ホホバ種子油の基本情報・配合目的・安全性

ホホバ種子油

化粧品表示名称 ホホバ種子油
医薬部外品表示名称 ホホバ油
慣用名称 ホホバオイル
化粧品国際的表示名称(INCI名) Simmondsia Chinensis (Jojoba) Seed Oil
配合目的 基剤エモリエント溶剤 など

1. 基本情報

1.1. 定義

シモンジア科植物ホホバ(学名:Simmondsia chinensis, syn. Buxus chinensis 英名:Jojoba)の種子から得られる脂肪油ロウです(∗1)[1]

∗1 「syn」は同義語を意味する「synonym(シノニム)」の略称です。

常温で液体(脂肪油)であることから「ホホバ種子油」「ホホバ油」と表示されますが、化学構造的に植物油脂がグリセリンと脂肪酸のトリグリセリドであるのに対してホホバ種子油の主成分は不飽和脂肪酸と不飽和アルコールとのエステルであるため、植物油脂ではなくロウに分類されます。

1.2. 物性・性状

ホホバ種子油の物性・性状は(∗2)(∗3)

∗2 融点とは固体が液体になりはじめる温度のことです。比重とは固体や液体においては密度を意味し、標準密度1より大きければ水に沈み(水より重い)、1より小さければ水に浮くことを意味します。

∗3 屈折とは光の速度が変化して進行方向が変わる現象のことで、屈折率は「空気中の光の伝播速度/物質中の光の伝播速度」で表されます。光の伝播速度は物質により異なり、また同一の物質でも波長により異なるため屈折率も異なりますが、化粧品において重要なのは空気の屈折率を1とした場合の屈折率差が高い界面ほど反射率が大きいということであり、平滑性をもつ表面であれば光沢が高く、ツヤがでます(屈折率の例としては1.33、エタノールは1.36、パラフィンは1.48)。

状態 融点(℃) 比重(d 20/20) 屈折率(n 20/D)
液体 6.8-7.0 0.863 1.465

このように報告されています[2]

1.3. 脂肪酸組成およびアルコール組成

ホホバ種子油の脂肪酸組成およびアルコール組成は、一例として、

炭素数:二重結合数 脂肪酸(%) アルコール(%)
16:0 1.5 0.2
16:1 0.4
17:0 0.1
17:1 0.1
18:0 0.1 0.2
18:1 13.9 0.9
18:2 0.3
18:3 0.2
20:0 0.1 0.3
20:1 70.8 51.9
22:0 0.2 1.0
22:1 11.2 38.1
24:0 0.1 0.2
24:1 0.9 6.1

このような種類と比率で構成されていることが報告されています[3]

主に炭素数18-22(C18,C20,C22の一価不飽和脂肪酸と炭素数20-24(C20,C22,C24の一価不飽和アルコールを主成分としたエステルで構成されていることを特徴としており、この特徴的な化学構造が自動酸化や熱に対する極めて優れた安定性をもたらしています[4][5a]

1.4. 分布と歴史

ホホバは、北米南西部からメキシコ北部にかけて広がるソノラ砂漠を原産とし、その種子はアメリカ先住民によってコーヒーのような飲み物、非常用の保存食、皮膚の治療薬、ペースト状にして皮膚や毛髪のコンディショニング剤などに利用されてきた歴史があり、現在は米国やメキシコをはじめアルゼンチン、オーストラリア、チリ、エジプト、ペルーなどで栽培されています[5b]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 油性基剤
  • エモリエント効果
  • 溶剤

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、ボディ&ハンドケア製品、スキンケア製品、ネイル製品、マスク製品、アウトバストリートメント製品、トリートメント製品、コンディショナー製品、シャンプー製品、クレンジング製品、洗顔料、洗顔石鹸など様々な製品に汎用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 油性基剤

油性基剤に関しては、ホホバ種子油は常温で液状のロウであり、植物油と比較して油性感が少なく軽いさっぱりした感触を付与し、熱や酸化に対する安定性が極めて高く、また皮膚との親和性も高いことから、クリーム系製品、乳液、オイル系製品などに汎用されています[6][7a]

2.2. エモリエント効果

エモリエント効果に関しては、ホホバ種子油は皮膚親和性が高く、閉塞性により皮膚の水分蒸発を抑え、その結果として皮膚に柔軟性や滑らかさを付与するエモリエント性を有していることから[7b][8][9]、各種クリーム、メイクアップ製品、ヘアケア製品などに汎用されています。

2.3. 溶剤

溶剤に関しては、ホホバ種子油は熱や酸化に対する安定性が極めて高く、油性成分をよく溶かし込むことから、油溶性植物エキスや油溶性化合物の溶剤として使用されています。

3. 混合原料としての配合目的

ホホバ種子油は、混合原料が開発されており、ホホバ種子油と以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 JOB – Jojoba Butter
構成成分 ホホバ種子油、水添野菜油
特徴 融点50-60℃のホホババター
原料名 FLORA GREASE J
構成成分 キャンデリラロウエキス、ホホバ種子油
特徴 リップやマスカラといったメイクアップ製品に配合することでグロス感と付着性が向上するキャンデリラロウの樹脂成分とホホバオイルの混合物
原料名 NIKKOL NATURAL OILS-2
構成成分 スクワランホホバ種子油カニナバラ果実油
特徴 酸化に対する安定性が高い3種の混合植物油
原料名 NIKKOL NATURAL OILS-1
構成成分 スクワランマカデミア種子油ホホバ種子油オリーブ果実油カニナバラ果実油
特徴 5種の混合植物油
原料名 EMACOL CD-9055
構成成分 マカデミア種子油メドウフォーム油コメ胚芽油ヘーゼルナッツ油、シア脂油、アボカド油ホホバ種子油ツバキ種子油ブドウ種子油アーモンド油月見草油カニナバラ果実油
特徴 植物油12種の可溶化液・エモリエント剤
原料名 EMACOL CD-9422
構成成分 スクワランマカデミア種子油メドウフォーム油コメ胚芽油ヘーゼルナッツ油、シア脂油、アボカド油ホホバ種子油ツバキ種子油ブドウ種子油アーモンド油月見草油カニナバラ果実油
特徴 オリーブスクワランと植物油12種の植物由来エマルション・エモリエント剤
原料名 EMACOL TMJ-51
構成成分 、ホホバアルコール、ホホバ種子油マカデミア種子油スクワラン、液状ラノリン、リンゴ酸ジイソステアリル
特徴 ダメージ毛髪の内部補修、すべり感の付与、弾力向上効果を発揮するホホバアルコール配合毛髪補修剤

4. 配合製品数および配合量範囲

実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の2007年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。

ホホバ種子油の配合製品数と配合量の調査結果(2007年)

5. 安全性評価

ホホバ種子油の現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 40年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:ほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • 光毒性(光刺激性):ほとんどなし
  • 光感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

5.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[10a][11]によると、

  • [ヒト試験] 200名の女性被検者に20%ホホバ種子油を含むリップバーム製品を4日間毎日適用し、2週間および4週間目に主観的および客観的な皮膚刺激性を評価したところ、この試験製品に皮膚刺激反応は認められなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)
  • [ヒト試験] 208名の成人女性被検者に20%ホホバ種子油を含むリップバーム0.2gを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、誘導期間において1名の被検者に非特異的な軽度の一過性の刺激がみられたが、この刺激は臨床的に重要ではなく、この試験製品は非刺激剤および非感作剤として分類された(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)
  • [ヒト試験] 152名の被検者に0.5%ホホバ種子油を含むオイル製品を対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、試験期間を通じていずれの被検者も皮膚反応を示さなかったため、この製品は皮膚刺激剤でも皮膚増感剤でもなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1988)
  • [ヒト試験] 100名の被検者に2種類(黄色のオイルおよび透明のオイル)の100%ホホバ種子油を対象にHRIPT(皮膚刺激性&感作性試験)を実施したところ、ホホバ種子油は接触性皮膚感作の兆候は認められないと結論づけられた(Hill Top Research Inc,1998)
  • [ヒト試験] 102名のボランティアに100%ホホバ種子油0.2mLを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、すべての被検者において陰性だったため、この試験物質は皮膚刺激および皮膚感作の可能性がないと結論付けられた(Consumer Product Testing Co,2003)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

5.2. 眼刺激性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[10b]によると、

  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に精製ホホバ種子油0.1mLを点眼し、点眼後に眼刺激性を評価したところ、点眼直後にわずかな眼縁癒着が、1時間後ではわずかな結膜充血が観察されたが、24時間後ではすべての眼刺激が消失した(M. Taguchi and T. Kunimoto,1977)
  • [動物試験] 6匹のウサギの片眼に20%ホホバ種子油を含むリップバーム0.1mLを点眼し、Draize法に基づいて点眼24,48および72時間後に眼刺激スコア0-110のスケールで眼刺激性を評価したところ、点眼24時間後の眼刺激スコアは0.3±0.8であり、48および72時間で反応は観察されず、この試験製品は眼刺激剤ではなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して眼刺激なしと報告されているため、一般に眼刺激性はほとんどないと考えられます。

5.3. 光毒性(光刺激性)および光感作性

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ[10c]によると、

  • [ヒト試験] 30名の被検者に20%ホホバ種子油を含むリップバーム0.2gを対象に光感作性試験をともなうHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を実施したところ、この試験製品は光感作剤ではなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)
  • [ヒト試験] 10名の被検者の左右腕内側に20%ホホバ種子油を含むリップバーム0.2gを24時間パッチ適用し、パッチ除去後に右腕の試験部位にUVAを15分間照射、左腕は未照射とした。照射24および48時間後に試験部位の光刺激性を評価したところ、いずれの被検者においても皮膚反応はみられず、この試験製品は光刺激剤ではなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)
  • [ヒト試験] 102名の被検者に2日間連続で0.5%ホホバ種子油を含む日焼け止め製品を使用してもらい、使用後に2時間日光照射下で過ごしてもらったところ、3名の被検者が一過性のわずかな不快感を示したが、それらは臨床的に重要ではなく、この試験製品は光刺激剤ではなかった(Cosmetic Toiletry and Fragrance Association,1985)

このように記載されており、試験データをみるかぎり共通して光刺激および光感作なしと報告されているため、一般に光毒性(光刺激性)および光感作性はほとんどないと考えられます。

6. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「ホホバ種子油」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,895.
  2. 三輪 トーマス完二(1978)「ホホバ油の最近の化学研究と利用」油化学(27)(10),650-657. DOI:10.5650/jos1956.27.650.
  3. 日本油化学協会編(2001)「ワックス」第四版 油化学便覧,40-44.
  4. 大石 孔(1983)「植物系ワックス」ワックスの性質と応用,14-31.
  5. abMohamed M. A. Khairi(2019)「Genetics and Breeding of Jojoba [Simmondsia chinensis (Link) Schneider]」Advances in Plant Breeding Strategies: Industrial and Food Crops,237-276. DOI:10.1007/978-3-030-23265-8_8.
  6. 田村 健夫・廣田 博(2001)「ロウ類」香粧品科学 理論と実際 第4版,100-107.
  7. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「ロウ類」パーソナルケアハンドブックⅠ,20-24.
  8. H.A. Gad, et al(2021)「Jojoba Oil: An Updated Comprehensive Review on Chemistry, Pharmaceutical Uses, and Toxicity」Polymers(13)(11),1711. DOI:10.3390/polym13111711.
  9. 平尾 哲二(2006)「乾燥と保湿のメカニズム」アンチ・エイジングシリーズ No.2 皮膚の抗老化最前線,62-75.
  10. abcR.L. Elder(1992)「Final Report on the Safety Assessment of Jojoba Oil and Jojoba Wax」Journal of the American College of Toxicology(11)(1),57-74. DOI:10.3109/10915819209141992.
  11. W.F. Bergfeld, et al(2008)「Safety Assessment of Simmondsia Chinensis (Jojoba) Seed Oil, Simmondsia Chinensis (Jojoba) Seed Wax,Hydrogenated Jojoba Oil, Hydrolyzed Jojoba Esters,Isomerized Jojoba Oil, Jojoba Esters, Simmondsia Chinensis (Jojoba) Butter, Jojoba Alcohol, and Synthetic Jojoba Oil(∗4)」, 2022年2月26日アクセス.
    ∗4 PCPCのアカウントをもっていない場合はCIRをクリックし、表示されたページ中のアルファベットをどれかひとつクリックすれば、あとはアカウントなしでも上記レポートをクリックしてダウンロードが可能になります。

TOPへ