化粧品における旧表示指定成分の解説と旧表示指定成分一覧

「旧表示指定成分」とは、消費者が医師からの情報をもとにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある製品の使用を自ら避けることを目的として1980年に厚生省(現 厚生労働省)によって指定された成分を指します(文献1:2000)

ここでは現在における旧表示指定成分(表示指定成分)の変遷と捉え方を解説し、その後に旧表示指定成分一覧を掲載しておきます。

スポンサーリンク

旧表示指定成分の変遷とその捉え方

「旧表示指定成分」とは、体質によってアレルギーなど皮膚障害を起こすおそれのある成分を指しますが、理解を深めるために前提知識として食品のアレルギー表示について解説します。

食品には、食物アレルギー症状を引き起こすことが明らかになった食品のうち、特に発症数、重篤度から勘案して表示する必要性の高いものを「特定原材料」として表示が義務化されており、以下の7品目のいずれかを含む場合に製品のパッケージまたは包装に明記する必要があります(文献2:-)

  品目
特定原材料 えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)

また、食物アレルギー症状を引き起こすことが明らかになった食品のうち、症例数や重篤な症状を呈する者の数が継続して相当数みられるが、特定原材料に比べると少ないものとして可能な限り表示することが推奨されたものを「特定原材料に準ずるもの」として、こちらは表示が義務化されていないものの可能な限り表示することが推奨されており、以下の21品目のいずれかを含む場合に製品のパッケージまたは包装に明記することが推奨されています(文献2:-)

  品目
特定原材料に準ずるもの アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

食品においては「特定原材料(表示義務)」と「特定原材料に準ずるもの(表示推奨)」の2段階に分類して表示が定められており、これらを食品のパッケージまたは包装に表示しておくことで、アレルギーを有する消費者がそれらの表示を見つけて使用を避けることができます。

その一方で、これらの食品にアレルギーをもたない消費者においては、アレルギーを目的にこれらの表示原材料を避ける必要がないことも体験的に理解してもらえると思います。

化粧品においては、2000年以前は化粧品に全成分表示が義務付けられておらず、その中で消費者が医師からの情報をもとにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある製品の使用を自ら避けることを目的に、1980年に厚生省(現 厚生労働省)によって告示された成分を「表示指定成分」とし、表示指定成分を化粧品に配合するときは容器または包装に明記することが義務付けられていました。

2001年4月には、製品に配合した全成分の表示が義務付けられたことから(文献1:2000)、表示指定成分の表示は廃止され、これらに指定された成分は現在「旧表示指定成分」と呼ばれています。

「旧表示指定成分」といっても実質的な安全性はそれぞれに異なっており、全成分表示の義務化以降の安全性が重視された化粧品市場において、皮膚障害の報告が比較的多いなど問題のある成分はほとんど使用されなくなる一方で、品質の向上、安全性データの蓄積および使用実績などを背景に、定められた配合範囲において安全性に問題がほとんどないと判断されたものに関しては、現在も化粧品に欠かせない成分として使用され続けています。

このような背景から、「旧表示指定成分」は、食品のアレルギーと同様にそれらの成分にアレルギーをもつ消費者は避けるべきである一方で、それらにアレルギーをもたない消費者にとっては安全性に問題なく使用できる成分であるという理解・解釈がより正確であると考えられます。

ただし、最初はそれらの成分にアレルギー反応または他の皮膚トラブルが起こるかどうかわからないため、二の腕などに製品を塗布し、48時間経過後に塗布箇所に発赤、腫れ、かゆみなどの皮膚反応(異変)が起こっていないか確認し、問題がなければ使用するという簡易的な自己アレルギーテストを実施することを推奨します。

皮膚反応(異変)が起こった場合は、すぐに塗布部位を洗浄し、それ以後の使用を控えることを推奨します。

アレルギー科またはアレルギー専門クリニックなどで専門的なアレルギーテストを受けることで、多くの場合は原因物質を特定することが可能です。

∗∗∗

文献一覧:

  1. 厚生省(2000)医薬発第990号.
  2. “食品衛生の窓”(-)「一般用加工食品(アレルゲン)」, <https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/shokuhin/hyouji/shokuhyouhou_kakou_allegy.html> 2020年5月18日アクセス.

旧表示指定成分一覧

同じ成分であっても、旧表示指定成分における表示名称と、全成分表示が義務付けられてからの表示名称が異なる場合があり、以下の表には」旧表示指定成分における表示名称」と「全成分表示における表示名称」の両方を記載しています。

成分名の末尾の「○」には数字またはアルファベットが入ります。

No. 旧表示指定成分での表示名称 全成分表示での表示名称 主な用途
001 安息香酸及びその塩類 安息香酸及び安息香酸○ 防腐殺菌剤
002 イクタモール イクタモール 収れん剤
003 イソプロピルメチルフェノール シメン-5-オール 防腐殺菌剤
004 ウンデシレン酸及びその塩類 ウンデシレン酸及びウンデシレン酸○ 防腐殺菌剤
005 ウンデシレン酸モノエタノールアミド ウンデシレナミドMEA 防腐殺菌剤
006 エデト酸及びその塩類 EDTA及びEDTA-○ 金属イオン封鎖剤
007 塩化アルキルトリメチルアンモニウム ベヘントリモニウムクロリド 界面活性剤
(帯電防止剤)
008 塩化ジステアリルジメチルアンモニウム ジステアリルジモニウムクロリド 界面活性剤
(帯電防止剤)
009 塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム ステアラルコニウムクロリド 界面活性剤
(帯電防止剤)
010 塩化ステアリルトリメチルアンモニウム ステアルトリモニウムクロリド 界面活性剤
(帯電防止剤)
011 塩化セチルトリメチルアンモニウム セトリモニウムクロリド 界面活性剤など
012 塩化セチルピリジニウム セチルピリジニウムクロリド 界面活性剤
(防腐殺菌剤)
013 塩化ベンザルコニウム ベンザルコニウムクロリド 界面活性剤
(防腐殺菌剤)
014 塩化ベンゼトニウム ベンゼトニウムクロリド 界面活性剤
(防腐殺菌剤)
015 塩化ラウリルトリメチルアンモニウム ラウリルトリモニウムクロリド 界面活性剤
016 塩化リゾチーム 塩化リゾチーム 酵素類
017 塩酸アルキルジアミノエチルグリシン アルキル(C12-14)ジアミノエチルグリシンHCl 界面活性剤
(防腐殺菌剤)
018 塩酸クロルヘキシジン クロルヘキシジン2HCl 防腐殺菌剤
019 塩酸ジフェンヒドラミン ジフェンヒドラミンHCl 消炎剤
020 オキシベンゾン オキシベンゾン-3 紫外線吸収剤、
安定化剤
021 オルトフェニルフェノール フェニルフェノール 防腐殺菌剤
022 カテコール カテコール 抗酸化剤など
023 カンタリスチンキ マメハンミョウエキス 毛根刺激剤
024 グアイアズレン グアイアズレン 紫外線吸収剤、
消炎剤
025 グアイアズレンスルホン酸ナトリウム グアイアズレンスルホン酸Na 消炎剤
026 グルコン酸クロルヘキシジン グルコン酸クロルヘキシジン 防腐殺菌剤
027 クレゾール クレゾール 防腐殺菌剤
028 クロラミンT クロラミンT 防腐殺菌剤
029 クロルキシレノール クロルキシレノール 防腐殺菌剤
030 クロルクレゾール クロルクレゾール 防腐殺菌剤
031 クロルフェネシン クロルフェネシン 防腐殺菌剤
032 クロロブタノール クロロブタノール 防腐殺菌剤
033 5-クロロ-2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン メチルクロロイソチアゾリノン 防腐殺菌剤
034 酢酸dl-α-トコフェロール 酢酸トコフェロール 抗酸化剤など
035 酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール 酢酸ラネス-9,
酢酸ラネス-10
界面活性剤
036 酢酸ラノリン 酢酸ラノリン 基剤
037 酢酸ラノリンアルコール 酢酸ラノリンアルコール 基剤
038 サリチル酸及びその塩類 サリチル酸及びサリチル酸○ 防腐殺菌剤
039 サリチル酸フェニル サリチル酸フェニル 紫外線吸収剤
040 ジイソプロパノールアミン DIPA 中和剤
041 ジエタノールアミン DEA 中和剤
042 シノキサート シノキサート 紫外線吸収剤
043 ジブチルヒドロキシトルエン BHT 抗酸化剤
044 1,3-ジメチロール-5,5-ジメチルヒダントイン DMDMヒダントイン 防腐剤
045 臭化アルキルイソキノリニウム ラウリルイソキノリニウムブロミド 界面活性剤
(防腐殺菌剤)
046 臭化セチルトリメチルアンモニウム セトリモニウムブロミド 界面活性剤
047 臭化ドミフェン 臭化ドミフェン 界面活性剤、
防腐殺菌剤
048 ショウキョウチンキ ショウキョウエキス 毛根刺激剤
049 ステアリルアルコール ステアリルアルコール 基剤・乳化安定助剤
050 セタノール セタノール 基剤・乳化安定助剤
051 セチル硫酸ナトリウム セチル硫酸Na 界面活性剤
052 セトステアリルアルコール セテアリルアルコール 基剤
053 セラック セラック 皮膜形成剤
054 ソルビン酸及びその塩類 ソルビン酸及びソルビン酸○ 防腐殺菌剤
055 チモール チモール 防腐殺菌剤
056 直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム ドデシルベンゼンスルホン酸○ 界面活性剤
(洗浄剤)
057 チラム チラム 防腐殺菌剤
058 デヒドロ酢酸及びその塩類 デヒドロ酢酸○ 防腐殺菌剤
059 天然ゴムラテックス ゴムラテックス 基剤・接着剤
060 トウガラシチンキ トウガラシエキス及びトウガラシ果実エキス 毛根刺激剤
061 dl-α-トコフェロール トコフェロール 抗酸化剤など
062 トラガント トラガント 増粘剤
063 トリイソプロパノールアミン TIPA 中和剤
064 トリエタノールアミン TEA 中和剤
065 トリクロサン トリクロサン 防腐殺菌剤
066 トリクロロカルバニリド トリクロカルバン 防腐殺菌剤
067 ニコチン酸ベンジル ニコチン酸ベンジル 消炎剤
068 ノニル酸バニリルアミド ヒドロキシメトキシベンジルペラルゴナミド 毛根刺激剤
069 パラアミノ安息香酸エステル ○PABA 紫外線吸収剤
070 パラオキシ安息香酸エステル パラベン 殺菌防腐剤
071 パラクロルフェノール クロロフェノール 防腐殺菌剤
072 パラフェノールスルホン酸亜鉛 フェノールスルホン酸亜鉛 収れん剤
073 ハロカルバン クロフルカルバン 防腐殺菌剤
074 2-(2-ヒドロキシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール ドロメトリゾール 紫外線吸収剤
075 ピロガロール ピロガロール 色材原料、
防腐殺菌剤
076 フェノール フェノール 防腐殺菌剤
077 ブチルヒドロキシアニソール BHA 抗酸化剤
078 プロピレングリコール PG 保湿剤など
079 ヘキサクロロフェン ヘキサクロロフェン 防腐殺菌剤
080 ベンジルアルコール ベンジルアルコール 調合香料の原料など
081 没食子酸プロピル 没食子酸プロピル 抗酸化剤
082 ポリエチレングリコール
(平均分子量が600以下の物)
PEG-○(○は12以下) 基剤
083 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類 ラウレス硫酸○ 界面活性剤
084 ポリオキシエチレンラノリン PEG-○ラノリン 界面活性剤
085 ポリオキシエチレンラノリンアルコール ラネス-○ 界面活性剤
086 ホルモン エストラジオール、
エストロン(エチニルエストラジオール)
ホルモン
087 ミリスチン酸イソプロピル ミリスチン酸イソプロピル 基剤
088 2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン メチルイソチアゾリノン 殺菌防腐剤
089 NN”-メチレンビス[N’-(3-ヒドロキシメチル-2.5-ジオキソ-4-イミダゾリジニル)ウレア]
(別名:イミダゾリジニルウレア)
イミダゾリジニルウレア 防腐剤
090 ラウリル硫酸塩類 ラウリル硫酸○ 界面活性剤
091 ラウロイルサルコシンナトリウム ラウロイルサルコシンNa 界面活性剤
(殺菌・防腐剤)
092 ラノリン ラノリン 基剤
093 液状ラノリン 液状ラノリン 基剤
094 還元ラノリン 水添ラノリン 基剤
095 硬質ラノリン ラノリンロウ 基剤
096 ラノリンアルコール ラノリンアルコール 基剤
097 水素添加ラノリンアルコール 水添ラノリンアルコール 基剤
098 ラノリン脂肪酸イソプロピル ラノリン脂肪酸イソプロピル 基剤
099 ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール ラノリン脂肪酸PEG-○ 基剤
100 レゾルシン レゾルシン 殺菌防腐剤
101 ロジン ロジン 粘着剤、
皮膜形成剤
102 医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令(昭和41年厚生省令第30号[pdfファイル])に掲げるタール色素   化粧品用色材

スポンサーリンク

TOPへ