両性界面活性剤の解説と化粧品に使用される両性界面活性剤一覧

両性界面活性剤

スポンサーリンク

両性界面活性剤の解説

両性界面活性剤(Amphoteric Surfactant)とは、以下の構造図をみるとわかるように、

両性界面活性剤の構造図

その分子中の親水基にアニオン基とカチオン基の両方をもっている界面活性剤のことです(∗1)

∗1 アニオンは陰イオン、カチオンは陽イオンのことですが、陰イオンおよび陽イオンという名称は、厳密には液体中にそれらが存在しているときのものであり(気体中では陰イオン、陽イオンとはいわず、アニオン、カチオンのみになります)、一般に構造そのものを指すときはアニオンおよびカチオンということから、陰イオン基・陽イオン基とはいわず、アニオン基・カチオン基といいます。

両性界面活性剤は、一般的には酸性溶液中で陽イオン界面活性剤、アルカリ溶液中で陰イオン界面活性剤、中性溶液中で両性界面活性剤の性質を示すものが代表的ですが、化粧品成分としては、以下の表のように、

  アミノ酸型 ベタイン型
アミノ酢酸ベタイン型 スルホベタイン型
酸性領域(等電点以下)(∗2) 陽イオン界面活性剤 陽イオン界面活性剤 両性界面活性剤
塩基性領域(等電点以上) 陰イオン界面活性剤 両性界面活性剤 両性界面活性剤
中性領域(等電点付近) 両性界面活性剤 両性界面活性剤 両性界面活性剤

∗2 等電点とは、両性界面活性剤のようなアニオンになる官能基とカチオンになる官能基の両方を持つ化合物において、ちょうどアニオン性とカチオン性とがバランスする点であり、電離後の化合物全体の電荷平均が0となるpHのことです。

塩基性(アルカリ性)領域および/または酸性領域でも両性界面活性剤の性質を示すものも広く使用されています。

化粧品に使用される両性界面活性剤の種類とその構造

化粧品において主に使用される両性界面活性剤は、以下の表のように、

分類 分類(詳細) 化粧品成分名称
アミノ酸型 グリシン型 ココアンホ酢酸Na
ラウロアンホ酢酸Na
ベタイン型 アミノ酢酸ベタイン型 コカミドプロピルベタイン
ラウラミドプロピルベタイン
ラウリルベタイン
ココベタイン
スルホベタイン型 ラウリルヒドロキシスルタイン
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
天然系 レシチン レシチン
リゾレシチン
水添レシチン

一般的にはアミノ酸型または/およびベタイン型が汎用されており、また天然のものとしてはレシチンが古くから使用されています。

また、各両性界面活性剤の構造は、以下の表のような違いがあり、

分類 アニオン部分 カチオン部分
アミノ酸型 カルボン酸塩型 アミン塩型
ベタイン型 第四級アンモニウム塩型
レシチン リン酸エステル塩型

アミノ酸型は等電点で沈殿する傾向がありますが、ベタイン型は等電点でも比較的よく溶け、また浸透性、洗浄性および帯電防止性などもアミノ酸型と比較してベタイン型のほうが一般的に優れています。

化粧品に使用される両性界面活性剤の作用・効果

両性界面活性剤は、一般的に酸性溶液中で陽イオン界面活性剤、アルカリ溶液中で陰イオン界面活性剤、中性溶液中で両性界面活性剤の性質を示すため、それらに関連する機能を発現しますが、化粧品においては、

  • 陰イオン界面活性剤の洗浄力増大
  • 陰イオン界面活性剤の起泡力および泡持続性向上
  • 陰イオン界面活性剤の増粘
  • 陽イオン界面活性剤または非イオン界面活性剤の可溶化
  • 陰イオン界面活性剤の刺激性緩和
  • 乳化
  • 殺菌・抗菌
  • 陰イオン界面活性剤およびカチオン化高分子との併用によるヘアコンディショニング作用

など、基本的に主剤として使用されることはほとんどなく、陰イオン界面活性剤の機能向上や他の界面活性剤との相乗効果を目的とする助剤として汎用されています。

化粧品に使用される両性界面活性剤一覧

  • A-Z ア-ンの順番に並べてあります
  • 知りたい両性界面活性剤がある場合は「目的の行(ア行カ行など)」をクリックすると便利です

2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン
2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン
洗浄 起泡 可溶化 刺激緩和 乳化 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、非イオン界面活性剤の可溶化、刺激緩和作用、油性物質の乳化、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインの効果や安全性について解説します。
→ 2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン記事を読む

N-ラウロイル-N'-カルボキシメチル-N'-ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム液
N-ラウロイル-N’-カルボキシメチル-N’-ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム液
洗浄 起泡 可溶化 刺激緩和 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、非イオン界面活性剤の可溶化、刺激緩和作用、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、N-ラウロイル-N’-カルボキシメチル-N’-ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム液の効果や安全性について解説します。
→ N-ラウロイル-N’-カルボキシメチル-N’-ヒドロキシエチルエチレンジアミンナトリウム液記事を読む

コカミドプロピルベタイン
コカミドプロピルベタイン
洗浄 起泡 増粘 可溶化 刺激緩和 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による洗浄性の増大および起泡性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、陽イオン界面活性剤の可溶化、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、コカミドプロピルベタインの効果や安全性について解説します。
→ コカミドプロピルベタイン記事を読む

ココアンホ酢酸Na
ココアンホ酢酸Na
洗浄 起泡 可溶化 刺激緩和 乳化 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、非イオン界面活性剤の可溶化、刺激緩和作用、油性物質の乳化、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ココアンホ酢酸Naの効果や安全性について解説します。
→ ココアンホ酢酸Na記事を読む

ココベタイン
ココベタイン
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ココベタインの効果や安全性について解説します。
→ ココベタイン記事を読む

水素添加大豆リン脂質
水素添加大豆リン脂質
乳化 効果促進成分
乳化、リポソーム形成による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、水素添加大豆リン脂質の効果や安全性について解説します。
→ 水素添加大豆リン脂質記事を読む

水素添加卵黄レシチン
水素添加卵黄レシチン
乳化 効果促進成分
乳化、リポソーム形成による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、水素添加卵黄レシチンの効果や安全性について解説します。
→ 水素添加卵黄レシチン記事を読む

水添レシチン
水添レシチン
乳化 効果促進成分
乳化、リポソーム形成による効果促進作用目的で化粧品に配合される成分、水添レシチンの効果や安全性について解説します。
→ 水添レシチン記事を読む

大豆リン脂質
大豆リン脂質
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、大豆リン脂質の効果や安全性について解説します。
→ 大豆リン脂質記事を読む

ヤシ油アルキルベタイン液
ヤシ油アルキルベタイン液
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油アルキルベタイン液の効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油アルキルベタイン液記事を読む

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
洗浄 起泡 増粘 可溶化 刺激緩和 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による洗浄性の増大および起泡性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、陽イオン界面活性剤の可溶化、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液の効果や安全性について解説します。
→ ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液記事を読む

ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和 退色防止
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用、染色毛髪の退色抑制作用目的で化粧品に配合される成分、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインの効果や安全性について解説します。
→ ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン記事を読む

ラウラミドプロピルベタイン
ラウラミドプロピルベタイン
洗浄 起泡 増粘 可溶化 刺激緩和 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、陽イオン界面活性剤の可溶化、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ラウラミドプロピルベタインの効果や安全性について解説します。
→ ラウラミドプロピルベタイン記事を読む

ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン
ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタインの効果や安全性について解説します。
→ ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン記事を読む

ラウリルヒドロキシスルタイン
ラウリルヒドロキシスルタイン
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ラウリルヒドロキシスルタインの効果や安全性について解説します。
→ ラウリルヒドロキシスルタイン記事を読む

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液の効果や安全性について解説します。
→ ラウリルヒドロキシスルホベタイン液記事を読む

ラウリルベタイン
ラウリルベタイン
洗浄 起泡 増粘 刺激緩和
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用目的で化粧品に配合される成分、ラウリルベタインの効果や安全性について解説します。
→ ラウリルベタイン記事を読む

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
洗浄 起泡 増粘 可溶化 刺激緩和 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、陰イオン界面活性剤の増粘、陽イオン界面活性剤の可溶化、強陰イオン界面活性剤の刺激緩和作用、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液の効果や安全性について解説します。
→ ラウリン酸アミドプロピルベタイン液記事を読む

ラウロアンホ酢酸Na
ラウロアンホ酢酸Na
洗浄 起泡 可溶化 刺激緩和 ヘアコンディショニング
陰イオン界面活性剤との併用による起泡性・洗浄性の向上、非イオン界面活性剤の可溶化、刺激緩和作用、コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、ラウロアンホ酢酸Naの効果や安全性について解説します。
→ ラウロアンホ酢酸Na記事を読む

卵黄リゾホスファチジルコリン
卵黄リゾホスファチジルコリン
乳化 可溶化 抗老化成分
乳化、可溶化、ラミニン5産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、卵黄リゾホスファチジルコリンの効果や安全性(刺激性・アレルギー)について解説します。
→ 卵黄リゾホスファチジルコリン記事を読む

卵黄レシチン
卵黄レシチン
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、卵黄レシチンの効果や安全性について解説します。
→ 卵黄レシチン記事を読む

リゾレシチン
リゾレシチン
乳化 可溶化 抗老化成分
乳化、可溶化、ラミニン5産生促進による抗老化作用目的で化粧品に配合される成分、リゾレシチンの効果や安全性について解説します。
→ リゾレシチン記事を読む

レシチン
レシチン
乳化 効果促進成分 保湿 刺激緩和 ヘアコンディショニング
乳化、リポソーム形成による効果促進作用、角質層水分量増加による保湿作用、界面活性剤に対する刺激緩和作用、ヘアコンディショニング作用目的で化粧品に配合される成分、レシチンの効果や安全性について解説します。
→ レシチン記事を読む

スポンサーリンク

TOPへ