マカデミア種子油の基本情報・配合目的・安全性

マカデミア種子油

化粧品表示名 マカデミア種子油
医薬部外品表示名 マカデミアナッツ油
INCI名 Macadamia Integrifolia Seed Oil、Macadamia Ternifolia Seed Oil
配合目的 基剤エモリエント加脂肪 など

1. 基本情報

1.1. 定義

ヤマモガシ科植物マカデミア(学名:Macadamia ternifolia, syn. Macadamia integrifolia 英名:Macadamia nut)の種子から得られる脂肪油植物油です(∗1)[1]

∗1 「syn」は同義語を意味する「synonym(シノニム)」の略称です。

医薬部外品表示名「マカデミアナッツ油」は、マカデミア(Macadamia Ternifolia)から得られる脂肪油に限定されているため、医薬部外品においてマカデミアナッツ油が表示されている場合は「Macadamia Ternifolia」由来のマカデミア種子油であると考えられます。

1.2. 物性・性状

マカデミア種子油の物性・性状は(∗2)

∗2 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。またヨウ素価とは油脂を構成する脂肪酸の不飽和度を示すものであり、一般にヨウ素価が高いほど不飽和度が高い(二重結合の数が多い)ため、酸化を受けやすくなります。

状態 融点(℃) ヨウ素価
油状液体 70-80(不乾性油)

このように報告されています[2a][3a]

1.3. 脂肪酸組成

マカデミア種子油の脂肪酸組成は、一例として、

脂肪酸名 脂肪酸の種類 炭素数:二重結合数 比率(%)
パルミチン酸 飽和脂肪酸 C16:0 8.3
ステアリン酸 C18:0 2.1
アラキジン酸 C20:0 2.4
ベヘン酸 C22:0 0.8
パルミトレイン酸 不飽和脂肪酸 C16:1 21.8
オレイン酸 C18:1 56.4
リノール酸 C18:2 2.8
エイコセン酸 C20:1 3.1
エルカ酸 C22:1 0.3

このような種類と比率で構成されていることが報告されており[4a]、オレイン酸を主成分としパルミトレイン酸を20%以上含むことを特徴としています。

また、リノール酸を少量含有していますが、リノレン酸を含有しておらず、オレイン酸を主成分としていることから、自動酸化に対しては安定であると報告されています[2b]

1.4. 分布と歴史

マカデミアナッツは、オーストラリア南部を原産とし、栽培種としては主に米国ハワイやオーストラリアで栽培されている「Macadamia integrifolia」とケニア、南アフリカ、コスタリカなどで栽培されている「Macadamia ternifolia」があり、食用としての栽培は19世紀末頃で生食するほか、製菓材料に用いられ、またマカダミアナッツの油はマイルドバターやサラダ油に用いられています[5a]

日本においては、主に米国、オーストラリア、ケニアからの輸入に依存しています[5b]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 油性基剤
  • エモリエント効果
  • 加脂肪

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、スキンケア製品、ボディ&ハンドケア製品、シャンプー製品、コンディショナー製品、アウトバストリートメント製品、クレンジング製品、洗顔料、洗顔石鹸、ネイル製品など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 油性基剤

油性基剤に関しては、マカデミア種子油はヒトの皮脂にも10%以上含まれているパルミトレイン酸の含有量が多いことから、優れた皮膚親和性と展延性(∗3)を有しており、ベタつきがなく軽い感触を付与する使用感の良さから、油性基剤としてメイクアップ製品、クリーム系化粧品、乳液、ヘアオイルなどを中心に汎用されています[2c][3b]

∗3 展延性とは、柔軟に広がり、均等に伸びる性質のことで、薄く広がり伸びが良いことを指します。

2.2. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、マカデミア種子油は閉塞性により皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[2d][6]、各種クリーム、メイクアップ製品、ヘアケア製品、ネイル製品などに汎用されています。

2.3. 加脂肪

加脂肪に関しては、マカデミア種子油はシャンプーや石鹸に加えることで泡をきめ細かくし、かつ過渡の脱脂を抑制することから、皮膚・毛髪の保護を兼ねた泡質改善目的で石鹸や洗浄製品に使用されています[2e][7][8]

3. 混合原料としての配合目的

マカデミア種子油は、混合原料が開発されており、マカデミア種子油と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 MCB – Macadamia Butter
構成成分 マカデミア種子油、水添野菜油
特徴 マカデミア種子油と水添野菜油を混合した融点50-60℃のマカダミアナッツバター
原料名 NIKKOL NATURAL OILS SSQ
構成成分 スクワランマカデミア種子油ホホバ種子油オリーブ果実油カニナバラ果実油
特徴 シュガースクワランと4種類の植物油をブレンドした混合植物油
原料名 ビオセラジェル LS(V)
構成成分 マカデミア種子油、オレイン酸フィトステリル、フィトステロールズグリセリングリチルリチン酸2Kスクワラン、スフィンゴモナスエキス、トコフェロールプロパンジオールペンチレングリコール
特徴 皮脂や細胞間脂質類似物質から構成されるジェル状エマルションベース
原料名 EMACOL CD-9055
構成成分 マカデミア種子油メドウフォーム油コメ胚芽油ヘーゼルナッツ油、シア脂油、アボカド油ホホバ種子油ツバキ種子油ブドウ種子油アーモンド油月見草油カニナバラ果実油
特徴 植物油12種の可溶化液・エモリエント剤
原料名 EMACOL CD-9422
構成成分 スクワランマカデミア種子油メドウフォーム油コメ胚芽油ヘーゼルナッツ油、シア脂油、アボカド油ホホバ種子油ツバキ種子油ブドウ種子油アーモンド油月見草油カニナバラ果実油
特徴 オリーブスクワランと植物油12種の植物由来エマルション・エモリエント剤

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2017年の調査結果になりますが、以下のように報告されています(∗4)

∗4 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を指し、またリンスオフ製品は、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。

マカデミア種子油の配合製品数と配合量の調査結果(2017年)

5. 安全性評価

マカデミア種子油の現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[9]によると、

  • [ヒト試験] 214名の被検者に0.5%マカデミア種子油を含むクレンジングオイルの10%水溶液0.2mLを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、誘導期間において3名の被検者に偽陽性反応があり、そのうちの1名の被検者は7回目のパッチ適用で明確な紅斑が観察された。ただしこれらの反応は臨床的に問題ではないと判断され、またほかのいずれの被検者も皮膚反応はなく、この試験物質は皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではないと結論付けられた(TKL Research,2010)
  • [ヒト試験] 55名の被検者に30%マカデミア種子油を含むボディ&ハンドケア製剤を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、この試験物質は皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではないと結論付けられた(Personal Care Products Council,2010)

– 個別事例 –

  • [個別事例] 28歳の女性がマカデミア種子油を含むリップスティック製品を使用した後に口唇炎を発症したため、リップスティック製品の成分を対象にパッチテストを実施したところ、リンゴ酸ジイソステアリルとマカデミア種子油に陽性反応が報告された。これら2つの成分を含むリップスティック製品の使用を中止すると症状は回復した(K. Sugiura et al,2009)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

ただし、個別事例が1例報告されていることから、ごくまれに皮膚感作反応を引き起こすことがあると考えられます。

5.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

6. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「マカデミア種子油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,940.
  2. abcde日光ケミカルズ株式会社(2016)「油脂」パーソナルケアハンドブックⅠ,1-19.
  3. ab広田 博(1997)「不乾性油」化粧品用油脂の科学,18-26.
  4. ab鈴木 修, 他(1990)「油脂およびろうの性状と組成」油脂化学便覧 改訂3版,99-137.
  5. ab杉田 浩一, 他(2017)「マカダミアナッツ」新版 日本食品大事典,743-744.
  6. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  7. 日光ケミカルズ株式会社(1982)「過脂肪剤」化粧品製剤実用便覧,17.
  8. 田村 隆光(2009)「界面活性剤水溶液の泡膜特性」オレオサイエンス(9)(5),197-210. DOI:10.5650/oleoscience.9.197.
  9. C.L. Burnett, et al(2017)「Safety Assessment of Plant-Derived Fatty Acid Oils」International Journal of Toxicology(36)(3_suppl),51S-129S. DOI:10.1177/1091581817740569.

TOPへ