨界ミセル濃度(cmc:critical micelle concentration)と定義しており、可溶化剤の可溶化現象はcmc濃度以上で現れます。

また、非水溶液中においては、界面活性剤の親水基をミセルの中心部に、親油基を外側に向けて集合する、いわゆる逆型ミセルを形成します。

透明エマルションについては、一般に乳白色のエマルションの分散粒子の大きさは少なくとも1μ程度ですが、0.05-0.1μ程度にまで小さくすると半透明まエマルションが形成され、0.05μ以下にすると完全に透明なエマルションが形成されます。

透明エマルションは、一般のエマルションより分散粒子が非常に微細化されていることからマイクロエマルション(microemulsion)ともよばれ、実用的にマイクロエマルションを調整するにはHLB値15以上であることが最も重要な因子とされています。

化粧品において可溶化剤は、主に香料、油溶性ビタミンまたはその他油溶性物質の水系への溶解に応用されています。

イオン性界面活性剤との組み合わせによるイオン性界面活性剤の性能向上

脂肪酸アルカノールアミドなどは、洗浄剤として優れた性能を有しており、また泡を生じる性能には定評があり、他の洗剤に少量加えてもその効果が著しいことから、洗浄力増強剤および泡安定剤として陰イオン界面活性剤などと組み合わせて広く使用されています。

洗浄および起泡

アルキルグリコシドは、非イオン界面活性剤でありながら、マイルドな洗浄力および陰イオン界面活性剤と同等の起泡力を有していることから、皮膚安全性の高い洗浄剤として配合製品が増えてきています。

非イオン界面活性剤の安全性について

非イオン界面活性剤は、一般に陰イオン界面活性剤と比較して低刺激であり、界面活性剤において皮膚刺激の指標となるタンパク変性も低いことが知られています。

ただし、非イオン界面活性剤の中でもその化学構造によって差異があることはよく知られており、一般に、

  • 多価アルコールエステル型よりも酸化エチレン縮合型のほうが影響が大きい
  • 酸化エチレン縮合型では酸化エチレンの縮合度が大きいもののほうが刺激性が低い
  • 同じエステル型のものでもアルキル基の炭素数によって影響が異なる

このような傾向が報告されています。

このような傾向を裏付ける試験データとしては、1962年に代表的な非イオン界面活性剤のパッチテスト(Schwartz法)結果として以下の表のように報告されており、

分類 界面活性剤 濃度(%) 反応人数/テスト人数
多価アルコールエステル型 ラウリン酸ソルビタン 100 0/50
パルミチン酸ソルビタン 50 0/50
ステアリン酸ソルビタン 30 0/50
オレイン酸ソルビタン 100 0/50
セスキオレイン酸ソルビタン 100 0/50
トリオレイン酸ソルビタン 100 2/50
5 0/49
酸化エチレン縮合型 ポリソルベート20
(ラウリン酸ソルビタン+酸化エチレン(20))
100 0/50
ポリソルベート40
(パルミチン酸ソルビタン+酸化エチレン(20))
100 0/50
ポリソルベート60
(ステアリン酸ソルビタン+酸化エチレン(20))
100 0/50
ポリソルベート80
(オレイン酸ソルビタン+酸化エチレン(20))
100 0/50
ラウレス-23 35 0/50
セテス-2 60 38/100
20 11/100
セテス-10 60 2/200
20 0/199
ステアレス-20 60 0/200

多価アルコールエステル型およびそれに酸化エチレンを付加したものは、トリオレイン酸ソルビタン(100%)を除いて刺激性は認められませんが、酸化エチレン縮合型ではセテス類(セタノールの酸化エチレン付加物)に中程度から軽度の刺激性がみられています。

こういった傾向から、一般的には酸化エチレン縮合型より多価アルコールエステル型のほうが刺激性が低いといわれますが、実際の化粧品配合においては、酸化エチレン縮合型であっても皮膚刺激性のほとんどない濃度で用いられており、皮膚刺激性にほとんど差異はないと考えられます。

また、陰イオン界面活性剤と併用することで、刺激性を低減することも知られており、陰イオン界面活性剤と組み合わせた処方が広く用いられています。

化粧品に使用される非イオン界面活性剤一覧

  • 数字,A-Z,ア-ンの順番に並べてあります
  • 知りたい非イオン界面活性剤がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です

PEG-10水添ヒマシ油
PEG-10水添ヒマシ油
乳化 分散
親油性乳化、分散目的で化粧品に配合される成分、PEG-10水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ PEG-10水添ヒマシ油記事を読む

PEG-20水添ヒマシ油
PEG-20水添ヒマシ油
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、PEG-20水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ PEG-20水添ヒマシ油記事を読む

PEG-40水添ヒマシ油
PEG-40水添ヒマシ油
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、PEG-40水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ PEG-40水添ヒマシ油記事を読む

PEG-60水添ヒマシ油
PEG-60水添ヒマシ油
乳化 可溶化
親水性乳化、リポソームの乳化安定、可溶化目的で化粧品に配合される成分、PEG-60水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ PEG-60水添ヒマシ油記事を読む

PEG-100水添ヒマシ油
PEG-100水添ヒマシ油
乳化 可溶化
親水性乳化、リポソームの乳化安定、可溶化目的で化粧品に配合される成分、PEG-100水添ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ PEG-100水添ヒマシ油記事を読む

アルキル(8~16)グルコシド
アルキル(8~16)グルコシド
洗浄 起泡 可溶化
起泡・洗浄、可溶化目的で化粧品に配合される成分、アルキル(8~16)グルコシドの効果や安全性について解説します。
→ アルキル(8~16)グルコシド記事を読む

アルキル(8~16)グルコシド
アルキル(8~16)グルコシド
洗浄 起泡
起泡・洗浄目的で化粧品に配合される成分、アルキル(8~16)グルコシドの効果や安全性について解説します。
→ アルキル(8~16)グルコシド記事を読む

アルキル(8~16)グルコシド
アルキル(8~16)グルコシド
洗浄 起泡 可溶化
起泡・洗浄、植物油の水への可溶化目的で化粧品に配合される成分、アルキル(8~16)グルコシドの効果や安全性について解説します。
→ アルキル(8~16)グルコシド記事を読む

イソステアリン酸PEG-8グリセリル
イソステアリン酸PEG-8グリセリル
乳化 洗浄
親水性乳化、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸PEG-8グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸PEG-8グリセリル記事を読む

イソステアリン酸PEG-20グリセリル
イソステアリン酸PEG-20グリセリル
乳化 洗浄
親水性乳化、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸PEG-20グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸PEG-20グリセリル記事を読む

イソステアリン酸PEG-60グリセリル
イソステアリン酸PEG-60グリセリル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸PEG-60グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸PEG-60グリセリル記事を読む

イソステアリン酸グリセリル
イソステアリン酸グリセリル
乳化 分散
親油性乳化、分散目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸グリセリル記事を読む

イソステアリン酸グリセリル(2)
イソステアリン酸グリセリル(2)
乳化 分散
親油性乳化、分散目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸グリセリル(2)の効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸グリセリル(2)記事を読む

イソステアリン酸ソルビタン
イソステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ソルビタン記事を読む

イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
乳化 洗浄
親水性乳化、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル記事を読む

イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
乳化 洗浄
親水性乳化、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル記事を読む

イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリルの効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル記事を読む

イソステアリン酸ポリグリセリル-2
イソステアリン酸ポリグリセリル-2
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリグリセリル-2記事を読む

イソステアリン酸ポリグリセリル-4
イソステアリン酸ポリグリセリル-4
エモリエント成分 乳化
エモリエント作用、親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリグリセリル-4の効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリグリセリル-4記事を読む

イソステアリン酸ポリグリセリル-10
イソステアリン酸ポリグリセリル-10
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、イソステアリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性について解説します。
→ イソステアリン酸ポリグリセリル-10記事を読む

オリーブ油脂肪酸ソルビタン
オリーブ油脂肪酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、オリーブ油脂肪酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ オリーブ油脂肪酸ソルビタン記事を読む

オリゴブドウ糖デカノール配糖体液
オリゴブドウ糖デカノール配糖体液
洗浄 起泡
起泡・洗浄目的で化粧品に配合される成分、オリゴブドウ糖デカノール配糖体液の効果や安全性について解説します。
→ オリゴブドウ糖デカノール配糖体液記事を読む

オレイン酸グリセリル
オレイン酸グリセリル
乳化 分散
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ オレイン酸グリセリル記事を読む

オレイン酸ソルビタン
オレイン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ オレイン酸ソルビタン記事を読む

オレイン酸ポリグリセリル-2
オレイン酸ポリグリセリル-2
乳化 分散 効果促進成分
親油性乳化、分散、表皮基底層への有効成分輸送による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ オレイン酸ポリグリセリル-2記事を読む

オレイン酸ポリグリセリル-10
オレイン酸ポリグリセリル-10
乳化 効果持続
親水性乳化、表皮基底層への吸着および有効成分の徐放による効果持続作用目的で化粧品に配合される成分、オレイン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性について解説します。
→ オレイン酸ポリグリセリル-10記事を読む

オレス-2
オレス-2
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、オレス-2の効果や安全性について解説します。
→ オレス-2記事を読む

オレス-10
オレス-10
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、オレス-10の効果や安全性について解説します。
→ オレス-10記事を読む

(カプリリル/カプリル)グルコシド
(カプリリル/カプリル)グルコシド
洗浄 起泡 可溶化
起泡・洗浄、可溶化目的で化粧品に配合される成分、(カプリリル/カプリル)グルコシドの効果や安全性について解説します。
→ (カプリリル/カプリル)グルコシド記事を読む

グリセリン脂肪酸エステル
グリセリン脂肪酸エステル
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、グリセリン脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ グリセリン脂肪酸エステル記事を読む

グリセリン脂肪酸エステル
グリセリン脂肪酸エステル
乳化
乳化目的で化粧品に配合される成分、グリセリン脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ グリセリン脂肪酸エステル記事を読む

コカミドDEA
コカミドDEA
洗浄 起泡 増粘
陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強、増粘目的で化粧品に配合される成分、コカミドDEAの効果や安全性について解説します。
→ コカミドDEA記事を読む

コカミドMEA
コカミドMEA
洗浄 起泡 増粘
陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強、増粘目的で化粧品に配合される成分、コカミドMEAの効果や安全性について解説します。
→ コカミドMEA記事を読む

ジイソステアリン酸ポリグリセリル
ジイソステアリン酸ポリグリセリル
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

ジイソステアリン酸ポリグリセリル
ジイソステアリン酸ポリグリセリル
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

ジイソステアリン酸ポリグリセリル
ジイソステアリン酸ポリグリセリル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2記事を読む

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3
エモリエント成分 分散 乳化
エモリエント作用、顔料の分散、親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3の効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3記事を読む

ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性について解説します。
→ ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10記事を読む

自己乳化型モノステアリン酸グリセリル
自己乳化型モノステアリン酸グリセリル
乳化
乳化目的で化粧品に配合される成分、自己乳化型モノステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ 自己乳化型モノステアリン酸グリセリル記事を読む

ジステアリン酸PEG-150
ジステアリン酸PEG-150
乳化 増粘
親水性乳化、増粘目的で化粧品に配合される成分、ジステアリン酸PEG-150の効果や安全性について解説します。
→ ジステアリン酸PEG-150記事を読む

ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)
ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)
乳化 増粘
親水性乳化、増粘目的で化粧品に配合される成分、ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)の効果や安全性について解説します。
→ ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)記事を読む

縮合リシノレイン酸ポリグリセリル
縮合リシノレイン酸ポリグリセリル
乳化 分散 効果促進成分
親油性乳化、分散、O/W型エマルション中での植物エキスの抗酸化効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、縮合リシノレイン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ 縮合リシノレイン酸ポリグリセリル記事を読む

ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステル
乳化 ヘアコンディショニング
親水性乳化、櫛通り性向上によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ショ糖脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ ショ糖脂肪酸エステル記事を読む

ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ショ糖脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ ショ糖脂肪酸エステル記事を読む

ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ショ糖脂肪酸エステルの効果や安全性について解説します。
→ ショ糖脂肪酸エステル記事を読む

親油型モノオレイン酸グリセリル
親油型モノオレイン酸グリセリル
乳化 分散
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、親油型モノオレイン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ 親油型モノオレイン酸グリセリル記事を読む

親油型モノステアリン酸グリセリル
親油型モノステアリン酸グリセリル
乳化
乳化目的で化粧品に配合される成分、親油型モノステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ 親油型モノステアリン酸グリセリル記事を読む

ステアリン酸PEG-25
ステアリン酸PEG-25
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-25の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-25記事を読む

ステアリン酸PEG-40
ステアリン酸PEG-40
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-40の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-40記事を読む

ステアリン酸PEG-45
ステアリン酸PEG-45
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-45の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-45記事を読む

ステアリン酸PEG-55
ステアリン酸PEG-55
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-55の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-55記事を読む

ステアリン酸PEG-75
ステアリン酸PEG-75
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-75の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-75記事を読む

ステアリン酸PEG-100
ステアリン酸PEG-100
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-100の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-100記事を読む

ステアリン酸PEG-150
ステアリン酸PEG-150
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PEG-150の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PEG-150記事を読む

ステアリン酸PG
ステアリン酸PG
乳化
親油性乳化・乳化安定目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸PGの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸PG記事を読む

ステアリン酸グリセリル
ステアリン酸グリセリル
乳化
乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸グリセリル記事を読む

ステアリン酸グリセリル(SE)
ステアリン酸グリセリル(SE)
乳化
乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸グリセリル(SE)の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸グリセリル(SE)記事を読む

ステアリン酸スクロース
ステアリン酸スクロース
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸スクロース記事を読む

ステアリン酸ソルビタン
ステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸ソルビタン記事を読む

ステアリン酸ポリグリセリル-2
ステアリン酸ポリグリセリル-2
乳化
乳化、液晶乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸ポリグリセリル-2記事を読む

ステアリン酸ポリグリセリル-10
ステアリン酸ポリグリセリル-10
乳化 分散
親水性乳化、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、ステアリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性について解説します。
→ ステアリン酸ポリグリセリル-10記事を読む

ステアレス-2
ステアレス-2
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアレス-2の効果や安全性について解説します。
→ ステアレス-2記事を読む

ステアレス-20
ステアレス-20
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアレス-20の効果や安全性について解説します。
→ ステアレス-20記事を読む

ステアレス-21
ステアレス-21
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ステアレス-21の効果や安全性について解説します。
→ ステアレス-21記事を読む

セスキイソステアリン酸ソルビタン
セスキイソステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、セスキイソステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ セスキイソステアリン酸ソルビタン記事を読む

セスキオレイン酸ソルビタン
セスキオレイン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、セスキオレイン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ セスキオレイン酸ソルビタン記事を読む

セスキステアリン酸ソルビタン
セスキステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、セスキステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ セスキステアリン酸ソルビタン記事を読む

セテアリルグルコシド
セテアリルグルコシド
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、セテアリルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ セテアリルグルコシド記事を読む

セテアレス-25
セテアレス-25
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、セテアレス-25の効果や安全性について解説します。
→ セテアレス-25記事を読む

セテス-10
セテス-10
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、セテス-10の効果や安全性について解説します。
→ セテス-10記事を読む

セテス-20
セテス-20
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、セテス-20の効果や安全性について解説します。
→ セテス-20記事を読む

デシルグルコシド
デシルグルコシド
洗浄 起泡
起泡・洗浄目的で化粧品に配合される成分、デシルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ デシルグルコシド記事を読む

テトラオレイン酸ソルベス-30
テトラオレイン酸ソルベス-30
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、テトラオレイン酸ソルベス-30の効果や安全性について解説します。
→ テトラオレイン酸ソルベス-30記事を読む

テトラオレイン酸ソルベス-40
テトラオレイン酸ソルベス-40
乳化 ヘアコンディショニング
植物油などの親水性乳化・可溶化、コアセルベート生成促進によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、テトラオレイン酸ソルベス-40の効果や安全性について解説します。
→ テトラオレイン酸ソルベス-40記事を読む

テトラオレイン酸ソルベス-60
テトラオレイン酸ソルベス-60
乳化 ヘアコンディショニング
親水性乳化、コアセルベート生成促進によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、テトラオレイン酸ソルベス-60の効果や安全性について解説します。
→ テトラオレイン酸ソルベス-60記事を読む

テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット
テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビットの効果や安全性について解説します。
→ テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット記事を読む

テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット
テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット
乳化 ヘアコンディショニング
植物油などの親水性乳化・可溶化、コアセルベート生成促進によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビットの効果や安全性について解説します。
→ テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット記事を読む

テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット
テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット
乳化 ヘアコンディショニング
親水性乳化、コアセルベート生成促進によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビットの効果や安全性について解説します。
→ テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット記事を読む

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
乳化 洗浄
親水性乳化、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル記事を読む

トリイソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
トリイソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル
乳化 洗浄
親水性乳化、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、トリイソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリルの効果や安全性について解説します。
→ トリイソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル記事を読む

トリオレイン酸ソルビタン
トリオレイン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化、油相の調整目的で化粧品に配合される成分、トリオレイン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ トリオレイン酸ソルビタン記事を読む

トリステアリン酸ソルビタン
トリステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化、油相の調整目的で化粧品に配合される成分、トリステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ トリステアリン酸ソルビタン記事を読む

パルミチン酸スクロース
パルミチン酸スクロース
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸スクロース記事を読む

パルミチン酸ソルビタン
パルミチン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、パルミチン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ パルミチン酸ソルビタン記事を読む

べへネス-20
べへネス-20
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、べへネス-20の効果や安全性について解説します。
→ べへネス-20記事を読む

べへネス-30
べへネス-30
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、べへネス-30の効果や安全性について解説します。
→ べへネス-30記事を読む

ベヘン酸グリセリル
ベヘン酸グリセリル
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ベヘン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ベヘン酸グリセリル記事を読む

ポリオキシエチレンオレイルエーテル
ポリオキシエチレンオレイルエーテル
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンオレイルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンオレイルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンオレイルエーテル
ポリオキシエチレンオレイルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンオレイルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンオレイルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
乳化 分散
親油性乳化、分散目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油記事を読む

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油記事を読む

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油記事を読む

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
乳化 可溶化
親水性乳化、リポソームの乳化安定、可溶化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油記事を読む

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
乳化 可溶化
親水性乳化、リポソームの乳化安定、可溶化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油の効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油記事を読む

ポリオキシエチレンステアリルエーテル
ポリオキシエチレンステアリルエーテル
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンステアリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンステアリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンステアリルエーテル
ポリオキシエチレンステアリルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンステアリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンステアリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンステアリルエーテル
ポリオキシエチレンステアリルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンステアリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンステアリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンセチルエーテル
ポリオキシエチレンセチルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンセチルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンセチルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンセチルエーテル
ポリオキシエチレンセチルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンセチルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンセチルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンセトステアリルエーテル
ポリオキシエチレンセトステアリルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンセトステアリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンセトステアリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンベヘニルエーテル
ポリオキシエチレンベヘニルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンベヘニルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンベヘニルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンベヘニルエーテル
ポリオキシエチレンベヘニルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンベヘニルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンベヘニルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル
ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル
乳化 起泡 洗浄
親水性乳化、陰イオン界面活性剤の泡質向上作用、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル記事を読む

ポリオキシエチレンラウリルエーテル
ポリオキシエチレンラウリルエーテル
乳化 洗浄
親水性乳化、洗浄力増強・調整目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンラウリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンラウリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンラウリルエーテル
ポリオキシエチレンラウリルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンラウリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンラウリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンラウリルエーテル
ポリオキシエチレンラウリルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンラウリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンラウリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンラウリルエーテル
ポリオキシエチレンラウリルエーテル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンラウリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンラウリルエーテル記事を読む

ポリオキシエチレンラウリルエーテル
ポリオキシエチレンラウリルエーテル
乳化 洗浄
親水性乳化、洗浄力増強・調整目的で化粧品に配合される成分、ポリオキシエチレンラウリルエーテルの効果や安全性について解説します。
→ ポリオキシエチレンラウリルエーテル記事を読む

ポリソルベート20
ポリソルベート20
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、ポリソルベート20の効果や安全性について解説します。
→ ポリソルベート20記事を読む

ポリソルベート60
ポリソルベート60
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、ポリソルベート60の効果や安全性について解説します。
→ ポリソルベート60記事を読む

ポリソルベート80
ポリソルベート80
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、ポリソルベート80の効果や安全性について解説します。
→ ポリソルベート80記事を読む

ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6
ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6
乳化 分散 効果促進成分
親油性乳化、分散、O/W型エマルション中での植物エキスの抗酸化効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6の効果や安全性について解説します。
→ ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6記事を読む

ミリスチン酸ポリグリセリル-10
ミリスチン酸ポリグリセリル-10
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ミリスチン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性について解説します。
→ ミリスチン酸ポリグリセリル-10記事を読む

モノイソステアリン酸グリセリル
モノイソステアリン酸グリセリル
乳化 分散
親油性乳化、分散目的で化粧品に配合される成分、モノイソステアリン酸グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノイソステアリン酸グリセリル記事を読む

モノイソステアリン酸ソルビタン
モノイソステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノイソステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ モノイソステアリン酸ソルビタン記事を読む

モノイソステアリン酸ポリグリセリル
モノイソステアリン酸ポリグリセリル
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノイソステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

モノイソステアリン酸ポリグリセリル
モノイソステアリン酸ポリグリセリル
エモリエント成分 乳化
エモリエント作用、親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノイソステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

モノイソステアリン酸ポリグリセリル
モノイソステアリン酸ポリグリセリル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノイソステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノイソステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

モノオレイン酸ソルビタン
モノオレイン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノオレイン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ モノオレイン酸ソルビタン記事を読む

モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)
モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)の効果や安全性について解説します。
→ モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)記事を読む

モノオレイン酸ポリグリセリル
モノオレイン酸ポリグリセリル
乳化 分散 効果促進成分
親油性乳化、分散、表皮基底層への有効成分輸送による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、モノオレイン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノオレイン酸ポリグリセリル記事を読む

モノオレイン酸ポリグリセリル
モノオレイン酸ポリグリセリル
乳化 効果持続
親水性乳化、表皮基底層への吸着および有効成分の徐放による効果持続作用目的で化粧品に配合される成分、モノオレイン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノオレイン酸ポリグリセリル記事を読む

モノステアリン酸ソルビタン
モノステアリン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ソルビタン記事を読む

モノステアリン酸プロピレングリコール
モノステアリン酸プロピレングリコール
乳化
親油性乳化・乳化安定目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸プロピレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸プロピレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリエチレングリコール
モノステアリン酸ポリエチレングリコール
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリエチレングリコールの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリエチレングリコール記事を読む

モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン
モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン記事を読む

モノステアリン酸ポリグリセリル
モノステアリン酸ポリグリセリル
乳化
乳化、液晶乳化目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

モノステアリン酸ポリグリセリル
モノステアリン酸ポリグリセリル
乳化 分散
親水性乳化、顔料の分散目的で化粧品に配合される成分、モノステアリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノステアリン酸ポリグリセリル記事を読む

モノパルミチン酸ソルビタン
モノパルミチン酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノパルミチン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ モノパルミチン酸ソルビタン記事を読む

モノミリスチン酸デカグリセリル
モノミリスチン酸デカグリセリル
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノミリスチン酸デカグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノミリスチン酸デカグリセリル記事を読む

モノラウリン酸ソルビタン
モノラウリン酸ソルビタン
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、モノラウリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ モノラウリン酸ソルビタン記事を読む

モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)
モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)
乳化 可溶化
親水性乳化、可溶化目的で化粧品に配合される成分、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)の効果や安全性について解説します。
→ モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)記事を読む

モノラウリン酸ポリグリセリル
モノラウリン酸ポリグリセリル
乳化 洗浄 起泡
親水性乳化、起泡・洗浄目的で化粧品に配合される成分、モノラウリン酸ポリグリセリルの効果や安全性について解説します。
→ モノラウリン酸ポリグリセリル記事を読む

ヤシ脂肪酸スクロース
ヤシ脂肪酸スクロース
乳化
親水性乳化、液晶乳化目的で化粧品に配合される成分、ヤシ脂肪酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ脂肪酸スクロース記事を読む

ヤシ脂肪酸ソルビタン
ヤシ脂肪酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ヤシ脂肪酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ脂肪酸ソルビタン記事を読む

ヤシ油アルキルグルコシド
ヤシ油アルキルグルコシド
洗浄 起泡 乳化
起泡・洗浄、乳化目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油アルキルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油アルキルグルコシド記事を読む

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
乳化 起泡 洗浄
親水性乳化、陰イオン界面活性剤の泡質向上作用、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル記事を読む

ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
洗浄 起泡 増粘
陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強、増粘目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド記事を読む

ヤシ油脂肪酸ショ糖エステル
ヤシ油脂肪酸ショ糖エステル
乳化
親水性乳化、液晶乳化目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸ショ糖エステルの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸ショ糖エステル記事を読む

ヤシ油脂肪酸ソルビタン
ヤシ油脂肪酸ソルビタン
乳化
親油性乳化目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸ソルビタン記事を読む

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
洗浄 起泡 増粘
陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強、増粘目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミドの効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド記事を読む

ラウラミドDEA
ラウラミドDEA
洗浄 起泡 増粘
陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強、増粘目的で化粧品に配合される成分、ラウラミドDEAの効果や安全性について解説します。
→ ラウラミドDEA記事を読む

ラウリルグルコシド
ラウリルグルコシド
洗浄 起泡 可溶化
起泡・洗浄、植物油の水への可溶化目的で化粧品に配合される成分、ラウリルグルコシドの効果や安全性について解説します。
→ ラウリルグルコシド記事を読む

ラウリン酸ジエタノールアミド
ラウリン酸ジエタノールアミド
洗浄 起泡 増粘
陰イオン界面活性剤の洗浄力および起泡力増強、増粘目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸ジエタノールアミドの効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸ジエタノールアミド記事を読む

ラウリン酸スクロース
ラウリン酸スクロース
乳化 ヘアコンディショニング
親水性乳化、櫛通り性向上によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸スクロースの効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸スクロース記事を読む

ラウリン酸ソルビタン
ラウリン酸ソルビタン
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸ソルビタンの効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸ソルビタン記事を読む

ラウリン酸ポリグリセリル-2
ラウリン酸ポリグリセリル-2
乳化
乳化目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸ポリグリセリル-2の効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸ポリグリセリル-2記事を読む

ラウリン酸ポリグリセリル-10
ラウリン酸ポリグリセリル-10
乳化 洗浄 起泡
親水性乳化、起泡・洗浄目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸ポリグリセリル-10の効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸ポリグリセリル-10記事を読む

ラウレス-4
ラウレス-4
乳化 洗浄
親水性乳化、洗浄力増強・調整目的で化粧品に配合される成分、ラウレス-4の効果や安全性について解説します。
→ ラウレス-4記事を読む

ラウレス-7
ラウレス-7
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ラウレス-7の効果や安全性について解説します。
→ ラウレス-7記事を読む

ラウレス-9
ラウレス-9
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ラウレス-9の効果や安全性について解説します。
→ ラウレス-9記事を読む

ラウレス-21
ラウレス-21
乳化
親水性乳化目的で化粧品に配合される成分、ラウレス-21の効果や安全性について解説します。
→ ラウレス-21記事を読む

ラウレス-23
ラウレス-23
乳化 洗浄
親水性乳化、洗浄力増強・調整目的で化粧品に配合される成分、ラウレス-23の効果や安全性について解説します。
→ ラウレス-23記事を読む

スポンサーリンク

TOPへ