トリシロキサンの基本情報・配合目的・安全性

トリシロキサン

化粧品表示名称 トリシロキサン
医薬部外品表示名称 オクタメチルトリシロキサン
医薬部外品表示名称(簡略名) トリシロキサン
化粧品国際的表示名称(INCI名) Trisiloxane
配合目的 基剤 など

1. 基本情報

1.1. 定義

以下の化学式で表される直鎖シロキサン(∗1)ストレートシリコーン油です[1]

∗1 シロキサン(siloxane)とは、ケイ素(元素記号:Si)と酸素(元素記号:O)を骨格とする化合物で、Si-O-Si結合(シロキサン結合)を持つものの総称です。

トリシロキサン

1.2. 物性・性状

トリシロキサンの物性・性状は(∗2)(∗3)

∗2 比重とは固体や液体においては密度を意味し、標準密度1より大きければ水に沈み(水より重い)、1より小さければ水に浮くことを意味します。

∗3 屈折とは光の速度が変化して進行方向が変わる現象のことで、屈折率は「空気中の光の伝播速度/物質中の光の伝播速度」で表されます。光の伝播速度は物質により異なり、また同一の物質でも波長により異なるため屈折率も異なりますが、化粧品において重要なのは空気の屈折率を1とした場合の屈折率差が高い界面ほど反射率が大きいということであり、平滑性をもつ表面であれば光沢が高く、ツヤがでます(屈折率の例としては1.33、エタノールは1.36、パラフィンは1.48)。

状態 粘度 25℃ (mm2/s) 比重(25℃) 屈折率(25℃)
液体 1.0 0.818 1.382

このように報告されています[2a][3a]

2. 化粧品としての配合目的

化粧品に配合される場合は、

  • 油性基剤

主にこれらの目的で、メイクアップ製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、コンシーラー製品、スキンケア製品、アウトバストリートメント製品など様々な製品に使用されています。

以下は、化粧品として配合される目的に対する根拠です。

2.1. 油性基剤

油性基剤に関しては、トリシロキサンは低粘度で軽くなめらかな感触をもち、通気性や展延性(∗4)に優れ、皮膚塗布後はトリシロキサン自体は揮発し有効成分だけを皮膚や毛髪上に残すといった特徴から、油性基剤としてメイクアップ製品、化粧下地製品、日焼け止め製品、コンシーラー製品、スキンケア製品、アウトバストリートメント製品などに使用されています[2b][3b][4]

∗4 展延性とは、柔軟に広がり、均等に伸びる性質のことで、薄く広がり伸びが良いことを指します。

3. 混合原料としての配合目的

トリシロキサンは、混合原料が開発されており、トリシロキサンと以下の成分が併用されている場合は、混合原料として配合されている可能性が考えられます。

原料名 XIAMETER PMX-1184 Silicone Fluid
構成成分 ジメチコントリシロキサン
特徴 さらっとした感触を付与する、シクロペンタシロキサン(5量体)よりも揮発速度の速い揮発性直鎖シリコーン混合物

4. 安全性評価

トリシロキサンの現時点での安全性は、

  • 外原規2021規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2021に収載
  • 20年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし
  • 光毒性(光刺激性):ほとんどなし
  • 光感作性:ほとんどなし

このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般に安全性に問題のない成分であると考えられます。

以下は、この結論にいたった根拠です。

4.1. 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)

National Industrial Chemicals Notification and Assessment Schemeの安全性データ[5]によると、

  • [ヒト試験] 103名の被検者に100%トリシロキサンを対象にHRIPT(皮膚刺激性&皮膚感作性試験)を半閉塞パッチにて実施したところ、いずれの被検者においても皮膚反応はみられず、この試験物質はこの試験条件下において皮膚刺激剤および皮膚感作剤ではなかった(OECD,2010;Health Canada,2015)
  • [動物試験] 3匹のウサギに100%トリシロキサンを4時間半閉塞パッチ適用し、パッチ除去24,48および72時間後に皮膚刺激性を評価したところ、この試験物質は皮膚刺激剤ではなかった(OECD,2010;Health Canada,2015)

このように記載されており、試験データをみるかぎり皮膚刺激および皮膚感作なしと報告されているため、一般に皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと考えられます。

4.2. 眼刺激性

試験結果や安全性データがみあたらないため、現時点ではデータ不足により詳細不明です。

4.3. 光毒性(光刺激性)および光感作性

ジメチコンは紫外線を吸収せず[6]、トリシロキサンも同様の構造であることから、光毒性および光感作性はほとんどないと考えられます。

5. 参考文献

  1. 日本化粧品工業連合会(2013)「トリシロキサン」日本化粧品成分表示名称事典 第3版,696.
  2. ab日光ケミカルズ株式会社(2016)「シリコーン油およびフッ素油」パーソナルケアハンドブックⅠ,87-94.
  3. ab信越化学工業株式会社(2021)「シリコーンオイル」化粧品用シリコーン オリジナル原料 Plus,5.
  4. 樋口 浩一, 他(2016)「化粧品用シリコーン」シリコーン大全,201-209.
  5. National Industrial Chemicals Notification and Assessment Scheme(2018)「Trisiloxane, octamethyl-: Human health tier  Ⅱ assessment」IMAP Single Assessment Report.
  6. 近藤 秀俊・菅沼 紀之(2014)「シリコーンの歴史と安全性」化粧品の安全・安心の科学 -パラベン・シリコーン・新原料,98-109.

TOPへ